初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

AT車のオーバードライブとは?意味と使い方や燃費について

いまいち使い方の分からないAT車のオーバードライブスイッチ。オン・オフを切り替えることで何が変わるのか?トランスミッションが果たす役割から、オーバードライブスイッチの使い方と使い所までを丁寧に解説します。

AT車のO/Dとは?

オーバードライブ off 警告灯

© MOBY

AT車のオーバードライブオフ機能を使ったことはありますか?
ATシフトの脇に設けられているのがオーバードライブスイッチです。
走行中に押すと、メーターに「O/D OFF」と表示されますが、車にはなにも変わった様子はありません。
そして、再び押すと消える「O/D OFF」表示。
一体なにが変わったのでしょう?
まぁいいやと、そのまま二度と押されることない場合もある、不遇の機能がオーバードライブオフ。

「O/D」とはOver Driveの略で、押してもどうにもならないスイッチではありません。
自動で変速されるATを、思い通りに動かすための機能なのです。

オーバードライブでなにが変わる?

オーバードライブギアとは、自動車のトランスミッションにおける巡航時に使うギア比、つまり最高速のギア比のことを指します。
つまりオーバードライブをオフにするということは、高いギア比を使わずに低いギア比を使う機能と言い換えることができます。
4速ATであれば、オーバードライブをオフにすることで、1~3速の低いギアだけを使って走行するモードになります。
それにより、AT車でも鋭い加速とエンジンブレーキを駆使した運転ができるようになるのです。

エンジントルクと車速とギアの関係

自転車のギア

自転車 変速機 ギア

トランスミッションの仕組みが分かれば、オーバードライブの役割がより理解できると思います。
トランスミッションとは、エンジンのパワーをギア比を変えることで、トルクを速度に相互変換するための装置です。

分かりやすいように、3段変速機付きの自転車を例にしてみます。
1速はペダルは軽いけれど、速度が出ません。
3速はペダルは重いけれど、速度が出ます。つまりオーバードライブギアです。
2速は1速と3速の中間。
ペダルの重さが、エンジンへの負荷であり、筋力がトルクです。
疲労の度合いが燃料消費と考えられます。

停止状態から自転車をこぎ始めて、1、2、3速と順番にシフトチェンジをして行きます。
高いギアでの巡航時には、大きな力が必要ではないことが分かると思います。
路地を曲がる時などはブレーキを掛けて速度を落とし、再び速度がのるまで1速から加速します。

このように、車速に応じた適切なギア比を選択することで、エンジンのトルクを有効に使うための装置がトランスミッションです。
そして、これらの動作を自動的にやってくれるのがAT。
つまり、オートマッチック制御のトランスミッションなのです。

ATとMTの違いについての詳しい解説はこちら

オーバードライブオフの使い方と使い所

シフトレバー

クラッチペダルがなく、シフト操作も必要ないATは、ドライバーの負担を軽減してくれる理想的なトランスミッションです。
しかし、自動で変速してくれるATは、時にドライバーの意志とは異なる変速をしてしまうことがあります。

たとえばワインディングの長く曲がり込むカーブなど、速度調整のためにアクセルオフにするとトントンとシフトアップしてしまいます。
車速が落ちすぎてしまって、加速しようとアクセルちょっと踏み込むと、ガクンとシフトショックをともなってキックダウン加速を始めるというシーンがそれにあたります。

また、長い上り坂では、微妙な速度変化でオーバードライブギアとその下のギアで、行ったり来たりしてしまうこともあります。
コンピューターは、なるべく燃費を稼ぐため、オーバードライブで走りたいのだけれど、トルクが足りなくなるとシフトダウンしなければいけない。
始めから低いギアで固定して走ればスムーズに走れるのに、ATは無用の変速を繰り返してしまうときがあるのです。

自動変速にドライバーの意志を

ATが変速するポイントは、主にエンジン回転数とエンジン負荷、車速とアクセル開度によって決められます。
その変速プログラムは、メーカーがあらゆる状況と膨大な量のテストを重ねて設定されるのですが、どうしても例外はできてしまいます。

そんなときに役に立つのがオーバードライブオフ機能です。
勝手に変速されるATに、少しだけドライバーの意志を介入させるシステムともいえます。

ホールドモードスイッチ

ホールドモードスイッチというシフトを固定するスイッチが設定されるATもあります。
Lレンジ、2レンジはほとんどの車種についており、それぞれ1速、2速に固定するモードです。
メーカーによっては、3速固定の3レンジを設定した車種も存在します。
また、2速3速を間で固定されるモードが用意された車種も存在します。

オーバードライブオフやホールドモードスイッチは、ワインディングや市街地などで、その真価を発揮します。
低い速度からの鋭い加速が必要なとき。
また長い下り坂など、強いエンジンブレーキが必要なときに使用します。
使用するギアを限定してやることで、無用なシフトチェンジを減らし、安定した走行を可能にするのです。

ATのキックダウンの詳しい解説についてはこちら

オーバードライブと燃費の関係

燃費 ガソリンスタンド

出典:©iStockphoto.com/CasarsaGuru

燃費は、低いエンジン回転数で、より高い車速を出せるほど良くなる傾向にあります。
そのため、多くのAT車はDレンジにしておくと、どんどんシフトアップして、オーバードライブギアを使った省燃費走行をする設定になっています。

オーバードライブギアを使わないということは、低いギア比で高い回転数を維持して走行するということですから、どうしても燃費は悪くなりがちです。
またATは、駆動ロスが発生しやすい構造なので余計に燃費は悪化してしまいます。

ワインディングや市街地でオーバードライブをオフにしたら、その後は必ず元に戻しましょう。
特に、そのまま高速道路を走行すると、低いギアで巡航してしまうことになるので燃費の悪化がしてしまいます。
遮音が良く、エンジン回転計のついてない車では、低いギア比で走っていても気づきににくい傾向にあります。

とはいえ、一定速度以上になると自動的にオーバードライブがオンになる車種もあります。
また、エンジンを再始動した際はオーバードライブオンの状態に戻っている車もあります。
ご自身の車種の取り扱い説明書を確認しておくことをおすすめします。

O/D OFF(オーバードライブ )が点滅したら

修理

オーバードライブオフのインジケーターが点滅しだしたら注意が必要です。
オーバードライブオフ機能が装備された車は、その表示がトランスミッション警告灯としても機能する場合があります。
ATにトラブルがなどがあった際にドライバーに注意を促すための警告灯ですので、速やかに修理工場に点検を依頼しましょう。

原因の多くが、制御電磁弁の故障、ATF(オートマチックフルード)漏れ、または交換した際の、制御油圧経路の詰まりが原因のようです。
特に、過走行気味の車でATF交換交換してしまうと、細い制御油圧経路がオイルスラッジや金属粉で詰まりやすく、変速動作不良を起こしてしまうようです。

ATFを新品交換すれば、シフトショックの低減、燃費の向上などの効果が期待できます。
しかし、定期交換するべきか、しない方が良いのかは賛否両論あります。
工場によっては過走行の車は、交換を断られてしまうケースもあるようです。

オーバードライブは自動車教習所では教えてくれなかった秘密の機能

オートマチック シフトレバー

オーバードライブの意外と知られることのない機能について解説させていただきました。
AT車は、Dレンジに入ってさえすれば、特に不自由することなく走ってくれるので、使わない人はおそらく一生使うことはないでしょう。
しかし、ATのことをよく知り、よくワインディングを走行する人にとっては有効活用できる機能です。

近年では、ATにおけるオーバードライブ機能はほとんど見られなくなり、代わりにドライブモードを切り替える方式を取っています。
市街地モードやスポーツモードとして、オーバードライブギアのオン・オフだけでなく、シフトスピードからロックアップ領域、エンジン出力までをコンピューターにより統合制御されます。
状況に応じた最適なトランスミッション・ドライブモードを選択するというのが、より実用的に進化した、現代版オーバードライブオフ機能といえるでしょう。

自動車の仕組みに関連するおすすめ記事はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す