MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スズキ > 【スズキセーフティサポート】種類や機能を比較!搭載車から歴代バージョンまで
スズキ

更新

【スズキセーフティサポート】種類や機能を比較!搭載車から歴代バージョンまで

「スズキセーフティサポート」とは?

@show999/stock.adobe.com

スズキが掲げる「基本安全」「予防安全」「衝突安全」の項目のうち、スズキセーフティサポートは”予防安全”に該当し、事故を起こさないために何ができるのか、という視点から開発されています。

軽自動車とコンパクトカーの人気モデルを数多く生み出してきたスズキが、各モデルへの搭載を進めているスズキセーフティサポート。ドライバーや乗員が安心してドライブを楽しめる車たちがラインナップされているのが特徴です。

搭載されている安全機能やシステムの進化、搭載されているモデルの紹介も交えて解説します。

最新のスズキセーフティサポートの機能は?

@metamorworks/stock.adobe.com

最新のスズキセーフティサポートにラインナップされている機能は12種類です。

近年、国土交通省により新車への装着が義務付けられている「衝突被害軽減ブレーキ」をはじめ、運転でのミスを防止するシステムがスズキの市販モデルに搭載されています。

この項目では、現在販売されているモデルに存在しているスズキセーフティサポートの機能の特徴をピックアップしました。12種類の安全運転サポートシステムの強みを解説します。

衝突被害軽減ブレーキ

スズキセーフティサポートの代表的なシステムが「衝突被害軽減ブレーキ」です。

車を運転していると、目の前に歩行者が飛び出してきたり前方を走る車が急停車したりする危険があります。

「衝突被害軽減ブレーキ」は、車両に取り付けられたセンサーやカメラ、レーダーで周囲にいる車や歩行者を検知し、衝突事故を避ける、あるいは被害を軽減できる効果があるシステムです。

現在、スズキセーフティサポートで設定されている衝突被害軽減ブレーキは以下の5種類となっています。通常の走行時からバック駐車・後退時まで幅広く衝突の危険を回避・軽減できる仕組みです。

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • デュアルカメラブレーキサポート
  • レーダーブレーキサポートⅡ
  • レーダーブレーキサポート
  • 後退時ブレーキサポート

誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能

「誤発進抑制機能」および「後方誤発進抑制機能」は、停車時の誤操作で危険を回避するために役立つ機能です。

例えば、車をバック駐車させるとしましょう。シフトレバーがドライブに入っている状態で、アクセルを踏んでしまい、車が前に進んで壁に衝突しそうになったことはありませんか。

誤発進抑制機能は、車両前方に備わったステレオカメラやレーダー、センサーにより前方の障害物を検知します。停車もしくは約10km/h以下の徐行をしている状態でアクセルペダルを踏み込んだ際、5秒間までであればエンジン出力を抑えて急発進を避ける仕組みです。

後方誤発進抑制機能も同様のシステムとなります。車両後方に備わったセンサーにより後方の障害物を検知。停車もしくは約10km/h以下の徐行をしている状態でアクセルペダルを踏み込んだ際、5秒間までであればエンジン出力を抑えて急発進を避ける仕組みです。

誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能ともに、ブザー音とメーター内の表示灯点滅によってシステム作動を知らせます。

車線逸脱抑制機能/車線逸脱警報機能(ふらつき警報機能)

「車線逸脱抑制機能」および「車線逸脱警報機能」(ふらつき警報機能)は、運転中のステアリング操作でのミスを予防できるよう手助けするシステムです。

車を運転していると、疲れやその他の物事に気を取られて、ステアリング操作でミスが生じやすくなります。そのタイミングでステアリング操作を手助けするシステムがあると安心です。

車線逸脱抑制機能は、前方にある車線を検知し、車線をはみ出しそうだとシステムが判断したら、車を車線の範囲内へ保つようにステアリング操作を手助けする仕組みです。

車線逸脱警報機能は、車線左右に引かれた区画線を検知し、車線をはみ出しそうだとシステムが判断したらブザー音とメーターで警告を行うシステムです。

車線逸脱抑制機能と車線逸脱警報機能は以下の状態で作動するシステムとなっています。

  • 車線逸脱抑制機能:システムを起動させ、約65km/hから約100km/hの範囲で走行した状態
  • 車線逸脱警報機能(ふらつき警報機能):約60km/hから約100km/hの範囲で走行している状態

アダプティブクルーズコントロール

アダプティブクルーズコントロール」は、高速道路での長距離ドライブに役立つシステムです。

前を走行している車との距離をステレオカメラやミリ波レーダーで検知します。システムで設定した車間距離をキープしつつ自動で加減速をし、適切な走行をサポートする機能です。

システム側で指定した距離を保って車を走れるようになるため、ドライバーの疲労が軽減するメリットがあります。

また、スズキセーフティサポートのアダプティブクルーズコントロールには「全車速追従機能付」も用意されているのが特徴です。車間距離を保つことに加えて、前方を走る車が停まるまで追従をする機能となっています。

車線維持支援機能

「車線維持支援機能」は、高速道路で車線を的確に捉えて走りたいときに役立つシステムです。

車が走行車線の端に寄らないようにステアリング操作をサポートして、疲労を軽くする機能となります。

機能を起動させ約60km/h以上の速度で走らせていると、車線左右にある区画線を検知します。車線の端に車体が寄るとシステムが判断したら、再び中央付近を走れるようにステアリング操作をサポートする機能です。

ブラインドスポットモニター

「ブラインドスポットモニター」は、車線変更での危険を避けるために役立つ機能の1つです。

ドアミラーでは確認しづらい、斜め後方から近づいてくる車両を警告で知らせるシステムです。

約15km/h以上での走行中、隣の車線を走行している後続車を検知すると、ドアミラーに備わったインジケーターが点滅して危険を知らせます。インジケーターが点滅している方向へウインカーを操作すると、ブザー音が生じてドライバーに注意を与える仕組みです。

走行している車線を除いた後方の約50m以内であれば検知できるシステムとなっています。

リアクロストラフィックアラート

「リアクロストラフィックアラート」は、駐車場でバック走行をする際に役立つ機能です。

例えば、コンビニエンスストアの駐車場で前向き駐車をし、バックで駐車スペースを出ようとしたら他の車と接触しそうになったことはありませんか。

リアクロストラフィックアラートは、シフトレバーをバックに入れた状態で約8km/h以下の走行を行った際に作動します。左右後方の接近する車両を検知しドライバーに危険を伝える仕組みです。

標識認識機能

「標識認識機能」は、道路標識の見落としを予防できる便利な機能です。

ふとした見落としで、車両進入禁止の標識を無視しそうになったことがあるでしょう。標識認識機能は、ヘッドアップディスプレイなどに標識マークが現れて、ドライバーに進入禁止を伝える便利な機能となります。

標識認識機能は以下の4つが対象となります。

  • 最高速度
  • 車両進入禁止
  • はみ出し通行禁止
  • 補助標識「終わり」

ヘッドアップディスプレイ

「ヘッドアップディスプレイ」は、運転中にメーターへ視線を変える手間を省く便利な機能です。

運転席側のフロントガラスに、車の速度やシフトが入っている位置、交差点までの距離などを案内する情報が表示される仕組みです。

メーターへ視線を変えずに運転中に知りたい情報を得られるため、わき見運転を防止できるメリットがあります。

ハイビームアシスト

「ハイビームアシスト」は、ヘッドランプに備わっているハイビームとロービームの機能を自動で切り替えるシステムです。

機能を起動させ、約30km/h以上の速度を出し走行している状態で作動します。対向車両や前を走行する車両がいた際にロービーム、車両が周辺にいない状態ではハイビームに戻る仕組みです。

運転中にハイビームとロービームを切り替えるための動作が省けて、安全運転に繋がる効果があります。

先行車発進お知らせ機能

「先行車発進お知らせ機能」は、交差点で先行車が発進した時に役立つシステムです。

シフトレバーをDなど発進できる位置にし、ブレーキペダルを踏んでいる状態で停止していると、ブザーやメーターでの点滅でドライバーに警告します。

後続車からクラクションを鳴らされるなどのリスクを回避できる便利な機能です。

全方位モニター用カメラ

「全方位モニター用カメラ」は、見通しの悪い交差点を走行する際に役立つ機能です。

例えば、塀や壁で見通しが悪くなっている箇所を通過しようとした際に、物陰から歩行者や自転車が飛び出してきてぶつかりそうになった経験があるでしょう。

そのシチュエーションで「全方位モニター用カメラ」が活躍します。真上から見渡す「3Dビュー」や車体側部に備わったカメラにより、車の周囲をチェックできる仕組みです。

インパネに装着したディスプレイでチェックできるようになっているため、運転席から死角になっている箇所もカメラを通じて確認がしやすい機能となっています。

歴代スズキセーフティサポート(予防安全)の衝突被害軽減ブレーキ機能

@PixieMe/stock.adobe.com

スズキセーフティサポートでメインとなる機能となるのが、衝突被害軽減ブレーキです。

衝突事故を回避する、あるいは軽減するために重要なポイントとなります。衝突被害軽減ブレーキの進化により、スズキの市販車も進歩を遂げてきました。

現在販売されているモデルでも、搭載されている衝突被害軽減ブレーキにバージョン違いがあるなど、注目したいポイントです。

この項目では、スズキセーフティサポートに採用されていた歴代の衝突被害軽減ブレーキを紹介します。

プリクラッシュセーフティシステム (PRECRS)

スズキセーフティサポートの源流となるのが「プリクラッシュセーフティシステム」 (PRECRS)です。

2008年に登場したクロカンSUV「エスクード」の3代目で初採用された機能で、ミリ波レーダーで先行車との距離を計測し、衝突の危険があればコンピュータが自動でブレーキを作動させるシステムです。

グレード「3.2XS」のみメーカーオプション設定がされており、衝突被害軽減ブレーキの普及で最先端を進んでいたシステムです。

レーダーブレーキサポート

「レーダーブレーキサポート」は、プリクラッシュセーフティシステムに代えて登場した衝突被害軽減ブレーキシステムです。

2013年に登場した5代目・ワゴンRの一部改良モデルより導入された安全技術。特別仕様車「20周年記念車」に標準装備されたことから始まりました。

約5km/hから約30km/hで走行中に、レーザーレーダーにより前方の車を検知した場面で自動ブレーキが作動する仕組みです。衝突を回避・被害を軽減できる効果があります。

前にいる車両との速度差が約15km/h未満であれば、衝突を回避できる可能性が高まります。当時では画期的なシステムだったと考えられるでしょう。

レーダーブレーキサポートⅡ

「レーダーブレーキサポートⅡ」は、ミリ波レーダー方式を取り入れて進化させた衝突被害軽減ブレーキです。

車体前方に備わったミリ波レーダーにより、前方にいる車を検知します。衝突の危険性が生じると、音やメーターの点滅表示でドライバーに警告を促す仕組みです。

危険が高まるにつれ少しずつ自動のブレーキアシストが加わり、段階的にブレーキ力が高まります。衝突の回避および被害を軽くするのに繋がる機能です。

デュアルカメラブレーキサポート

「デュアルカメラブレーキサポート」は、2015年に軽自動車「スペーシア」の一部改良モデルで初採用された衝突被害軽減ブレーキです。

デュアルカメラブレーキサポートの強みは、フロントガラスに面した2つのカメラで前方の車だけでなく、歩行者を検知する点です。歩行者も検知できるようになったことで、横断歩道や交差点での安全な通過をサポートします。

また、システムが作動する速度範囲も改善されています。車が対象となるケースでは約50km/h未満、歩行者が対象であれば約30km/h未満で衝突回避できる可能性が高まる仕組みです。

デュアルセンサーブレーキサポート

「デュアルセンサーブレーキサポート」は、単眼カメラにレーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減ブレーキです。
前方の車や歩行者をデュアルセンサーで検知し、衝突の危険があれば警告音やメーター表示で知らせる仕組みとなります。衝突の危険が高まるごとに、自動でブレーキがかかって衝突を避ける、あるいは被害を軽くする仕組みです。

車が対象となるケースでは約50km/h未満、歩行者が対象であれば約30km/h未満で衝突を回避できる可能性が高まります。

後退時ブレーキサポート

「後退時ブレーキサポート」は、バック走行時でも衝突被害を軽くできるようアシストするシステムです。

車両後方に備わったセンサーで周囲にある障害物との距離を計測し、4段階のブザー音で衝突の危険を伝えるパーキングセンサーを装備しています。加えて、衝突の危険が大きくなれば自動でブレーキが作動し、衝突を回避もしくは被害を軽くできる仕組みです。

バック走行時の速度が約10km/h以下のケースで、衝突を避けられる可能性が高まります。

スズキセーフティサポート搭載車一覧

@doganmesut/stock.adobe.com

スズキセーフティサポートを搭載しているスズキの市販車は合計で16車種。軽自動車やコンパクトカー、加えて軽バン・軽トラックでも採用されているのが特徴です。

この項目では、スズキセーフティサポートを搭載した車種を1車種ずつ紹介します。

スズキ アルト

「アルト」は1979年に初代が登場し、40年以上の間親しまれているセダンタイプの軽自動車です。

2021年に登場した9代目では、「デュアルカメラブレーキサポート」をはじめ、10個のスズキセーフティサポートの機能を装備しています。

新たにマイルドハイブリッド仕様を用意した点に注目です。軽量で丈夫なボディにより、27.7km/Lの低燃費を実現。手ごろな価格で初めて所有する車に最適なモデルです。

アルトに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 後退時ブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 標識認識機能
  • ヘッドアップディスプレイ
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 全方位モニター用カメラ
最新「アルト」中古車情報
本日の在庫数 4161台
平均価格 56万円
本体価格 0~155万円

スズキ ワゴンR/ワゴンRスティングレー

「ワゴンR」と「ワゴンRスティングレー」は、軽トールワゴンのジャンルを開拓して長く親しまれているモデルです。

ワゴンRシリーズに用意されているスズキセーフティサポートは8つの機能を備えています。全方位モニター用カメラにより、車体の周辺をチェックしやすくなっているのが特徴です。

25.2km/Lの低燃費は軽トールワゴンではトップクラスの実力であり、日常使いからドライブまで活躍する車となっています。

ワゴンR/ワゴンRスティングレーに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • ヘッドアップディスプレイ
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 全方位モニター用カメラ

スズキ ワゴンRスマイル

「ワゴンRスマイル」は、ワゴンRをベースにスライドドアを採用した軽トールワゴンです。

全車速域での追従を可能としたアダプティブクルーズコントロールをはじめ、スズキセーフティサポートの機能を9個も搭載しています。

大きく開き、地面からの高さを低く抑えたスライドドアの便利さと合わせて、乗る人に優しい軽トールワゴンです。

ワゴンRスマイルに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • アダプティブクルーズコントロール(全車速追従)
  • ヘッドアップディスプレイ
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 全方位モニター用カメラ
最新「ワゴンR」中古車情報
本日の在庫数 9743台
平均価格 65万円
本体価格 0~898万円

スズキ ハスラー

「ハスラー」は、軽トールワゴンとクロカンSUVの要素を融合したクロスオーバーSUVタイプの軽自動車です。

ハスラーのスズキセーフティサポートは10個も装着されています。デュアルカメラブレーキサポートに2種類の車線逸脱を防ぐ機能を装着しています。

アウトドアでも使えるように機能性を重視したインテリアデザインで、軽自動車でも気軽に山や川、海へ遊びに行ける車です。

ハスラーに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • アダプティブクルーズコントロール(全車速追従)
  • 標識認識機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 全方位モニター用カメラ
最新「ハスラー」中古車情報
本日の在庫数 69台
平均価格 98万円
本体価格 53~150万円

スズキ ジムニー

「ジムニー」は、パートタイム4WDとラダーフレームを採用した本格派クロカンSUV軽自動車です。

ジムニーのスズキセーフティサポートは、デュアルセンサーブレーキサポートをはじめ合計7個が搭載されています。荒れた路面での走破性にも優れている一方で、安全性の向上にも力を入れている点に注目したい車です。

ジムニーに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 標識認識機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
最新「ジムニー」中古車情報
本日の在庫数 5088台
平均価格 136万円
本体価格 9~398万円

スズキ スペーシア/スペーシアギア

「スペーシア」と「スペーシアギア」は、広い室内空間と使い勝手が魅力の軽ハイトワゴンです。

スペーシアシリーズには合計で11個、スズキセーフティサポートの機能が搭載されています。車線逸脱絡みの機能を充実させて、運転しやすさにも磨きをかけている点に注目です。

スペーシア/スペーシアギアに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • アダプティブクルーズコントロール(全車速追従)
  • 標識認識機能
  • ヘッドアップディスプレイ
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 全方位モニター用カメラ
最新「スペーシア」中古車情報
本日の在庫数 4064台
平均価格 108万円
本体価格 8~190万円
最新「スペーシアギア」中古車情報
本日の在庫数 610台
平均価格 166万円
本体価格 108~294万円

スズキ ラパン

「ラパン」は、ウサギをモチーフとした可愛らしさが魅力のセダンタイプ軽自動車です。

スズキセーフティサポートの機能を7個搭載しており、デュアルセンサーを使った衝突被害軽減ブレーキなど扱いやすさを重視しています。

女性が喜ぶマイナスイオンを感じ取れるエアコンなど、快適性と安全性を兼ね備えた点に注目の車です。

ラパンに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 標識認識機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能

スズキ エブリイワゴン

「エブリイワゴン」は、キャブオーバーを採用したワゴンタイプの軽自動車です。

スズキセーフティサポートの機能を7個採用しており、バック走行時のブレーキサポートも装備されています。

室内の長さ・幅・高さと屈指の広さが魅力の軽キャブオーバーワゴンに、安全性がプラスされて魅力度が高まっているのではないでしょうか。

エブリイワゴンに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 後退時ブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
最新「エブリイワゴン」中古車情報
本日の在庫数 1955台
平均価格 95万円
本体価格 5~336万円

スズキ スイフト

「スイフト」は、スポーティなデザインと優れたハンドリング性能を兼ね備えたコンパクトハッチバックです。

スイフトに搭載されているスズキセーフティサポートの機能は合計で12個。死角となる視界を補う「ブラインドスポットモニター」により、周辺の障害物をチェックしやすくなっています。

走りだけでなく、安全性も高めたハッチバックです。

スイフトに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 後退時ブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • アダプティブクルーズコントロール(全車速追従)
  • ふらつき警報機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ブラインドスポットモニター
  • リヤクロストラフィックアラート
  • 全方位モニター用カメラ
最新「スイフト」中古車情報
本日の在庫数 2772台
平均価格 84万円
本体価格 5~206万円

スズキ スイフトスポーツ

「スイフトスポーツ」は、スイフトをベースに走行性能を高めたスポーツタイプの5ドアハッチバックです。

スイフトスポーツに装備されているスズキセーフティサポートの機能は12個搭載されています。前方用の衝突被害軽減ブレーキに加え、バック走行時のブレーキサポートも備えたスポーツモデルです。

スイフトスポーツに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 後退時ブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • アダプティブクルーズコントロール(全車速追従)
  • ふらつき警報機能
  • 標識認識機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ブラインドスポットモニター
  • リヤクロストラフィックアラート
  • 全方位モニター用カメラ
最新「スイフトスポーツ」中古車情報
本日の在庫数 1171台
平均価格 153万円
本体価格 40~448万円

スズキ イグニス

「イグニス」は、コンパクトカーとSUVの要素を融合したクロスオーバータイプのハッチバックです。

イグニスのスズキセーフティサポートは合計6個の機能が搭載されています。デュアルカメラブレーキサポートをはじめ、操作ミスや衝突事故を回避できるシステムで快適なドライブを楽しめます。

イグニスに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 全方位モニター用カメラ
最新「イグニス」中古車情報
本日の在庫数 431台
平均価格 120万円
本体価格 55~207万円

スズキ ソリオ/ソリオバンディット

「ソリオ」と「ソリオバンディット」は、広い室内空間と便利なスライドドアが魅力の5人乗りハイトワゴンです。

11個の機能により、スズキセーフティサポートの充実した運転サポートを受けられます。誤発進機能をはじめ操作ミスの防止に力を入れている車です。

ソリオ/ソリオバンディットに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 後退時ブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • アダプティブクルーズコントロール(全車速追従)
  • ふらつき警報機能
  • 標識認識機能
  • ヘッドアップディスプレイ
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 全方位モニター用カメラ
最新「ソリオ」中古車情報
本日の在庫数 1876台
平均価格 101万円
本体価格 10~266万円

スズキ クロスビー

「クロスビー」は、SUVチックな外観とアウトドアに使いやすい防汚性のインテリアが魅力のコンパクトカーです。

10個のスズキセーフティサポートにより、衝突被害軽減ブレーキや車線維持をサポートする機能が多数搭載されています。

クロスビーに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 後退時ブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • アダプティブクルーズコントロール(全車速追従)
  • ふらつき警報機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 全方位モニター用カメラ
  • 車線維持支援機能
最新「クロスビー」中古車情報
本日の在庫数 501台
平均価格 181万円
本体価格 106~258万円

スズキ ジムニーシエラ

「ジムニーシエラ」は、ジムニーをベースに乗用車へ拡大したクロカンSUVです。

ジムニーシエラに搭載されているスズキセーフティサポートは合計7個。デュアルセンサーブレーキサポートによる衝突被害軽減ブレーキを取り入れているほか、車線逸脱警報機能を備えているのも特徴です。

ラダーフレームとパートタイム4WDによる走破性の高さと、安全性能を両立しています。

ジムニーシエラに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 標識認識機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
最新「ジムニーシエラ」中古車情報
本日の在庫数 767台
平均価格 250万円
本体価格 40~670万円

スズキ エブリイ

「エブリイ」は、スズキセーフティサポートを全グレードに搭載し、安全に荷物を運ぶ役割を担う軽商用バンです。

デュアルカメラブレーキサポートをはじめ、狭い路地や見切りの悪い交差点でも活躍できるように安全性能を高めています。

エブリイに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 後退時ブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
最新「エブリイ」中古車情報
本日の在庫数 3914台
平均価格 87万円
本体価格 6~388万円

スズキ キャリイ/スーパーキャリイ

「キャリイ」と「スーパーキャリイ」は、クラス屈指の長さをもった荷台が魅力の軽トラックです。

軽トラックでは初となる夜間の歩行者も検知するデュアルブレーキサポートをはじめ、スズキセーフティサポートの機能を6個装備しています。

畑仕事や工事の作業など、「縁の下の力持ち」に加わった安全装備によって、誰でも使いやすい軽トラックです。

キャリイ/スーパーキャリイに搭載されているスズキセーフティサポートの機能

  • デュアルカメラブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • ハイビームアシスト
  • 先行車発進お知らせ機能
最新「キャリイトラック」中古車情報
本日の在庫数 3230台
平均価格 75万円
本体価格 9~435万円
最新「スーパーキャリイ 」中古車情報
本日の在庫数 292台
平均価格 128万円
本体価格 73~260万円

衝突被害軽減ブレーキをはじめ、12種類の機能が各モデルの特徴ごとに搭載されているのが魅力のスズキセーフティサポート。日常生活や休日のドライブを安心・安全に楽しめるようアシストしてくれる便利なシステムです。

自動ブレーキとは?

自動ブレーキの後付けは可能?

サポカーとは?

執筆者プロフィール
長谷川 優人
長谷川 優人
1990年生まれ。Webライターをメインに活動中。好きなジャンルはクルマとアニメ。愛車はインプレッサG4(GJ型)→レガシィB4(BL型)。スポーツカーが好きで常に中古車雑誌をチェックしている。アニメ作品の聖地巡...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事