初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

赤キップと青キップの違いは?罰金と反則金の違いも解説【今さら訊けない】

交通違反に対して切られる「赤キップ」と「青キップ」。内容はどう違うのか?概要を紹介するとともに、目安となる違反内容や「罰金」「反則金」の違いも紹介。また、車・バイク以外となる自転車の交通違反は思いのほか厳しいケースも。知っておきたい交通キップをやさしく解説します。

赤キップ&青キップとは?

「赤キップ」「青キップ」とは、交通違反をしてしまった際に切られる「交通反則切符」の種類です。

赤キップは、正式名称を「道路交通法違反事件迅速処理のための共用書式」といい、告知票・免許証保管証と記載されています。キップが赤い紙となっているため通称「赤キップ」と呼ばれ、一般的に重い違反を犯した場合に交付されます。

青キップは、正式名称を「交通反則告知書・免許証保管証」といい、キップが青い紙となっているため通称「青キップ」と呼ばれ、一般的に軽い違反を犯した場合に交付されます。

赤キップ・青キップの詳細についてはこちらから

違反点数6点以上が赤キップ、6点未満が青キップ

「赤キップ」となるか「青キップ」となるかは交通違反の点数によって分かれ、その目安は6点。6点以上が「赤キップ」、6点未満が「青キップ」とされます。

あくまでも一般的な例として、赤キップとなる6点以上の違反行為をいくつかあげると、

・無免許運転(25点)
・酒気帯び運転0.25以上(25点)
・酒気帯び運転0.25未満(13点)
・速度超過50km/h以上(12点)
・無車検運行(6点)
・速度超過30km/h(高速40km/h)以上(6点)


となり、青キップとなる6点未満の違反行為を一般的な例としていくつかあげると、

・信号無視(2点)
・指定場所一時不停止等(2点)
・速度超過20~25km/h未満(2点)
・駐停車違反(1点~2点)
・座席ベルト装着義務違反(1点)
・車間距離不保持(1点)

となっています。

切られたら一発免停になるのが赤キップ

交通違反を犯してしまった場合に課せられる「赤キップ・青キップ」。赤キップ・青キップには負わなければならない責任として「行政上の責任」と「刑事上の責任」があります。

行政上の責任としては、交通違反の反則行為に応じて課せられる「違反点数」がこれにあたり、累積反則点数によっては「免許の停止」や「免許の取り消し」を命じられることとなります。

「免許の停止」や「免許の取り消し」は、前歴の有り無し・累積反則点数を始めとした内容によって期間が変わりますが「赤キップ」の場合、前歴がなくても反則点数は6点以上となるため、一発で免許停止が確定です。

また、青キップでも累積点数が6点を超えると、免許の停止・免許の取り消しに該当することとなるので、くれぐれも違反しないようにしましょう。

前科が付くのは赤キップ、付かないのが青キップ

交通違反で切られる「赤キップ・青キップ」において、大きな違いとなるのが「前科がつくか、つかないか」ということでしょう。

赤キップ・青キップとも「行政上の責任」「刑事上の責任」が生じ、違反内容によってそれに見合った金額を違反者が支払うこととなります。しかし、違反者が支払うこととなる違反金の法的な意味合いは「赤キップ」と「青キップ」では大きく異なるのです。

赤キップは「刑事上の処分として裁判による罰金刑」となり、違反者が支払うのは「罰金」で「前科」がつきます(場合によっては懲役刑となるケースもあり)。

これに対し、青キップは交通反則通告制度によって例外として認められている「行政上の処分として反則金納付による刑事処分免除」となっているため、違反者が支払うのは「反則金」で前科はつきません(ただし、反則金の納付をしないといった悪質なケースでは裁判・罰金刑の可能性もあり)。

自転車でも切られることがあるのは赤キップ

2015年6月1日に施行された「道路交通法」の改正で、自転車に対しての取り締まりが強化されています。

自転車の場合、「自転車での危険行為」に対して課せられる「自転車指導警告カード」がありますが、車でいう「青キップ」はありません。しかし、自転車で危険行為を犯しなおかつ悪質だと判断された場合は、車と同じように赤キップとなる「告知票」が切られ、受け取った累積回数によっては「自転車運転者講習」を受けなければならない義務が生じます。

自転車運転者講習を受ける必要があるにもかかわらず、受講しない場合には罰金・前科がつくこととなりますので、自転車の際にも安全運転を心がけましょう。

自転車の運転・罰則についてはこちらから

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...