MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 車検・メンテナンス > エンジンブローとは?前兆はある?症状や原因・修理費用、予防方法を解説
車検・メンテナンス

更新

エンジンブローとは?前兆はある?症状や原因・修理費用、予防方法を解説

エンジンブローとは?

エンジントラブル
©metamorworks/stock.adobe.com

エンジンブローとは、エンジンに何らかの重大なトラブルがあり、壊れている状態を指します。発生してしまうと、走行不能になり、最悪な場合では、再起不能になってしまいます。

エンジンブローは、車トラブルの中でも、特に重大な事故や損傷を及ぼすトラブルです。

上記画像は、ピストンにより押し潰されてしまったプラグです。

エンジンを極限状態に持って行くレースでよく見られるトラブルですが、レースに限ったトラブルではなく、一般車でも見られるトラブルです。

重大なトラブルを避けるために、エンジンブローについて知っておきましょう!

エンジンブローの前兆

車 メンテナンス
©beeboys/stock.adobe.com

エンジンブローは、様々な原因によって発生します。したがって、前兆としても、様々な現象があります。エンジンを掛けた時や走行途中に、何か違和感がある時はエンジンブローを疑ってください。

前兆として挙げられる現象は、

  • エンジンから何か異音がする
  • 加速が急に鈍くなる
  • ブローバイホースから白煙が出る

エンジンブローの前兆は、ブローバイホースから白煙が出て、徐々に白煙の量が増えていく形が一般的です。その後、マフラーから白煙や多量のオイルが漏れ出す場合もあります。オイルが漏れてしまうと、いつエンジンが焼き付いても不思議ではないので、出先の場合、オイルを頻繁に補給して走行するか、レッカーを要請しましょう。

しかし、中には何の前兆もなくブローするケースもあります。予防するには、日頃からのオイル等の管理が重要になっていきます。

エンジンブローの瞬間や音ってどういうもの?

こちらの動画の終盤で、車が「きゅうううんん」という音と共に急減速しています。これがエンジンブローの瞬間です。

エンジンブローの症状

壊れた車のエンジンを見る女性
©Andrey Popov/stock.adobe.com

エンジンブローの症状は、いくつか挙げられます。

  • 排気ガスが白い
  • 異臭がする
  • エンジンから異音がする
  • オイルが入っているのに、オイル圧が上がらない

等があります。

上記の症状に当てはまる場合は、エンジンブローしている恐れがあります。すぐ修理に出しましょう。

修理に出してみてもらうと、「コネクティングロッドが折れてシリンダーブロックに大きな穴が開いていた」、「コネクティングロッドが折損し、クランクケースに突き出していた」等の状態になっている恐れがあります。

エンジンブローの原因

エンジンオイル
©New Africa/stock.adobe.com

エンジンブローの原因として先ず最初に考えられることは、「エンジンオイルの不足」です。

エンジンオイルとは、エンジンの潤滑油のことです。ピストンで摩擦を軽減して熱の発生を防ぎ、金属パーツ同士の接触による衝撃を和らげる役割を担っています。

このエンジンオイルが不足していると、ピストンによってプラグが押し潰されてしまうなどのトラブルにつながります。エンジンオイルの定期的なメンテナンスを欠かさず行いましょう。

また、ガソリンの劣化が原因になる場合もあります。何年もエンジンを掛けていない車を走行する際は、十分注意してください。

もうひとつは、MT(マニュアル)車のシフトミスによるオーバーレブが考えられます。AT車とは異なり、MT車はクラッチを含めすべての操作をドライバーが行ないます。つまり速さや楽しさといった魅力がある反面、失敗によるリスクも避けては通れません。

シフトアップ時ならレブリミッターが作動するため致命傷は避けられますが、シフトダウンはリミッターが効かないので一発でエンジンブローする可能性が高いです。

エンジンブローの修理費用と方法

車とお金
©kai/stock.adobe.com

4ストロークエンジンがエンジンブローすると、クランクシャフトとシリンダーブロック間のメタル(親メタル)やコンロッドメタル(子メタル)が焼き付いたりします。

こうなるとエンジンのいち部品を交換・修理するのではなく、エンジン全体を修理・部品交換・エンジンそのものを交換することになります。破損の程度に関わらず、エンジンを車から下ろす・乗せるといった工程が発生しますので、工賃も高くなります。

エンジンブローの修理は、車両保険外のため、高額になる場合が大半です。工賃とエンジン本体代金を合わせて総額50万〜100万円程が相場です。損傷の程度によってはもっと高額になる場合もあります。

修理費用が高額なことを理由に、廃車にしたり、売却をして手放してしまう方が多いようです。

エンジンブローの予防方法

チェックリスト
©beeboys/stock.adobe.com

エンジンブローの予防方法は、エンジンの定期点検をし、水温・油温・オイル量の管理をしっかり行うことです。

純正メーターは大半が警告を出さないので、前兆を見逃してしまいがちになります。そのため、追加メーターを着けることをおすすめいたします。

水温

適正温度の目安は70~95度です。100度を超えていると、オーバーヒート気味。通常、100km/h程度で走行すると、90℃~100℃付近を示します。

油温

適正油温は水温より約 10℃ほど高い温度であることが理想とされています。例えば、水温 80℃の時、油温は90℃ を理想とします。

常時 130℃ 以上を示す場合はオイルクーラーの装着が必要です。

油温が異常上昇をしてしまうと、オイルの粘度低下・高温スラッジの発生・酸化劣化の影響を及ぼしてしまいます。

オイル量

エンジンオイルの適正量はオイルゲージのHとLの真ん中が理想とされています。

オイルの量が少ないと、燃費の悪化、オーバーヒートやエンジンノイズの発生の原因となります。

手遅れにならないように前兆を察知しましょう!

エンジンルーム
©Imaging L/stock.adobe.com

エンジンブローは重大なトラブルです。車のメンテナンスを定期的に行い、重大なトラブルを避けましょう。

万が一、走行中にエンジンブローになってしまった時は、落ち着いて、助けを呼んでください。

安全で楽しいカーライフを送ってください!

車のエンジンオイル漏れの原因と対処法|オイルの減りが早いと危険?

エンジンルームの洗浄頻度は3ヶ月に1度が望ましい?

オートマ車(AT車)もエンストすることはあるの?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事