初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ポルシェ次世代4ドアサルーン929はポルシェの未来を提案するモデル

ポルシェの次世代4ドアサルーンはコンセプトモデルです。車名の「929」は928の後継車のようで、その登場に期待が高まります。 ポルシェの次世代4ドアサルーンとはどのような車なのか?、その詳細をお届けします。

ポルシェ 新型929はタイカンの先を見据えた未来のポルシェ

コンセプトCG:フロントビュー

コンセプトCG:リアビュー

ポルシェ次世代4ドアサルーン929は、デザイナー「デビット バン」氏が2019年2月上旬に公開したもの。トランスポーターの未来を提案したコンセプトモデルです。

エクステリアはポルシェ パナメーラを鋭くスリムにしたイメージをもち、テールライトは新型911(992型)に似た長く細い形状で、新型929がポルシェであることを確認することができます。
フロントエンドは同社初のピュアEVである、「タイカン」を連想させるデザインになっているように、新型929もEVと予想します。
プラットフォームには「PPE」(プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック)を採用し、レベル4以上の自動運転技術を搭載した未来のトランスポーターです。

自動運転レベルについての解説はこちら!

929は未来のトランスポーター

車名の929は同社928の後継車という意味とともに、「9 to 9」を意味しており、ポルシェの「9」からはじまる車名から「9」に向かう、現在から未来へポルシェがいざなうことを意味しています。
未来のEVスポーツカーという視点だけではなく、次世代トランスポーターとして、「速さ」「時間」「チェックインの過程」「室内空間」を、飛行機・高速列車と比較しポルシェの優位性アピールしています。

【2017年11月】ポルシェ928後継モデル!新型 929

ポルシェ 929予想CG

ポルシェ 928の後継モデルというべき、新型ポルシェの情報を入手しました。
911とパナメーラの中間サイズになる予定で、大型の2ドアクーペになるようです。名称は今のところ未定です。おそらく928の次ということで929となると予想します。

ポルシェ928とは?

ポルシェ 928GTS(1992年)

ポルシェ928は、1977年にデビューした、911よりも高価格帯のラグジュアリースポーツカーです。
当時のポルシェのフラッグシップカーとして、ボンネットやドア、フロントフェンダーにアルミを使用し、RR(リアエンジンリア駆動)の911とは異なるFR(フロントエンジンリア駆動)の駆動形式を採用していました。

2ドアのハッチバック形式のボディは2+2シーターとなっていて、トランスミッションは5MTと3ATが用意されていました。

エンジンは4.5LのV8で、最終モデルには5.4Lにまで拡大。
最大出力340PSという、当時としては高性能なスペックを持っていました。
しかしポルシェの経営の悪化に伴って928は、1995年に生産中止になっています。

新型929の発売時期と価格を予想

新型929 コンセプトCG:サイドビュー

新型929がコンセプトCGに近いデザインにて、登場することを前提とすれば、筆者はタイカンの派生モデルもしくは、発展型になる可能性が高いと思います。レベル4以上の自動運転技術を搭載するのであれば、その登場にはまだ数年待つことになると予想できるからです。よって2025年前後にデビューできれば、技術的な課題もクリアできると思います。

新型929の車両価格はの予想は困難です。まだレベル4以上の自動運転技術は開発段階であり、生産台数・他メーカーの動向にも左右されます。
現時点でレベル4以上の機能を搭載しているとすれば、2,000万円でも高くないといえるでしょう。

ポルしシェのEVに関する最新情報

この記事の執筆者

宮代ツトムこの執筆者の詳細プロフィール

10代前半、1970年後半のスーパーカーブームで感化され、未だにその熱が覚めず現在に至っています。 特にヨーロッパ車の文化と歴史、デザインに魅了されました。 車のイベントやツーリングには積極的に参加し、車談義をしながら車に対する思いを語り合う至福の時間を過ごすことが大好きです...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す