MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > ラダーフレームとは?構造や安全性、採用車種まとめ
トヨタ

更新

ラダーフレームとは?構造や安全性、採用車種まとめ

ラダーフレームとは?

©ako photography/stock.adobe.com

梯子のような形状をしたフレーム(セパレートフレーム)

ラダーフレームとは、梯子のような形状をしていて自動車のフレームのことです。フレーム上にボディをボルトで締め付けるような構造から、「セパレートフレーム」の名称でもお馴染みです。

ラダーフレームは、本格的なオフロード走行を前提に設計された自動車やトラックにバスといった商用車への採用が多くなっています。現代の乗用車では採用車種が以前よりも少ない印象です。

ラダーフレーム上にボディ(乗員が入るところ)を配置すると言いましたが、ラダーフレーム側のマウント部分にはゴムが取り付けられています。このゴムで路面からの衝撃を軽減しているのです。以降の見出しでも紹介しますが、これはラダーフレーム車とモノコックボディ車の決定的な違いになります。

モノコックボディとの構造的な違い

©RoClickMag/stock.adobe.com

ボディとフレームが別々になっている

先ほども述べたように、ラダーフレーム車はボディとフレームが別れています。役割もそれぞれ異なっていて、走行に関係するパワートレインサスペンションなどの装着はラダーフレームが、乗員空間や荷室の確保はボディが担っています。

それに対して、モノコックボディはそれらの役割をボディ1つに担うような構造です(フレームがない)。

モノコックボディについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

サスペンションは前後共にリジッドサスのものもある

ラダーフレーム車の中には前後共にリジッドアクスルサスペンションのものがあります。モノコック車の場合、リアサスにリジッドサスが採用されるケースはありながらも、フロントは大体独立懸架式で、前後共にリジッドというのは稀です。

それに対してラダーフレームの車種をいろいろみていると、例えばジムニーは前後ともに3リンク式のリジッドサスですし、昔のランドクルーザー(100系になる前のモデル)はリジッドでした。

ラダーフレーム車のサスペンションはなかなか調べ甲斐のあるコンテンツですので、気になる方はいろいろ調べてみましょう。

ラダーフレーム車よりモノコックボディが多い理由は?

©s.narisawa/stock.adobe.com

日常生活を送っていると一般道・高速道路は舗装されているものばかりで、未舗装路を走ることはほとんどありません。そしてラダーフレーム車よりモノコック車のほうが乗り心地や軽量性などに優れていることなどが、現在モノコックボディの自動車が多く製造されている理由でしょう。

とは言いながらも、一部車種(特にSUVタイプ)ではオフロード走行モードが備わっているものがありますし、三菱 デリカのようにミニバンでありながら、高いボディ剛性を持つリブボーンフレームが採用されたことでオンロードもオフロードも難なく走る車種もあります。

本格的なオフロードを走ることはないけれど各種アウトドア活動でちょっと荒れた路面を走る時に楽しめるので、こういう仕様の車種を選ぶのもアリです。

ラダーフレームのメリット

フレームが頑丈

まず最初に紹介したいラダーフレームのメリットは頑丈だということです。強度・剛性の意味ではもちろんのこと、ラダーフレーム車特有の構造でモノコック車と比べて壊れにくい(自走不可になりにくい)のは重要要素となっています。

ラダーフレーム車のサスペンションやエンジンはフレームに取り付けられています。ですので、横転や側転(つまり転倒のこと)でボディを破損しても、フレームや足回り部品が壊れず自走できるということです。

事故(あるいはクラッシュ)の程度によっては頑丈なラダーフレームが曲がることもありますが、モノコックと比べればボディ破損時の生存率は高いと言えるでしょう。

凹凸のある悪路でも車体のクリアランスを確保できる

歴史を振り返るとラダーフレーム車の多く(そもそも車種少ないですが)は前後サスにリジッドアクスルサスペンションが採用されています。現行車種だとジムニーは前後リジッドアクスルです。これによって、例えば片方の車輪がものすごい坂を登る、あるいは深い溝に落ちたとしても、車両と地面のクリアランスを確保できます。

ストラット式ダブルウィッシュボーンのようにアームが円弧運動をする足回りの自動車(つまりモノコック車)だとこれが難しくなりますが、現行のGクラスやランドクルーザーのフロントサスは独立懸架式です。車高調整(地面とフレームのクリアランス)が肝になります。

視線が高い(運転中に周りを見やすい)

ラダーフレーム上にボディを置くので自然と運転席の位置が高く、視線が高くなって周りを見やすくなります。バスの運転手になった気分を味わるのも魅力と言えるでしょう(バスもラダーフレームが採用されています)。

ただし視線が高くなった分だけ車体の低い位置が見にくいと感じることもあります。運転時には注意しましょう。

ラダーフレームのデメリット

車両重量が重い傾向にある

ラダーフレーム車はモノコックボディの車と比べて車両重量が重くなりやすいと言われています。確かにフレームとボディがそれぞれ装着されているので、ボディ単体のモノコック車より重たくなっても至って自然です。とりわけラダーフレームが重量物となっています。

ここで試しにスズキのモノコック車とラダーフレーム車で比較してみましょう。例えばSUV寄りでアウトドアで遊べる軽自動車のハスラー(4WD)と、スズキが世界に誇る究極の軽自動車であるラダーフレーム車であるジムニーの車両重量は次のようになっています。

  • ハスラー:860kg
  • ジムニー:1,030kg

同じ軽自動車でも実に170kgの差です。軽自動車でありながらコンパクトカー並の車両重量(1トン前後)であることがわかります。

ラダーフレーム車が重くなる理由として部品点数が多い点も挙げられます。駆動方式が4WD(全輪駆動)のため2WD(前輪駆動あるいは後輪駆動)の自動車より部品が多くなるのです。

ジムニーのラダーフレーム

例えばジムニーは後輪駆動ベースの4WD(副変速機付き)です。通常走行時(FR)はトランスミッションやプロペラシャフトなどを経て後輪を駆動させ、4WD走行時にトランスファーを通じて前輪も駆動させます。4WDの自動車であればトランスファーはお馴染みのパーツですが、副変速機はラダーフレームの自動車ならではのパーツです。

このようにラダーフレーム車は車両重量が重たくなりやすいパーツが使われ、部品点数も比較的2WDと比べて多くなります。そして、重たくなれば燃費も悪くなります。

ジムニーの4ATモデルの燃費は14.3km/L・5MTモデルで16.2km/Lであるのに対し、現行ハスラーは4WDモデルで23.4km/L・2WDモデルで25.0km/Lです(燃費はWLTCモードでのカタログ値)。ハスラーはマイルドハイブリッド車ではありますが、それでもリッターあたり10km前後の燃費性能の差があることになります。

乗り心地が悪い

ラダーフレームが採用された自動車はモノコックボディのそれと比べて乗り心地が悪いと言われています。フレーム上にボディを置く構造や、常に互いの車輪を影響し遭う(衝撃が伝わる)リジッドアクスルサスペンションであることなどがその理由です。

車内が狭い(ジムニー)

その他、ジムニーに関して言えば車内が狭いと感じるユーザーもいます。基本的に軽自動車は小型乗用車以上の車種と比べて狭いのですが、ジムニーでは室内高の低さで圧迫感を感じた人もいるようです。確かに実際に乗ってみると荷物がたくさん乗る感じはしないですし、2ドアのため後部座席へのアクセスが少し難しいです。

ラダーフレームが採用された車種

スズキ ジムニー

1970年に初代ジムニー(LJ10型)が発売されて以降、半世紀わたり世界を魅せてきたといっても過言ではない日本を代表する軽オフロードとなりました。それでいてなんと軽自動車。現行のジムニーではブレーキLSDトラクションコントロールが採用され、車輪が空転しやすい場面でもトラクションを路面へ伝えて脱出できるようになっています。

トヨタ ランドクルーザー

トヨタを代表するオフロード車です。軽自動車のジムニーに対して、こちらはV型6気筒ターボエンジンが搭載されています(ガソリン仕様なら総排気量3.5L、ディーゼルなら3.3L)。オフロード走行時の路面状況に合わせて6種類の走行モードを選べるマルチテレインセレクトが採用されています。ちなみにこの車種、フロントサスペンションが独立懸架式(ダブルウィッシュボーン)という珍しい仕様です。

トヨタ ハイラックス

トヨタ 8代目ハイラックス X フロント

2017年に発売されて日本で復活したトヨタのピックアップトラックです。トラックは大方、ラダーフレームが採用されていますので、その例に外れずハイラックスもラダーフレーム仕様となっています。荷台に大きな荷物を積むことができて、運転席と助手席をリクライニングできて、乗車定員5名など魅力たっぷりです。

メルセデス・ベンツ Gクラス

豪華絢爛かつ実用的なメルセデスのオフロード車両です。フルタイム4WDのラダーフレーム、フロントサスがストラット式でリアがリジッドの組み合わせとなっています。オフロード走行に合わせた制御を行うGモードや、通常時の2倍以上の駆動力を発揮するクロスカントリーギアが搭載されているなどパワーユニット周りの手のかけようはもちろんのこと、やっぱり見た目がかっこよく美しい点が大きな魅力です。

パジェロやラッシュ、FJクルーザーにも採用

三菱 パジェロ

日本の自動車メーカーが過去販売されていなラダーフレーム車には、ざっくりあげただけでも三菱 パジェロ、トヨタ ラッシュ(純粋なラダーフレームではなくモノコックボディとラダーフレームをくっつけて完成したビルトインラダーフレーム式モノコック)、トヨタ FJクルーザーなど、意外にも多岐に及んでいたことがわかります。気になる1台を見つけたら中古車市場で今のうちに買っておきましょう。

頑丈に作られているラダーフレーム車は現代ではそもそも車種が少ないですし、燃費が悪かったり乗り心地がモノコック車よりもゴツゴツしていたりと、新車・中古車問わず選択肢から外れがちかもしれません。

しかし、堅牢であることや悪路走破性が高いので災害時の移動手段として期待できることを踏まえると、未来の家宝になりうるのではないでしょうか。

4WD・四輪駆動とは?4WDはどんな人におすすめ?

国産SUVマップ┃全30モデル比較&人気ランキングとおすすめ車種

ガチのオフローダー!かっこいいアメ車SUVが見たい人はコチラ

執筆者プロフィール
中華鍋振る人
中華鍋振る人
自動車とバイクに関連する記事を書いています。モータースポーツは観戦よりも参戦派。道交法や違反に関する情報を、法律に詳しくない人にもわかりやすく解説しています。
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード