MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > なぜ日本の車メーカーは「Gクラス」のような四角いSUVを造らない?その理由に納得
ニュース

更新

なぜ日本の車メーカーは「Gクラス」のような四角いSUVを造らない?その理由に納得

発売から40年経つも未だ大人気の”ゲレンデ”

イラン・パーレビ国王のリクエストにより、国境地帯を警備できるオールパーパスなクルマとして開発されたメルセデス・ベンツ「Gクラス」。発売当初は「ゲレンデバーゲン」という名で売られていたのは周知の通りです。

2018年に3代目へと生まれ変わったメルセデス・ベンツ Gクラス

悪路走破性、堅牢性の高さから、NATO軍をはじめとする各国軍隊に制式車両として採用されるという実績を持つクルマでもあります。

初代発売から40年以上が経過するモデルですが、2回のマイナーチェンジを経ても基本的なデザインは変わっていません。

運転時の車両感覚の掴みやすさ、見切りの良さを考えてデザインされたスクエアなボディは無骨以外のなにものでもありませんが、日本でもっとも売れているベンツと言えるでしょう。

流麗なラインのSUVが多い中で、無骨さが最高の魅力になっているのではないでしょうか。

スクエアボディの国産SUV、なぜ増えない?

では、日本のメーカーはなぜこのようなカタチのSUVを造らないのでしょうか。

2018年にスズキは、4代目「ジムニー」を発売しましたが、そのスクエアなデザインはGクラスにそっくりだったことから、海外メディアから「ベビーG」の愛称が付けられました。

2018年にはジムニーもフルモデルチェンジで4代目に

丸みを帯びた3代目モデルから一転し、スクエアなデザインを纏った現行型ジムニーは、従来とは違うユーザー層から新鮮味を評価され、瞬く間に大ヒットモデルになりました。

しかし、スズキのデザイナーは何もGクラスを模倣したわけではありません。オフロード4WDとしての性能、道具として機能美を追求した結果、現在のカタチになったのです。

ですがこのデザインには、現代のクルマに不可欠な安全性能という点で、大変な苦労が隠されています。

執筆者プロフィール
山崎 友貴
山崎 友貴
1966年生まれ。四輪駆動車専門誌やRV雑誌編集部を経て、編集ブロダクションを設立。現在はSUV生活研究家として、SUVやキャンピングカーを使った新たなアウトドアライフや車中泊ライフなどを探求中。現在の愛車は...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード