初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【完全版】ワイルドスピードに登場する車種一覧まとめ!最新作ICE BREAKの登場車種も

世界中で公開され、アクション映画としてのその地位を確立しているワイルドスピードシリーズ。劇中にはたくさんの車が登場していますが、今回はそれぞれの車種についてまとめて紹介します。またワイスピ最新作に登場するマシンについてもご紹介。

ワイルド・スピードとはどんな映画?

ワイルド・スピードは2000年に第1作目が公開されたストリート・レーシングを中心としたアメリカのカーアクション映画です。現在シリーズ第8作目が公開される世界中で高いを誇る映画となってします。
「ワイルド・スピード」は日本国内でのタイトルでアメリカでは第1作目を「The Fast and The Furious」、以降から最新の8作目までにすべてに“Fast”、“Furious” のワードが含まれたものとなっています。
原題をそのまま翻訳するなら「猛烈な速さ」「荒れ狂った速さ」となりますが、“Furious”には「怒り狂った」という意味もあり、これは主人公ドミニクが抱く怒りの暗に象徴しているかのようでもあります。

ワイルド・スピードの特徴

前作の「ワイルド・スピード スカイミッション」では世界歴代興行収入6位をマークするなど、全世界で爆発的な人気を博しています。
全シリーズ通して迫力のあるカーアクションが見ものですが、登場人物の人間関係、友情、家族愛といったヒューマンドラマの要素も色濃く、単に派手で激しいアクション映画の枠に収まっていないところは特徴的です。
主人公の1人であったブライアン・オコナー役のポール・ウォーカーが第7作目の撮影を最後に交通事故で亡くなるという悲しいニュースもこの映画を語る上では無くてはならないものです。

ワイルド・スピード作品一覧と時系列

No.制作年時系列タイトル
120001ワイルド・スピード
220032ワイルド・スピード X2
320066ワイルド・スピード TOKYO DRIFT
420093ワイルド・スピード MAX
520114ワイルド・スピード MEGA MAX
620135ワイルド・スピード EURO MISSION
720157ワイルド・スピード SKY MISSION
820178ワイルド・スピード ICE BREAK

名車が続々と登場する映画

ワイルドスピードの魅力は何と言っても、数々の「名車」が登場するところです。その中には、日本車も多く車好きの方にとっては興奮の連続を味わえる映画となっています。
それでは、ワイルド・スピードに登場する車をご覧ください!

最新作ワイルドスピード ICE BREAKの登場車種も紹介!

2017年4月28日には、シリーズ8作目にあたるワイルド・スピード ICE BREAKが公開されます。

ワイスピ最新作に登場するマシン達についても記事の最後でご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。これからワイルドスピードを見ようと思っているか方は予習として、すでに見たという方は復習としてご覧ください。

※以下に使用している自動車の画像はすべて映画に登場したものと同型のものを使用しております。

【ワイルドスピードに登場】2代目 三菱 エクリプス

第1作目にて、FBIの捜査官をしていたポールウォーカー演じるブライアンが、潜入捜査用に8万ドルを投じてチューンされ用意された車です。
写真は色違いですが、ライムグリーンのカラーが印象的で、ドリフトしている姿は記憶に残りますね。

2代目 三菱 エクリプスのスペック

全長全幅全高
4,3951,7451,295
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5101,3304
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm
車両重量:kg 乗車定員:人

【ワイルドスピードに登場】3代目 マツダ RX-7

1993年式のマツダRX-7です。
ストリートレーサーとして活躍していたドミニクが乗っていた車で、ドラッグレースではぶっちぎりの優勝をしていました。
カラーを変え、シリーズ通して登場している車種です。
こちらのモデルはワイルドスピード2に登場したものですが、ドミニクのRX-7も赤いモデルでした。

3代目 マツダ RX-7のスペック

全長全幅全高
4,2851,7601,230
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4251,240~1,3302人/4人
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm
車両重量:kg 乗車定員:人

【ワイルドスピード・X2に登場】アキュラ インテグラ

ホンダ インテグラ タイプR 4ドア

主人公の妹であるミアの愛車として、ターコイズのアキュラ RSX(ホンダ インテグラ北米仕様車)が登場しました。
アメリカでもアキュラブランドから販売されており、若者から人気を博しました。上記画像はホンダ インテグラ タイプR 4ドア・ハードトップです。

アキュラ インテグラのスペック

全長全幅全高
4,3751,7251,389
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5701,234~1,2604
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【ワイルドスピードに登場】日産 シルビア(S14)

日産シルビア S14 後期型

ドミニクの恋人であるレティの愛車として登場したのがシルビアS14(後期モデル)です。
アメリカでの名前は240SXとなります。
劇中でレティはクールにピンクパープルのシルビアを乗り回していました。
また、持ち主やカラーを変えてシリーズに頻出している車種です。

日産 シルビア(S14)のスペック

全長全幅全高
4,5201,7301,295
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5251,2404
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【ワイルドスピードに登場】フォルクスワーゲン ジェッタ

3代目 フォルクスワーゲン・ジェッタ

第1作目にて、ジェシーの愛車として登場したフォルクスワーゲン ジェッタです。
日本ではヴェントの名前で販売されていました。
現在でもマニアの間では人気があり、劇中のジェッタのカラーリングを真似るオーナーもいるそうです。

フォルクスワーゲン ジェッタのスペック

全長全幅全高
4,3701,6951,420
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4751,1905
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【ワイルドスピードX2に登場】ホンダ S2000

2作目において、女性ストリートレーサーのスーキーの愛車として、ピンクのS2000が登場しました。
劇中のレースでは橋の上からジャンプした際、フロントバンパーを破損してしまいましたが、無事レースは完走しました。

ホンダ S2000のスペック

全長全幅全高
4,1351,7501,285
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4001,250~1,2702
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【ワイルドスピード・SKY MISSIONに登場】トヨタ スープラ

1作目に登場した、ワイルドスピードを代表する車といっても過言ではない、オレンジ色のトヨタスープラと、7作目に登場した白のシンプルなスープラです。

白のスープラは、ポールウォーカーのプライベートでの愛車でもあり、7作目のエンディングシーンは見た人の感動を呼びました。

トヨタ スープラのスペック

全長全幅全高
4,5201,8101,275
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5501,5104
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【ワイルドスピード・MAX・MEGA MAX・EURO MISSION・SKY MISSIONに登場】ダッジ チャージャー

ダッジ チャージャー ワイルドスピード

ドミニクの愛車として登場する、ダッジ チャージャーです。
日本車が多く登場するワイルドスピードですが、アメリカンマッスルカーも活躍しています。

先ほど紹介したオレンジ色のスープラトのドラッグレースは、今でも覚えている人は多いのではないでしょうか。

ダッジ チャージャーのスペック

全長全幅全高
5,1551,9101,370
ホイールベース車両重量乗車定員
2,9721,6804
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【ワイルドスピード・MAXに登場】シボレー シェベルSS

ワイルドスピードの登場車種その9:シボレー・シェベルSS 1970年型

2作目にて、ドミニクの乗っていたシェベルSSです。
シボレーを代表するマッスルカーであり、今でも根強い人気があります。

【ワイルドスピードX2・X3・MAXに登場】日産 GT-R R34

日産 GT-R R34

ワイルドスピードといったらこのカラーリングのGT-Rが思い浮かぶ方も多いと思います。
助手席にはニトロを装備し、フルチューンが施されています。

今でも高い人気のあるR34ですが、特にこのカラーリングのR34は世界中のオーナーがレプリカとして所有しており、イベントなどで見かけることができます。

日産 GT-R R34のスペック

全長全幅全高
4,6001,7851,360
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6651,5604
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【ワイルドスピードX2に登場】三菱 ランサーエボリューションⅦ

ワイルドスピード 三菱 ランサーエボリューション7

ブライアンの愛車として登場した、ランサーエボリューションⅦです。
こちらの写真はイエローですが、劇中ではライムゴールドにカラーリングされています。
また、ドリフトのシーンを撮影するために4WDからFRに改造されているそうです。

三菱 ランサーエボリューションⅦのスペック

全長全幅全高
4,4551,7701,450
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6251,320~1,4005
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【ワイルドスピードX2に登場】シボレー カマロSS

シボレー・カマロSS 1970年型

お互いの乗る車をかけて行われたドラッグレースにて、ブライアン達のランエボと抜きつ抜かれつのデットヒートを繰り広げ、レースに負けてしまったカマロです。
劇中ではブルーに白のストライプが入っていて、助手席のシートが飛び出す改造がされていました。

【ワイルドスピードX2に登場】ダッジ チャレンジャー 

ダッジ チャレンジャー

上で紹介したカマロと同じく、ドラッグレースにおいてブライアン達が手に入れたダッジチャージャーです。
日本車であるランエボなどで、マッスルカーを倒すのはなかなか見ていて爽快なシーンでしたね。

【ワイルドスピードX3に登場】日産 フェアレディZ

ワイルドスピードの登場車種その14:日産 フェアレディーZ Z33

こちらは「TOKYO DRIFT」で登場したフェアレディZ(Z33)です。
ドリフトキングことD.K.が華麗なドリフトを決めながら乗っていたZですが、映画のラストでは崖の上から落ちてしまい、横転大破しました。
劇中ではブラックの塗装の上にコガネムシのバイナルグラフィックスが施されていました。

日産 フェアレディZのスペック

全長全幅全高
4,310~4,6251,815~1,8401,295~1,325
ホイールベース車両重量乗車定員
2,6501,260~1,6102~4
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【ワイルドスピードX3に登場】マツダ RX-7 Veilside Fortune Model


こちらも、「TOKYO DRIFT」に登場したハンの愛車です。
RX-7をベースとしたVeilsideによるコンプリートカーで、艶やかなオレンジのカラーが目を引きますね。
この映画に登場したことで、VeilsideのRX-7は人気を博し、世界中に多くのファンがいます。

【ワイルドスピードX3に登場】日産 シルビア S15

S15シルビア S15

こちらは、「TOKYO DRIFT」のパーキングドリフトのシーンで登場した、シルビアです。
「ドリフト界のモナリザ」と呼ばれています。
劇中では紺と橙のカラーリングに、C-WESTのエアロパーツを装備しています。
アメリカでもドリフト車として高い人気を持つシルビアですが、映画の中でもしっかり活躍しています。

日産 シルビア S15のスペック

全長全幅全高
4,4451,6951,285
ホイールベース車両重量乗車定員
2,5251,2404
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

【ワイルドスピードX3に登場】マツダ RX-8

マツダ RX8

「TOKYO DRIFT」のヒロイン、ニーラの愛車としてRX-8が登場しました。
こちらも劇中ではVeilsideのエアロパーツが装着されていました。

マツダ RX-8のスペック

全長全幅全高
4,4351,7701,340
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7001,340~1,3604
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ワイルドスピードの登場車種その18:フォード マスタング

初代・フォード・マスタング

「TOKYO DRIFT」にて、ショーンがD.K.とのバトルの際に乗るのが、フォードマスタングです。
峠でのバトルでは、激闘の末D.K.のZ33に勝利しました。

ワイルドスピードの登場車種その19:スバル インプレッサWRX STI

ワイルドスピードの登場車種その19:スバル インプレッサWRX STI

FBIの押収車として保管されていましたが、ドミニクの手により盗まれたのがインプレッサWRXSTIです。

ラストシーンでは攻撃を受け、爆破されてしまいましたが、多くの活躍したシーンがあります。

ワイルドスピードの登場車種その20:フォード エスコート RS2000

フォード エスコート マーク1

6作目でブライアンの乗っていた、フォード エスコート RS2000です。
1967年にイギリスで発売され、そのスタイリングと高い走行性能が高く評価され、人気を博しました。
劇中でも、多くの名シーンがありましたね。

次のページ