MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > トヨタセーフティセンスとは?最新の機能や搭載車種を解説!
トヨタ

更新

トヨタセーフティセンスとは?最新の機能や搭載車種を解説!

トヨタセーフティセンスとは?

トヨタセーフティセンス 作動イメージ

次世代 トヨタセーフティセンス

トヨタセーフティセンスとは、トヨタが進める安全事故防止のための、ドライバーサポート機能の名称です。

カメラとレーダーを用いて車の周囲を監視し、得られたデータを車載コンピュータが解析。車がドライバーの思考と操作の一部を負担することで、ドライバーの疲労を低減し、交通事故抑止と事故被害の低減のために機能します。

第2世代にアップデートされた最新セーフティセンスは、従来のものより動作範囲と精度の向上が図られるとともに機能を拡大し、より安全運転に大きく貢献するよう進化しました。

トヨタセーフティセンスの機能

自動ブレーキ【プリクラッシュセーフティ】

人・自転車・車を検知して、ドライバーに警報・ブレーキ踏力サポート・自動停止ブレーキの3段階で機能する自動ブレーキシステムです。センサーのランクに応じて、検知できる周囲の明るさと対象物が異なります。

ハンドル操作サポート【レーントレーシングアシスト】

道路状の白線(黄線)や道路の境目などを検知し、車線中央を走行するようにハンドル操作をアシストします。また、上位車種では、車線をはみ出しそうになると、ドライバーへの警告とともに車線に戻るようにステアリングを自動操作します。

車線はみ出しアラート【レーンディパーチャーアラート】

道路状の白線(黄線)や道路の境目などを検知し、車線をはみ出しそうになるとドライバーへの警告を促します。

追従ドライブ支援機能【レーダークルーズコントロール】

一定範囲内の車速において、レーダーにより前走車との距離を把握。前走車との一定間隔に保ったまま走行できるクルーズコントロールです。上位車種には、前走車の停止にあわせて自車も停止する全車速追従機能が付加されます。

自動ハイビーム【オートマチックハイビーム/アダプティブハイビーム】

対向車や方向車を検知した場合、自動的にロービームへと切り替えます。アダプティブハイビーム装着車は、検知した対向車や歩行者へ光が当たらないようにコントロールしながらハイビーム状態を維持し、良好な夜間視界を確保します。

標識読み取りディスプレイ【ロードサインアシスト】

カメラがとらえた道路標識を、インフォメーションディスプレイに表示してドライバーに知らせます。車速が道路標識の速度規制値を超えた場合は警告を促します。

先行者発進アラーム【先行者発進告知機能】

信号が青に変わり、前の車が発信したことを教えてくれるアラームです。前の車との距離がおよそ4m離れた時点でドライバーに知らせ、うっかり出遅れを防止します。

セーフティセンス搭載車種一覧

最新セーフティセンスをフル装備したモデル

トヨタ クラウン RS 2018年

トヨタ クラウン 15代目 RS Advance 2.0L ガソリンターボ

【搭載車種一覧】
・クラウン
・アルファード
・ヴェルファイア
・カローラスポーツ
・MIRAI

7つすべての機能が搭載した車種です。

自動ブレーキは昼夜の人・車両に加え、日中の自転車に対して機能。良好な夜間視界を確保するアダプティブハイビームは、一部車種はオプション設定です。

クラウン・アルファード・ヴェルファイアとカローラスポーツのCVTモデルは、全車速追従機能を装備し前走車にあわせて発進・停止・レーンキープまでをアシストします。

第2世代セーフティセンスにオプションも選べるモデル

トヨタ カムリ 2017年

トヨタ カムリ フルモデルチェンジ 2017

【搭載車種一覧】
・カムリ
・プリウス
・プリウスα
・プリウスPHV
・ハリアー
・ランドクルーザー
・ランドクルーザー プラド
・C-HR
・センチュリー
・マークX

セーフティセンスの一部機能を制限したモデルです。

自動ブレーキは、昼夜の人・車両に対して機能し、車線はみ出しアラートで安全運転を喚起します。レーダークルーズコントロールは限定車速下で前走車と一定間隔を保って走行可能です。

車線はみだしアラート・アダプティブヘッドライトをオプション設定とした車種が多く、使用環境にあわせて柔軟に選択可能なのが、このクラスの特徴です。

市街地走行とコストパフォーマンスに重点を置いたモデル

トヨタ シエンタ 2015年

トヨタ シエンタ HYBRID G 2015年

【搭載車種一覧】
・シエンタ
・アクア
・ヴォクシー
・エスクァイア
・ノア
・ヴィッツ

おもに市街地走行を想定された車両には、昼夜の人・車両に対して機能する自動ブレーキと車線はみだしアラート・先行者発進告知機能が装備し、安全運転に貢献します。

アクア・ヴィッツ・シエンタはグレードによっては、オプションとして設定されています。

安全装備が業務運行をサポートしてくれるモデル

トヨタ ハイエース 2013年

トヨタ ハイエースバン 2013年

【搭載車種一覧】
・ハイエースバン
・レジアスエース

おもに商用車として用いられるトヨタ ハイエースバンと、トヨタネッツ店で取り扱うレジアスエースは、昼夜の人・車両に対して機能する自動ブレーキと車線はみだしアラート・自動ハイビームを装備。商用車としての価格を抑えつつ、必要充分な安全性能を確保しています。

サポカー対応の第1世代セーフティセンス搭載モデル

トヨタ エスティマ 2006年

エスティマ

【搭載車種一覧】
・エスティマ ハイブリッド
・アリオン
・カローラ アクシオ
・プレミオ
・カローラ フィールダー
・エスティマ
・スペイド

モデルチェンジ時期の関係から、第1世代の「セーフティセンスC」が装備された車種です。レーザーレーダーとカメラによる検知能力で、車両への自動ブレーキ・車線はみ出しアラート・自動ハイビーム・先行者発進告知機能を備えます。

セーフティセンス非搭載のモデル

トヨタ 86 2016年

トヨタ 86 2016年型

トヨタ 86にはセーフティセンスが搭載されていません。

安全運転に関する記事はこちら

すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード