MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

ハリアー

更新

トヨタ新型ハリアーvsレクサス RX│SUVライバル車比較

新型ハリアーとレクサスRXの主要装備・注目装備を比較

純正ナビ・オーディオ

RX450h"version L"(インテリアカラー:ノーブルブラウン)
レクサス RX450h”version L”の内装。モニターは12.3インチ。

トヨタ新型ハリアーがグレードによっては「ディスプレイオーディオ」か、純正ナビ「T-Connect SDナビ」が選択できるのに対し、レクサス RXは12.3インチタッチワイドディスプレイとナビシステムが全グレード標準搭載となっている。

いずれもApple CarPlayとAndroid Autoに対応しているので、スマホユーザーにも優しい。

ハリアー T-Connect SDナビ
ハリアー T-Connect SDナビ。こちらもモニターは12.3インチ。

本革シート

本革シートの選択はどちらも可能。新型ハリアーでは「レザーパッケージ」が「Z」「G」で選択できる。

ハリアー Z レザーパッケージ(ブラック内装)
ハリアー Z レザーパッケージ(ブラック内装)

レクサス RXは、全グレードで選択可能。“version L”と“F SPORT”、RX450hLにおいては、本革シートが標準となり、内装との組み合わせを選べる。

レクサス RX450h"version L"(インテリアカラー:ノーブルブラウン)
レクサス RX450h”version L”(インテリアカラー:ノーブルブラウン)

RXは上位グレードにおいて選択できる内外装の仕様や色が多くなるのが特徴で、自分だけの組み合わせを楽しむことができる。

シックな内装だけでなく、明るいカラーも検討したいならレクサスRX

ハリアー Z レザーパッケージ(ブラウン内装)
ハリアー Z レザーパッケージのブラウン内装

新型ハリアーの内装色はブラック、ブラウン、グレーとシックなトーンであるのに対し、レクサス RXはアイボリーやレッドなど、明るいカラーも選択できる。

レクサス RX450h"F-SPORT"(インテリアカラー:"F-SPORT"専用フレアレッド)
レクサス RX450h “F-SPORT”専用のフレアレッド内装

RX300とRX450hには“version L”と“F SPORT”というグレードがあり、version Lはラグジュアリー、F SPORTといった装いで、選べる内装色やシートの素材や色が異なる。

サンルーフは両車オプション扱い

サンルーフは両車オプションとなっている。新型ハリアーはハイグレード「Z」のみ、トヨタ初採用の「調光パノラマルーフ」を選択可能。

ハリアー 調光パノラマルーフ(調光状態/透過状態)
ハリアー 調光パノラマルーフ(調光状態/透過状態)

サンシェードを開けたままでもガラスの透過程度を調整でき、眩しすぎる、暑すぎるときは調光状態に切り替えることで、障子越しのようなやわらかな光を取り入れることができる。

レクサス RXは全グレードでサンルーフを選択できるが、「パノラマルーフ」と「ムーンルーフ」があるので選ぶ際に注意したい。

トヨタ カムリのパノラマルーフ
画像はトヨタ カムリのパノラマルーフ。ガラス面積が大きく、ルーフ上にスライドして開閉

パノラマルーフはRX450h “F SPORT”のFF車、RX450hLを除くグレードで選択できる。前席部と後席部に別れたサンルーフなので、屋根の半分以上がガラスとなり、開放感がある。

前席部のガラスがチルト&スライド可能で、ガラスが屋根の上へ乗るスタイルがカッコイイと口コミもよい。

レクサス RX パノラマルーフ非装着車(上)、装着車(下)
パノラマルーフを装着するとルーフ前面がガラスとなるため、フロントガラスとの一体感が出てカッコイイという声も。(上:非装着車、下:装着車イメージ)

ムーンルーフは全てのグレードで選択できる。前席部の天井にコンパクトにガラス面が取り付けられており、ルーフをオープンするとルーフパネル内にスライド格納される。チルトアップも可能。パノラマルーフに比べると機能性重視の大きさとデザインで、換気や採光を効率的に行いたい人にはおすすめだ。

パノラマルーフとムーンルーフの違いはこちらのレクサス公式ページで確認すると分かりやすい。

トヨタハリアーとレクサスRXの先進安全装備・予防安全性能を比較

先進安全装備として、トヨタは「トヨタセーフティーセンス」を、レクサスは「レクサスセーフティシステム+A」を全車標準搭載している。

※◯=全車標準搭載、△=一部グレードではオプション、×=純正オプション用意なし

ハリアーRX
アクセル&ブレーキ&ハンドル制御
先行車への追従走行
はみだし抑制
ふらつき検知
前方ブレーキ支援
後方ブレーキ支援
後退時警戒支援
防眩ハイビーム自動制御
スマートミラー×

基本的に新型ハリアーではオプションの安全機能も、RXには標準装備されている。レクサスがトヨタのワンランク上のラグジュアリーハイブランドであることを考えると、当然ともいえる。

アダプティブハイビームは新型ハリアーの方が標準搭載グレードが広い

ハリアー プロジェクター式LEDヘッドランプ
ハリアー プロジェクター式LEDヘッドランプ

対向車がハイビームで眩惑されないよう、部分的にライトを自動消灯・遮光したり、向きを調整したりする「アダプティブハイビーム」は、新型ハリアーは「S」以外のグレードで標準搭載となっている。なお、「S」にアダプティブハイビームを搭載することはできない。

対してレクサス RXの「ブレードスキャンアダプティブハイビームシステム」は、全グレードでメーカーオプション。したがって、アダプティブハイビームは新型ハリアーの方が標準搭載グレードが多いため、一歩リードしている。

レクサス RXのブレードスキャンアダプティブハイビームシステム
レクサス RXのブレードスキャンアダプティブハイビームシステム 作動イメージ。ハリアーのアダプティブハイビームも同じような効果で、対向車の眩惑を防止し、夜間の視認性・安全性を高める。

しかし、レクサスのブレードスキャンアダプティブハイビームシステムは、トヨタのアダプティブハイビームよりも一歩進んだ技術である点にも注目したい。

通常点灯時は、高速回転するブレードミラーにLEDの光を反射させ、その残像効果によって滑らかに前方を照らす仕組み。ブレードミラーの回転に合わせてLEDの点灯・消灯を制御できるため、照射エリアと遮光エリアをきめ細かく調整でき、自車・対向車にとってより安全な視界が叶う。

新型ハリアーはスマートミラーがオプションで選べる

ハリアー デジタルインナーミラー(上:デジタルミラーモード、下:鏡面ミラーモード)
ハリアーのデジタルインナーミラー(上:デジタルミラーモード、下:鏡面ミラーモード)

レクサス RXにはスマートミラー(新型ハリアーでは「デジタルインナーミラー」にあたる装備)のオプションがない。取り付けには別途購入が必要だ。

トヨタハリアーとレクサスRXのWLTCモード燃費を比較

ガソリン車の比較

-(km/L)ハリアー/FFレクサスRX/FF
WLTCモード(平均)15.410.9
市街地モード11.38.2
郊外モード15.710.9
高速道路モード18.012.7

ターボ搭載の分、レクサス RXのほうが燃費はよくない。

特に街乗りの場合、新型ハリアーが実燃費8~10km/Lで推移すると考えられるのに対し、RXは5~7km/Lほどと、街乗りSUVとしてはやや頼りない数値が見込める。

RXはハイオク仕様なので、ガソリン代が気になる人は要注意だ。

ハイブリッド車(4WD)の比較

-(km/L)ハリアー/E-FourRX/E-Four
5人乗り
RX/E-Four
6/7人乗り
WLTCモード(平均)21.614.9~15.314.7
市街地モード18.911.4~11.511.4
郊外モード24.216.2~17.015.8
高速道路モード21.416.2~16.415.9

4WDモデルを比較しても、新型ハリアーのほうが燃費に優れる。特に街乗りの場合、新型ハリアーは15km/L~の実燃費も期待できるが、RXは10km/L以下になる可能性も。

街乗りメインなら新型ハリアーがおすすめ。ガソリン車でも他車に劣っているということはない

ハリアー G レザーパッケージ(センシュアルレッドマイカ)
ハリアー G レザーパッケージ

街乗りがメインで週末ロングドライブに行くユーザーであれば、街乗り燃費に優れる新型ハリアーがおすすめだ。ハイブリッド車のほうが燃費はいいが、ガソリン車であっても他車のガソリンSUVに劣っているわけではない。じゅうぶん許容範囲ととらえてよい。

対してレクサス RXはガソリンターボとV6ハイブリッドという、パワフルなパワートレインが特徴。追い越し時の加速や高い速度域でのクルーズ走行が多いなら、余裕のある走りができるRXは魅力的だ。

トヨタハリアーとレクサスRXの減税額を比較

ハリアー Z(HV)レクサス RX450h
重量税(エコカー減税)30,000円(免税)18,800円(50%減税)
自動車税(グリーン化特例)32,500円(概ね75%)28,500円(概ね50%)
減税額62,500円47,300円

両車、最も減税額が大きいハイブリッド車同士で、購入時の重量税・自動車税の減税額を算出した。ハイブリッド車に関しては、新型ハリアーの方が減税率が大きい。

ガソリン車の場合、両車ともに重量税、自動車税の減税はないため、両車のガソリン車は、税金面での優劣はほぼないといえる。

【まとめ】新型ハリアーも上級装備の車。レクサスRXはこれぞ高級SUVというパッケージング

ハリアーレクサスRX
主要装備DRAW…DRAW…
安全装備WIN!
車体本体価格WIN!
パワートレインWIN!
運転しやすいサイズWIN!
燃費WIN!
減税WIN!

上表の通り、レクサス RXは装備やパワートレインスペックで新型ハリアーに勝っているが、そもそも新型ハリアーと価格差がありすぎるため、競合車として引き合いに出すのは少し違っているかもしれない。

ハリアー Z レザーパッケージ(プレシャスブラックパール)
ハリアー Z レザーパッケージ

スペックや価格差は脇においておくとして、レクサス RXとほぼ同等の安全装備やオプションが用意されている新型ハリアーは、じゅうぶん高級SUVと言えるだろう。

RXは新型ハリアーのワンランク上の高級SUVとして、目標に据えるのにぴったりのモデルだ。

登場した車の中古車価格はこちら!

最新「ハリアー」中古車情報
本日の在庫数 3783台
平均価格 290万円
支払総額 58~649万円

最新「RX」中古車情報
本日の在庫数 1244台
平均価格 493万円
支払総額 76~1,200万円

新型ハリアーを検討中の人におすすめの記事

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード