車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【プジョー】ジュネーブモーターショー2019|現地フォトレポート

ジュネーブモーターショー2019のプジョーブースのフォトレポート。現地時間3月5日から17日まで開催されるジュネーブモーターショー。現地から届いた最新画像をお届けします。

ジュネーブモーターショー2019 プジョー

世界5大モーターショーの1つ「ジュネーブモーターショー」は、毎春スイスのジュネーブにて開催される大規模な国際自動車見本市です。

プジョーが今回出展したのは「208 GT-LINE」「e-208」「508 ハイブリッド」「508SW ハイブリッド」「508」「e-LEGEND」など。

中でもe-208は、ジュネーブモーターショーで新型208とともに世界初公開された注目車種となっています。

プジョー 208 GT-LINE

GT-Lineは新型208のグレードの一つで、ガソリンエンジンを採用するものの中ではトップモデルです。このグレードからi-Cockpit(iコックピット)が標準装備されます。

プジョー e-208

今回世界初公開された新型EV車のe-208。外観ではボディと同色のフロントグリルを筆頭に、見る角度により色が変化するライオンマーク、リアに配された「e-208」のモノグラムと、リアフェンダーにあしらわれた「e」のレタリングの4つが特徴的です。

プジョー 508 ハイブリッド

2018年9月に発表された、新開発のプラグインハイブリットシステムを搭載した508 ハイブリッド。プジョーは2019年から全ラインナップにEVPHVといった電動車を随時設定していく計画を公表しており、508だけでなく、「508SW」、「3008」、の2車種への設定も決定しています。

2019年秋に欧州で先駆けて発売される予定です。

プジョー 508SW ハイブリッド

2019年夏に日本での発売が発表された508SW。508のシューティングブレークモデルで、高級感を意識したスタイリッシュな外観です。

i-コクピットやADASといった先進機能も積極的に採用されています。

プジョー 508

2018年11月にフルモデルチェンジを果たしたプジョーのフラッグシップモデルである新型508のベースグレードです。

新型は従来の4ドアセダンではなく、4ドアファストバックとして流れるようなボディラインを手に入れたと同時に、洗練された内装とプジョー初の先進運転支援システムを搭載しています。

プジョー e-LEGEND コンセプト

e-LEGEND コンセプトは、自動運転技術とエネルギーシフトを見据えるプジョーのビジョンを表現しています。

自動運転モードと手動運転モードが2つづつ、計4つ用意されており、ボイスコマンド機能も搭載。100%電動のドライブトレインを動力源とするなど、先進技術が詰め込まれた1台です。

撮影:舟迫 洋平(ピーエイチ・プラス)
文:MOBY編集部

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す