MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > マツダ3 > マツダ3全タイプ試乗した筆者がおすすめするカーライフ・お好み別グレード5選
マツダ3

更新

マツダ3全タイプ試乗した筆者がおすすめするカーライフ・お好み別グレード5選

撮影・文:MOBY編集部 宇野 智

Mazda3(マツダ3)は5ドアハッチバック「ファストバック」とセダンの2タイプがあり、それぞれに4種類のエンジン、2WDと4WDの駆動方式、ATとMTのトランスミッションとマトリックス状なグレード、モデル構成となっています。

実際にマツダ3のすべてのボディタイプ、エンジン種類、駆動方式、トランスミッションの各タイプに試乗した筆者の実体験を元に、ユーザーのカーライフや好みを5点をピックアップ、それぞれに最適な1台をご提案します。

マツダ3 「ファストバック X バーガンディーセレクション」の4WD/MT。
ファストバック X バーガンディーセレクション」の4WD/MT。

マツダ3は全体的にグレードの違いのよる装備や外見上の大きな違いはなく、最安価グレードと最高価格グレードの2モデルを並べたところで、すぐにそれぞれの違いとグレードを言い当てることができるのは、自動車業界に属する方でもそう多くないでしょう。

※価格についての表記は車両本体価格ですべて税込、1,000円未満は四捨五入。

コスパ最強&街乗りメインならこれ!

ファストバック/セダン 15S(1.5Lガソリン/AT/2WD)

マツダ3 ファストバック 15S ツーリング
ファストバック 15S ツーリング

マツダ3の1.5Lガソリン「SKYACTIV-G 1.5」は、ロードスターと同じエンジン。チューニングは異なりマツダ3はスポーツ志向にはなっていませんが、元気なエンジンで走りは軽快。回転数を上げたときの音は大きめでスポーティーな印象すらあります。この点は好みが分かれるところではありますが、街乗りでエンジンをぶん回すことはそうそうないでしょうし、普段使いでは問題なし。

最もベーシックなグレードとなりますが、外見上の違いはフロントとリアのポジションランプがLEDシグネチャーでなくなることぐらい、内装装備ではパワーシートが付かないといったぐらい。リアは最安価グレードでもきちんと2本出しマフラー。(こちらの記事で他グレードとの比較をしています)

街乗りメインなのでトランスミッションはAT、2WDで決まり。積雪地帯でお住まいでも、そう遠出しないよっていうのであれば2WDでもだいじょうぶ。筆者はマツダ3のプロトタイプで北海道の豪雪地帯にある、マツダ剣持試験場で冬季に試乗。マツダ3は全車にクルマの挙動を制御する最新版の「G-ベクタリングコントロール プラス」を装備。これが2WDでも雪道で結構効いてくれるんです。この筆者の体験レポートはこちらから。

価格はファストバック、セダンともに最もベーシックな「15S」が222万円。プラス約10万円で「15S ツーリング」があります。主な違いは「15S」が16インチタイヤ、「15S ツーリング」は18インチ。街乗りメインなら16インチの方が乗り味はマイルドでごく僅かですが燃費も良し。高速域の直進安定性は18インチの方が上。ファストバックを選ぶか、セダンを選ぶのかはお好みで。

マツダ3 ファストバック 15S ツーリング(1.5Lガソリン 2WD/AT)の試乗レポートはこちら

走りを求めるならこれ!

ファストバック X プロアクティブ 2WD/MT(スカイアクティブX)

マツダ3 「ファストバック X バーガンディーセレクション」の4WD/MT。
画像のモデルは「ファストバック X バーガンディーセレクション」の4WD/MT。

スカイアクティブXはマイルドハイブリッドが組み合わせられていて、アクセルを踏まずに丁寧にクラッチミートするとスルスル発進するという走りやすさ。スーパーチャージャーも付いているので低〜中回転はフラットにパワーが伸びます。スルスル回るエンジンで特に5,000回転以上回したときの伸び感はマニュアル車の方が愉しめます。エンジンの出力特性が至ってフラットなので、どの回転からアクセルを踏み込んでも、エンジン回転上昇はクイックでスマート。ドライバーが意図する欲しいパワーをすぐに提供してくれます。

4WDでなく2WDを選んだのは、スカイアクティブXのフラットなエンジン特性から。トルクの太いディーゼルでは低中速域でアクセルを踏み込んだ時、2WDだとフロントタイヤがスリップするなどするので4WDの方が相性が良いですが、スカイアクティブXでは2WDでも4WDでも如実にどちらが良いとは言い難いでしょう。(コーナリング重視なら4WDがおすすめですが)積雪地帯で長距離を乗る方が多いなら、電子制御四輪駆動「i-ACTIV AWD」にメリットありです。(i-ACTIV AWDの体験レポートはこちらをご覧ください)

マツダ3 「ファストバック X バーガンディーセレクション」の4WD/MT。
画像のモデルは「ファストバック X バーガンディーセレクション」の4WD/MT。

スカイアクティブXの最高出力は180PS、最大トルクは224N・mと突出したスペックではありませんが、数値にはない魅力を持つエンジン。マツダ3はスポーツカーではありませんが、マツダが提唱する「人馬一体」を最も感じられる1台。

走りを重視するチョイスなので価格の安いファブリックシート「PROACTIVE(プロアクティブ)」で。価格は320万円。安いといってもマツダはファブリックにも強いこだわりをもってつくられたシート。あと約18万円出せば、レザーシートが手に入ります。おしゃれな赤いレザーの「バーガンディーセレクション」はプロアクティブのプラス25万円。

マツダ3 ファストバック X(スカイアクティブX AWD/MT)の試乗レポートはこちら

最新「MAZDA3ファストバック」中古車情報
本日の在庫数 424台
平均価格 250万円
本体価格 149~342万円
MAZDA3ファストバックの中古車一覧へ

長距離走行が多いならこれ!

セダン XD プロアクティブ 4WD/AT(1.8Lディーゼル)

マツダ3 セダン XD プロアクティブ 4WD/AT
セダン XD プロアクティブ 4WD/AT

マツダ3のカタログ燃費でガソリン、ディーゼルを比較するとその差は小さいもので、実際に筆者が試乗したときのトータル実燃費もその差に開きはありませんでした。しかし、高速道路を一定速度で巡航すれば20km/Lを超えるカタログ燃費を上回ることも珍しくありません。カタログ数値や試乗レポートの燃費には現れにくいですが、信号の少ない一般道路の実燃費は良く、登り下りの多い山岳路も良い燃費になるのがディーゼル。また、燃費が良い分、燃料補給回数も少なくて済みます。マツダ3の燃料タンクは2WD車51L、4WD車48L。ガソリン車で満タン500〜600kmくらい走行できるところ、ディーゼルでは700〜800km走行が可能。

マツダ3のディーゼルは1.8Lで、ガソリンの2.0Lより排気量が少ない設定。マツダには2.2Lディーゼル・ツインターボがCX-5、CX-8、マツダ6に搭載されており、こっちの方がパワーがあって良いのでは、と思われるかもしれませんが、エンジン重量を考えると1.8Lがベストバランスになるでしょう。実際、車両重量はセダン プロアクティブ 2WD/ATのガソリンが1,350kg、同ディーゼルで1,400kg。単純計算でフロント荷重の差が50kgですから、ディーゼル車にありがちなフロントヘビーでアンダーがより出やすいということも抑えられています。

「SKYACTIV-D 1.8」

1.8Lディーゼル「SKYACTIV-D 1.8」の最高出力は116PSのと控えめながら最大トルクは270N・m。最高出力は4,000回転、最大トルクは1,600〜2,600回転で発生するディーゼル特有の低回転トルクモリモリ型出力特性ですので、2WD/FFでアクセルの踏み込み量が多いままハンドルが大きく切られるとタイヤが空転することがあります。トラクションコントロールが付いているのですぐに制御は入りますが、走りの質からすれば4WDの方がジェントル。山岳路など加減速の多いカーブを走行するときは、後輪に駆動力があった方がコーナリングはスムーズ。お尻を支えてくれる感じです。この走りの質感は、長距離運転するときのストレス軽減、疲労軽減に繋がりもしますので、4WDがおすすめ。

ファストバックではなくセダンをおすすめした理由は、リアサスの落ち着きはセダンの方が少し上。顕著な違いではありませんが、乗り比べるとわかります。セダンの構造上、リアの剛性が上がること、全長がファストバックよりセダンの方が20cm長いことが、落ち着き感に繋がっているようです。逆にいえば、ファストバックの方が、ややアグレッシブに。マツダ3の足は固めなので、スポーティーさではファストバックの方が上になりますが、走りを質感も含めて求めるなら、セダンに軍配。で、長距離走行時の疲労軽減にもプラスに働きます。

セダン XD プロアクティブの価格は、303万円。

マツダ3 セダン XD プロアクティブ(1.8Lディーゼル AWD/AT)の試乗レポートはこちら

最新「MAZDA3セダン」中古車情報
本日の在庫数 146台
平均価格 258万円
本体価格 168~325万円
MAZDA3セダンの中古車一覧へ

デザイン重視ならこれ!

ファストバック 20S バーガンディーセレクション 2WD/AT(2.0Lガソリン)ポリメタルグレーメタリック

マツダ3 ファストバック XD Lパッケージ フロント
新しい“匠塗”のボディカラー「ポリメタルグレーメタリック」
画像のモデルは、ファストバック XD Lパッケージ。
マツダ3 ファストバック XD Lパッケージ リアサイド
マツダ3 ファストバック X バーガンディー セレクション 4WD/AT のインパネ
画像のモデルは「ファストバック X バーガンディー セレクション 4WD/AT」
マツダ3 ファストバック X バーガンディー セレクション 4WD/AT リアシート

特にボディサイドの曲面デザインが美しいマツダ3。今までにこんなに複雑できれいな面を見せたクルマがあったでしょうか。そして、景色の映り込みも美しい。そんなマツダ3には、新色“匠塗”のポリメタルグレーメタリックがおすすめ。くすんだブルーグレーで光の当たり方で色が移ろいゆくメタリック。落ち着きのあるボディカラーに対して真逆の、赤いインテリア。実際にファッション感度の高い方がこの組み合わせで購入されていくことが多いとか。

バーガンディーセレクションは、1.5Lガソリン車以外のファストバックに設定。その中で最も安価となるが、2.0Lガソリン/2WD/ATの「20S バーガンディーセレクション」。価格は277万円。

マツダ3 ファストバック XD Lパッケージ(1.8Lディーゼル 2WD/AT)の試乗レポートはこちら

15S 100周年特別記念車(特別仕様車)2WD/AT

マツダ3 15S ツーリング 2WD/AT フロント
画像のモデルは「15S ツーリング 2WD/AT」
ボディカラーは「スノーフレークホワイト」

2020年はマツダ100周年。これを記念してさまざまなマツダ車に「100周年特別記念車」の特別仕様車が設定されました。マツダ3では、本来「15S」には設定されていない「バーガンディーセレクション」と同じレッドのレザーインテリアが奢られ、随所にマツダ100周年特別ロゴやバッジがあしらわれます。ボディカラーは「スノーフレークホワイト」のみの設定となりますが、デザイン重視ならこの特別仕様車もおすすめ。価格は289万円。

マツダ100周年特別記念車 公式HP

トータルバランスで選ぶならこれ!

セダン 20S Lパッケージ 2WD/AT(2.0Lガソリン)マシーングレープレミアムメタリック

マツダ3 セダン 20S Lパッケージ 2WD/AT
セダン 20S Lパッケージ 2WD/AT
マツダ3 セダン 20S Lパッケージ 2WD/AT インパネ
マツダ3 セダン 20S Lパッケージ 2WD/AT インテリア
ホワイトレザーのインテリアはセダンのみの設定。

静かで必要十分なパワーの2.0Lガソリンエンジン、ボディカラーは冠婚葬祭どのシーンで乗っても無難でかつ上質な“匠塗”ポリメタルグレーメタリック、高級感あるレザーシートで安定のセダン。ホワイトレザーはクルマによっては、オラオラ感が出たりチャラい印象を与えたりしがちですが、マツダ3ではそんな印象はあまり感じません。筆者的ベストバランス・マツダ3は、セダン 20S Lパッケージ 2WD/AT。価格は、267万円。

マツダ3 セダン 20S Lパッケージ(2.0Lガソリン 2WD/AT)の試乗レポートはこちら

グレード・仕様違い価格差まとめ一覧表

冒頭でお伝えしたとおり、マツダ3のモデル、グレード構成はマトリックス状になっており、その価格差もまとめればわかりやすい構造になっています。最後に、その違いと価格差に注目してまとめた表をお届けします。

比較対象価格差(円)
ファストバックとセダン0
2WDと4WD236,500
MTとAT0
ファブリックとレザー(白・黒) *1182,315
ファブリックとレザー(赤) *2253,815
1.5Lガソリンと2.0Lガソリン *3294,352
2.0Lガソリンと1.8Lディーゼル275,000
スカイアクティブXと2.0Lガソリン682,407
スカイアクティブXと1.8Lディーゼル407,407

*1 PROACTIVとL Packageを比較
*2 PROACTIVとBurgundy Selectionを比較
*3 15Sと20S PROACTIVを比較

先進安全技術は全車標準装備

マツダ3は、全車に自転車検知機能付きの「スマート・ブレーキ・サポート」いわゆる自動ブレーキ、AT誤発進抑制制御、コーナリング時の安定性、安全性を向上させる車両運動制御「Gベクタリングコントロールプラス」、全車速追従対応アダプティブ・クルーズ・コントロールなど、基本的な先進安全技術はすべて標準装備。グレードにより多少の違いはありますが、先進安全技術の面においてグレードによる差別化はされていないと考えて差し支えないでしょう。

編集後記

選び方のポイントは、エンジン、駆動方式といったパワートレインが主軸となり、続いてインテリアをレザーにするか、ファブリックにするかといった違いといったところになる割とシンプルな選択になるのですが、そうとは言え、Webカタログを眺めてモデルの違いを比べたりするのはめんどうなもの。価格差も然り。また、乗り味の違いは公式HPからは伝わりづらいもの。この記事ではマツダ3がいいな、欲しいなと思った方のお役に立てれればと思い筆を取った次第でした。

すべての画像を見る (14枚)

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智