MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > クルーズコントロールとはどんな機能?使い方とおすすめ搭載車
役立つ情報

更新

クルーズコントロールとはどんな機能?使い方とおすすめ搭載車

クルーズコントロールとはどんな機能?

© Aleksei/stock.adobe.com

「クルーズコントロール」とは、車を運転する中で、アクセルペダルを踏み続けることなく、予め設定した速度を維持し走行する機能です。運転手の負担軽減やアシスト機能を前提として、近年の自動車に多く取り入れられています。

従来の車に搭載されていたクルーズコントロールはあくまで、設定した速度を一定に保つ機能として、高速走行時や一定の車間距離がある場合のみと限定されていました。

しかし、近年発売されたスバルの「アイサイト」やトヨタの「レーダークルーズコントロール」、日産の「インテリジェント・クルーズコントロール」などの追従型クルーズコントロールが登場しました。

ミリ波レーダーやカメラセンサーを搭載

クルーズコントロールには、対象物との距離や角度・速度などを非常に高い周波数の電波で測定する「ミリ波レーダー」と呼ばれるセンサーが車両前方に搭載され、前方の車両との距離や位置に応じて検出します。

ミリ波レーダーの特徴としては、周波数の電波を使うことで、濃霧などの天候や逆光などの悪条件でも影響を受けにくいところがあります。

他にも、「光化学式カメラセンサー」を用いて、カメラから得た道路状況などをデジタル化することで、前方の車両や障害物を認識する方法があります。タイプはカメラを2つ並べた「ステレオカメラ」と一つのみを搭載した「単眼カメラ」の2種類です。

上記で紹介したクルーズコントロールに使われる技術は「追従型クルーズコントロール」に採用されており、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用したより精度の高い「車間制御装置」として現在主流となりつつあります。

追従型クルーズコントロール(ACC)とはどんな機能?

@Blue Planet Studio/stock.adobe.com

追従型クルーズコントロール(ACC)とは、運転する車両が一定の速度で走行することに加えて、前方の車を追従しながら速度を調整できる仕組みです。

また、ACCとは「アダプティブクルーズコントロール」の略で、車に搭載された専用のセンサーとCPU(コンピューター)を併用したシステムがアクセルとブレーキの操作を両立し自動的に行うことによって、運転を支援する仕組みの一つとなります。

この機能は、上記でもご紹介した「ミリ波レーダー」や「カメラセンサー」を併用し、先行車を検知して車間距離を調整できます。

追従型クルーズコントロールは運転手の負担軽減やアシストを目的として開発され多くのメーカーで採用・実装される機能の一つになります。

クルーズコントロールの使い方

©zilvergolf /stock.adobe.com

通常型クルーズコントロールの使い方

通常型クルーズコントロールの操作スイッチはステアリング表面かコラム横にレバーとして設置されています。今回はコラム横のレバーの場合を想定して使い方を紹介します。

  1. レバー横にあるクルーズコントロールのメインスイッチをONにします。
  2. ディスプレイ画面(メーター部分)にクルーズコントロールのアイコンが点灯したことを確認します。
  3. 速度を50km/hに設定したい場合には、目標速度に到達した時点でレバーをSET方向に下げ設定を完了させます。※クルーズコントロールには設定可能速度があります(例:約40~100キロ以内)
  4. 設定が完了したらアクセルペダルを緩め、一定の速度で走行できているかを確認して終了です。

速度の加速・減速はレバーをRESの記載がある上方向に上げれば加速、SETの下方向に下げれば減速することができます。

クルーズコントロールの機能を解除する場合には、ブレーキを踏む、メインスイッチをOFFにする、キャンセルスイッチを手前に引くことで、解除することができます。

追従型クルーズコントロールの使い方

追従型の場合はメーカーによって若干の違いはありますが、基本的な操作方法は一緒です。例として日産のインテリジェントクルーズコントロールの使用方法をご紹介致します。

追従型クルーズコントロールの操作スイッチは主にステアリング表面に設置されています。

スイッチにはクルーズコントロールを起動するメインスイッチと、その機能を停止させるキャンセルボタン、車速を設定するボタン、前方の車両との間隔を保つボタン等があります。

  1. クルーズコントロールのメインスイッチをONにして機能を起動させます。
  2. 100km/hに速度を設定したい場合には、その速度まで加速又は減速をしてセットボタンを押すことでクルーズコントロールが100km/hでセットされます。
  3. 設定状態ではアクセルを踏み加速しても減速して設定した速度に調整され、前方の車両が減速・加速をしたとしても同様に減速・加速し、一定の車間と設定値の速度を保ち走り続けることが可能となります。
  4. 速度を加速したい場合にはセットボタンの上に設置されるリセットボタンを押すことで設定速度を早くすることができます。
  5. 逆に減速したい場合にはセットボタンを押すことで調整することが可能です。

クルーズコントロールの機能をキャンセルしたい場合には、ブレーキを踏むかスイッチのキャンセルボタンを押してください。

クルーズコントロールを使うと便利なシーン

©beeboys/stock.adobe.com

クルーズコントロールは運転手の負担軽減や様々な場面でアシストしてくれる非常に優れた機能の一つです。

この機能を有効的に使うことができる場面として便利なシーンをご紹介致します。

高速道路を多く利用される方

クルーズコントロールの機能が大きく発揮される場面として高速道路が挙げられます。

理由として、信号や停止線などのストップ&ゴーが少なく、交通状況などによりますが一定の速度を保ち走り続けることが可能な場所だからです。

通勤や出張、旅行などで頻繁に高速道路を利用される方にとっては、一定の速度を保ち、アクセルコントロールを行う必要性がないクルーズコントロールの機能はストレスや運転の負担軽減につながる便利なシーンなのではないでしょうか?

高速道路の渋滞走行

都心の渋滞や長期休暇時の帰省ラッシュなどは渋滞が予想されますが、常に前方の車両との間隔やアクセルコントロールをすることは精神的・身体的にも大きな負担がかかります。

従来のクルーズコントロールではなく、追従型であれば、前方の車両との間隔を調整し減速・加速を行ってくれるので、運転手の負担は大幅に軽減されます。

しかし、クルーズコントロールの機能には設定速度30km/hを下回ると制御が解除されてしまう車種がありますので、頻繁に渋滞に遭遇される方でクルーズコントロール機能を搭載した車を検討されている方は「全車速追従機能付き」の車種を購入することをおすすめ致します。

ついスピードを出しすぎてしまう方

高速道路や長い直線が続く道では、ついついスピードを出してしまいがちです。

そんなスピードが出やすい場面でもクルーズコントロールの機能を使うことで、一定の速度を保ち速度超過をしてしまう心配も少なくなります。

とくに、下り坂などの自然とスピードが出てしまう場面でも設定速度を超えないようにコンピューターが減速してくれるところは、事故のリスクや速度超過などで違反をしてしまう可能性を低くしてくれます。

クルーズコントロールが作動しない、制御できない場面

©One/stock.adobe.com

余談ではありますが、クルーズコントロールが作動しない・制御できない場合の状況を日産のインテリジェントクルーズコントロールを例にご紹介致します。

  • 車速が約30km/hを下回っていて、先行車両を検出していないとき
  • セレクトレバーがDまたはB以外のとき
  • パーキングブレーキがかかっているとき
  • ブレーキペダルを踏んでいるとき
  • 雨、雪、霧、またはカメラ前方のフロントガラスの凍結、汚れなどで、カメラの視界が確保できなくなったとき
  • ワイパーを高速で作動させたとき
  • 前方から強い光(太陽光など)を受けているとき

上記の項目が制御することができない例として挙げられ、クルーズコントロールの機能が使えない、途中で停止してしまう場合には、これらの原因が考えられます。

クルーズコントロールを使うと燃費がよくなる?

©崇正 魚谷/stock.adobe.com

燃費がよくなる方法の一つとしてアクセル操作を一定に保つ手段が挙げられます。

クルーズコントロールは、カメラとレーダーを併用させた技術を使うことで無駄のない加速・減速をすることで燃費がよくなる傾向にあります。

JAF公式ホームページでは 、高速道路でACCを使用した場合と、ACCを使用しない場合で燃費数値を比較測定した結果、ACCを使用すると最大で12%も燃費数値が向上したというデーターがあります。

理由としては、一定速度を保つという点で、運転手本人が意図的に100km/hを保とうとするのは非常に難しく、細かいアクセルコントロールやブレーキ操作をする必要性があります。

ACCの場合では、人間ではないコンピューターが操作することで少ない操作回数で高速巡航を実現することができるからです。

各メーカーのクルーズコントロールの名称と搭載例

メーカー別クルーズコントロールの名称

トヨタレーダークルーズコントロール
日産インテリジェントクルーズコントロール
スバルアイサイト
ホンダアダプティブクルーズコントロール
三菱イーアシスト
スズキアクティブクルーズコントロール
メルセデス・ベンツディスタンスパイロット・ディストロニック
フォルクスワーゲンアダプティブクルーズコントロール
BMWアクティブクルーズコントロール
ボルボアダプティブクルーズコントロール

メーカー別クルーズコントロール搭載例

日産 スカイライン

日産 スカイライン

2019年4月に新型車として登場した「スカイライン」には、先進運転支援技術「自動運転プロパイロット2.0」を搭載しています。

一つ前の年式ではACC「インテリジェントクルーズコントロール」を搭載しているので、現行車・一世代前の車のどちらをとっても、スカイラインらしい高級感溢れる乗り心地に加えて、クルーズコントロールを堪能することができます。

日産 エクストレイル

T31エクストレイルでは、従来のクルーズコントロールが搭載されており、一定の速度(40~100km/h)で走行することが可能となっています。

現行車に位置付けされるT32エクストレイルでは、先進技術「自動運転プロパイロット」がグレード別でラインアップされています。

日産 ルークス

2020年に発売された新型デイズとルークスにもグレード別設定となりますが、インテリジェントクルーズコントロールに併用して自動運転プロパイロットが装備されています。

トヨタ アクア

コンパクトハッチバック車のアクアはグレード別設定で「レーダークルーズコントロール」を装備しています。

ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した全車速追従機能付きとなっており、停止から再発進まで行うことが可能です。

トヨタ ルーミー

グレード別設定の「アダプティブクルーズコントロール」を標準装備しています。全車速追従機能付きACCとなります。

スズキ ワゴンR

グレード別設定となりますが、「クルーズコントロール」搭載車になります。設定速度(45~100km/h)の一定速度で走行することが可能となっています。

スズキ スイフト

2017年に現行車として4代目スイフトが発売されました。スイフトにはグレード別で通常の「アダプティブクルーズコントロール」と「全車速追従機能付き」が分けられています。

クルーズコントロール搭載のおすすめ国産車種

トヨタ ヤリスクロス

2020年に発売された、コンパクトクロスオーバー車の「ヤリスクロス」は、ドライブ性能に加えて高い走破性を持つSUVになります。

特徴としては、優れた低燃費性能と合わせて豊富な安全支援システムを搭載しているところで、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した「レーダークルーズコントロール」を搭載。

全車速追従機能付きになりますので、高速道路を利用した長距離運転や予期せぬ渋滞でも、運転手の負担軽減に大いに貢献してくれる一台です。

価格ガソリンX1.5・CVT・2WD:1,896,000円
クルーズコントロールレーダークルーズ(全車速追従機能付き)
最新「ヤリスクロス」中古車情報
本日の在庫数 452台
平均価格 252万円
本体価格 175~363万円

ホンダ フィット

2021年にマイナーチェンジを経て発売された4代目「フィット」は、初代となる1代目が2001年に登場してから約20年弱もの歴史があるコンパクトカーになります。

特徴の一つに、安全支援システム「ホンダ・センシング」を全タイプに標準装備しており、ACC(アダプティブクルーズコントロール)も搭載されています。

価格e:HEV BASIC:1,997,600円
クルーズコントロールアダプティブクルーズコントロール(渋滞追従機能付き)
最新「フィット」中古車情報
本日の在庫数 4608台
平均価格 85万円
本体価格 1~259万円

スバル レヴォーグ

2020年にフルモデルチェンジを経て登場した2代目レヴォーグは、安全性能評価が高いアイサイトXを搭載しています。

アイサイトXは新世代アイサイトに 、GPSや準天頂衛星みちびきによる位置情報、3D高精度地図データを活用した高度運転支援システムを搭載しています。

これは高速道路での運転をアシストする機能が追加されたもので、従来の運転支援とは異なり、様々な運転支援が盛り込まれた「高度運転支援システム」となっています。

価格GT:3,102,000円
クルーズコントロールアイサイトX
最新「レヴォーグ」中古車情報
本日の在庫数 1802台
平均価格 190万円
本体価格 61~500万円

クルーズコントロールは後付けできる?

©Dmitriy/stock.adobe.com

カメラやレーダーを使ったクルーズコントロール機能は、搭載されていない車両に後付けすることはできます。しかし、適合車種が決められているものもありますので、後付けができるかどうかは車によります。

メーカーオプションやディーラーで後付けを推奨しているものではありませんが、一つの例として、自動車機器メーカー「PIVOT」から販売される「3-drive・AC」の、後付けで搭載できるオートクルーズ機能付きスロコンがあります。

この3-drive・ACは現在主流となる追従型のクルーズコントロールではなく、従来の設定した数値で走行ができるものとなります。

このスロコンとは「電子制御式スロットル」というアクセル開度を検知する部分のレスポンスを自在にコントロールすることによって、スポーツ走行や好燃費な走りをすることができるようになる機能のことを指します。

この3-drive・3は約2万円弱で販売されていますので、ご自身が所有する車が対象車種であれば是非DIYでチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

電源の確保や配線処理が必要となる設置作業に自信が無い場合には、プロの方に取り付けをお願いすることも有効な手段の一つです。取り付け費用は部品代別で1万~2万円前後と考えておきましょう。

クルーズコントロールの使用上の注意点

©Antonioguillem/stock.adobe.com

クルーズコントロールは、あくあまで運転手の負担軽減やアシストを旨に考えられた機能の一つです。

運転手本人がその機能を過信しすぎて頼り切りとなってしまうと思わぬ事故やトラブルに巻き込まれる可能性があります。

メーカーが公式ホームページでクルーズコントロールを使う際の注意事項に記載があるように、悪天候や路面の凍結、道路の舗装が整備されておらず、白線が十分に認識できない場面では、クルーズコントロールが意図せず解除されてしまう、誤検知するなどの正常な制御ができない状況となってしまう可能性があります。

クルーズコントロールを使うことによって運転手の負担が軽減されることに対しての恩恵は大きいですが、あくまでアシスト機能の一つとして過信せず、十分に注意して運転することが必要です。

【ちなみに】クルーズコントロールの日本車初採用は?

トヨタ クラウンエイトの「電動式オートドライブ」

現在主流となりつつある運転支援システムの一つ「クルーズコントロール」の歴史が古いことは皆さんご存知ですか?

そのルーツは1964年に登場した「トヨタ クラウンエイト」が「電動式オートドライブ」という名称で初採用したのが始まりになります。

作動原理は今現在主流となるクルーズコントロールと似た方式をとっており、コントロールスイッチをセットすることで道路の起伏に関係なく50~120km/hの一定の速度で走行することができます。

自動運転についてはこちらで解説しています

各メーカーの運転支援システムについてはコチラ!

手放しOKの日産プロパイロット2.0、その実力は?

「ホンダセンシングエリート」の次段階はついに自動運転レベル4?

執筆者プロフィール
F2L
F2L
平成6年生まれ。愛車はDR64W クリッパー。キャンプや登山等のアウトドアや車を使った車中泊の相棒です。ライター歴は3年。二級自動車整備士として5年間日産のディーラーでメカニックをやっていました。整備士...
すべての画像を見る (14枚)

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード