MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > アルシオーネ > 【スバル アルシオーネ VX AX9型】当時の富士重工業の最先端グローバルモデル
アルシオーネ

更新

【スバル アルシオーネ VX AX9型】当時の富士重工業の最先端グローバルモデル

1985年に誕生したスバル アルシオーネ

スバル アルシオーネ AX9型 オートモビルカウンシル2019
空力抵抗を考慮したウェッジシェイプ(くさび型)ボディ

スバル アルシオーネは1985年のデトロイトモーターショーにてワールドプレミア。

国内より早く北米での披露となったのは、アルシオーネが海外市場を視野にいれたグローバルモデルの位置づけだったためでした。

初代が1985年から1991年まで販売され、1991年には2代目となるアルシオーネ SVXへと移行。1996年に販売終了しています。

スバル アルシオーネ AX9型 オートモビルカウンシル2019
車高を極力低くした2ドアクーペ

空気抵抗を最大限考慮したくさび型のウェッジシェイプラインはスマートで、ヘッドランプには創業から現在にいたるまでスバル唯一のリトラクタブルヘッドランプを採用。

洗練されたスタイリングは世界での大々的コマーシャルもあり女性にも人気で、北米での女性ユーザー比率は当時6割強となっています。

スバル アルシオーネ AX9型 オートモビルカウンシル2019
車名アルシオーネとは六連星(むつらぼし)のなかでひときわ輝く恒星となるアルキオネに由来する。当時のフラッグシップクーペにふさわしい名前だ。

この記事に掲載されている画像は、オートモビルカウンシル2019へSUBARU社が出展した車両。

1989年式となる初代アルシオーネ AX9型で、同モデルの最上位グレードとなっています。

世界トップクラスの空力性能を誇ったボディ

スバル アルシオーネ AX9型 オートモビルカウンシル2019
フロント・リアウィンドウの傾斜角は同じ28度に設定された
スバル アルシオーネ AX9型 オートモビルカウンシル2019
タイヤハウスへの空気巻き込みを防止するため、サイドにはエアフラップが装備。

スバル アルシオーネには1.7Lとなる「VS」「VR」と、2.7Lとなる「VX」がラインナップ。

VS・VRにはEA82型ターボとなる水平対向4気筒OHCエンジンが搭載。最高出力は120PS/5,200rpm、最大トルクは18.2kgm/2,400rpmとしました。

オートモビルカウンシル2019の出展車でもあるVXでは、EA82型をベースに水平対向6気筒OHCエンジンが搭載。最高出力は150PS/5,200rpm、最大トルク21.5kgm/4,000rpmとしています。

スバル アルシオーネ AX9型 オートモビルカウンシル2019
テクニカル分野に強いスバル車らしく、パワーステアリングは電動モーターアシストとなる車速感応式「CYBRID」が採用された。

また、徹底的に空力性能にこだわったアルシオーネは、国産初となる空気抵抗係数(Cd値)0.3の壁を破ったモデルで、そのCd値は0.29としました。(Cd値は値が小さい方が一般的に早いと言われています)

アルシオーネの販売は約10年と短いものの、当時の最先端テクノロジーが取り入れられたことでも知られ、その技術には前後のトルク配分を自動制御する「ACT-4」、トランスミッションの4速AT化やABSライン装着と多岐にわたります。

アルシオーネで培った最先端技術は、後の運転支援システム「アイサイト」にもつながる礎(いしずえ)となった技術でしょう。

スバル アルシオーネ AX9型 オートモビルカウンシル2019
ボディ下部の空気整流のため装備されているリアアンダースポイラーが精悍。

中古車相場価格と流通台数

スバル アルシオーネ AX9型 オートモビルカウンシル2019
ヘッドランプは現在にいたるまでスバル唯一のリトラクタブルヘッドライトが採用された

スバル アルシオーネは今となっては、クラシックカーに片足を突っ込んだネオ・クラシックカー。

中古車相場価格は他のモデルなら廃車寸前のような状態でも価格がつき、程度の良い個体なら100万円をゆうに超える価格となっています。

当然ですが、程度によって価格幅は出ます。流通台数は多くはありませんが、現時点においては、いつも日本のどこかで売られているといった状態です。

スバル アルシオーネがこの先、価値が高まり価格が高騰することはあまり考えられません。

しかし、スバルの歴史を語る上ではずしてはいけないアルシオーネは、丁寧にレストアして長く大切に乗っていれば、価値が下がることはないかもしれません。買うなら今がチャンスかも。

スバル アルシオーネ AX9型 オートモビルカウンシル2019
オートモビルカウンシル2019に展示されたアルシオーネ AX9型のスペック

スバル アルシオーネのスペック表

エンジンEA82型
水平対向4気筒SOHC 1.8Lターボ(ガソリン)
ER27型
水平対向6気筒SOHC 2.7L(NA・ガソリン)
最高出力EA82型:88kW[120PS]/5,200rpm
ER27型:[150PS]/5,200rpm
最大トルクEA82型:178.5N・m[18.2kgf·m]/2,400rpm
ER27型:21.5kgf·m/4,000rpm
ボディサイズ全長:4,510mm
全幅:1,690mm
全高:1,335mm
ホイールベース:2,465mm
車両重量EA82型:1,140kg
ER27型:1,300kg
トランスミッション5速MT(EA82型のみ)
3速AT(前期型EA82型のみ)
4速AT
駆動方式FF(EA82型に設定あり)
フルタイム4WD
乗車定員4名
新車車両価格VR(EA82型)2,062,000円
VX(ER27型)2,587,000円

【おまけ】「SUBARU」のルーツ

スバル ロゴ エンブレム

社名は「六連星(むつらぼし)」

SUBARUの創業は1945年にさかのぼります。当時は「富士自動車工業」の社名でした。

2017年に現在の「SUBARU」へ社名変更される前は「富士重工業」で、プレアデス星団の和名、六連星=すばるに掛けて名付けられたブランド名が「SUBARU」。

1955年に自動車、航空機、鉄道車両などの工業企業5つを吸収合併し「富士重工業株式会社」になったとき、5社を1つに統べる(すべる)から「SUBARU」がブランド名になったようです。

ちなみに、昴(すばる)は古くは六連星(むつらぼし)として、日本書紀や古事記にも記述されています。

飛行機製造で培った技術力と安全性

SUBARUのルーツの代表には、第二次世界大戦中は東洋で最大規模を誇った中島飛行機があります。

名機「隼」は中島飛行機の製造でした。このルーツは、スバルのエンジンを始めとした高い技術をもたらしています。

独自技術となる水平対向エンジンはスバルの代名詞とも言えるもので、この形式のエンジンを自動車で現在でも採用するのは、世界中でポルシェとスバルしかありません。

また、スバルの安全性の高さも、航空機事業をルーツにしています。

スバルの創業からの歴代代表的モデルは大人4人乗車可能な軽「360」、初の本格的市販車「1000」、量産車初の4WD「レオーネ」、モータースポーツで活躍した「レガシィ」「インプレッサ」、トヨタと共同開発の「BRZ」など多数です。

撮影:MOBY編集部(オートモビルカウンシル2019にて)

自動車メーカーの創業時の社名、いくつわかる?

スバルについてのおすすめ記事

随時更新中!新型車情報はコチラ

スバルの歴史をもっと詳しく知りたい人はコチラ

執筆者プロフィール
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード