MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > マイカーローンの審査に通らないのはなぜ?確認すべきことは2つだけ!通らなかったときの対策も
お役立ち情報

更新

マイカーローンの審査に通らないのはなぜ?確認すべきことは2つだけ!通らなかったときの対策も

マイカーローンとは?

©kai/stock.adobe.com

自動車やバイクのために組むローンのこと

マイカーローンとは、自動車やバイクの購入、並びに関連する支払いなどに組むローンのことです。オートローンの名称でも知られています。

新車価格を見ればわかる通り、自動車やバイクを購入することはお金のかかる大きな買い物です。一括で払えるがまとまったお金がなくなるのは心配・投資に回したい、生活の足に自動車が必要だけれどまとまったお金を用意できない、そういった人のためにマイカーローンは存在しています。

いろいろな会社・銀行がマイカーローンを提供している

マイカーローンはさまざまな会社・銀行によって提供されています。これらの会社をまとめると、信販会社と金融機関の2つに大きく分けられます。

信販会社

販売信用取引を行なっている会社を信販会社と言います。オリコ、セディナ、ジャックスなどが大手信販会社です。自動車系ファイナンス会社もここに含まれます。

これらの会社が行なっている販売信用とは、消費者が購入した物品や利用したサービスの費用を代わりに立て替え、そこに金利を加えた総費用を分割で消費者へ請求することです。

また、自動車メーカー系の信販会社も存在します。トヨタファイナンスや日産フィナンシャルサービスといったように、国内自動車メーカー系の信販会社が多いです。

金融機関

三菱UFJ銀行やりそな銀行などの金融機関もマイカーローンを提供しています。

信販会社と金融機関のマイカーローンは何が違う?

ローン審査の厳しさや金利・借入可能額などが異なります。

マイカーローンの審査で確認されること

©SB/stock.adobe.com

信販会社や金融機関のマイカーローン専用ページには借入シミュレーションが用意されていることが多く、年齢や年収、他社借入額や借入希望額を入力すると審査に通るかどうかをざっくりと確かめることができます(あくまでも目安です)。それ以外にも審査される要素がありますので、全体像を知ることが大切です。

1.年収・借入希望額・他のローン有無など

マイカーローンの審査で確認される項目は基本的にお金に関することです。例えば、申請者の年齢や職業、勤続年数や年収、既に組んでいるローンの有無や借入金額、ローンの支払い計画(具体的には分割回数)などです。

基本的にお金に関連する内容を確認されますが、誰と住んでいるのか・結婚しているのか、といった家族構成についてもチェックされます。

©takasu/stock.adobe.com

その他、信用情報機関に登録されている借入希望社の個人情報を、信販会社は確認します。これらを総合的に見て各信販会社が独自の基準で評価し、問題がなければ(支払い能力があると判断されれば)晴れてローン審査に通るというわけです。

2.虚偽の申告をしていないかどうか

ローン申請にあたって虚偽の申告をしていないかどうかも確認されます。無職であるにも関わらず以前勤めていた会社に勤めていると書く、年収を誤魔化すなどです。

虚偽申告をしてそれが嘘だとバレれば問答無用で審査に通りませんし、仮に嘘だとバレずに審査に通っても無理な支払いプランで滞納する可能性も高くなります。

3.職業も審査に影響する

実は職業も審査に影響しています。自営業者やフリーター、非正規労働者などの方々がローン審査に通りにくいというのが通説です。

学生は無条件でマイカーローン利用できないと説明されていることもあります。いずれにせよ、借入価格に「釣り合った(相応な)」安定した収入が必要となるのは明らかです。

マイカーローンの審査に通らない理由は?

©hikdaigaku86/stock.adobe.com

マイカーローンを提供する会社・金融機関が、申請者が借入額を決められた分割回数で支払う能力がないと判断した場合、マイカーローンの審査に通りません。

年収や会社での勤続年数、各種個人情報などを各社規定に基づいて判断するわけですが、審査に通らない理由として考えられるものはいくつかあります。

その1:金融事故を起こしている

過去に利用したローンで問題を起こしているとマイカーローンの審査に通らない可能性が高くなります。そのような問題は「金融事故」と呼ばれていて、次のようなケースが該当します。

金融事故の種類内容
長期延滞支払いを2−3ヶ月滞納する
債務整理任意整理や破産などの借金を減らす手続き
代位弁済保証会社が支払いを肩代わりした
強制解約契約者の過失を理由とする金融業者による契約の打ち切り

難しいことが書いてありますが至って簡単な話で、過去に組んだローンを約束(契約)通り返済しなかった背景のある人は、お金を回収できるかどうか定かではないので、ローン会社はその人と契約を結びたくないということです。

起こしてしまった金融事故の記録は信用情報機関の個人データへ記録されます。しかし金融事故の記録は永久に続くわけではなく、大体5年以内、長いものだと10年くらいです。万が一金融事故を起こしてしまったら、記録が消えるまでマイカーローン申請を待ったほうがよいと解釈できます。

ちなみに日本国内には、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、 株式会社日本信用情報機構(JICC)、 全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの信用情報機関が存在します。

その2:借入希望額に対して年収が低い

年収の1/3の値がマイカーローンで借入できる金額の上限になるという意見が巷で広がっています。実際のところそれが事実か否かはわかりませんが、借入額と年収の関係が重要な要素であることは明らかです。

3回目にしてついにマイカーローンの審査が通った人の体験談

1社目のマイカーローン審査が通らなかったからといって諦めることなかれです。1社・2社のマイカーローン審査に通らず、3社目にして審査が通った経験を持つ方の体験談を紹介します。

愛用していたバイクが故障したため、YSP(ヤマハの正規販売店)で新車のヤマハYZF-R25を購入しようとローンを申し込んだところ、見事に審査に落ちてしまいました。

けれども、仕事でも使うのでバイクを諦め切れなかったため、YZF-R25はローンの利用限度額をオーバーしたのだろうと考え、今度は購入金額の安い中古車にターゲットを変更。

たまたま知人の店で20年落ちの中古バイクが乗り出し30万円で売りに出されていたので購入を決め、さっそくオートローンを申し込むことにしました。

ところが、ここでも審査がなかなか通りません。大手信販会社A社にハネられ、B社も落ち、ダメ元で申し込んだC社(現在所有する中古のアルファロメオの購入時に利用。現在も支払いを続けている信販会社)がようやくローンを通してくれました。

そのときにYSPの店長も知人のバイク店の店主も口を揃えて言っていたのが、「最近はローン審査が厳しくなっているみたいで、ウチでも通らない人が多くて困っているんですよ」ということでした。

この体験談を通じてわかるように、最初に申請したマイカーローン審査に通らなかったとしても、購入する車両の価格帯やローン会社の選定を変更することでパスできることがあるのです。

マイカーローン審査に通らなかった時にどうすればよい?

別の会社・金融機関にマイカーローンを申し込む

先に紹介した体験談にあるように、別の会社・金融機関へマイカーローンを申し込めば審査に通る可能性が残っています。それぞれ審査を通す基準が異なることは事実ですから、自分の条件・状況・信用に合わせたマイカーローンを探すことは大切です。

借入申請額を少なくする

年収に対する借入申請額の割合も審査項目の1つになるわけですから、借入申請する価格が少なくなれば審査に通る可能性は自然と高くなります。新車ではなく同じ車種の中古車を購入対象にする、頭金を用意してローンを組む金額を少なくするなどです。

保証人をつける

マイカーローンで保証人をつけることは基本あまり聞かない話ですが、保証人を求められるケースがあるようです。その時に、金融業者を保証人につけてマイカーローンを申請すると通りやすいと言われています。

本来マイカーローンに保証人は必要ありません。この点を考慮するt、保証人を求められるようなケースは、そもそも年収に不釣り合いな価格の自動車を購入しようとしている等が考えられます。

給料の高い会社へ転職して年収を増やす・起業して稼ぐ

金融事故を起こしておらず、他にローンを組んでいないとしても、そもそも年収が低ければローンを組むことはできる金額も自然と低くなります。給料の高い(よりよい条件を提示する)会社へ転職して年収を増やすも良し、起業独立して稼ぐも良し。

すぐに転職できなくともタイミング次第ですので、それまでに欲しい自動車や購入後の乗り方・遊び方をゆっくりと考えても楽しいでしょう。

信用情報は自分で確かめることができる!

©naka/stock.adobe.com

信用情報機関へ開示請求を行うことで、自身の信用情報を自ら確かめることができます。

開示請求方法は信用情報機関のホームページで説明されていますので、気になる方は一度、信用情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。開示請求は有料で、手数料は大体500円から1,000円程度です。

一括払いをせず分割払いで高額な車を購入できるマイカーローンは、手元にお金を残しておきたい人・まとまったお金を持っていないため一括で買えない人のどちらにも有益な購入方法です。

年収や信用情報で借りられる人・借りられない人、そして借入られる上限金額が決まりますので、申請時には情報を誤魔化すことなく記入して健全に利用しましょう。

ローン申し込み時に審査に落ちてしまうと困るという場合は、事前に信用情報機関へ開示請求を行うと安心です。

「残クレ」「残価設定ローン」とは?

マイカーリースではどんな車に乗れるの?

執筆者プロフィール
中華鍋振る人
中華鍋振る人
自動車とバイクに関連する記事を書いています。モータースポーツは観戦よりも参戦派。道交法や違反に関する情報を、法律に詳しくない人にもわかりやすく解説しています。
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事