初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

フェアレディZの全て|歴史から実燃費・口コミ・最新値引き価格・ライバル車比較など

2017年に、新型Z35の発売も噂されるフェアレディZ。その歴史や、人気モデルから気になる燃費、ライバル車種との比較などなど、フェアレディZの魅力をご紹介します。気になる値引き相場も!フェアレディZを徹底的に攻略します!

フェアレディZ徹底攻略 <目次>

■フェアレディZとは?その歴史を振り返る
 ∟初期からのモデル・レース戦績・初期のCM

■Z33からどこがモデルチェンジした?
 ∟Z34で大きく変わった点を紹介

■34のおすすめオプション・仕様・モデルは?
 ∟人気のモデル、オプションを紹介

■Z34のデザイン・インテリアのこだわりは?
 ∟美しいエクステリア、こだわりのインテリアを紹介

■Z34のエンジン・実燃費・走り性能の評価は?
 ∟エンジン、走りの性能、実燃費を解説

■ライバル車との徹底比較!
 ∟競合するBMW Z4とのデザイン、走行性能、燃費など全比較
 ∟その他のライバル車、ポルシェ ボクスター、メルセデス SLK55 AMG、アウディ TTS

■フェアレディZの最新値引き価格の相場は?
 ∟限界値引き、値引き交渉のポイント

■フェアレディZを動画で最終チェック
 ∟ざっくり把握できる試乗レポ動画を紹介

■日産が世界に誇るスポーツカー フェアレディZ
 ∟おわりに

フェアレディZとは?その歴史を振り返る

日産 フェアレディZ

ご存じの通り、フェアレディZは日産自動車が世界に誇るスポーツカーです。
1960年の初代フェアレディZから最新のZ34まで、走りを追求した進化を重ねてきました。
そして、2017年には9年ぶりの新型が発表されることもあり、期待が高まっています!

「フェアレディZ」車名の由来はこちらの記事へ!

1960年代~ フェアレディ(SPL212)

ダットサン SPL212型

フェアレディ(SPL213)は、対米輸出用のSPL212をマイナーチェンジし、パワーアップして発売された車です。

1962年代~ フェアレディ2000(SRL311)

ダットサン フェアレディ2000

フェアレディ2000(SRL311)は、1965年発売のSP310の骨格をもとに、初代シルビアが開発されました。

1969年~1978年 フェアレディZ 初代

日産 フェアレディ Z-T S31型 1977年

フェアレディZ-T(S31)は、オープンボディの「フェアレディ」からクローズドのクーペボディとなり、サブネーム「Z」がつきました。

1978年~1983年 フェアレディZ 2代目

日産フェアレディZ S130型 280Z-T

フェアレディZの2代目は、2000ccと2800ccの2つのL型・直列6気筒エンジンを設定していました。

1983年~1989年 フェアレディZ 3代目

日産 フェアレディZ Z31型 300ZX

3代目 フェアレディZは、全グレードにV6エンジンを搭載、大きなパワーを誇るVG30ETは、欧州向けモデルは最高速度250km/hに達しました。

1989年~2000年 フェアレディZ 4代目

日産 フェアレディZ 4代目 コンバーチブル

フェアレディZ コンバーチブル(HZ32)は、完璧なスーパースポーツカーをめざして開発されました。発売当時は国産最高の280馬力を誇っています。

2000年~2008年 フェアレディZ 5代目

日産 フェアレディZ Z33型

フェアレディZ(Z33)は、エンジンは3.5リットルV6NAエンジンを搭載、ボディタイプは2シータークーペのみで、2年ぶりの新モデルとして発売されました。

2008年 フェアレディZ 6代目

日産 フェアレディZ Z34型

フェアレディZ(Z34)は、フェアレディZとしては通算6代目となる現行モデルです。国外では「370Z」として販売されています。

フェアレディZの人気に火をつけたレースの実績

日産 フェアレディZ 240Z

歴代フェアレディZは数々のレースで素晴らしい成績をおさめています。
注目すべきは1971年、ダットサン240Zが全日本鈴鹿300km耐久レースで優勝したのを皮切りに、数々のレースで優勝しています。
特に同年1971年のサファリ・ラリーでの総合優勝は、フェアレディZの耐久性を世界に知らしめる結果となりました。
これらの実績が、フェアレディZの爆発的な人気のきっかけにもなりました。

1970年に日本車初のサファリ総合優勝
日産のサファリラリー挑戦は、1963年の第11回大会から始まりました。この時は、ブルーバード(P312)とセドリック(G31)でした。そして、挑戦4年目の1966年(第14回大会)に、日本車として初めてサファリラリーでクラス優勝を果たしました。

出典:http://nissan-heritage-collection.com/

日産ギャラリー専属コンパニオンは、ミス・フェアレディ!

ミス・フェアレディの誕生と伝統

日産がはじめてギャラリーアテンダント「ミス・フェアレディ」を導入したのは1963年に東京・銀座に最新のギャラリーをオープンしたときでした。それから50年、現在も彼女たちは日産のシンボルであり続けています。

フェアレディ専属ではありませんが、日産自動車の直営ショールーム「日産ギャラリー」のコンパニオンは、ミス・フェアレディと呼ばれています。
1963年(昭和38年)のショールーム開業と共に創設され、日本でもっとも歴史がある企業専属のコンパニオンです。
現在の応募倍率は100倍とも言われ、母子2代でミス・フェアレディを務めた方もいらっしゃるそうです。

日産自動車 フェアレディZ のCM(1978年)

フェアレディZのさらに詳しい歴史が知りたい方はこちら!

次のページ

この記事の執筆者

みゅうみゅうこの執筆者の詳細プロフィール

コンサルタント、ときどきライターをしています。 車のほかに、IT系、アニメ・マンガ、美容・健康にもチャレンジしています。 ペーパードライバーだけどスポーツカーは大好きです!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • 9月は高額査定のチャンス!
  • 利用者数100万人超えの業界最大手
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!
  • ガリバー、ビッグモーター、カーセブンなど地域に合わせた最大10社の査定相場を簡単に比較!
  • 7割が5万円以上の査定額差を体験
  • 愛車の査定相場をチェックするだけでもOK
運営会社提携業者数最大査定依頼数査定依頼業者の選択
株式会社ウェブクルー約211社10社