車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【日産 プレジデント(150型)】国産を代表するショーファーカーの初代

1965年に誕生した日産 プレジデントは国産を代表するショーファードリブンカー。長年、車名のとおり企業トップの社用車や政府要人の公用車としても使用される高級車です。そのなかでも150型はプレジデントの礎を築いた初代モデル。 プレジデント 150型の魅力に迫ります。

プレジデントに代表されるショーファーカーとはどんな車?

日産 プレジデント 150型 フロント

堂々としながらもメローな仕上がりとしたプレジデント

高級車にも色々な種類がありますが、日産 プレジデントは誕生当時から国産車を代表するショーファードリブンカー(ショーファーカー)として知られます。

ショーファー(Chauffeur)とは「お抱え運転手」の意味で、運転手が操縦(=Driven(ドリブン))する車であることからそう呼ばれます。運転手付きが一般的であるため前席よりも後席が優先され、後席利用者がくつろぐための様々な装備・仕様が施されるのが特徴です。一方、高級車であってもオーナー自らが運転するのを前提とした車は、オーナードリブンカーと呼ばれます。

ショーファードリブンカーとして代表的なモデルには、国産ではこの記事で紹介する「日産 プレジデント」やトヨタ センチュリーが、外車ではロールスロイス ファントム、メスセデス マイバッハなどが有名です。

初代プレジデントは総理の公用車としても採用

日産 プレジデント 150型 フロント サイド

Y40型エンジン搭載(グレードC・D)のラジエターグリルにはV8専用バッジが!この画像はグレードCのもの。

日産 プレジデント 150型 フロント サイド

Cピラーと同様に運転席側・Aピラーにも入れられたクウォーターピラー

プレジデント 150型がデビューしたのは1965年。セドリック スペシャル 50型の後継モデルとして登場しました。当時の国産セダンは1.5Lクラスのファミリーセダンが主流のなか、ホイールベースは余裕の2,850mmとし、最高級モデルとしています。ちなみに同時期に発売されたプリンス スカイライン 1500 デラックスのホイールベースは2,390mmですので、プレジデントがいかに大きかったかが伺えます。

デザインでは直線基調としながらも、大きさを主張しずきず角がとれたメローな仕上がり。ホイールベースは大きく後席優先としていますが、AピラーCピラーともにクウォーターピラー(三角窓)を設けるなど、ドライバー・前席側にも配慮したデザインが採用されました。

グレードにはA・B・C・Dが用意され、Dが最上位グレード。画像の車両はCグレードです。A・Bではエンジンが3.0L 直列6気筒OHVとなるH30型が、C・Dではエンジンは3.0L V型8気筒OHVのY40型が搭載されています。初代 プレジデント 150型は、1973年に2代目プレジデント 250型にバトンタッチされるまで約8年にわたり国産ショーファーカーとして活躍しますが、そのなかには当時の佐藤栄作総理の公用車や、警視庁交通機動隊に納入された速度取り締まりパトカーとして使用されたものもありました。

国産初のパワステも搭載!初代プレジデントの豪華な快適装備

日産 プレジデント 150型 リア サイド

ホイールベースは当時の国産のなかでは非常に長い

日産 プレジデント 150型 リア

トランクマウントの後席用クーラーも装備され豪華

プレジデント 150型のエンジンには前述どおり3.0L 直列6気筒(H30型)と、当時としては非常に珍しい3.0L V型8気筒(Y40型)が搭載。H30型では最高出力を130PS、Y40型では180PSを達成しています。

さらに特筆すべきは何といっても先端技術・快適装備の充実ぶりでしょう。いくつかあげてみると、乗用車で国内初採用となるパワーステアリングをはじめ、リモコン式フェンダーミラー・パワーウィンドウ・熱線入りリアウィンドウ・防眩インサイドミラー・無段変速ワイパー・パワードアロックなどが装備。さらに後席用にトランクマウントとなるクーラーも用意される豪華さで、まさにショーファーカーにふさわしい仕上がりとしています。

日産 プレジデント 150型はめったに流通しない超稀少車!

日産 プレジデント 150型 内装

国産乗用車初のパワーステアリングを採用

日産 初代 プレジデント 150型は今ではめったに流通しない超稀少車となっているため、出回った場合、どの位の価格となるかは残念ながら不明です。ちなみに誕生時(1965年)の新車販売価格は300万円となり、同時期に販売されたプリンス スカイライン 1500 デラックスの73万円と比べてもその高額さはダントツとなっていました。出回った際の価格は非常に興味深いと言えるでしょう。(2019年8月時点)

最新「プレジデント」中古車情報!

本日の在庫数 46
平均価格 77.6万円
本体価格 103〜100000万円
Pick up!
Pick up!

日産 プレジデント 150型のスペック詳細

下記スペックは、1968年式のY40型(V型8気筒)搭載のC・Dグレードのスペックとしています。

・エンジン:V型8気筒OHV
・最高出力:180PS/4,800rpm
最大トルク:32.0kg・m/3,200rpm
・ボディサイズ:全長 5,045mm 全幅 1,795mm 全高 1,460mm ホイールベース 2,850mm
・車両重量:1,600kg
トランスミッション:3速AT
・駆動方式:FR
・乗車定員:5人
・新車時車両価格:300万円

撮影:宇野 智(MOBY)
※2019年6月、日産自動車がメディア向けに開催した、神奈川県座間市にある「日産ヘリテージコレクション」の取材会にて撮影

この記事の執筆者

石黒 真理この執筆者の詳細プロフィール

旧車、ノスタルジックカーを愛する自動車ライター。趣味は読書と、天気のいい日のドライブ。気分転換はたいてい車を運転します。今までの愛車は、マツダ・サバンナRX-7、ルーチェ、シトロエン・エグザンティア、サーブ900などです。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す