初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【スバル インプレッサ】歴代車種の実燃費やスペックの比較から内装の評価まで

一昔前はラリーカーとして、今ではSUBARUの世界に向けた顔となっているスバル インプレッサですが、今回は、歴代モデルについて振り返りつつ、実燃費やスペックの比較、現行モデルの内装の評価についてご紹介します

スバル インプレッサとは?

スバル インプレッサスポーツ 2016年型

スバル インプレッサとは、SUBARUが1992年より製造・販売している乗用車です。
3代目以降は4ドアセダンと5ドアハッチバックの2種類をパッケージングしており、現在は5代目となっています。
日本車として、モデルチェンジまでの期間、即ちモデルサイクルが長いこともインプレッサの特徴であり、初代から2代目までは8年、2代目から3代目までは7年という長い期間を経ています。

現行モデル(GT/GK系)のインプレッサについて

2016年に5代目となったインプレッサには、5ドアハッチバックの「インプレッサ SPORT」と4ドアセダンの「インプレッサ G4」の2種類が存在し、4代目モデルまでは2タイプはインプレッサの名称で統一されていました。
5代目最大の特徴としては、SUBARUの新世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」が初めて採用されている点にあります。
新プラットフォームにより、ステアリングの応答性と安定性が向上し、衝突時のエネルギー吸収量は4代目の1.4倍、さらにボディ構造の最適化によってあらゆる方面からの衝撃に対する剛性も向上しています。
4代目では2WD車に未採用だったSUBARUの安全技術「アイサイト」も、全車に標準装備されるようになり、安全性を重視したモデルに進化したと言うことができるでしょう。

スバル インプレッサに関連するおすすめ記事はこちら

世界に認められたインプレッサの安全性

世界

2017年には、アイサイトを装着したインプレッサ(北米仕様)が、道路安全保険協会(IIHS)が行う安全性評価において、最高評価の「トップセイフティピック+」を獲得したことをSUBARUが公式に発表しています。
具体的な評価項目は、「耐衝撃性性能」「前面衝突予防性能」「ヘッドライト性能」「チャイルドシート取り付け性」の4つであり、インプレッサは5ドアハッチバックタイプと4ドアセダンの両方で、この全ての項目で最高評価を獲得しています。
ヘッドライト性能で最高評価を得たハイビームアシスト機能は、日本仕様車の全てが標準装備ではありませんが、それ以外は全て同様です。
この快挙は、小型車としては唯一、このインプレッサのみが達成しているのです。

スバルの先進技術アイサイトに関連するおすすめ記事はこちら

スバル インプレッサの歴代モデルたちを紹介!

初代GC/GF系(1992年-2000年)

スバル インプレッサWRX 1992年型

レガシィの下位、ジャスティの上位モデル、つまり両者の中間として登場したのがインプレッサです。
排気量が1.5L、1.6L、1.8L、2.0Lと非常に豊富で、ボディタイプと排気量の組み合わせが幅広いオーナーを生み出しました。
元々、世界ラリー選手権(WRC)に参戦するため、レガシィの代替として企画されたインプレッサですが、デビュー戦でいきなり2位に輝きました。
今でも2.0Lのターボエンジン搭載のWRXというスポーツモデルや、WRXをチューンアップしたSTIバージョンであれば、街で見かけることが多いと思います。

2代目 GD/GG系(2000年-2007年)

スバル インプレッサWRX 2000年型

8年の歳月を経たモデルチェンジによって、横長のライトが「丸目」と呼ばれるデザインになります。
GC系でWRXとSTIバージョンが5MTだった設定が、STIのみ6MTとなりました。
2002年には、ライトに涙の粒のような形状があることから「涙目」と呼ばれるモデルに変化し、2005年にはライトの形状が吊り上がった「鷹目」モデルに落ち着きます。
このGD系もWRCに参戦し、好成績を収めています。

3代目 GE/GH/GR/GV系(2007年-2011年)

スバル インプレッサWRX 2007年型

このモデルから、5ドアハッチバックタイプがスポーツワゴンに代えられ、スポーツモデルであるWRXは、S-GTという名称に変更されています。
また、GR系はSTIバージョンの後継として発売され、2.5Lターボエンジンが搭載されたグレードも存在します。
GV系はこれまでなかったセダンタイプのSTIバージョンとして発売されました。
GH系の関連モデルとして、全高を45mmアップした「インプレッサXV」が登場したのは、2010年のことです。

4代目 GP/GJ系(2011年-2016年)

スバル インプレッサ 4代目 外装

これまではEJ型のエンジンを搭載していたインプレッサは、4代目でFB型という新型エンジンを搭載されるようになります。
ハッチバックモデルは「インプレッサ SPORT」、セダンタイプは「インプレッサ G4」という名称に変更され、ターボエンジン搭載モデルもラインナップから姿を消します。
この時代には、先程紹介したインプレッサ XVが、XVという名称でインプレッサの系統から独自路線へ進んでいきました。
後期型の頃には、アイサイトが一部のグレードで搭載されるようになり、SUBARUの安全志向はこの頃から見られるようになりました。

スバル XV

3代目スバルXV

スバル新型XVの最新情報についてはこちら

歴代インプレッサの実燃費を比較!(GC8・GDB・GRB・GP・GT)

燃費

インプレッサGC8(初代)・GDB(2代目)・GRB(3代目)の燃費

ここまで現行モデルに加えて歴代の4モデルについて振り返って来ましたが、各モデルの実燃費について比較してみましょう。
※表サイズの都合で表を2つに分けています

GC8GDBGRB
JC08モード燃費13.210.410.4
実燃費9.698.188.46
[単位]km/L

インプレッサGP(4代目)・GT(現行)の燃費

GPGT
JC08モード燃費15.416.45
実燃費11.6818.2
[単位]km/L

GDBとGRBは、WRXのSTIバージョンを指し、ハイオク燃料にターボ付きですので、燃費には流石に難があります。
現行のモデルは、やはり一番の低燃費です。

歴代インプレッサの中古車価格をモデル毎に比較!

自動車・中古車ディーラーでの様子のイメージ画像

©Shutterstock.com/

続いて、歴代モデルの中古車価格を比較してみましょう。
WRXやSTIバージョンも含めた相場価格について、表にまとめて掲載しておきます。

モデル別相場
初代330,000~360,000
2代目780,000~810,000
3代目1.620,000~1,680,000
4代目1,590,000~1,620,000
[単位]円(消費税込み)

インプレッサの現在の中古車情報についてはこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


歴代インプレッサのスペックをモデル毎に比較!

スバル インプレッサWRX 2014年型 サイド

続いてはスペック比較です。
モデルチェンジによって、インプレッサのスペックがどのように推移していったのか、以下の表をご覧になって確かめてみて下さい。

初代2代目3代目
全長4,3404,4054,415
全幅1,6901,7301,795
全高1,4051,4351,475
ホイールベース2,5202,5252,625
車両重量1,2501,4301,480
乗車定員555
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

4代目(G4)5代目(G4)
全長4,5804,625
全幅1,7401,775
全高1,4651,455
ホイールベース2,6452,670
車両重量1,3901,400
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

現行インプレッサの価格は?

スバル インプレッサ スポーツ 2.0i-L EyeSight 2016年

現在インプレッサは、SPORTとG4の2タイプと、それぞれ3つのグレードで販売されています。
価格は両タイプで同様となっています。

インプレッサ SPORTの価格

インプレッサ SPORT グレード別価格
SPORT ・G4 1.6i-L EyeSight1,922,400
SPORT・G4 2.0i-LEyeSight2,160,000
SPORT・G4 2.0i-S EyeSight2,376,000
[単位]円(消費税込み)

現行インプレッサのインテリアの気になる評判は?

スバル インプレッサスポーツ 2016年型 内装

現行のインプレッサは、インテリア・エクステリア共に、質感向上を掲げて開発されたということで知られています。
エクステリアに関しては、画像をご覧になれば個々人で感じるものが色々とあると思いますが、インテリアの評価はどうなっているのでしょうか?
実際の口コミをいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

なんだか、フロントはボルボのパクリみたいです。 前車インプレッサを洗練させたとも言えますが、らしい個性は感じません。 大きめの凹凸では、不快ではないものの、路面のゴツゴツしたショックがシートに伝わってきます。

出典:http://www.carsensor.net/

内装はまあ普通ですね。 フロアマットやシート地などブルーの生地を使っていますが、現車では然程違和感はありません。 ブルーと言ってもかなり彩度を落としたブルーなので、インテリアとは調和していますよ。
乗り心地は「普通」ですよ。

出典:http://www.carsensor.net/

雰囲気だけではなく、乗り心地の良さを評価する声もありました。

とにかくデザインがいい!カッコいいです。 荷物が思った以上に載せられます。 純正でモモステも嬉しいですね。 シートはセミバケでスポーティです。

時代と共に研磨されていくスバル インプレッサ

スバル インプレッサ 2016年型

ここまで、スバル インプレッサの歴代モデルやその実燃費・スペック・中古車価格や、現行モデルの情報をご紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか?
ラリー用の車として登場したインプレッサは、ターボエンジン搭載モデルがラインナップされるなど、走りに重きを置いた車として活躍していました。
今ではSUBARUの誇る安全性が高まり、インプレッサはそれを世界に知らしめています。
時代のニーズに応じて研磨されながら、姿を変えていくインプレッサの今後にも期待しましょう。

スバル新型車に関連するおすすめ記事はこちら

セダンに関連するおすすめ記事はこちら

ハッチバックに関連するおすすめ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す