初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダのハイブリッド車一覧!燃費・価格やリアルな評判まで徹底紹介

ホンダのハイブリット車の歴史は1999年のインサイト販売から始まりました。このコンパクトハッチバックは当時国内最高燃費を記録して、特異なボディー形状が斬新で、これからの時代はハイブリット自動車が主流になると当時話題になりました。今回はホンダのハイブリットカーは発売されてから17年、今のホンダのハイブリット車のラインナップを車種別で紹介します。燃費や価格、評判までリアルな口コミを集めてみました。

ホンダのハイブリッド車を一覧で紹介!

ホンダのハイブリット車は色々選べます!

ホンダ NSX

2017年2月現在、ホンダのハイブリットカーは全10車種、コンパクトカーからスポーツカーまで様々なラインナップが選べます。
中でもフィットハイブリットは受注も好調で、街を歩いていると見ない日がないほど普及しています。
2017年1月現在でホンダが発表しているホンダの登録車のハイブリット比率は54%を超え、その勢いは留まる事を知りません。

今回は車種モデル別で、コンパクトカー、セダン、ステーションワゴン、ミニバン、スポーツカーと分けて、リアルな口コミを交えてご紹介します。

ホンダのハイブリッド車ランキングはこちら

ホンダのコンパクトカーのハイブリットモデルは?

フィット ハイブリット

まずはコンパクトカーのハイブリリッド車からご紹介します。
ホンダのコンパクトカーと言えば「フィット」と「ヴェゼル」です。
この2車種の価格と口コミを交えて紹介します。

ホンダのハイブリッド車①フィット ハイブリッド

フィット ハイブリット

フィットハイブリットの全国のメーカー小売価格は182.6万円(税込み)です。JC08モード燃費は36.4km/Lと発表されています。

フィットハイブリットの大きな特徴はやはりクラストップレベルの燃費です。車内の居住スペースとラゲッジスペースも十分な広さで家族4人でのお出かけでも安心の広さです。

では口コミのリアルな評価はどうなのでしょう?集めてみました。

購入して5000キロ走りました。面白い車ですが少々クセがあります。タッチパネル式のエアコンパネルは慣れれば問題なく使えます。
エンジンはよく回ります。性能が良いので踏めば速い。
燃費はメーカーが発表するほど高くありません。街乗りでecoオフで夏場は23km/L、冬は20km/Lくらいです。
凝ったミッションと他のメーカーよりも複雑なハイブリットシステム、車、メカ好きのユーザーにはアフターパーツも多く楽しい車です。

出典:http://review.kakaku.com/

外観が気に入らないので無限のエアロを全周組みました。インテリアはフロントのアームレストが試乗時から気に入らず、ディーラーオプションを購入しました。
エンジンはよく回ります、しかしアイドリングがもう少し静かだとベストです。
燃費は季節の変化で良し悪しの差が大きいです。夏場はエアコンを付けて14km/Lまで落ちました。ハイブリットなのに少し残念です。

出典:http://review.kakaku.com/

レンタカーを借りて北海道を1,500km程走りました。郊外では70km/h平均で走行し、エンジンを切るとエコマークが全点灯していました。ここまで燃費を気にして走行し、平均燃費23km/Lでした。先代FITのガソリン車で以前同じようなドライブを楽しんだのですが、その時は25km/Lだったのでハイブリットモデルと聞いて期待していたのですが正直残念な結果でした。

出典:http://review.kakaku.com/

ハイブリットカーの価格だけ考えるとフィットのハイブリット車は200万円を切るのでお買い得です。しかし口コミをまとめるとユーザーのみなさんが口を揃えて「燃費がカタログより相当悪い」と評判がありました。
エンジンの性能は良いのだが、期待するほどの燃費は出ていないと口コミでは言われています。
価格だけ見たら、フィットハイブリットの競合車は車体価格が約130万円のフィットのガソリン車かもしれませんね。
エコカー減税で年間維持費が多少安く抑えられるのですが、コレだけではメリットになりにくいです。
また、口コミには走り出しのギクシャク感が気になる、信号待ちからのスタートのアクセルがワンテンポ遅れてついてくるフィーリングが気になるなど、ストップ&ゴーの基本的な動作に不満のあるユーザーさんもいました。
購入を検討されるのであれば、ハイブリット車もガソリン車も両方試乗される事をおすすめします。

フィットハイブリッドに関する詳細はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダのハイブリッドカー②ヴェゼル ハイブリッド

2015年式 ヴェゼルハイブリット

ヴェゼルハイブリットの全国のメーカー小売価格は267.0万円(税込み)です。JC08モード燃費は23.4km/Lと発表されています。

今一番売れているコンパクトSUVといえばこの「ヴェゼルハイブリット」です。このSUVがなぜ売れているのか?口コミを交えて検証してみました。

全体的にバランスの取れたデザインで、観ていて飽きません。エンジン性能は可もなく不可もなく、ハイブリットシステムとバランスが取れているのか静粛性もまずまず。
室内は気密性が高いのか、静かすぎて逆にロードノイズが気になります。
燃費はカタログやディーラーで発表されているほど良くはありません。AWDなので仕方ないのかもしれませんが、街乗り平均14km/Lです。

価格は新車で最上級モデルを購入しました。総額で310万円、そこから1割ほど値引きがありました。

出典:http://review.kakaku.com/

想像していたよりかなりパワーがあって加速が素晴らしいです。普段はECONモードでゆっくり走っていますが、フル加速するとエコカーとは思えないスポーティーな走りとエンジン音にびっくりします。
走行性のは車高が高めな車でありながらぜんぜんロールしないので快適です。不満な点はロードノイズが少々気になります。
乗り心地は硬めです。大人4人で乗って、ちょうどいい硬さです。高級車の乗り心地には程遠いです。
燃費は18km/Lほど、メーカー発表の燃費からは悪いのですが、SUVでこの燃費なら次第点です。
新車価格は全て込みで277万円、そこから20万円程値引きがありました。

出典:http://review.kakaku.com/

インテリアのカップホルダーが使いにくいです。ホンダのカップホルダーは使いにくいと評判ですが、全くその通りです。
それ以外は他のコンパクトSUVと比べて非常に広い室内と静粛性を兼ねています。
乗り心地は硬く、家族には不評ですが、元々スポーツカーに乗っていたので気にならないレベルです。
安い車ではないのですが、充実した装備と見た目の良さは他のコンパクトSUVを寄せ付けません。
燃費は夏で18km/L、冬場は16km/L、都内で通勤に使ってこの燃費ですから不満はありません。
購入価格は諸費用込で250万円、そこから値引きが10万円ありました。

出典:http://review.kakaku.com/

いま一番売れているコンパクトSUVがこのヴェゼルです。外観のデザインは絶賛されていますが、静粛性が良すぎて逆にロードノイズが気になるところ。
走行性能も高いのですが、足回りを硬めにセッティングされているため一人で乗ると硬く感じると声もあります。
室内のスペースは好評です。SUVの良い点とセダンの乗り心地はなかなか両立させれませんが、不満は多くなく、総じて満足されています。
諸費用込みの価格から1割ほどの値引きがあります。値引き額はディーラーによって違うので購入前に確認が必要です。

ヴェゼルハイブリッドに関する詳細はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダのセダンタイプのハイブリットカーは?

2015年 レジェンド

ホンダのセダン車は一旦ほぼ全てカタログから消えてしまったのですが2014年から復活してきました。
特にレジェンドは100%ハイブリットカーの設定で再登場し、ホンダのセダンに掛ける思いは強いのだと想像できます。
現在ホンダから販売されているセダンタイプのハイブリット車は3車種、順番に口コミの評判をまとめてみました。

ホンダのハイブリッド車③グレイスハイブリッド

グレイスハイブリットの全国のメーカー小売価格は226.24万円(税込み)です。JC08モード燃費は31.4km/Lと発表されています。

コンパクトセダンなのに上級セダン並のパッケージで好評を受けているグレイス、一度はホンダのラインナップから消えたセダン車が復活したモデルだけにホンダ社内を含め相当な期待が込められています。

では口コミのリアルな評価はどうなのでしょう?集めてみました。

扱いやすいサイズとデザイン性を両立していますが、欧州車のプレミアムセダンと比べてしまうとどうしても貧弱に見えてしまいます。
インテリアは必要最低限のデザインでおしゃれに仕上がっています。車内の広さも同格のセダア車と比べて広い、後席に大人が乗っても十分なスペースがあって使いやすく、満足です。
エンジン性能は往年のシビック、インテグラを彷彿とさせる走りを見せてくれます。クイックで気持ちの良いエンジンが走ることの楽しさを思い出させてくれました。
燃費は24km/Lほど、よくも悪くもないのですが、セダン車で20km/Lを超えているのだから良くなったんだと実感しています。

出典:http://review.kakaku.com/

旧型のプリウスからの乗り換えです。セダン車というよりも4ドアクーペの色が濃く、セダン車っぽくまとまってないデザインが気に入っています。
エンジン製の葉1.5Lに思えない力強さがあります。しっかり踏めばしっかり走る、車の基本性能が高いから気持ちよく加速してくれるいいパフォーマンスを見せてくれます。
燃費は24km/Lほど、プリウス並みの燃費なので満足です。

出典:http://review.kakaku.com/

リアデザインが日本車っぽくなく気に入っています。老若男女問わず、受け入れられるいいデザインなのですが、なぜあまり売れないのかが疑問です。
エンジンはよく回ります。1,500ccと思えないパワーとモーターアシストが素晴らしく、アクセルを開けると素直にグイグイ加速して走るのが楽しい車です。
リアシートも大人が乗るのに十分なスペースがあり、車内も静か、乗り心地もマイルドなので本当に乗っていて楽しい車です。
燃費は乗り方にもよりますが、平地で30km/Lほど伸びます。アップダウンが多い道だと20km/Lまで落ちたり、季節によって10%ほどばらつきます。

出典:http://review.kakaku.com/

TVCMを持たない車です。なのであまり知られていなセダンですね。ユーザーの評判は絶賛されています。特に競合車がトヨタのプリウスになるため、価格面から見ても有利な点が多く、この手の車作りのうまいホンダならではのセダンです。
しかしやはりカップホルダーの使いにくさ、静かすぎて逆にロードノイズが目立つといったデメリットも見受けられます。
エコカー減税の効果もあり、非常にリーズナブルな価格設定なので、プリウスと比べてみてはいかがでしょうか?

グレイスハイブリッドに関する詳細はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダのハイブリッド車④アコードハイブリッド

2016年式 アコード

全モデルハイブリット車のアコードの全国のメーカー小売価格は385.0万円(税込み)です。JC08モード燃費は31.6km/Lと発表されています。

元々好評のアコードだったのですが、市場の縮小と景気に左右されてしまい、一度はカタログから姿を消し、ハイブリットシステムをまとい復活を果たしています。車雑誌などでは絶賛されたアコードですが、口コミのリアルな評価はどうなのでしょう?集めてみました。

購入3年目、11000km走行しています。
エクステリアは高級すぎずチープすぎないデザインで、3年経った今でも飽きの来ないデザインです。
インテリアはシックでまとまっていて大人4人で乗って長時間の運転でも疲れませんでした。
走り出しが非常に静かで、プリウスと比べても加速性能が素晴らしく、60km/hまで加速中に電動モーターがリニアに働いて気持ちのいいフィーリングです。
燃費は街乗りで17km/Lほど、高速走行で21km/L前後です。一昔前のセダンに比べれば相当良い燃費です。
価格は総額で400万円を超えています。しかしアフターサービスが素晴らしく良く、車も満足なので不満はありません。この車と比べるならスバルのレボーグでしょう。素晴らしいアッパーミドルセダンです。

出典:http://review.kakaku.com/

トヨタ車とずっと乗り継いできました。
試乗に行き、シンプルながらさりげない高級感に惚れてしまい購入しました。クラウンも乗っていたのですが、それより大きい車だと思えない車です。インテリアもシックにまとまっているため高級感を感じます。スイッチ類が多いので操作に迷うことがあるのですが、慣れですね。
乗り心地も良いし、燃費も20km/Lと悪くない。購入して満足な1台です。
購入価格は総額で410万円、ここから値引きが1割程ありました。

出典:http://review.kakaku.com/

アコード世代で、7代目、8代目と乗り継いできました。一度消えてしまったのですが、9代目はハイブリットになって復活、早速購入しました。エクステリアは飽きのこないデザイン、フロントマスクはいつ見ても素敵です。
インテリアはさすがアコード、シックで高級感に溢れています。静かすぎて気持ちが悪いくらいです。加速性能が素晴らしく、踏み込んだ分だけ素直に加速してくれます。
燃費は19km/Lほど、先代が13km/Lだったことを踏まえると相当良くなっています。
価格は総額で400万円ほど、そこからの値引きが25万円ありました。

出典:http://review.kakaku.com/

復活のアコードはさすがの評判です。燃費、走行性能、居住性は言うまでもなく「良い」評価です。ただしコンソールの操作ボタンが多いと不評もあります。また電子式のパーキングボタンの位置がエンジンブレーキの操作ボタン近くにあるため誤って押してしまいそうだとの声もあります。
価格は400万円を超える高級車、値引き幅もディーラーによって違いますのでかくにんが必要です。

アコードハイブリッドに関する詳細はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダのハイブリッド⑤レジェンド ハイブリッド

2014年式 レジェンド

100%ハイブリット車のレジェンド、全国のメーカー小売価格は680万円(税込み)です。JC08モード燃費は16.8km/Lと発表されています。

高級車として復活したレジェンドは100%ハイブリットカーとして販売されています。こちらの競合車はトヨタならレクサス、日産はインフィニティといったところ、一般ディーラーで購入できる高級セダンの口コミのリアルな評価はどうなのでしょう?集めてみました。

シックなエクステリアです。かっこ悪くないのですが、ボディーとドアの継ぎ目が広く目立ってしまっています。この点でデザイン的にマイナスです。内装は良くも悪くも、上手くまとまってますが、レクサス、フーガに比べてしまうと質感が落ちます。
3.5Lエンジンのパワーは街乗りには有り余る程十分なものです。少し気になる点と言えばスタート時にモーターで発進する際には良いのですが、エンジンがかかると少しギクシャクします。高速性能は高く、ハンドリングはSHAWDのお陰で曲がりたい方向に素直に曲がってくれます。
燃費は街乗りで10km/L、高速使用で13km/Lです。
性能、装備を考えれば、800万円オーバーの車と台頭なので、コストパフォーマンスの高い車だといえます。

出典:http://review.kakaku.com/

エクステリアは慣れです。悪くもありません。インテリアに高級感はさほどありません。シートに装備されているベンチレーション機能は暑い日に快適です。エレクトリックギアセレクターも慣れれば問題ありません。
慣らしに時間の掛かったエンジンですが、とにかく静かなV6エンジンです。始動しているエンジンはタコメーターを見ないとわからないくらいです。2t近い車重があるのでスタートのモッタリ感はあります。
乗り心地は少し硬いように感じます。エアサスなどの柔らかい乗り心地に慣れていたら違和感があるかもしれません。
燃費は街乗り15km/L位です。乗り方次第で11km/Lまで落ちました。
価格は総額で680万円、値引きは一切なしでした。

出典:http://review.kakaku.com/

ホンダらしいエクステリアで、万人にはウケないだろうなと言う印象があります。インテリアは高級過ぎない高級感があります。ボタン操作が多いので慣れが必要です。
高速性能はエンジンにパワーが十分あるためか非常に安定しています。
乗り心地はフワフワとしない乗り心地が好きな人には良いですね。
燃費は10km/Lほど、高速走行でもう少し良い結果なのですが、カタログスペックほど良くはありません。
購入価格は総額で680万円、値引きはありませんでした。

出典:http://review.kakaku.com/

ホンダの最高級セダンですが、エクステリアには酷評が目立ちます。万人受けしないデザインが好き嫌いを分けているのでしょう。
実燃費もカタログほどの数値はなく、総じて10km/L前後でした。
走行性能の良さはさすがホンダです。登坂路もスイスイ登るパワーはさすがホンダと好評です。

レジェンドハイブリッドに関する詳細はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダのハイブリットタイプステーションワゴンは?

2015年ジェイド

ホンダのステーションワゴンでハイブリット車両は2車種、セダン車からの派生モデルというカテゴライズではなく、独立した車種の設定となっています。
現在販売されているシャトルとジェイド、それぞれのハイブリッド車を見てみましょう。

ホンダのハイブリッド⑥シャトルハイブリッド

2015年式 シャトル

シャトルハイブリットの全国のメーカー小売価格は219.5万円(税込み)です。JC08モード燃費は32.0km/Lと発表されています。

フィットハイブリットベースに思われがちですが、列記としたモデルで、車内の居住スペースとラゲッジスペースも十分な広さです。以前販売されていたエアウェイブを彷彿とさせる大きさと開放感です。

では口コミのリアルな評価はどうなのでしょう?集めてみました。

シャープなエクステリアがお気に入りです。インテリアはホンダのカップホルダーが特徴的で使いにくいです、それ以外は満足。
排気量の割にパワーの有るエンジンです。乗り心地も悪くありません。
燃費ですが、21km/Lほど、カタログほどではありませんが良い方では?
購入価格は219万円、ここから30万円の値引きがありました。

出典:http://review.kakaku.com/

フロントマスクが攻撃的でカッコいいです。インテリアの質感が高く気に入っています。
エンジンは静かでパワフル、最新のプリウスと遜色なく、踏めば加速してくれるのでこの点も気にいっています。
乗り心地は大人4人で乗ってもしっとりとして悪くありません。
燃費は20km/L、コレだけでも凄いなとおもいます。
購入金額は総額で255万円、ここからの値引きはありませんでした。

出典:http://review.kakaku.com/

男前の顔つきと、LEDヘッドライトがマッチしてとても気に入っています。インテリアも収納は少なめですが、質感もよく、買い替えて正解でした。
取り回しの良いハンドリングとダイレクトなエンジンレスポンスにはちょっと驚きでした。
燃費はエアコンなしで走行すると20km/L、エアコンを入れると15km/L まで落ちるところは気になる点です。
購入金額は総額で219万円、ここから値引きが15万円ありました。

出典:http://review.kakaku.com/

やはりここでもカップホルダーの使い勝手の悪さが指摘されています。使う方には気になる点です。また、ストップ&ゴー時に起こるノッキング、ひどくなる一方で結局手放してしまったユーザーさんも居るようです。ディーラで対応はしてくれるのですが、稀にあることなので保証のあるうちに徹底して直してもらいましょう。
購入価格からの値引率はひらきがあります。必ず販売店に確認してください。

シャトルハイブリッドに関する記事はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダハイブリッド⑦ジェイド ハイブリッド

2015年式 ジェイド

ジェイドハイブリットの全国のメーカー小売価格は253.0万円(税込み)です。JC08モード燃費は25.0km/Lと発表されています。

アコードワゴンを彷彿とさせるデザインと居住性、走りの面でも高級セダンに引けを取らない走破性能を見せてくれます。

では口コミのリアルな評価はどうなのでしょう?集めてみました。

横長のヘッドライトに一目惚れして購入しました。斜め前から観るとかなりかっこいいので、満足しています。
インテリアはノーチェックで購入したので、乗ってから初めてわかりました。高級感があって落ち着いたインテリアでこちらも満足です。
エンジンのは踏めば走ります。グイッと引っ張ってくれる加速が車好きにはたまらなく快感です。
乗り心地は静かで段差で衝撃がなくかなりよくできた足回りです。
燃費は平均15km/L、前に乗っていた車よりもいいので次第点です。
購入金額は292万円、ここから値引きはありませんでした。

出典:http://review.kakaku.com/

ベンツのCクラスと合わせて検討したのですが、こちらにしました。レヴォーグも検討車でしたがねだんが折り合わず、こちらを購入しました。走破性能や居住性はレヴォーグに適いませんが、次第点なので満足しています。グイッと加速してくれる点は気に入っています。
内装が上品で静粛性もあります。比べたどんな車よりジェイドが一番だったのには価格以上の価値がある車だと思います。
燃費は17km/L位、コレだけ走れば満足です。
購入金額は総額で292万円、値引きは35万円でした。

出典:http://review.kakaku.com/

低く伸びやかなデザインが気に入って購入しました。インテリアも上質で、口コミを見てからディーラーへ見に行ったのですが、それほど悪くもないため購入に至りました。
グッと引っ張ってくれる加速性能は秀逸、フィットハイブリットとは比べ物になりません。
乗り心地は大変よく気に入っています。レヴォーグを検討車として見に行ったのですが、レヴォーグの方がうるさかったように思えます。
燃費は18km/L です。このくらいのサイズのステーションワゴンでこれだけ伸びれば満足です。
購入金額は総額で292万円、ここから値引きが35万円ありました。

出典:http://review.kakaku.com/

様々な雑誌、サイトで酷評を得ているジェイドですが、ユーザーからの評判は上々です。乗ってみないと判らない良さがあるので、そこは試乗してから購入検討なさってください。燃費も18km/Lと程よく伸びていて、この手のステーションワゴンの中でもトップクラスです。
値引率はどの車でもばらついてます。購入前に確認してください。

ジェイドハイブリッドに関する記事はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダミニバンのハイブリット仕様車は?

2015年 オデッセイ

ホンダのミニバンと言えばステップワゴン、フリードと人気車種が多くあります。
中でもフリードはガソリン仕様車共々売れていて、街で見かける機会が多くなっています。
そんなホンダのミニバンのハイブリット仕様車を集めてみました。

2017年に発表予定とされているステップワゴンハイブリッドに関する記事はこちら

ホンダのステーションワゴン⑧フリード ハイブリッド

2015年式フリード

ミニバンで今一番売れているフリードハイブリットの全国のメーカー小売価格は249.6万円(税込み)です。JC08モード燃費は27.2km/Lと発表されています。

フリードハイブリットの大きな特徴は家族4人で乗ってちょうどいい使い勝手、ハイブリットシステムが組み込まれたことで評判になりました。では口コミのリアルな評価はどうなのでしょう?集めてみました

もうちょっと高級感がほしいエクステリアです。デザインはいのですが、ちょっと安っぽい感じがします。
インテリアは内装をシックに黒で統一しました。今はコレがお気に入りです。
プリウスのようなモーター音をイメージしてましたが、全く違うのにビックリ、モーターがエンジンをアシストしてスイスイと加速していくので走らせて気持ちがいいそのものです。
ベビーカーの積み込みがラク、ファミリーカーの重要ポイントです。
燃費は20km/L位、重たそうな車なのにこの燃費には驚きです。
購入金額は総額で265万円、ここから20万円値引きしてくれました。

出典:http://review.kakaku.com/

インパクトは薄いけど万人受けするいいデザインです。インテリアも低床設計で乗り降りしやすく、荷物も積みやすい。
低速からグイグイ引っ張ってくれるエンジン+モーターはクセになる加速感、程よくしなやかな乗り心地は気に入っているポイントです。
燃費は17km/Lほど、街乗りでコレなら満足です。
購入金額は265万円、ここから20万円の値引きがありました。

出典:http://review.kakaku.com/

フロントのデザイン、気に入っています。飽きません。インテリアもエリシオンと遜色のない豪華さがあります。
走破性能は期待していなかったのですが加速がぐいっと伸びてくれて満足、乗り心地もよく静かなので気持ちよく運転できます。
燃費は21km/Lほど、エアコンを掛けると17km/Lまで落ちますが、それでも十分な燃費です。
購入価格は251万円、そこから10万円値引きがありました。

出典:http://review.kakaku.com/

フリードは売れているだけあって皆さん好評でした。特に燃費、これはカタログに迫る良さで、ハイブリット車の本領を発揮しています。また、インテリアの良さは販売前から定評があり、評判通りの良さです。
値引率はディーラーによって幅があります。購入前に必ず確認しておきたい重要事項です。

フリードハイブリッドに関する記事はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダのハイブリッド車⑨オデッセイ ハイブリッド

2015年式 オデッセイハイブリット

オデッセイハイブリットの全国のメーカー小売価格は378.0万円(税込み)です。JC08モード燃費は25.2km/Lと発表されています。

オデッセイハイブリットの大きな特徴はやはりクラストップレベルの室内空間。ミニバンの持つ居住性とハイブリットシステムを組み合わせた口コミのリアルな評価はどうなのでしょう?集めてみました。

大きすぎず小さすぎない低床設計のミニバン、使い勝手がよく気に入っています。ステップワゴンも検討に入っていたのですが、こちらを購入しました。
インテリアは満足しているのですが、収納が少なすぎます。もう少しあればいいなと感じます。
走行性能は踏み込んだ割に加速が鈍い、しかし馬力やトルクは十分です。
燃費はエアコンを賭けなければ20km/L伸びます、エアコンを掛けると15km/Lに落ちてしまいます。
購入価格は総額で399万円、そこから10万円値引きしてもらいました。

出典:http://review.kakaku.com/

エクステリアはバランスよくまとまっていて気に入っています。
インテリアは収納がやはり少ない。もう少し欲しいところです。
走行性能は硬くなく柔らかすぎないハンドリングとモーターのパワーを十分に感じられる加速性能が気に入っています。
燃費は平均で16km/L、遠出すると18km/Lくらいで、以前の車より良いので満足です。
購入価格は総額で400万円、値引きが1割あったためお得感はありました。

出典:http://review.kakaku.com/

オデッセイが好きで4代目のオデッセイです。エクステリアが随分変わった印象で、かなり大きい。
インテリアはカップホルダーの位置が不満、もう少し収納も欲しいです。
低重心設計のお陰でコーナリングがとてもスムーズ、乗っていて楽しい車です。
燃費は平均で16km/L、慣れればもう少し伸びそうです。
購入価格は総額で400万円、そこから値引きが75万円あり、かなりお得感がありました。

出典:http://review.kakaku.com/

低床設計のおかげか、ユーザーの皆さんは走破性能の良さに言及されていました。燃費もカタログほどではないにしても総じてよく、皆さん満足されています。
価格はやはり400万円ほど、総額でかかります。しかし値引き幅もバラバラですが1割ほど平均して引いてくれることわかりました。お住いの地域によって値引率が違いますので確認してから購入検討されるようにお願いします。

オデッセイハイブリッドに関する記事はこちら


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダのハイブリッドスポーツカーは?

ホンダ NSX

ホンダの誇るスポーツクーペは今のところNSXのみ。
S2000が復活するなど色々な噂はありますが、このジャンルに単一車種しかないのがホンダの悩みどころです。

唯一無二のNSXを見てみましょう。

ホンダのハイブリッド車⑩NSX

2016年式 NSX

NSXの全国のメーカー小売価格は2,370万円(税込み)です。JC08モード燃費は12.4km/Lと発表されています。

販売店も限られているプレミアムスポーツクーペのNSX、その最大の特徴はハイブリットモデルでありながら、ハンドメイドカーであるということです。1台1台、本田技研の職人が手作りしています。フェラーリやランボルギーニと同じように部品の一つ一つに情熱を込めて作られていますから、この価格は妥当です。

2000万円を超える高級車で、2017年2月にようやくデリバリーがはじまったため一般の口コミはありません。こちらの車に関してはようやくデリバリーが始まったので、口コミなどの情報が入り次第、お伝え致します。


中古車情報
システムメンテナンス中


ホンダは豊富なハイブリットラインナップを展開

ホンダのハイブリッド車一覧!燃費・価格やリアルな評判まで徹底紹介しました、いかがだったでしょうか?
今後もホンダからハイブリットモデルが増えていく予定です。現在主流になりつつあるハイブリットカーは燃費だけでなく走行性能もこだわって作られています。NSXのようなスポーツカーがハイブリットモデルで発売されたことに筆者は車の未来をみました。
また、今現在研究されている水素自動車にも注目です。
今後のホンダ車から目が離せませんね!

ホンダの初代ハイブリッドカー復活か

ハイブリッド車や最新のエコカーについてはこちら

ホンダの新型車や中古車についてはこちら

この記事の執筆者

haroこの執筆者の詳細プロフィール

某大手自動車部品メーカーの元エンジニアです。みなさんが楽しんでいただけるような記事を書いていきます。よろしくお願いします。...