MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > ニュース > 新型車・モデルチェンジ > 【新型プジョー508試乗記】長距離ドライブが疲れない3つの理由
新型車・モデルチェンジ

更新

【新型プジョー508試乗記】長距離ドライブが疲れない3つの理由

【3月20日】プジョー新型508発表会で正式発売&デリバリー開始

プジョー 508 発表会
プジョー 新型508とプジョーCEO ジャン=フィリップ・アンパラト
プジョー 508 発表会
プジョー 新型508の発表会

2019年3月20日に、プジョー シトロエン ジャポン株式会社はフルモデルチェンジした「プジョー 新型508」の国内モデルを発表、発売しました。

新型508はプジョーのフラッグシップとして従来の4ドアセダンではなく、4ドアファストバックとして新しいエクステリアを手に入れたと同時に、洗練されたインテリアデザインとプジョー初の先進運転支援システムを搭載するなど、Dセグメントをリードする新型車して生まれ変わりました。

夏にはステーションワゴンの「508SW」、そしてPHEVモデルも追加されるとのことで国内におけるプジョーラインナップの中核モデルとしてブランドを牽引する存在となります。

プジョー 508 発表会
会場となったウエスティンホテル東京の外での1コマ

セダンスタイルからクーペ風のファストバックスタイルへ

プジョー 508 発表会
プジョー新型508
プジョー 508 発表会
プジョー 508 2014
広報画像 先代プジョー 508

新型508の最大の特徴はクーペシルエットの滑らかなラインをもつファストバックのスタイルです。低い全高・広い車幅が相まって4ドアセダンを超えた、美しくも迫力があるエクステリアデザインとなっています。

そのエレガントな佇まいを際立たせるフロントエンドは、ボディラインに溶け込むようなバンパー上部に配置されたフルLEDヘッドライト、そしてヘッドライトの端から垂直に伸びるLEDデイタイムランニングライトがシャープな印象を与えています。

リアエンドにはプジョーのシグネチャーである「三本の爪痕」をモチーフとした、フルLEDテールライトが後続車の目を奪うことでしょう。

プジョー 508 発表会
プジョー 508 発表会
セレベス・ブルーのプジョー新型508

ファストバックとは?

車のファストバックとノッチバックの違いとは?ハッチバックとの違いも

最新のデジタルコックピットとコネクティビティを採用

フルデジタルコックピットで機能的なインテリアへ

プジョー 508 発表会
プジョー 508 発表会
プジョー 508 発表会

新型508のインテリアもエクステリアに引けを取らない先進性を持った、最先端のフルデジタルコックピットとしてコンパクトなステアリングホイールと12.3インチのデジタルヘッドアップディスプレイ、コンソール中央に設置された8インチタッチスクリーンを特徴とする、次世代のコネクティビィである「Peugeot i-Cockpit」が搭載されました。

ヘッドアップディスプレイは6種類の表示モードがあり、好みによってカスタマイズが可能でステアリングホイールのすぐ上に配置することにより、ドライバーの視線移動を最小限にすることで安全性の向上に貢献しています。

プジョー 新型508 運転席
広報画像「Peugeot i-Cockpit」

プジョーミラースクリーンでスマホを接続

プジョー 新型508 運転席周り
広報画像「プジョーミラースクリーン」

Peugeot ミラースクリーンは「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応の、スマートフォン接続機能で対応アプリ(ナビゲーション・マップ・オーディオなど)を、タッチパネルで直感的に操作できるインターフェイスです。

新型508の日本仕様にはタッチスクリーン専用ナビゲーションとETC2.0 を標準装備しました。

フルデジタルコクピットについて

フルデジタルコックピットは今後の主流に?機能やメリット・デメリットから採用車種まで徹底解説

ナイトビジョンや先進運転支援機能を搭載

プジョー 新型508 ナイトビジョン
ナイトビジョン
プジョー 新型508 第2世代アクティブセーフティブレーキ
第2世代アクティブセーフティブレーキ

新型508はプジョーのフラッグシップ。これからのモビリティには必須となる多くの先進運転支援機能(ADAS)を搭載しており、世界各国の安全基準もクリアして います。

先進運転支援機能の一つとして新型508に搭載された「ナイトビジョン」はいわば暗視スコープのようなもので、最大で前方約200mを赤外線カメラで歩行者/動物などの映像をインストルメントパネルに投影し、その距離に応じてドライバーに注意を促します。

また、グループPSA(プジョーやシトロエンなど複数ブランドで構成される多国籍企業)初の搭載となる「第2世代アクティブセーフティブレーキ」は、カメラクオリティを向上にて夜間の検知精度の性能をアップし、接近警報も搭載しました。

新型508の先進運転支援機能は他にも多くの機能を搭載しており、快適なモビリティ機能も充実しています。

先進運転支援システム(ADAS)・ナイトビジョン
・第2世代アクティブセーフティブレーキ
・アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)
・レーンポジショニングアシスト(プジョー初)
・レーンキープアシスト
・アクティブブラインドスポットモニターシステム
・インテリジェントハイビーム
・トラフィックサインインフォメーション
・フロント、バックソナー/ワイドバックアイカメラ
・アクティブボンネット
快適なモビリティ機能・フルパークアシスト&360℃ビジョン(プジョー初)
・フルLEDヘッドライト
・アブプティブリアライト
・ハンズフリー電動リアゲート(GT Line/GT)
・FOCAL プレミアムHiFiシステム 10スピーカー(GT Line/GT)
・前席8ウェイ電動シート&ヒーター/マルチポイントランバーサポート
 (GT Line/GT)
・Peugeot ミラースクリーン
・ワイヤレススマートフォンチャージャー

パワートレインは1.6Lターボと2.0Lディーゼルターボ

プジョー 508 発表会
ガソリンモデルのエンジンルーム
プジョー 508 発表会
ディーゼルモデルのエンジンルーム
 508 Allure508GT Line508GT
エンジン種類直列4気筒ターボ直列4気筒ターボ直列4気筒
ディーゼルターボ
排気量1.6L1.6L2.0L
最高出力133[180]/5,500133[180]/5,500130[177]/3,750
最大トルク250/1,650250/1,650400/2000
トランスミッション8速AT(EAT8)8速AT(EAT8)8速AT(EAT8)
駆動方式FFFFFF
使用燃料ハイオクハイオク軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

日本仕様の新型508にて採用されたパワートレーンは、ダウンサイジングされた1.6L 直列4気筒ターボエンジン(PureTech)と、CO2排出量クラス最小レベルの2.0L 直列4気筒ディーゼルターボ(Blue HDi)の2種類です。

プラットフォームにはグループPSAのEMP2をベースに、新しい溶接技術と接着剤を導入することでより高い剛性と耐久性を実現しました。

プジョー 新型508 エンジン
プジョー 新型508「エンジン/足まわり」
プジョー 新型508 プラットフォーム
プジョー 新型508「プラットフォーム

プジョー新型508の新車価格とグレード構成、納期

プジョー 新型508 ボディーカラー
プジョー新型508のボディーカラー
プジョー 新型508 新車車両価格
508 Allure417万円
508 GT Line459万円
508 GT492万円
[単位]円(消費税込み)

新型508の日本仕様には3グレードが用意され、新車車両価格は全モデルが400万円台に収まっており、ボディカラーはフラッグシップのイメージに合わせたシックな7色が用意されました。

ステーションワゴンの新型508SWも2019年夏に発売予定!

プジョー新型508SW
海外仕様のプジョー508SW

新型508の登場によって期待されていたモデルが日本でも人気が高い「ステーションワゴン」である新型508SWです。

新型508SWは2018年6月に国外で発表されており、今回の新型508にて発表された機能・仕様が搭載されることで、より便利なステーションワゴンとなるでしょう。
新型508SWは2019年夏の国内発表・発売となる予定で、詳細な日程についてはまだ未定です。

プジョーのフラッグシップモデルとなる最新機能を搭載した新型508 / 508SWの登場は、Dセグメント市場に刺激を与えることでしょう。

プジョー508SWは2019年夏発売決定!最新i-コクピット採用で価格と日本発売日は?

プジョー508公式サイト

プジョー 508 発表会
本国のプジョーCEO ジャン=フィリップ・アンパラト氏とMOBY編集長 宇野
この記事の執筆者
MOBY編集部 宇野 智