MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > ライバル車は羨ましい?新車販売同様にジムニーのカスタム市場が好調!理由は?
ニュース

更新

ライバル車は羨ましい?新車販売同様にジムニーのカスタム市場が好調!理由は?

人気のジムニーはカスタム市場も好調!

ジムニー

相変わらず納期が1年以上という、超人気モデル「ジムニー」「ジムニーシエラ」。

本来でしたらデビュー4年で大幅なフェイスリフトなどが行われてもいい頃ですが、納車待ちのユーザーに配慮してか、見た目や装備の仕様変更はほぼ行われていません。

そんなことも影響してか、新車の販売同様に好調なのが、ジムニーのカスタム市場です。

昨今は第二次キャンプブームのため、ジムニーをアウトドア仕様にカスタムするユーザーが多いのですが、オフロード仕様やネオレトロ仕様、ローダウン仕様など様々なメニューが用意されています。

一方で、対抗馬とも言える「ハスラー」や「タフト」では、それほどカスタムが盛り上がっていません。

特にハスラーは初代が登場した直後、リフトアップ仕様などを手がけるカスタムビルダーがかなりいましたが、昨今はあまり見なくなりました。

タフトも、ダイハツがリフトアップしたコンセプトカーを発表しましたが、それに追随するショップはまだいないようです。

ジムニーとこれら2車種の間には、どんな違いがあるのでしょうか?

定番カスタムは“悪路走破性アップ”のメニュー

@Grigory Bruev/stock.adobe.com

ジムニーのカスタムは、見た目を変えるという目的がメインですが、そのメニューのほとんどは悪路走破性アップのためのもの。

定番のカスタムとしては、「サスペンションリフトアップ」「タイヤ&ホイールのサイズアップ」「前後バンパーのショート化」「吸排気系のチューニング」「フロントグリルの交換」などが挙げられます。

中でも、ハイリフト化とタイヤ&ホイールの変更、前後バンパーの交換はジムニーカスタムのスタンダードです。

凹凸の激しい地形を走る場合、ノーマルでもそこそこ走るものの、やはり最低地上高や3アングルに余裕がない場合があります。

そこでサスペンションとタイヤで最低地上高を上げて、同時にバンパーの高さも上げることで、3アングルを拡大。さらにサスペンション自体が長くなっているので、トラベル量が拡大(路面追従性が向上)して、結果的に悪路走破性が向上できるという理屈です。

執筆者プロフィール
山崎 友貴
山崎 友貴
1966年生まれ。四輪駆動車専門誌やRV雑誌編集部を経て、編集ブロダクションを設立。現在はSUV生活研究家として、SUVやキャンピングカーを使った新たなアウトドアライフや車中泊ライフなどを探求中。現在の愛車は...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード