MOBY

ミッションオイルとは?交換時期の目安や交換方法から費用の相場までご紹介!

マニュアルトランスミッションをスムーズに動かすために必要な「ミッションオイル」。その交換時期の目安や交換方法、費用はどれぐらいかかるのか?この記事で、詳しく見ていきましょう。

ミッションオイルとは?

マニュアルトランスミッションの内部

ミッションギアの画像です。

出典:http://www.funkygoods.com/

ミッションオイルとは、MT(マニュアルトランスミッション)車にとって必須のオイルです。
マニュアルトランスミッションは複数のギアが組み合わさって可動しており、ミッションオイルにはこのギアをスムーズに動かす潤滑剤の役割があります。

古くなったミッションオイルを使い続けていると、トランスミッション内のギアが潤滑不良に陥って摩耗していき、最終的にはギアが割れてしまうので、ミッションオイルは定期的に交換しましょう。

この記事では、ミッションオイルの交換時期や交換方法について紹介しているので、どうぞご覧になっていってください。

マニュアルトランスミッションの仕組みはこちら!

ミッションオイルの交換時期は?

ミッションオイルの画像です。

出典:http://www.ms-g.net/

ミッションオイルの交換時期に関しては、人によって車の使い方も違ってくるので、一概に言うことはできません。愛車の状態をまず確認してみましょう。
ギアの入りが少しでも悪くなっていたら、間違いなくギアが摩耗しているので、即交換です。

また、ギアの入りが悪くなっていなくても、使っている以上ギアは必ず摩耗していくので、長くても2年毎、または走行距離20,000km毎を目安にミッションオイルを交換しましょう。
2年毎に交換する場合、車検の更新時に交換するのがおすすめです。

ミッションオイルの交換方法

ミッションオイルの交換は、ディーラーやカーショップで行う他に、自分で行うこともできます。
ということで、ここからは自分でミッションオイルを交換する方法を紹介していきます。

ミッションオイルの粘度

ミッションオイルは、液体の粘度で分類されています。
ミッションオイルの缶に記されている「75W-90」「85W-90」といった英数字は、Wの左側の数字が低温時に油膜を形成できる性能で、数字が小さくなるほど性能が上がり、ハイフンの右側の数字が高温時に油膜を形成できる性能で、数字が大きくなるほど性能が上がります。

通常は車の説明書に記された、メーカー指定の粘度を持つミッションオイルを使う必要があり、それ以外のミッションオイルを使うメリットはありません。
説明書をしっかり読んで、適正な粘度のミッションオイルを買いましょう。

ミッションオイル交換に必要なもの

・新しいミッションオイル
・灯油ポンプ
・ドレンプラグレンチ
・廃油処理箱
・ジャッキかスロープ

①車体を持ち上げる

出典:http://diy-carmaintenance.com/

まずは車体を持ち上げて、オイル交換ができるスペースを確保しましょう。
通常はジャッキを使いますが、画像のようにスロープを使って持ち上げることもできます。
ただし、作業途中で車が動き出した場合、大怪我をすることになるので、サイドブレーキを引いておくことを忘れないでください。

②古いミッションオイルを抜く

ミッションオイルの画像です。

出典:http://diy-carmaintenance.com/

ミッションオイルの画像です。

出典:http://diy-carmaintenance.com/

ミッションオイルの画像です。

出典:http://diy-carmaintenance.com/

車体を持ち上げたら、古いミッションオイルを抜いていきましょう。
まずは上図赤丸1のフィラーボルトを外してから、赤丸2のドレンボルトを外します。
そしてドレンボルトを外した所から古いオイルを抜いて、廃油処理箱に入れましょう。

③新しいミッションオイルを入れる

出典:http://diy-carmaintenance.com/

古いオイルが完全に抜けたら、ドレンボルトをしっかり締め、フィラーボルトの締まっていた穴から、新しいミッションオイルを入れていきます。
灯油ポンプで簡単に入れることができますが、冬場はオイルが硬くなっていて、入れづらいこともあるので、その場合は少し温めてから入れましょう。

また、埃やゴミといった異物がミッションオイルに入ると、故障の原因となるので、極力注意するようにしてください。

④フィラーボルトを締める

ミッションオイルの画像です。

出典:http://diy-carmaintenance.com/

ミッションオイルの画像です。

出典:http://diy-carmaintenance.com/

ミッションオイルを入れていて、画像のように穴からオイルがこぼれてきたら満タンです。
フィラーボルトを締めて、ジャッキから車を降ろして終了しましょう。

ミッションオイルの交換費用は?

オイルの交換費用の画像です。

出典:http://www.irasutoya.com/

ミッションオイル本体の費用は、1,500~5,000円が相場です。
値段が高いほど性能も上がり、長持ちするようになります。

自分で交換する場合、ここで終わりですが、ディーラーやカーショップでやってもらう場合は、ここに工賃がプラスされます。
工賃も場所によって差がありますが、大体1,000~3,000円が相場で、ディーラーよりもカーショップの方が工賃が安い傾向にあります。
特にこだわりがないのなら、カーショップでやってもらう方がいいでしょう。

ミッションオイルの交換は大事!

出典:http://kakaku.com/

ミッションオイルの交換方法とその費用については、いかがでしたでしょうか?

交換方法に関しては、車に詳しくて自分で出来るという自信がある人以外、プロに任せることをおすすめします。
自分でやるのは想像以上に大変ですが、ディーラやカーショップに任せれば費用も安く、時間の節約にもなるからです。

普段あまり気にすることの無いミッションオイルですが、無いと絶対に困る重要なオイルですので、異変に気づいたらすぐに交換しましょう。

車のメンテナンスに関連する記事はこちら!

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す