MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 道交法・交通事故 > 【飲酒運転の罰則】アルコールが抜けるまでの期間は?自転車の飲酒運転で免停に?
道交法・交通事故

更新

【飲酒運転の罰則】アルコールが抜けるまでの期間は?自転車の飲酒運転で免停に?

飲酒運転は「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」の2種類。運転者、同乗者、酒類提供者に対する罰則について解説します。飲酒運転で事故を起こしたら重罪になる?自転車の飲酒運転で捕まったら?ノンアルコールビールは本当に大丈夫?などの疑問にもお答え。

飲酒運転は「酒酔い運転」と「酒気帯び運転」

飲酒運転とは、酒・アルコール類を飲んだ状態で自動車やバイク、自転車を運転することを言います。飲酒運転には「酒酔い運転」「酒気帯び運転」の2種類があります。

「酒酔い運転」は飲んだ量に関係なく、泥酔していて自動車の運転が困難だと判断された場合。「酒気帯び運転」は、呼気1.0L中のアルコール濃度が0.15mg以上ある場合に適用されます。

飲酒した後の脳は感覚器官が麻痺しており、適切な判断ができない、もしくは正常時よりも遅れてしまう状態で、「酒酔い運転」の方が罪は重くなります。

飲酒運転で運転者に与えられる罰則は?

酒酔い運転

  • 罰則:5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 違反点数:35点
  • 免許:取り消し、最低でも3年間は再取得不可

酒気帯び運転

呼気1.0L中の
アルコール濃度
0.25mg未満0.25mg以上
違反点数13点25点
罰則・処分90日間の免停2年間の免許取り消し

同乗者や酒類提供者にも罰則がある

飲酒運転の罰則は、運転者以外にも、その同乗者や車両提供者、飲食店などの酒類提供者にも適用されます。運転者が飲酒していることがわかったら、絶対に車には同乗せず、運転もさせないようにしましょう。また、相手が車を運転することがわかっていたら酒類を絶対に飲ませてはいけません。

車両提供者の罰則

  • 酒酔い運転:5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 酒気帯び運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒類の提供・車両の同乗者の罰則

  • 酒酔い運転:3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
  • 酒気帯び運転:2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

飲酒運転により事故を起こしたら重罪に

©ALF photo/stock.adobe.com

飲酒運転は検問により発覚、処分となるだけでなく、「事故を起こしたときに酒に酔っていた」場合も罰則が適応されます。この場合、道路交通法との併合罪となるため、罪が重くなります。

過失運転致死傷罪が適応される場合

  • 酒酔い運転:10年6月以下の懲役もしくは禁錮又は200万円以下の罰金
  • 酒気帯び運転:10年6月以下の懲役もしくは禁錮または150万円以下の罰金

※過失運転致死傷罪そのものは、7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金

危険運転致死傷罪/危険運転過失致死罪が適応される場合

  • 相手がケガをした場合:15年以下の懲役
  • 相手が死亡した場合:1年以上の有期懲役(最高15年、加重により最高20年)

※危険運転過失致傷罪そのものは、1月以上15年以下の懲役。危険運転過失致死罪は1年以上20年以下の懲役

その他の道路交通法違反が適応される場合の違反点数

飲酒運転の内訳他の交通違反違反点数
酒酔い運転のみ35点
酒気帯び運転
(0.25以上)
35点以上適用の違反以外25点
酒気帯運転無免許運転25点
酒気帯び
(0.15以上0.25未満)
速度超過
(50 km/h以上)
19点
速度超過
(30(高速40)km/h以上
50km/h未満)
16点
積載物重量制限超過
(大型車等10割以上)
16点
積載物重量制限超過
(大型車等5割以上10割未満、
普通車等10割以上)
15点
速度超過
(25 km/h以上
30(高速40)km/h未満)
15点
積載物重量制限超過
(大型車等5割未満、
普通車等10割未満)
14点
速度超過(25 km/h未満)14点
その他の通常時は
1点・2点の違反行為
14点
のみ13点

慰謝料や損害賠償請求額も高額になることが多い

人身事故を起こした場合、一般的に被害者やその遺族から慰謝料や損害賠償請求をされることになります。飲酒運転による人身事故は、運転者の過失や責任が重いということで慰謝料が加算され、賠償金額が1,000万円を超えることもあります。

さらに、被害者が一家の大黒柱であったり、ケガで入院・寝たきり・死亡したりすると、さらに高額になる可能性があります。

飲酒をごまかす・検査を拒否しても処罰される

パトカーのランプ

警察による飲酒運転の検問(飲酒検知といいます)を拒否した場合、飲酒検知拒否罪が適用され、3ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。

飲酒運転で事故を起こし、飲酒したことをごまかそうとしてその場から逃走したり、隠れたりしたことが判明すると、過失運転致傷アルコール等影響発覚免脱罪が適応されることがあります。その場合、12年以下の懲役刑に処せられます。

自転車の飲酒運転で捕まったらどうなる?

自転車にも飲酒運転が適応される

「自転車はお酒を飲んだ後でも運転しても大丈夫」と思っている方もいるようですが、自転車は自動車と同じで、飲酒後に運転すると「道路交通法違反」として検挙されることがあります。

自転車は道路交通法が定める「軽車両」となるため、飲酒したあとに自転車を運転することは禁止されています。つまり、自動車と同様に「飲酒運転」で検挙されると重い罰則が適用されるのです。

自転車の飲酒運転による罰則

自転車の飲酒運転は「酒気帯び運転」であれば厳重注意のみとなりますが、「酒酔い運転」で検挙されれば自動車と区別なく同等な罰則が適用されます。

また、飲酒後に自転車を運転するとわかっていながら、酒類を提供した者にも自動車の場合と同等の罰則が適用されます。

自転車の酒酔い運転

  • 罰則:5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
  • 違反点数:35点
  • 免許:取り消し、最低でも3年間は再取得不可

酒気帯び運転

  • 厳重注意(取締を受けるが、罰則はなし)

自転車の飲酒運転で免停になる可能性も

自転車の「酒酔い運転」で検挙された運転者が自動車免許を保有している場合、自動車運転免許まで影響が及ぶ可能性があります。

自動車運転免許と自転車の酒酔い運転は直接関係ありませんが、自転車の酒酔い運転の常習犯や悪質な違反者に限り、自動車免許を停止された事例がありました。

いずれ自動車でも飲酒運転を起こしかねないと判断され、事故の可能性を抑制するための措置ということになるのでしょう。

この運転免許の停止(免停)は、都道府県の条例によって対応が異なってきますが、東京都や愛知県では厳しい対応が取られており、過去に「180日以下の免許停止の処分」を言い渡した実績があります。

自動車免許の点数や罰金はどうなる?

自転車の酒酔い運転の常習犯や悪質な違反者に限り、自動車免許が「免停」となる可能性があるとお伝えしましたが、自動車免許上での違反点数の加点や罰金はありません。

なぜなら、自転車の飲酒運転の常習犯や悪質な違反者に対する免停処分(30〜180日)は「点数制度によらない行政処分」であるため、違反点数の加点対象ではないからです。

また、自転車による飲酒運転の罰則が適用されますので、自動車免許の罰金は発生しません。

しかし、自転車は反則金制度の対象外であるため、自転車で違反を起こせば「青切符」ではなく、いきなり「赤切符」が切られます。つまり、有罪が確定すれば前科が付いてしまう点に注意しましょう。

アルコールが抜けるまでの時間はどのくらい?

純アルコール20g
にあたる
アルコール度数
目安量酒類名
5度500mlビール
缶チューハイ
中瓶1本
350ml缶1.5本
15度180ml日本酒
ワイン
1合
1/4本
25度110ml焼酎(ロック)0.6合
40度60mlウィスキーダブル1杯

厚生労働省推進の21世紀における国民健康づくり運動「健康日本21」によると、お酒の適量は1日平均 純アルコールで約20gとしています。

純アルコール20gは、お酒の度数によって該当する量(ml)が異なります。上記の表は代表的な酒類の純アルコール20gに該当する量(ml)を表したもの。純アルコール20gは「お酒の1単位」と呼ばれます。

お酒を飲んで体内からアルコールが抜ける時間は人によりまちまち。あくまでも目安とした場合、体重60kgの人がお酒の1単位となる純アルコール20gの量を飲酒したとすると、おおむね3~4時間かかるようです。

なお、体重が1.5倍だからといってアルコールが抜ける時間が1.5倍になるわけではありません。

酔いが覚めるまでの時間(目安)

飲酒後の血中アルコール濃度変化を表すグラフ
飲酒後の血中アルコール濃度変化を表すグラフ/©(社)アルコール健康医学協会

上記の表は、平均的な成人男性がビール350mlを1ないし2缶飲んだ後の体内血中アルコール濃度がどのように変化していくかを表したグラフです。

これによると、ビール1缶が代謝されるには約2~3時間、ビール2缶が代謝されるには約4~5時間を要することがわかります。

しかし、アルコールの代謝には個人差があり、体格・性別・その日の体調によっても変わってきます。あくまでも目安として参考にしましょう。

アルコールの分解に影響する要因

体重が軽い人は酔いやすく、覚めにくい

飲酒したあとの酔いの度合いは、体内の血液中に含まれるアルコール量によって変わります。

人の血液は体重の約7パーセントと言われ、体重の軽い人ほど血液量は少ないため、体重の重い人と同じ量のお酒を飲んだとしても軽い人の血液中のアルコール濃度は高くなり、一般的には酔いやすく分解しづらいのです。

睡眠時間が少ない人は酔いやすく、覚めにくい

研究では、連続して17時間以上起きている状態、いわゆる睡眠不足の人の場合の血中アルコール濃度は、体重60kgの人がショットグラスでウィスキーを2杯飲むのと同程度の0.05%とのこと。これは酔いの状態でいうと「ほろ酔い期」にあたります。

その状態でさらにお酒を飲んだ場合、血中濃度はさらに高くなり酔いがまわりやすく分解しづらくなるのです。

筋肉量が少ない人は酔いが覚めにくい

お酒を飲むと、体内に吸収されたアルコールは血液を介して肝臓に流れ、「アセトアルデヒド」に分解されます。肝臓では最終的に酸化し「酢酸」として筋肉や心臓に移動し、さらに分解され炭酸ガスと水に分かれます。

このようなアルコール分解の過程で、分解を早める役割を果たすもののひとつが筋肉です。一般的に筋肉量が多い人のほうが分解は早く、少ない人のほうが分解は遅いのです。

これは、筋肉が脂肪と比べ水分を多く含むため、この水分により分解される速度を速めるといった効果が得られるためだと言われています。おおむね男性より脂肪の割合が多いとされる女性が分解が遅いとされるのはそのためです。

「飲酒運転にならない酒量」というものは無い

人によりアルコールが体内から抜ける時間には違いがあり、またその状況や体調によっても左右されます。

お酒を飲んだのは前日で睡眠も十分とったから大丈夫だと思っても、翌日事故をおこし調べた結果酒気帯びとなり、逮捕されたという例もあります。

お酒を飲む場合には自分の適量をあらかじめ十分に考慮したうえ、体調が不安な場合は翌日の車の運転であっても、おこなわないという勇気が大切です。

ノンアルコールビールやカクテルは本当に飲酒運転にならない?

アルコール分0.05%未満が「ノンアルコール」

日本の酒税法ではアルコール分1%以上の飲み物を「酒類」としているため、1%未満は酒ではないことになります。例えば、アルコール分0.8%のホッピーは炭酸飲料(ビールテイスト飲料)であって、酒類には含まれません。

しかし、近年多く販売されている「ノンアルコールビール」「ノンアルコールカクテル」は、アルコール分0.05%未満の飲料を指します。

とはいえ、アルコール分1%未満とアルコール分0.05%未満の飲料では、飲み続けた際に体内に蓄積されるアルコール量が大きく異なります。

「酒気帯び運転」になってしまうアルコール濃度0.15mgに達するまでは、ホッピーは約1.5L、ノンアルコールビールは約300Lを飲むことになります。

短時間で300L飲むことは無理でしょうから、アルコール分0.05%未満の飲料を飲んでも、運転に支障を来さないとされ「Alc. 0.00%」「ノンアルコール」の表記となっているのです。

ノンアルコールビールとカクテルでも酒気帯び・飲酒運転になる?

前述の通り、アルコール度数が1%未満の飲料を大量に飲んだ場合、いくら「酒類」でなくても「酒気帯び運転」に該当する可能性があります。 これは、アルコール入りのお菓子の食べすぎでも言えることです。

しかし、「Alc. 0.00%」「ノンアルコール」の表記がある飲料の場合、その可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

飲酒運転が深刻な社会問題として認知されるようになり、各飲料メーカーはノンアルコールビールの成分に大変配慮するようになりました。アルコール分0.05%未満とするだけでなく、運転への影響がないかを試験するメーカーもあるなど、「酔わないこと」への信頼度は非常に高いといえます。

もちろん、ノンアルコールビールやカクテルにも微量のアルコールが含まれている商品もあること、匂いや味から、お酒に弱い人がノンアルコールビールやカクテルを飲んで酔っ払った気分になる可能性はじゅうぶん考えられます。

しかしこれらはプラシーボ効果である可能性が高く、呼気検査でアルコール分が検知されることはないと考えてよいでしょう。

【まとめ】飲酒運転は車も自転車もダメ!ノンアルコール飲料を活用しよう

酒酔い運転や酒気帯び運転は、自動車はもちろん自転車であっても処罰の対象になりえます。運転する人はもちろん、同乗者や飲酒を勧めた人、酒類を提供した人も処罰の対象となりますので、社会全体で飲酒運転撲滅への意識を高めていく必要があります。

「飲みたい気分」の強い味方であるノンアルコール飲料は、アルコール分が0.05%以下であるため、呼気検査でアルコール成分が検知されることは原則ありません。

とはいえ、味や匂い、その場の雰囲気で酔ったような気分になりやすい人は、飲み会後の運転は避けたほうがよいかもしれません。普段より気持ちが大きくなったり、注意が散漫になると事故を起こす危険性が高まります。

もしものための自動車保険の現在の見積額はこちら!

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

お酒を飲んだ際に便利なサービスに関連する記事

道路交通法に関連するおすすめの記事

すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード