MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > アイテム > チャイルドシートの正しい選び方とは?人気おすすめ製品10選|2020年最新情報
アイテム

更新

チャイルドシートの正しい選び方とは?人気おすすめ製品10選|2020年最新情報

チャイルドシートは道路交通法により6歳未満の子供が車に乗るときに使用が義務づけられています。チャイルドシートの種類や取付け方法はいろいろあり、とくに固定方法はISOFIX対応のものが確実につけられるのでおすすめです。チャイルドシート選びのポイントとおすすめチャイルドシート10選を確認して子供の安全を守りましょう。

チャイルドシートはいつからいつまで必要?

母親とチャイルドシートに乗っている赤ちゃん
©TMM.com/stock.adobe.com

チャイルドシートは6歳未満の子供が車に乗るときに必須です。言い換えると、生まれたばかりの新生児から6歳になるまでは必ず使わなければなりません。3歳頃になるとジュニアシートに乗り換ますが、6歳を過ぎて着用が義務でなくなってからも引き続きジュニアシートの使用がおすすめです。体の小さな子供は通常のシートベルトではしっかり体を固定することができません。チャイルドシートを使わない状態で事故が起こってしまうと被害が大きくなる可能性が高くなります。

チャイルドシートの種類|シートと取付け方法

シートは回転式と固定式

チャイルドシートは乗り降りさせるときに向きを変えられる「回転式」と、前向き(後ろ向き)に固定される「固定式」があり、それぞれ特徴があります。

回転式シート

回転式シートはチャイルドシートの向きを回転できます。たとえば外から車のドアを開けて赤ちゃんを降ろすとき、正面を向いているチャイルドシートをドア側に90度回転させたほうが降ろしやすくなります。駐車場など狭い場所でもサッと乗り降りできるのでとても便利です。

商品によっては平らなベッド型、自然な姿勢で座れるイス型があります。回転式シートはベット型、イス型どちらのタイプもあり新生児から使えるものが多いので、好みで使うといいでしょう。

固定式シート

固定式シートは向きは変えられませんが、シンプルで幅を取らない点、回転式シートに比べると安価な点が魅力です。また種類によりますが、チャイルドシート着用義務期間を過ぎた7歳頃まで使えるものもあります。回転式シートのほとんどは対象年齢が4歳頃までのもので、成長に合わせて新たにジュニアシートに買い換えることを考えると、固定式シートを選んだほうが長く使えコストパフォーマンスが高い場合もあります。

取付け方法はシートベルトとISOFIX

チャイルドシートを車のシートに取り付ける方法は大きく分けて2つあります。主流となりつつあるのが装着が簡単なISOFIX取り付けタイプ、もう1つはどんな車にも装着できるシートベルト取付けタイプです。ISOFIXとシートベルトの両方の取付け可能なタイプもあります。

ISOFIX取付けタイプ

ISOFIX取付けタイプはコネクターに差し込むだけで簡単にチャイルドシートを固定できます。2012年7月以降発売の新車はISOFIX取付金具の装備が義務化されています。

チャイルドシートの取り付けに関する調査では、約50%の人が誤った付け方をしていて、その中でもシートベルトでの取付けが不十分な事例が7割という結果が出ています。ISOFIX対応のチャイルドシートであればしっかりと固定できるので安心です。

シートベルト取付けタイプ

シートベルト取付けタイプは、どんな車にも装着できるので便利です。最近の車はISOFIXに対応済みですが、少し前の年式の車に乗っていてISOFIX取付金具がないというときなどに使えます。また輸入車も使えない場合があるので事前に確認が必要です。

シートベルト取付けタイプはチャイルドシート本体についているパーツにシートベルトを通して使います。通す順番や場所が複雑で難しいのが欠点ですが、ゆるみなどがないようにしっかりと装着することで安全に使えます。

チャイルドシート選びのポイント

年齢だけでなく子供の体格に合わせて選ぶ

チャイルドシートは3歳ごろまで使う、といっても子供の体格や成長には個性があります。3歳頃からはジュニアシートに乗り換えるとよくいわれますが、成長が早い子の場合は一足早くチャイルドシートを卒業してもいいかもしれません。ジュニアシートによっては、たとえば身長100cm〜、体重15kg〜を使用目安としているものもあります。「もうチャイルドシートでは窮屈かも」と感じたら、ジュニアシートの使用を検討するのもおすすめです。

ジュニアシートと兼用タイプなら長く使える

ジュニアシートの中には1歳から使えるチャイルドシート兼用タイプもあります。1歳から3歳まではチャイルドシートと同じ5点式シートベルトで体をしっかり固定。その後も成長に合わせてシートの幅・高さなどを調節しながら10歳ごろまで使用できます。たとえば1歳までは新生児から使えるチャイルドシートをレンタルして、1歳になったらチャイルドシート・ジュニアシート兼用タイプを購入し長く使う、といったことも可能です。

シートの素材は吸水速乾のメッシュがおすすめ

赤ちゃんを車に乗せると短時間でも汗をかいていることがあります。とくに夏はちょっとした移動でも車やチャイルドシートに熱がこもってしまいます。汗をかいてしまっても吸水速乾素材なら乾きやすいのでサラッと気持ちよく過ごせます。丸洗いできるものであれば洗濯して清潔にできるのもポイントです。チャイルドシート用の夏用のカバーも売っているのでシートのベタつきなどが気になる人は活用するといいでしょう。

頭部を守るクッション性&サイドプロテクトを

まだ頭が大きくて首がグラグラしている赤ちゃん。車に乗るときはチャイルドシートで頭・体全体をクッション性のあるパーツでしっかり固定するのがおすすめです。また事故は前後だけでなく、横から衝撃が来ることもあります。近年では側面衝突の被害軽減にサイドエアバッグ、カーテンエアバッグなどが装備されている車もありますが、しっかりとサイドを守ってくれるチャイルドシートで対策ができるとさらに安心です。

おすすめチャイルドシート 人気製品10選

コンビ fugebaby コッコロS UX

ベビー用品メーカー・コンビのシンプルなチャイルドシートfugebaby コッコロS UXはAmazon限定モデルです。低重心・低座面設計で乗せ降ろしも楽々、軽量なので女性でも扱いやすい人気のチャイルドシートです。

チャイルドガード s120

シンプルですが必要な機能が備わったチャイルドガード s120。リーズナブルの価格も人気の理由で実家などで使う2台目にもおすすめです。ファイバーモールドクッションは通気性もよく気持ちよく座れます。 

コンビ ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LG

サイドプロテクションαとエッグショックで側面衝撃や振動から赤ちゃんの頭を守るコンビ ウィゴー サイドプロテクション エッグショック LG。インナーシートは赤ちゃんの体をすっぽり包みます。シートは洗濯して清潔を保てます。

コンビ ホワイトレーベル クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショック JJ-600

コンパクト設計で車内スペースを広く使えるコンビ JJ-600はISOFIX対応で簡単に装着できます。シートの回転やリクライニングもレバーひとつでできるのも魅力です。8段階のヘッドレスト、遮音・遮光効果の高いサンシェード付きです。

リーマン カイナS

リーマン チャイルドシート 0歳から7歳 カイナS (ブラック)

リーマン チャイルドシート 0歳から7歳 カイナS (ブラック)

13,453円(08/12 14:17時点)
Amazonの情報を掲載しています

チャイルドシート義務期間をカバーするリーマン カイナSは新生児から7歳まで使用できます。3Dメッシュ生地で暑い日も快適に過ごせるのが魅力です。軽量、コンパクト設計で扱いやすいのも特長です。

ジョイー バリアント

生まれたばかりの新生児から7歳まで長く使えるジョイー バリアント。チャイルドシート着用義務期間中、ずっと使えます。体の大きさに合わせて5段階のサイズ調整ができる上に、肩ベルトとヘッドレストが連動して動くので調整が簡単です。

レカロ ゼロワンエリートR129

レカロ ゼロワンエリートR129は単体でベビーキャリアとして使え、ISOFIX対応のパーツを車に取り付けるとチャイルドシートになります。専用のベビーカーへの装着も可能です。ワンタッチで着脱できるので赤ちゃんが眠っても気軽に移動させられます。 

ジョイー チルト キャノピー付

ジョイー チルト キャノピー付は大きな日よけ(キャノピー)がついているので赤ちゃんが眠ってしまったときや日差しが当たるとき便利に使えます。成長に合わせた4段階のリクライニングで快適に過ごせます。 

アップリカ フラディアグロウ360°セーフティー プレミアム

アップリカ フラディアグロウ360°セーフティーは全身マモールクッションで頭から足元まで徹底的に守れます。頑丈なサイドシールドも側面からの衝撃に効果的です。ベッド型にできるので生まれたばかりの赤ちゃんも理想的な体勢で移動できます。 

グレコ ジーフロウ

ボリュームのあるクッションで体を包むグレコ ジーフロウ。シートの両サイドには超大型通気ホール、素材もメッシュを多用しているので蒸れにくい仕様です。前向き使用のときはリクライニングも3段階調整できます。 

すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部カー用品チーム

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード