MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 違反?乳幼児とタクシーに乗る際のチャイルドシート未着用…タクシー会社の回答は
ニュース

更新

違反?乳幼児とタクシーに乗る際のチャイルドシート未着用…タクシー会社の回答は

近年、配車アプリなどと連携したタクシー会社が増え、外出先でも手軽にタクシーを呼ぶことができるようになりました。子どもとのお出かけ時にも、簡単にタクシーを手配できるため、非常に便利です。

しかし、手配したタクシーに子どもを乗せる際、チャイルドシートがなく大変だった経験はありませんか?

子どものためにチャイルドシートを設置している車両は、なかなか見ることはありません。タクシーでは、チャイルドシートがなくても問題ないのでしょうか。

タクシーでは着用義務が免除されるが、注意は必要

©xiaosan/stock.adobe.com

6歳未満の乳幼児を車に乗せる場合、道路交通法によってチャイルドシートの着用が義務付けられていますが、タクシーやバスに乗車する場合は、チャイルドシート着用の義務は免除されています。

よく考えてみれば、バスでも乳幼児を抱っこしながら乗っている人はいるはずです。これと同じく、タクシーでも抱っこなどをしながら乗れば、法律的には何ら問題はありません。

しかし、法律的には問題がないといっても、少しでも子どもの安全は確保したいところ。だからといって、抱っこした子どもの上からシートベルトを着用するのは、1番やってはいけない方法です。

シートベルトを引っ張ってみれば分かりますが、瞬時に引っ張るとロックがかかり、体を固定するように締まります。そのため、衝撃が加わると大人の体とシートベルトの間で子どもが圧迫されてしまい、非常に危険なのです。

また、乳幼児に対して大人用シートベルトを着用させることも避けるべき行為です。

シートベルトは身長140cm以上を対象に設計されているため、身長が140cmに満たない乳幼児に着用させることはリスクを伴います。シートベルトがお腹や首に引っかかってしまい、内臓損傷や骨折の可能性まであります。

タクシーを安全に子どもと利用するためには?

タクシーを小さな子どもと一緒に利用する際、最善策の1つとして挙げられるのは、大人だけがシートベルトを着用し、その上から乳幼児を抱っこ紐などで抱える方法です。

このようにすれば、事故や急停止の際に、体とシートベルトの間で圧迫される危険性はなくなり、車外へ放り出されてしまうリスクも低減させることができます。

また、最近ではチャイルドシートを設置する「子育てタクシー」も登場してきました。一定の養成過程を修了した専門ドライバーが乗務しており、チャイルドシートの設置や子どもへの配慮をしてもらえます。

このサービスの大きな特徴は、「子どもだけの乗車も可能」という点です。通院や習い事での送迎もしてもらえるというのが、一般的なタクシーとの大きな違いでしょう。

簡易チャイルドシートの利用もおすすめ

©︎shirohige/stock.adobe.com

チャイルドシート未着用時のリスクもしっかりと認識する必要があります。

事故の際に車内へ伝わる衝撃は想像以上に大きいです。例えば、時速40kmで壁に衝突した場合、約6mの高さ(ビル3階相当)から落ちたときと同程度の衝撃が加わります。最悪の場合、抱っこした乳幼児が車外へ放り出される可能性もあるのです。

そのようなときにおすすめなのが、簡易チャイルドシートです。

簡易チャイルドシートはコンパクトなものが多く、持ち運びも楽に行うことができます。折り畳めば長財布程度の大きさのものもあるため、お出かけにもぴったり。

ただし、これはあくまでもサブとして使用するものですので、自家用車には通常のチャイルドシートを設置し、タクシーなどに乗る際に簡易型を使用するようにしましょう。

タクシーにおけるチャイルドシートについて、タクシー会社からは以下のようなお話がありました。

「タクシーでは、チャイルドシートの着用義務はないため、お子さんを抱っこしたまま乗車する人もいらっしゃいます。ですが、お子さんのことを考えれば、本来はチャイルドシートを着用すべきでしょう。

事前に一報を入れていただき、設置に時間がかからないのであれば、簡易チャイルドシートを持ち込んでいただいても構いません。

どうしても心配ということであれば、子育てタクシーをご利用ください。チャイルドシートの利用が可能ですし、お子さんへの対応も慣れております。登録制にはなっていますが、万が一のことを考えれば、こういったサービスを利用するのが1番かと思います。」

やはりタクシー乗車時でも、チャイルドシートを着用するのが最も安全な方法といえます。

タクシードライバーは運転に慣れているとはいえ、交通事故の可能性はゼロではありません。だからこそ、事前にしっかりと準備をしておくことが大切です。

抱っこ紐や簡易チャイルドシート、子育てタクシーなどを正しく活用し、乳幼児の安全確保に努めましょう。

チャイルドシートの種類や取り付け手順、後悔しない選び方などを解説します。

ジュニアシートについて解説!ジュニアシート10選もご紹介

幼稚園バスにはシートベルトがない!?どうして?

執筆者プロフィール
成田 佑真
成田 佑真
1993年生まれ。普段は医療機器販売を行っているが、暇があれば自動車関連記事を読み漁る。愛車はマークX。子どもの頃からマークⅡに憧れ、社会人になりマークXを購入。週末は必ず手洗い洗車を行い、ドライブに出か...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード