金融車とは?ダークではない?販売や買い取りとよくあるトラブルについて

金融車とはどういう車なのか?違法性はないのか?問題なく購入できる金融車があるのか?といった疑問にお答えしつつ、車のローン会社とオーナーとの関係や名義変更といった基礎的な事柄をご紹介します!金融車の買取りや購入でのトラブルやリスクについてもご紹介します!

金融車とは?

金融車?

出典:http://carlife-co-ltd.com/

金融車とは、ローン中の車が中古車として売買されるものをいいます。
尚、金融車には「問題を抱えた金融車」と「比較的問題のない金融車」の2つに分かれます。
基本的にローンで車を購入すると、名義(車検証に記載される所有者)はローン会社・信販会社や銀行となり、車を買って乗る人が車検証に記載される使用者となります。
ローンが完済されると名義変更をして使用者が所有者へと変えることができます。
ローン途中で車を売りに出すにはは所有者であるローン会社の承認が必要です。

問題を抱えた金融車とは?

前述しましたように、ローン支払い途中の車は所有者の承認なしでは売買ができません。
しかし、お金に困った人がローン支払い途中の車を業者に担保に入れて、お金を借りられるような仕組みが存在してました。(今ではほとんどないようですが…)
ローン途中の車を担保に入れてお金を借りた人が、返済ができなくなるとお金を貸した業者は、その車を取り上げてしまいます。
業者が取り上げた車は転売をして借金と相殺するわけです。
このようにして金融車となって誰かの手に渡るわけですが、車の所有者でるローン会社の承諾を得ずきちんとした手続きがされずに売買されるので、さまざまな問題が生じてきます。
尚、車検が切れておらずナンバープレートが付いてさえいれば、道路を走ることのみについては違法性がありません。

比較的問題のない金融車とは?

ローン途中の車でも、使用者がローン会社ときちんと手続きした場合は比較的問題のない金融車となります。
きちんと名義変更ができれば問題がないとはいえますが、100%大丈夫とは言い切れませんので「比較的問題のない金融車」という表現を取っています。
名義変更については、この後の別項で詳しく解説しますが、名義変更をはじめしっかりとした業者が取り扱う金融車であれば「全く問題のない金融車」となります。
このまとめ記事では、「全く問題のない金融車」の見極め方がわかるように順次解説していきます。

車のローンについてのまとめ記事

金融車の買取・販売はどこでしているの?

出典:http://xn--u9j6nsa9a8522apdho0od1ejm0kylebmw.com/

金融車を取扱う中古車ディーラーが無数に存在し買取や販売がされています。
また、インターネット・オークションでも販売されていることがよくあります。
ただ、違法性がないかどうかの確認はきちんとしておかなければなりません。
インターネットの検索で「金融車 買取」と打って調べると幾つもの業者が出てきます。

金融車の買取り価格、販売価格は安い?

たいていの中古車業者はローン完済後でなければ買い取ってくれないものですが、金融車取り扱い中古車業者では、通常の中古車買取り相場価格より大幅に安い査定金額で買い取ってくれます。
中古車業者によってはホームページで買取り査定価格を一般の相場価格の○〜○%が目安などと表記しています。
金融車として買い取ってもらうときにどれくらい安くなってしまうかの相場は明確ではありませんが、概ね相場価格の40%〜60%という状況となっているようです。

このように金融車の買取価格は非常に安くなるわけですから、金融車の販売価格も通常の相場価格より安い金額が設定されることがほとんどです。
「全く問題のない金融車」であれば、とてもお得に買うことができるわけです。

次のページ

関連キーワード
キーワードからまとめを探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーからまとめを探す