MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > タイヤとホイールのインチアップとは|計算方法からメリットやデメリットも解説
役立つ情報

更新

タイヤとホイールのインチアップとは|計算方法からメリットやデメリットも解説

タイヤのホイールのインチアップとは

©MIA Studio/stock.adobe.com

タイヤとホイールのインチアップはかなりメジャーなカスタムですが、実際に車検対応の範囲内で行うには考えるべき内容が存在します。

インチアップはホイールが大きくなる

車のホイールを純正よりも大きなものに換えると、見た目の印象がガラッと変わります。このようにより大きな外径(インチ)のホイールに変更することを「インチアップ」とよびます。逆に小さなものに変更することを「インチダウン」とよびます。

純正よりも大きい外径のホイールを装着することで、ホイールが強調され引き締まった、おしゃれな外見になります。

インチアップではタイヤも変わる?

ホイールのインチアップを行った場合は、そのホイールのインチサイズに合わせたタイヤを新しく用意します。

基本的なインチアップでは、純正タイヤとなるべく近い外径のものにすることが推奨されます。そのため、タイヤを横から見た時、これまで使用していたタイヤよりもホイールが大きくなったぶんタイヤが薄くなります

また、ホイールと同じようにタイヤの外径も大きくし、より見た目のインパクトを演出するカスタマイズ方法もあります。

タイヤとタイヤハウス
タイヤを大きくしすぎてタイヤハウスか接触しないように注意
©Photocreo Bednarek/stock.adobe.com

この場合、タイヤの外径が大きすぎると、タイヤと車体がタイヤハウス内(タイヤが収まっている半円形の空間)で干渉してしまったり、前輪であればハンドルを切った際にフェンダーにタイヤが接触してしまう場合がありますので注意しましょう。

タイヤの外径を変えないのはなぜ?

車にはスピードメータのほか、総走行距離(車が製造されてから現在まで走った距離)を示すオドメーターとリセットが可能な区間走行距離を示すトリップメーターがついています。

これらは新車販売時に装着しているタイヤの外周が、1周転がる時に進む距離からそれぞれを算出しています。

そのため、インチアップなどでタイヤの外径が大きくなると、それらの数字が正確に算出されなくなり、特にスピードに誤差が出るのは非常に危険です。あまりに誤差が大きくなると車検にも通りません。

そのため、インチアップはホイールの大きさを変え、タイヤの外径を変えないようにするのが推奨されます。

タイヤ外径早見表

インチアップは数字で表される

インチアップを施す際、「16インチから17インチにインチアップした」などという言い方をします。

これは、16インチのホイールだったものを17インチのホイールに変える、ということです。

当然ですが、16インチのタイヤは17インチのホイールには装着できませんので、ホイールのインチアップの際は、タイヤも17インチのものに変えなければなりません。

タイヤサイズの見方

タイヤ交換をする人
©korchemkin/stock.adobe.com

いざインチアップをしようとしても、まずは自分の愛車のタイヤサイズやホイールのインチを知らなければなりません。

タイヤサイズはタイヤ側面に記載されている

タイヤサイズの記載
©hanjosan /stock.adobe.com

タイヤの側面を見ると、画像のようにタイヤのサイズなどの情報が記されているのを見付けられると思います。

順に(1)3桁数字、(2)2桁数字、(3)アルファベット1文字、(4)数字2桁、(5)数字2桁、(6)アルファベット1文字、となっています。

それぞれの数字やアルファベットには、全て意味があります。

タイヤサイズの各記号の意味

タイヤサイズの解説
読み方(数字はあくまで一例)

この画像を例に説明していきます。

(1)
205
これはタイヤの幅をmmで表したもので、
この場合は205mm幅のタイヤということです。
(2)
55
扁平率(へんぺいりつ)と言います。
タイヤの厚みを表しており、タイヤの幅の%を示しています。
この場合は、205mmのタイヤの55%の厚みであるということです。
(3)
R
ラジアルタイヤのことを示します。
一般的な車のタイヤはすべてラジアルタイヤであると考えて大丈夫です。
(4)
16
タイヤの内径、つまりホイールの外径と同じサイズをインチで表示していますす。
この場合は16インチということになります。
(5)
91
ロードインデックスと言って、タイヤ1本あたりが支えられる最大荷重を示した数字です。
表記は指数で、専用の表から数字を求めることができ、この場合は615kgの負荷能力があります。
(6)
W
速度記号と言って、このタイヤで走行可能な速度を示す記号です。
これも記号によって速度が定められており、この場合は270km/hまで大丈夫であることを示します。

インチアップに直接関係する数値は(1)のタイヤ幅、(2)の扁平率、(4)のインチです。

例えば17インチにインチアップしても、(1)と(2)が同じ数字の場合、外径が大きくなっていますので、そのタイヤは選んではいけないということになります。

インチアップしたらタイヤは薄くなる

タイヤの幅を変えずにホイールのインチアップを行うと、タイヤの外径は変わりませんので、タイヤの扁平率が下がります。

つまり、タイヤが薄くなります。

ホイールをインチアップする際、一般的にホイールの幅を広げて幅の広いタイヤを履けるようにしますが、それでも扁平率は下がります。

一般的に、インチアップしたらタイヤが薄くなる、と覚えておきましょう。

インチアップ時のタイヤ選び

タイヤ交換する工具
©korchemkin/stock.adobe.com

インチアップをするために、タイヤサイズが重要であることはわかりました。

しかし、タイヤやホイールの幅も、インチも多種多様です。いったいどうやって選べばいいのでしょうか。

インチアップの目安は2インチ上まで

タイヤの外径を変えないのが推奨されるとお話しましたが、それでもタイヤの外径を変えない事にも限界があります。例えばスズキ・ワゴンR等の軽自動車とトヨタ・クラウンなどの乗用車ではそもそもタイヤの大きさそのものが異なります。

所有する車両が製造された年代によっても差があり、乗用車で平成初期は630mm前後、平成末期では660mm前後の乗用車が多いようです。

これはとても極端な例ですが、著しく大きいタイヤは外径が変わる為、装着できません。16インチのホイールであれば18インチまでと、2インチ上までが目安だと考えましょう。

ドレスアップ目的で20インチのホイールにインチアップすることもできますが、外径の変化やタイヤのボディへの接触の可能性などからあまりお勧めできません。

インチアップをする場合は、様々なデメリットを考慮したうえで、よくお店の方と相談してください。

インチアップでタイヤ幅と扁平率は変化する

例えば、「205/60R-16 92H」というタイヤから1インチ、ホイールをインチアップするときは、「225/50R-17 92H」というサイズが適切なタイヤサイズのひとつです。

なぜそうなるのかは後述しますが、このタイヤにすることで扁平率が10%下がり、タイヤが薄くなりました。

このように、自分の愛車にとってどのようなホイールやタイヤがよいのか、お店の人にしっかりと相談しましょう。

ロードインデックスに注意

タイヤをインチアップして扁平率が下がると、中に入る空気が減ります。すると、タイヤ1本あたりが支えられる最大荷重も変化します。

タイヤは車を支える大事なパーツですから、ロードインデックスと呼ばれるタイヤの最大負荷能力を意味する数値も下がります。

4本のタイヤの最大重量が車重以下になってはいけません。

インチアップの際は、インチアップ前よりも幅の広いタイヤを選び、本来の純正のタイヤと同じロードインデックスを保つのが基本です。

ロードインデックス(LI)は、規定の条件下においてタイヤ1本で支えることができる最大負荷能力を示す指数です。

タイヤの種類やカテゴリーによって、最大負荷能力に対応する空気圧は異なります。負荷能力が不足するタイヤを装着して走行すると、タイヤの損傷につながって危険です。

ホイールに関して詳しく知りたい方はこちら!

適切な計算方法で外径を測る

タイヤとメジャーのイメージ
©Talaj/stock.adobe.com

タイヤのインチアップをするときに外径を変えない、というお話をしましたが、その為には外径を知る必要があります。

タイヤサイズの計算方法

外径を変えないということは、タイヤの外径の直径を変えなければよい、と言うことになります。

先ほども参考にした「205/60R-16 92H」というサイズのタイヤで、実際にタイヤの外径の直径を以下の手段で算出してみましょう。

①タイヤの内径(=ホイールの外径)の直径を求める

1インチはおよそ25.4mmです。

このタイヤは16インチですから、25.4mm×16インチ=406.4mmとなり、タイヤ内径の直径は406.4mmであることがわかります。

②タイヤの扁平率からタイヤ外径の直径を出す

このタイヤの場合、扁平率は205mmの60%です。つまり、205mm×60%(0.60)=123mmとなり、タイヤの厚みは123mmです。

タイヤ片側の厚みは123mmで、これがタイヤの両側にあるわけなので、タイヤの内径+(扁平率から算出した厚み×2)によってタイヤの外径の直径がわかります。

このタイヤの場合は、406.4mm+(123mm×2)=652.4mmとなり、タイヤの外径の直径は652.4mmとなります。

③同じ外径でインチアップするために計算する

これまでと逆に計算をしてくと、外径を変えずに適切な扁平率のタイヤが算出できます。

例えばこのタイヤから17インチにインチアップすると、タイヤの内径の直径は25.4mm×17インチ=431.8mmです。

タイヤ外径の直径は652.4mmですから、652.4mm-431.8mmとなり、220.6mmの差になります。

これは両端のタイヤの厚み(扁平率)の数字ですからこれを2で割った、110.3mmがタイヤの厚みになります。

インチアップするときはロードインデックスの関係もあり、タイヤ幅を大きくするのが一般的なので、例えば245サイズのタイヤを選びたいときは、「タイヤの幅245mm×○%(扁平率)=およそ110」となるようにすればよいので、これを計算すると、○%=44.8となります。

四捨五入して、45%の扁平率が適切だということがわかります。

④少しの誤差は許容範囲

ここで注意したいのは、必ずしも外径が完全一致することはない、と割り切りることです。

タイヤ外径の直径が同じであることに越したことはありませんが、2~3mm程度の誤差は許容範囲内です。

従って今回の場合は、タイヤ幅245mm、扁平率45%、17インチということになり、タイヤの表記は「245/50R-17」となります。ここに、ロードインデックスなどが同じものを選べばよい、ということです。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事