MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ルーミー > トヨタ ルーミー完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説
ルーミー

更新

トヨタ ルーミー完全情報!おすすめグレードや人気カラー、スペックなどを解説

トヨタ ルーミーとはどんな車?

トヨタ 初代ルーミー G フロント
グレード:G
トヨタ 初代ルーミー G リア
グレード:G

ルーミーは、トールタイプのコンパクトカーです。OEMモデルとして、ダイハツ トールや、スバル ジャスティとしても販売されています。

トールタイプのコンパクトカーですので、ファミリー向きの車で、日常で不満の出ないように作られたモデルです。

トヨタ 初代ルーミー G 運転席
Gの内装
トヨタ 初代ルーミー G 内装
Gの内装

必要十分なエンジン性能と、不満の出ない燃費、小回りの利く車体などを主眼に作られ、乗りやすい1台です。

先代には、タンクという姉妹車がありましたが、現在では選べる2種類の顔として、名残を残しています。

おすすめグレード

トヨタ 初代ルーミーのスタイリング

トヨタ ルーミーのグレード構成と車両価格

2021年6月時点で販売されているルーミーのグレード(特別仕様車を除く)は以下表のとおりです。 

グレード名車両価格(税込)
X(2WD/4WD1,556,500円~
G(2WD/4WD)1,743,500円~
G-T1,864,500円
カスタムG(2WD/4WD)1,914,000円~
カスタムG-T2,046,000円

パワートレイン別グレード構成

ハイラックス のパワートレイン別のグレード(特別仕様車は除く)は以下表のとおりです。

グレードXGカスタムGG-TカスタムG-T
燃料ガソリン
エンジン1L1L+ターボチャージャー
駆動方式2WD/4WD2WD/4WD2WD2WD/4WD2WD
トランスミッションCVT

ルーミーのグレードは5グレードが用意されました。直列3気筒のDOHCエンジンを搭載した「X」「G」「カスタムG」。加えて直列3気筒にインタークーラー付ターボを搭載した「G-T」「カスタムG-T」となります。

ダイハツが販売しているトールをベース車両とし、OEM供給が行われているモデルなので、トールとド同様のエンジンを使用。安全性能は、「Toyota Safety Sense」ではなく、ダイハツと同様の「スマアシⅡ」が採用されることになります。

2020年9月に行われたマイナーチェンジでは、安全装備の充実が図られたほか、フロントフェイスが変更されました。また施錠後にキーを持ったまま近づくと自動でスライドドアが開く「ウェルカムパワースライドドア」が全グレード標準装備になっています。

軽自動車よりは大きめサイズに乗りたいファミリーユースにはカスタムGがおすすめ!

トヨタ 初代ルーミー カスタムG フロント
グレード:カスタムG

コンパクトサイズでありながら5人が余裕をもって乗ることができる居住スペースが特徴です。多彩なシートアレンジで大人が寝転ぶこともできます。自転車を積むことができるスペースもあるため、「動ける広い部屋」という言葉がぴったりです。 

街乗りなどの普段使いに使用するなら、自然吸気のノンターボでもストレスを感じることはないようです。小回りが利き通勤や通学にも最適。また視界が高いので疲れにくく、エンジン音も静かで安心感が持てるという声も聞かれます。

電動パーキングブレーキの採用で、シフトポジションをパーキングに入れるとパーキングブレーキがかかるシステムを採用。パーキング以外で自動解除されるため、非常に便利です。この機能は「カスタムG-T」と「カスタムG」のみの採用となっています。

やっぱりターボは外せない走行性能重視ならカスタムG-Tがおすすめ! 

トヨタ 初代ルーミー カスタムG-T フロント
グレード:カスタムG-T

ターボを搭載しているから上り坂や追い越しなども楽々です。パワーに対応した15インチのアルミホイールを装着しており、少し固めな乗り心地になっています。その分コーナリング性能が向上しているといえるでしょう。 

またコーナリングでの車体の傾きを抑えるスタビライザーは、フロントとリアの両方に搭載されます。より安定したコーナリング走行が可能です。エクステリアではエアロパーツが装着されており、スポーティな装いが人気となっているようです。

ボディカラーは全12色

トヨタ 初代ルーミーのボディカラー一覧画像

ボディカラーに設定されているのはモノトーンカラー9色、またカスタム専用として、ツートンカラー3色からの、合計12色から選択することができます。

リセールバリューを考える場合には、「ブラックマイカメタリック」、「パールホワイトⅢ」がおすすめとなっています。

ボディカラー名称一覧

カラー名称カラーコード
レーザーブルークリスタルシャインB82
ターコイズブルーマイカメタリックB86
クールバイオレットクリスタルシャインP19
プラムブラウンクリスタルマイカR59
ファイアークォーツレッドメタリックR67
ブライトシルバーメタリックS28
ブリリアントカッパークリスタルマイカT33
パールホワイトⅢW24
ブラックマイカメタリックX07
ブラックマイカメタリック×
ファイアークォーツレッドメタリック
X96
ブラックマイカメタリック×
パールホワイトⅢ
X99
ブラックマイカメタリック×
ブリリアントカッパークリスタルマイカ
XG2

トヨタ ルーミーのスペック

トヨタ 初代ルーミーの走行イメージ

ボディサイズ

全長3700~3705mm
全幅1670kg
全高1735kg
ホイールベース2490mm
車両重量1080~1110kg
乗車定員5人

全長3,700~3,705mm、全幅1,670mm、全高1,735mmと5ナンバーサイズの小型乗用車にカテゴライズされているため、取り回しの良さに問題はありません。駐車場で困るのは唯一機械式駐車場といえるでしょう。

機械式駐車場は基本的には全高1,550mmに対応となっています。「ハイルーフOK」の場合には、全高が2,200mmまで対応してくれることもありますが、台数制限があるので止めることができない場合もあるでしょう。

パワートレイン

エンジン直列3気筒ターボ直列3気筒
排気量996cc996cc
最高出力72kW[98PS]/6,000rpm51kW[69PS]/6,000rpm
最大トルク140N·m[14.3kg・m]/2,400-4,000rpm92N·m[9.4kg・m]/4,400rpm
モーター最高出力
モーター最大トルク
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FFFF
4WD
使用燃料レギュラーレギュラー

主にダイハツが開発を行った3気筒エンジンは、扱いやすい低速トルクを重視したロングストローク型です。また熱効率を高めたエンジンとなっています。それと同時に燃費を向上させることにも成功しました。

また2016年にはターボを追加。空冷式インタークーラーで1.5L並みのトルクを発揮させています。以前同様に直噴を採用せず、「ポート噴射式」が継承され、直噴ターボに迫るハイレベルな出来栄えです。

軽自動車に特化しているダイハツならではの技術力の高さで、燃費性能はNA仕様に迫る低燃費性能を発揮しているといえるでしょう。

最新「ルーミー」中古車情報
本日の在庫数 1817台
平均価格 141万円
本体価格 48~259万円

トヨタの最新新型車情報はこちら!

トヨタのコンパクトカー一覧まとめ

トヨタの新車で買える現行車種一覧はこちら!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード