MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 役立つ情報 > 車のフロントグリルってどの部分?各メーカーのデザイン&名称も紹介
役立つ情報

更新

車のフロントグリルってどの部分?各メーカーのデザイン&名称も紹介

車のフロントグリルってどこ?

スバル インプレッサ
スバル インプレッサ
メーカーロゴが配されている黒い部分がグリル

車のエクステリア(外装)を表す言葉としてよく見かける「フロントグリル」。どの部分のことだか知っていますか?

フロントグリルは車の全面にある網や格子状の部分を指します。グリル、ラジエーターグリルとも呼ばれており、正面から見た時に一番目立つ部分です。

フロントグリルは車のスタイリングを印象づける重要な顔とも言える箇所です。

フロントグリルの機能とは?

フロントグリルの機能として挙げられるのは、エンジンやラジエーターに空気を取り込んで冷却し、ボンネット内の熱気を逃がしたりする役割です。また、エアコンの空気を取り入れる口として使用されている場合もあります。

さらに、フロントグリルは各メーカーが自社の車を特徴づけたり、目立たせたりする役割も果たしています。

メーカーの顔=ファミリーフェイス

BMW 歴代3シリーズ

外車メーカーはこぞって特徴的なフロントグリルを採用し、グリルの形状で車を特徴づけています。

このように、別の車種でも同じメーカーだということがわかる見た目のことを「ファミリーフェイス」といいます。

近年では国内メーカーがグローバル戦略に注力していることから、国産車にも積極的に導入されています。

【エンブレムも面白い】日本車&外車のマーク・ロゴを完全網羅!一覧で紹介!

国産車編

本記事で扱っている国産メーカーは以下表のとおりです。インフィニティは海外市場のみの販売ですが、日産系列ということもあり、国産車編に含んでいます。

メーカー名グリル名称
トヨタキーンルック
レクサススピンドルグリル
日産Vモーショングリル/
ウインググリル
インフィニティダブルアーチグリル
マツダ5ポイントグリル
三菱ダイナミックシールド
スバルヘキサゴングリル

【トヨタ】キーンルック

トヨタ ヤリスクロス 2020年式
トヨタ ヤリスクロス 2020年式

キーンルックとはもともと、トヨタが欧州市場向けに販売している車種に採用されていたデザインです。近年は、国産車にも少しずつ導入され始めています。

「キーン」とは尖っているという意味で、特徴としてはツリ目にみえるヘッドライトと、中心から下に向かって広がるようなデザインをしています。2013年に発売した2代目オーリスと初代SAI(後期)から徐々に導入されはじめました。

とはいえ、他の自動車メーカーと比べるとまだまだバラバラで、統一感に欠けているのが現状です。

【意外な理由】トヨタのキーンルックとは?採用した経緯や本当の理由とは?

【レクサス】スピンドルグリル

レクサス LS 2020年式
レクサス LS 2020年式

2012年に発売されたレクサス GSから採用された「スピンドルグリル」。スピンドルとは紡績機の糸を巻き取る紡錘のことで、その名の通り、台形を上下逆さまにくっつけたような形状をしています。

2012年以降に発売された車種のフロントグリルはすべてこのデザインに統一されています。

レクサスは高級車ブランドとしてトヨタ車との区別化を図るだけでなく、欧州車の多くが採用している特徴的なデザインアイコン「フロントグリル」を採用しました。このスピンドルグリルを見ただけで、すぐにレクサスと判別できます。

昔はスピンドルグリルではなかった

レクサス LS 1990年式
レクサス LS 1990年式

先程も述べたように、スピンドルグリルが採用されたのは2012年から。それ以前のレクサス車に関しては画像のようなグリルとなっています。

【自動車の歴史】レクサスの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

【日産】Vモーショングリル/ウインググリル

Vモーショングリル

日産 ジューク 2019年式
日産 ジューク 2019年式

日産のグリルはVモーショングリルといって、グリルを下から囲うようにV字型のメッキが配されています。導入されはじめた2010頃の車種では、V字型のメッキはかなり控えめでした。

新しい車種になるほど、V字型メッキは大きく・太くなっていきます。2017年の時点で一定の大きさに達したことで、「Vモーション2.0」が発表されました。

日産新型Vモーション2.0コンセプトを公開!特徴的なVmotionグリルデザインとは

日産 アリア 2020年式
日産 アリア 2020年式

そのままどんどん大きく、太く大型化していくと思われたVモーショングリルでしたが、2020年に発売したアリアやノートはメッキ部分が減少して洗練された外観に。今後はこういったデザインにシフトしていくのかもしれません。

ウインググリル

日産 マイクラ 2002年式
日産 マイクラ 2002年式

Vモーショングリルが導入されるより前、日本市場の日産車にはファミリーフェイスといえるものは存在しませんでした。

しかし、欧州市場で販売されていた車種には「ウインググリル」という、上記画像のようなグリルを採用していました。グリルが2つに分かれている見た目が翼にみえることからそう名付けられています。

とはいえ、現行の日産車にはウインググリルは用いられておらず、GT-RやフェアレディZなど一部車両を除き、ほとんどがVモーショングリルを採用しています。

【インフィニティ】ダブルアーチグリル

日産の北米ブランド「インフィニティ」では、サイドのラインが内側に湾曲しているダブルアーチグリルを採用しています。

ほとんどの国産車には採用されていませんが、シーマやフーガ、シルフィといった車種には今でもこのグリル形状が用いられています。

【自動車の歴史】日産インフィニティの歴史やルーツから全車種の特徴まで!

【マツダ】5ポイントグリル

マツダ CX-30 2019年式
マツダ CX-30 2019年式

マツダこだわりの5角形グリル。スカイアクティブ技術を搭載しデザインを新たにした今も、5ポイントグリルは健在です。他のメーカーと比べて存在感は薄いものの、現在もロードスターなど一部車両を除くマツダ車に採用されています。

マツダ ロードスターの歴史を振り返る|全4世代試乗レポと比較画像

近年のマツダ車は「魂動デザイン」も

マツダ CX-30 2019年式

マツダはフロントだけでなく、ボディ全体に鼓動デザインという独自の形状を採用しており、どこから見てもマツダ車だとわかるようになっています。

鼓動デザインの見どころはボディサイドに映るS字型の光沢。マツダのデザイナー達はこのラインを描くためにかなりの試行錯誤を繰り返したと言います。

【自動車の歴史】マツダの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

【三菱】ダイナミックシールド

三菱 eKクロス 2020年式
三菱 eKクロス 2020年式

近年の三菱車に続々と採用されているデザインです。グリルのサイドと下方からシールドを包んでいる姿がイメージされています。

三菱 デリカD:5
三菱 デリカD:5
かなり威圧感のある風貌をしている

大まかなコンセプトは同じですが、車種によって少しずつ形状が異なります。

例えばSUVの「エクリプスクロス」とミニバンの「デリカD:5」では全く印象が違うものとなっていますが、ダイナミックシールドを採用している、ということははっきりとわかるようになっています。

三菱自動車の歴史|昭和の名車20選

【スバル】ヘキサゴングリル

スバル レヴォーグ 2020年式
スバル レヴォーグ 2020年式

スバルのフロントグリルはヘキサゴン(六角形)を採用しています。その理由として、スバルいわく「六角形は自然界で最も安定した形である」とのこと。

また、メーカー名のスバルに6連星の意味があることも由来しているといいます。

【スバルの歴史と名車】革新と熟成を繰り返し、着実に前へ!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード