初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ジムニー改造 リフトアップ編】費用や車検の注意点を総まとめ|おすすめキットも

スズキ ジムニーをリフトアップする方法とその費用や車検での注意点を解説します。軽自動車ながら本格的なオフロード性能を誇るスズキ ジムニーに、迫力ある外観と性能を与えるリフトアップについてまとめました。

【ジムニー改造】リフトアップとは?

リフトアップとは車高を上げるチューニング。リフトアップの発祥は1970年代に悪路を走行するための改造として定着したといわれ、ノーマル車の車高による物理限界を解消し、未舗装路や林道、浅い河などの悪路での走破性を格段に高めるため改造です。
別名でハイトアップやハイリフトとも呼ばれ、SUVやクロスカントリー車では常套手段のチューニング手法ですが、車をより大きく見せ、迫力ある外観を表現するドレスアップ手法としても定着しています。

数あるクロスカントリー車のなかでも、スズキ ジムニーは軽自動車ながら、ラダーフレームとリジットアクスルサスペンションを備えた本格的なクロスカントリー車。
迫力あるスズキ ジムニーの作り方であるリフトアップ方法や費用、車検の注意点などをまとめました。

ジムニーについての最新情報はこちら

【ジムニー改造】リフトアップのメリット・デメリット

リフトアップのメリット

一般使用の際のメリットは、視覚的に迫力が出るということです。また視点が高くなり、トラックに乗っているような高い視点から見下ろせるため、道路状況の見通しがよくなります。

性能面では、ボディに干渉せずに大きなタイヤを装着できるようになるため、走破性の向上が狙えます。アプローチアングルが大きくなり、主にクロスカントリー競技で大きな傾斜のラインでも積極的に進んでゆくことが可能になり、タイムアップにつながることがメリットです。

リフトアップのデメリット

車の全高が高くなり、横方向の投影面積が大きくなるため横風の影響を受けやすく、高速道路など走行では注意が必要になります。また、重心が上がることで、カーブでの車体ロール量が増え、横転の危険性の高まるといえるでしょう。
大きくリフトアップすると、高架下などを通る際には頭上に注意しなければならないため、リフトアップ後は、車の全高を把握して運転する必要に迫られます。

他には、乗り降りが大変になったり、ジャッキアップがしずらくなるなどの細かなデメリットが挙げられます。

次のページ