MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > シビックタイプR > ガソリンモデルはこれで最後?2022年ホンダシビックタイプR最新情報
シビックタイプR

更新

ガソリンモデルはこれで最後?2022年ホンダシビックタイプR最新情報

次期シビックタイプRは最後のガソリンモデルに?

次期ホンダシビックタイプRの予想レンタリングCG

既にベース車両については2021年夏ごろに発表されると言われているホンダ新型シビックですが、高性能モデルであるタイプRについては、最後のガソリンモデルになるであろうと言われています。その理由は大きく分けて2つ考えられます。

脱ガソリン化の影響

2030年代半ばまでに国内市場で販売される新車はハイブリッド車や電気自動車(EV)などすべて電動車に…そんな衝撃的な発表はまだ記憶に新しいのではないでしょうか。

実際、日本より海外(特にヨーロッパ圏)では脱ガソリン化の流れは非常に早く、日本国内だけでなく海外でも人気があるシビックタイプRがそのような影響を受けるという事は想像に難しくないのではないでしょうか。

騒音規制との兼ね合い

以前にご紹介した「騒音規制」によって、次期ホンダシビックタイプRが最後のガソリンエンジンモデルになるのではないかとMOBY編集部では考えています。

2022年からの施行が噂される「騒音規制」フェーズ3 では 68~72dbの規制が課される事から、これに対応するのはモーター駆動(EV)を組み合わせる必要があるなど、ガソリンエンジンだけでは対応が出来ない事が想定されるからです。

ベースとなる次期新型シビックハッチバックはリーク済

次期新型シビックハッチバックのテスト車両

ホンダ シビックハッチバックの次期型と思われるテスト車両がヨーロッパテストセンター付近で目撃されています。 厳重なカモフラージュが施されているものの、ライト類やグリルの一部は確認ができます。

次期新型シビックセダンと言われているシビックプロトタイプ

テストが目撃された車両は、ホンダ北米部門であるアメリカン・ホンダモーターが発表したシビックプロトタイプと多くの箇所が似ている事が分かります。

次期ホンダシビックタイプRのスペックは?

2021年式ホンダシビックタイプR

現時点で、次期ホンダシビックタイプRに関する情報はホンダから公式に発表はされていませんが、海外メディアからはいくつかの気になる情報が発信されています。

一目でシビックタイプRと分かるリアウィングやその他のエアロアイテムは次期型でも健在との情報も。

2022年以降はホンダからガソリンモデルが消える?

2021年式ホンダシビックタイプR

脱ガソリン車への移行や、騒音問題などによって大きく影響を受ける自動車メーカーですが、ホンダもその1つ。

海外メディアによると、現在開発中のシビックをベースにした次のタイプRが、ホンダのラインナップにおける最後のガソリン駆動モデルの1つになると報告しています。

理由として、ホンダは2022年からすべてのモデルにハイブリッドまたは純粋なEVモデルを設定することを挙げています。

車好きなら誰もが注目するホンダ シビックタイプR。果たして最後の純粋なガソリン駆動モデルとなってしまうのか、今後の動向が注目されます。

その他各メーカーの最新情報はコチラ!

トヨタ新型ランドクルーザー最新情報!

こちらも400馬力!?新型日産フェアレディZのエンジンがチラ見え!

トヨタ版ジムニーが誕生するか?

ヒット間違いなし?ジムニー5ドア版が開発中か?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード