MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > スピード違反は何キロで一発免停?罰金や違反点数は?
道交法・交通事故

更新

スピード違反は何キロで一発免停?罰金や違反点数は?

スピード違反とは?

©serikbaib/stock.adobe.com

スピード違反とは、車やバイクなどで道路を走行しているとき、道路交通法で定められた範囲を超えるスピードを出すことです。

数ある交通違反の中でも、スピード違反はトップクラスの検挙数となっており、その数は年間で100万件を超えるほど。

悲惨な事故に繋がりかねないため、警察による積極的な取締がおこなわれています。

一般的に「スピード違反」といえば「速度超過によるスピード違反」を指しますが、速度が低すぎる場合も「速度不足によるスピード違反」になります。

速すぎるのはもちろん危険ですが、遅すぎてもかえって危険になる場合があるため、適切な速度で運転をすることが重要です。

スピード違反になるのは何キロ?

法定速度か最高速度を超えたらスピード違反

スピード違反になる速度は道路ごとに定められているほか、状況によって変動する場合もあります。

基本的には、道路上に設置されている標識や、路面に書かれている標示で定められている速度よりも速い速度での走行がスピード違反です。

この、標識や標示で示されている速度のことを「最高速度」と言います。

また、最高速度がない場合でも「法定速度」によって速度の上限が定められています。普通車では以下の速度が法定速度となります。

  • 一般道:60km/h
  • 高速道路:100km/h

最高速度、法定速度、どちらも時速1km以上の超過があるとスピード違反です。スピード違反になる速度をまとめると以下のようになります。

最高速度の標識や標示がない一般道61km/h以上
最高速度の標識や標示がない高速道路101km/h以上
最高速度の標識や標示がある一般道や高速道路最高速度+1km/h以上

スピード違反時に交付される「切符」とは?

スピード違反だけでなく、自動車などで違反をすると「切符」と呼ばれる書類が交付されます。違反の重さによって色が変わり、それぞれ「白切符」「青切符」「赤切符」と呼ばれています。

この中でも「赤切符」は、一発で免停となる違反をしたときに交付されるもので、刑事罰として罰金刑や懲役刑が課されます。つまり、「前科」がつくのです。

違反時に交付される切符の色や内容などについて、詳しくは以下の記事で解説しています。

スピード違反の点数は?

免許は違反をするたびに点数が加算されていき、点数が6点以上になると免許の停止や取り消しといった行政処分の対象となります。

スピード違反の場合、定められた速度を1キロ以上超過するとスピード違反となりますが、超過したスピードが大きければ大きいほど、処分は重いものに。

スピード違反に限らず、重大な違反に対しては懲役や罰金といった刑事罰が課される(=前科がつく)こともあります。

スピード違反点数の一覧

超過速度点数
50km/h以上12点
(高速道路)
40km/h以上50km/h未満
6点
30km/h以上50km/h未満6点
(高速道路)
25km/h以上40km/h未満
3点
25km/h以上30km/h未満3点
20km/h以上の25km/h未満2点
20km/h未満1点

点数はリセットされる?

最後の交通違反から1年間無事故無違反であれば、スピード違反を含めそれまでに累積していた点数はリセットされます。

また、2年間無事故無違反の人は、その時点から3ヶ月の間に「軽微な違反」で加点されても、3ヶ月経過後にリセットされます。

軽微な違反とは、指定場所一時不停止等(2点)や通行禁止違反(2点)、シートベルト装着義務違反(1点)などの3点以下の違反のこと。ただし、これらは3ヶ月経過後にリセットされたとしても、次回更新時はゴールド免許ではなくなりますので注意しましょう。

スピード違反の反則金と罰金は?

©Keith Young/stock.adobe.com

点数の加算だけでなく違反ごとに反則金や罰金も課されます。

スピード違反となった速度に応じて、行政処分(=青切符)か刑事処分(=赤切符)いずれかの処分になります。行政処分の場合は反則金、刑事処分の場合は罰金の支払いが言い渡されます。

この反則金と罰金の違いについては、別の記事で解説していますのでそちらをお読みください。

スピード違反の反則金一覧

一般道では30km/h未満のスピード違反、高速道路では40km/h未満のスピード違反をしてしまった場合に反則金の支払いがあります。

超過速度普通車の反則金
(高速道路)
35km/h以上40km/h未満
35,000円
(高速道路)
30km/h以上35km/h未満
25,000円
25km/h以上30km/h未満18,000円
20 km/h以上25km/h未満15,000円
15km/h以上20km/h未満12,000円
15km/h未満9,000円

スピード違反の罰金額相場

一般道では30km/h以上のスピード違反、高速道路では40km/h以上のスピード違反をしてしまった場合、反則金ではなく罰金が発生します。

行政処分ではなく刑事処分となり、罰金額は裁判によって決定となるため、反則金と違い金額は変動があります。

超過速度罰金額の相場
30km/h以上35km/h未満5万〜6万円
35km/h以上40km/h未満 6万〜7万円
40km/h以上45km/h未満6万〜8万円
45km/h以上50km/h未満7万〜8万円
50km/h以上60km/h未満8万〜9万円
60km/h以上70km/h未満9万〜10万円
70km/h以上80km/h未満10万円
80km/h以上懲役・禁錮

スピード違反の罰金が払えないときは?

刑事処分の「罰金」をお金が足りないなどの理由で支払わないでいると、財産の差し押さえや労役場留置となる場合があります。罰金の納付書が到着してから2週間以内に支払わない場合は、検察庁から支払いの催促がきてしまいます。

略式裁判の判決後、罰金の支払い期限までは約1ヶ月ほどあります。その期間内にお金を貯める、用意するのが基本です。

ただし、罰金額が決定した時点で、罰金がすぐに払えないやむを得ない理由がある場合は、検察官にその旨を伝え、分割や期限の延長ができないかを相談してみましょう。

免停や免取、さらには懲役になることも

スピード違反は重大な事故に繋がりかねないことから、とても重い処分が課されます。

特に大幅なスピード違反の場合は一回の違反で免停、いわゆる一発免停となる場合があり、免停期間は最短でも30日間、最長で180日間です。

この免停期間中に車を運転してしまうと無免許運転となり、さらに重い処分である免許取消を受けることになります。

一発免停となるスピードは一般道と高速道路で異なりますが、どちらも危険な速度での走行となります。

免停は「前歴」にも注意しよう

「前歴」とは、「過去3年間に免停・免許取消しの処分を受けているかどうか」というもうひとつの判断基準のことです。

過去3年間に免停・免許取消しの処分を一度も受けていない場合は「前歴なし」、過去3年間で1回免停処分を受けた場合は「前歴1回」となります。スピード違反により同じ点数が増えた場合でも、「前歴なし」の人と「前歴1回」の人とでは免停期間が異なります。

前歴がある人ほど、少ない点数でも長期の免停となる仕組みです。

前歴回数ごとの免停期間と該当する点数に関しては、下の表をご覧ください。
※ 免許取消歴等の保有者が、一定期間内に再び免許の拒否・取消し又は6ヵ月を超える運転禁止処分を受けた場合は( )内の欠格期間が適用されます。

前歴0回1回2回3回4回以上
1点
2点停止90日停止120日停止150日
3点停止120日停止150日停止180日
4点停止60日停止150日取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
5点停止60日取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
6点停止30日停止90日取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
7点停止30日停止90日取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
8点停止30日停止120日取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
9点停止60日停止120日取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
10~11点停止60日取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
取消2年
(4年)
取消2年
(4年)
12~14点停止90日取消1年
(3年)
取消1年
(3年)
取消2年
(4年)
取消2年
(4年)

最後の免停終了日から1年間無事故無違反であれば、前歴はリセットされ、0になります。

また、前歴がなくても過去1年以内に違反歴があると(累積点数)15km/h以下の1点の速度違反でも免停、免許取消となることがあります。(前歴なしの場合は、累積6点で免停30日)

一発免停になるのは何キロ?

©Ichiro/stock.adobe.com

一般道路は速度超過30km/h以上で一発免停

一般道では30km/h以上50km/h未満の速度超過で6点の違反。一発免停です。

住宅街などでは最高速度が20km/hに制限されていることもあり、その場合は50km/hで走行すると一発免停に。

法定速度だけでなく、最高速度の制限もしっかりと確認しましょう。

高速道路は速度超過40km/h以上で一発免停

高速道路では40km/h以上50km/h未満の速度超過で6点の違反となり、一発免停です。

高速道路の法定速度は100km/hなので、140km/h以上が一発免停となります。ただし、最高速度が80km/hに制限されていることもあり、その場合は60km/h超過で12点の違反。最短でも90日間の免停処分です。

一発免停になる速度のまとめ

最高速度の標識や標示がない一般道90km/h以上
最高速度の標識や標示がない高速道路140km/h以上
最高速度の標識や標示がある一般道や高速道路最高速度+30km/h以上

スピード違反で懲役になる場合もある

一般道、高速道路問わず80km/h以上の速度違反は、略式裁判が認められず公判請求、通常裁判となります。このケースではほとんどの場合、懲役刑が言い渡されます。捕まった際も悪質であるとの認定がなされればその場で逮捕されることもありえます。

初犯であるなど再犯の可能性が低ければ、執行猶予つきの懲役刑となります。また、過失の程度によっては、懲役刑ではなく禁錮となる判決となることもあります。懲役ないしは禁錮となり実際に収監となると、交通刑務所に入ることになります。

スピード違反で免取になっても再取得できる?

また1からやり直しになる

一定期間、運転免許が無効となる免停処分と違い、免許取消は運転免許そのものが欠格となる処分です。

免許取消になったあと、すぐに運転免許を取り直すことはできず、違反内容によって最短1年、最長で10年の欠格期間が設定されます。

その期間を過ぎたあと、教習所へ通うか運転免許試験場で一発試験を受けるかして運転免許を再度取得しなければなりません。

ただし、仮免許であれば欠格期間中でも取得することができます。仮免許が有効な期限は6ヶ月なので、欠格期間が終了するよりも前に仮免許の期限がこないように注意しましょう。

取消処分者講習を受けることが必須

免許取消を受けた場合、再度運転免許を取るには欠格期間が終了したあとに「取消処分者講習」を受講しなければなりません。

この取消者処分講習は2日に分けておこなわれ、1日目は7時間、2日目は6時間です。費用は30,550円となっています。

取消処分者講習では適性検査や実車指導のほか、グループディスカッションやカウンセリングなどもあります。

受講後は「取消処分者講習終了証書」が交付され、交付後1年以内であれば再度運転免許を取得することが可能となります。

スピード違反はどう検挙される?

©Ichiro/stock.adobe.com

スピード違反をしてしまったとき、現行犯としてその場で検挙される場合と、後日スピード違反のため出頭するよう命じる通知書が届く場合があります。

そのため、スピード違反をしながらその日は検挙されなかったとしても、後日通知書が届き出頭を求められてしまった…ということも有り得ますので、スピード違反はしないに越したことはありません。

スピード違反の検挙方法には主に以下の3つです。

ネズミ捕り

2つの地点に装置を設置して、その地点間の通過速度からスピードを測定するのがネズミ捕りです。

正規には「定置式速度取締」と呼びますが、ネズミの通り道に罠を張るように、スピードが出やすい道に設置されることからこの名前で呼ばれています。

センサーを通過する車の速度を測定して、道路脇にいる警察官が違反した車を確認。その先にいる警察官へ無線等で連絡して、違反車を止めます。

後述するオービスと同じく待ち伏せによる取り締まりですが、オービスと異なる点は常設ではなく、場所も変えられるということです。

「いつもの道をいつも通り違反の速度で走っていたら、ネズミ捕りにあってしまった!」となる場合があります。

「サイン会場」ってなに?

ドライバーは警察官の誘導に従って路肩などに駐車し、用意されたテーブルなどの上で所定の用紙に署名等をしますが、多数の人がテーブルで署名する様子がサイン会に思わせることから、このテーブルがある場所は「サイン会場」とも呼ばれています。

「あの道路でネズミ捕りをやってて、サイン会してたよ」と言われたら、「たくさんの人がスピード違反で検挙されていた」という意味なのだと解釈しましょう。

パトカーや白バイ等による追跡

一部のパトカーや白バイには速度を測定する装置が搭載されています。

スピード違反の疑いがある車を見つけると追尾を開始して速度を測定。スピード違反の速度だった場合、その車のドライバーに停車するよう呼びかけて検挙をおこないます。

前述のネズミ捕り、後述のオービスと違い道路を巡回できるため、場所を問わずスピード違反を検挙することが可能です。

スピード違反の車が多い道路では、物陰からスピード違反の車を待ち伏せし、見つけ次第猛スピードで追尾を開始する場合があるため、パトカーがいないからとスピードを早めると思わぬ場所からパトカーが飛び出してくることも。

パトカーや白バイはスピード違反にならない?

パトカーや白バイがスピード違反の検挙をするには追尾が必要ですが、追いかけるということはパトカーや白バイも同様にスピード違反となる速度を出しているということ。

それならパトカーや白バイもスピード違反になるのでは?と思うかもしれませんが、スピード違反の取り締まりをおこなっているパトカーや白バイは緊急自動車扱いとなるため、スピード違反の対象からは外れます。

「サイレンや赤色灯を使っていなければ無効な取り締まりになる」という認識を持っている方も少なくありませんが、スピード違反の取り締まりにおいてはこれらを使用していなくても正当な業務とされるため、取り締まりが無効になることはありません。

とはいえ、筆者が見てきた中ではほとんどの場合が追尾中は赤色灯を点灯、その後サイレンを鳴らすというパターンが多いです。

オービス

オービスは道路上に設置されたカメラでスピード違反の車を撮影する装置のことです。

正式には「速度違反自動取締装置」と呼び、「オービス」はボーイング社の製品名となっていますが、同様の取締装置の通称として「オービス」の名前が使われています。お母さんがゲーム機のことをすべて「ファミコン」と呼ぶのと同じです。

スピード違反が多発している道路を中心に設置されていて、一定以上のスピード違反を検知すると車のナンバープレートとドライバーを撮影します。夜間やトンネルなど暗くても鮮明な写真を撮るために強力なストロボが使用されているので、撮影されたことに気付かないということはほとんどないようです。

ネズミ捕りやパトカーなどによる取り締まりの場合はその場で検挙されますが、オービスの場合は後日送られてくる通知書で出頭が求められます。

予告看板で設置を知らせてくれることがほとんど

オービスが設置されている道路には、青地に白い文字で「速度自動取締装置設置路線」と書かれた「予告看板」が設置されていることがほとんどですが、予告看板がドライバーから見える位置に設置されていなくても取り締まりは有効となるため、予告看板の有無に関わらずスピード違反はやめましょう。

オービスの種類について詳しくはこちら

スピード違反の検挙に納得できない場合は?

スピード違反の誤測定はあり得る

規定の速度内で走行していたにも関わらず、スピード違反としてその場でキップを出された場合は、サイン(署名)を拒否できます。

しかし、サインをしてしまった時点で違反したことを認めたことになるため、反則金の仮納付書を渡されます。この時点で自分に非がないと主張するのであれば、サイン自体を拒否しましょう。

赤キップの場合もサインを拒否して、後日正式裁判で事実を明らかにしたいと主張することができます。

検挙されたその場でサインや支払いをしない

青キップを拒否しても、ほぼ不起訴になる

青キップの場合、その場で反則金を支払うように促されることがほとんどです。自分に非がないと主張するのであれば、サインを拒否し、反則金の支払いも拒否しましょう。

反則金の支払いは義務ではなく、あくまで任意。警察官が「支払いをしないと裁判になりますよ」と言ったとしても、実際は反則金を支払わずに裁判になる(=起訴される)ケースはほぼゼロ。つまり、反則金の支払いを拒否したらほぼ100%不起訴になり、お金のペナルティはなくなります。

もちろん、不起訴になったら前科もつきません。

赤キップは検察官に理由を話そう

赤キップの場合、その場で罰金を支払う仕組みはありません。(警察官がその場でお金を要求してきたら、正式な手続きではないです…)交通裁判所(簡易裁判所)での検察官との面談ののち、罰金の金額が決定、正式に言い渡されます。

この面談時、サイン済みの赤キップがあると「スピード違反を認めた」という証拠になってしまい、罰金(判決)まで進んでしまいます。検察官には赤キップにサインしていないこと、サインしなかった理由を伝え、略式裁判でなく正式裁判の意思を伝えましょう。

その後、正式裁判への出頭要請がない(=不起訴)場合は、お金のペナルティはなくなり、前科もつきません。

出頭要請が来たら素直に応じる

青キップ、赤キップともに、サインを拒否した場合、検察(交通裁判所)への出頭要請が出されます。出頭要請=起訴ではありませんので、うやむやにせず必ず出頭してください。

検察官との面談では「なぜスピード違反を認めないのか」など事情を説明しましょう。起訴するかどうかは検察が決定します。

起訴された場合は検察か家庭裁判所から連絡がありますが、半年以上音沙汰がない場合は不起訴になったということ。お金のペナルティはなくなります。

ちなみに、青キップの反則金を拒否して起訴となるのは、以下のような悪質なケースとのことです。

  • 無免許運転のなかでも悪質なケース
  • 飲酒運転のなかでも悪質なケース
  • 超過速度が80km/h以上のスピード違反

ドライブレコーダーによる記録は有効

スピード違反が警察官による濡れ衣だった場合、客観的な証拠としてドライブレコーダーの記録映像が有効です。

自分に非がないことを証明できるよう、映像は必ず保存しておきましょう。

ドライブレコーダーは見た!衝撃的な交通事故の瞬間12選&ドラレコの必要性

スピード違反で逮捕された最高速度は何キロ?

時速280キロは、東海道新幹線の最高速度(285キロ)とほぼ同じ
©Yoshinori Okada/stock.adobe.com

2018年11月に東大阪市内の自動車専用道路を280km/hで走行した男性が逮捕されました。この道路の制限速度は60km/hであり、実に220km/hものスピード違反でした。

今回の事件は現行犯ではなく大阪府警の調査によって犯人が特定されるというものでした。

スピード違反は比較的身近な違反といえますが、悪質なものはこのように現行犯でなくても逮捕される場合があります。

世界の最高速度違反者は日本人!

バーンナウトによるパフォーマンスも行うスモーキー永田さん
©Takuma Shiiba/stock.adobe.com

実は、世界最大の速度違反者も日本人なのです。その人物の名は永田和彦さん。「スモーキー永田」という通称のほうが有名かもしれませんね。

検挙されたのは1997年。永田さんは、当時開催されていたモーターショーに参加するため、イギリスを訪れていました。

日本から持ち込んだトヨタ スープラを運転していた永田さんは、制限速度が70マイル(112km/h)のMロード(高速道路)で、317km/hで走行したことで検挙されています。3日間勾留されたのち釈放され、無事に帰国しています。

永田さんの速度超過は205km/hオーバー。速度超過の数値としては220km/hオーバーの東大阪市内の男性のほうが上ですが、最高速度では永田さんがダントツで上。永田さんの違反はギネスにも登録されています。

こちらの記事では速度違反を犯した永田さんの最強スープラに関する情報や、現在何をしているかなど、より詳細に紹介しています。

世界最高速度違反者のスモーキー永田とは?イギリスでの逮捕歴やV12のスープラについても

執筆者プロフィール
MOBY編集部 高山 志郎
MOBY編集部 高山 志郎
平成元年生まれのサウナー。90年代から00年代はじめの国産車が好きで、バブルの残り香がする車に目がない。運転はもちろん、メンテナンス、チューニング、カスタムなど車と関わることならなんでも好き。モーター...
すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード