MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 車検・メンテナンス > エンジンブローに前兆はある?症状や原因・修理費用、予防方法を解説
壊れた車のエンジンを見る女性
車検・メンテナンス

更新

エンジンブローに前兆はある?症状や原因・修理費用、予防方法を解説

エンジンブローとはどんな意味?

壊れた車のエンジンを見る女性
©Andrey Popov/stock.adobe.com

エンジンブローとは、エンジンの深刻な故障を指す言葉です。

原因はさまざまですが、街乗り車の場合、オイル管理の悪さが原因である可能性が高いです。エンジンブローすると、エンジンルームから白煙がでたり異臭がするなど、通常とは違う状態になるのですぐに気づくでしょう。

エンジンブローは通常、サーキット走行をしている車に発生する可能性が高いものです。

最近の車は簡単には壊れないほど精度が高く、街乗りとして使っているならエンジンが壊れることは滅多にありません。しかし、メンテナンスをしっかりと行っていないのであれば、街乗り車でもエンジンブローする可能性はあります。

エンジンブローはつまり「簡単に直らないほどエンジンが壊れている」ということですので、整備工場への説明の際に「エンジンブローした」とだけ伝えても、すぐには具体的な修理や対処法はわかりません。場合によっては修理できず、交換となる可能性もあります。

エンジンブローの原因

©New Africa/stock.adobe.com

エンジンの焼きつき

エンジンの焼き付きは、エンジンブローに直結します。少しでも焼け付きが発生すると、エンジンが止まってしまうのは時間の問題でしょう。

原因としては、オイル不足が考えられます。エンジンオイルが不足していることで、ピストンやカムシャフトなど、エンジンオイルで潤滑していた装置がスムーズに動かなくなるためです。

タイミングベルト切れ

タイミングベルト切れもエンジンブローに直結します。タイミングベルトとは、クランクシャフトとカムシャフトにかかっているゴム製のベルトです。

タイミングベルトがあることで、ピストンとバルブのタイミングを調節しています。そのため、ベルトが切れてしまうと、タイミングがずれエンジンブローにつながるのです。

エンジンの燃焼室は、車の年式が新しくなるほどコンパクトになっています。そのため、ピストンとバルブのタイミングが少しでもずれてしまうと、バルブとピストンが干渉してしまいます。

バルブがピストンに突き刺さったり、ピストンがシリンダーブロックから突きでてしまうなど、修理できないほどの故障につながることもあるのです。

エンジンのオーバーヒート

オーバーヒートもエンジンブローにつながる重大な故障です。

オーバーヒートとは、エンジンを冷ます冷却水の不足や、循環装置の故障で発生します。冷却水がエンジン内を循環できないことで、エンジンの熱を冷ますことができず、エンジンが高温になります。

最終的に、熱に負けたアルミなどが歪み、回転を維持できなくなってしまうのです。エンジンの部品であるアルミが歪むと、冷却水だけでなくエンジンオイルも同時に漏れます。

そのままエンジンをかけ続けていると、オーバーヒートに加え焼き付きも発生し、修理すらできない状態に。こうなってしまうとエンジンごと交換するしかありません。

エンジンブローの前に意識すべき前兆

©beeboys/stock.adobe.com

これからお伝えする症状は、エンジンブロー前に必ず発生するわけではありませんが、エンジンブローの前兆として多いものをピックアップしました。

エンジンルームからの白煙

エンジンルームからの白煙は、エンジンオイルが燃えている証拠です。この場合、エンジンオイルが減り続けていると考えられます。白煙が出続けているなら、すぐにエンジンを切りましょう。

そのままエンジンをかけ続けていると、最終的にエンジンオイルが不足し焼き付きを起こしてしまいます。

チェックランプ点灯

エンジンオイルが不足していると、オイルチェックランプが点灯します。加えて、エンジンへなんらかの故障が見られる場合、エンジンチェックランプも点灯するでしょう。エンジンオイルのチェックランプは、油圧が規定値よりも低くなると自動的に点灯します。

仮にオイルが少し残っていたとしても、油圧が低いためうまく循環させられません。エンジン内にオイルが無くなると、先ほど話したとおり、エンジンはすぐに焼き付きます。

そうなる前に、エンジンを切りエンジンオイルを補充する必要があります。

異音や異臭

エンジンブローでは異音や異臭が発生することもあります。異臭はエンジンオイルが焼けている証拠です。

そして、「ゴロゴロ」や「ガラガラ」などの異音は、循環させるためのオイルが不足し、金属同士がぶつかっている音です。

明らかにいつもと様子が変わるので、車に詳しくない方でもすぐに気づくでしょう。安全な場所に停め、すみやかにエンジンを切っておく必要があります。

エンジンブローしたときの対処法

©NDABCREATIVITY/stock.adobe.com

走行中、エンジンブローしてしまった場合、すぐに安全な場所へ停車しエンジンを切りましょう。

エンジンをかけ続けていると、エンジンの状態はさらに悪化します。修理して直る程度の故障でも、エンジンをかけ続けていることで、修理できないほど深刻な状態になってしまう可能性もあるのです。

また、エンジンブローの状態によっては、走行中にエンジンが止まってしまうことも考えられます。走行中にエンジンが止まると、ハンドルが重くなり操作しづらくなるだけでなく、ブレーキもききづらくなります。

エンジンブローによって事故を起こす可能性もあるので、すぐに路肩に停車し、2次災害を発生させないために、三角表示板などを設置しておきましょう。

エンジンブローすると自走は不可能!すぐにロードサービスに連絡を

エンジンブローしてしまうと、基本的に自走不可能です。そのため、安全を確保したらすぐにJAFなどのロードサービスに連絡し、助けを求めましょう。

JAFに加入してないのであれば、任意保険に付帯しているロードサービスでも構いません。

効果的な予防法は定期的なオイル交換

©Photo Sesaon/stock.adobe.com

定期的なエンジンオイルの交換は、エンジンブローの予防として効果的です。街乗りの車の場合、オイル管理の悪さによってエンジンブローを引き起こしている可能性があります。

そのため、エンジンオイルの交換は決められたタイミングで行いましょう。エンジンオイルを交換せずに乗り続けていると、以下のような不具合が出ます。

  • オイル漏れ
  • オイル消費
  • オイルラインの詰まり

これらは、エンジンブローに発展する焼き付きの原因になります。放置し続けることにメリットはありません。

また、症状が申告になればなるほど修理費用は高額になります。特にオイルラインの詰まりは、エンジン内部の話なのでオイル交換をしても直りません。

詰まった汚れはオーバーホールをしても取り除くのは難しく、エンジンの交換に発展してしまうことも。そのため、焼き付きを発生させないように定期的なエンジンオイルの交換が大切なのです。

消耗品を定期的に交換することも大切

オイル管理に加え、その他の消耗品の定期交換も大切です。例えば、スパークプラグも交換時期が定められており、使い続けていると火花を出せなくなってしまいます。

また、いくらエンジンオイルを定期的に交換しても、漏れていては意味がありません。もしエンジンオイル漏れがあれば、漏れている場所に使われているガスケットを交換しておくなども大切です。

エンジンブローの修理費用

©Yoshiyuki/stock.adobe.com

エンジンブローの修理費用はピンキリです。数十万円で修理できることもありますし、エンジンの載せ替えが必要な場合もあります。

エンジン載せ替えが必要なのであれば、100万円以上費用が発生することも十分考えられます。そのため、修理費用はエンジンの状態によるという答えになってしまいます。

エンジンブローすれば、必ず整備工場へ持って行くはずなので、お店で見積もりを出してもらいましょう。

修理しても完全に元の状態に戻るわけではない

エンジンブロー後は、修理しても完全に元の状態に戻るわけではない、ということを覚えておいてください。

仮に、オイル漏れが原因で焼け付きかけていたとして、エンジン内部を洗浄しても、エンジンへ与えたダメージは消えません。つまり、修理によって走行できる状態になったとしても、使い続けることでまた、故障してしまう可能性もあるということです。

街乗りの車では滅多に発生することはないものの、オイル管理が悪すぎると焼き付きの原因になります。エンジンブローしてしまうと、修理費用は高額です。場合によっては、乗り換えを検討しなければなりません。

そして焼き付きやオーバーヒートは、想像している以上にエンジンへダメージを与えます。そのため、エンジンブローした後は以前より、エンジンへの負荷をかけすぎない運転を心がけましょう。

そうならないために、オイル管理をはじめ車のメンテナンスはきちんと行いましょう。

車のエンジンオイル漏れの原因と対処法|オイルの減りが早いと危険?

エンジンルームの洗浄頻度は3ヶ月に1度が望ましい?

オートマ車(AT車)もエンストすることはあるの?

執筆者プロフィール
山北吏(つかさ)
山北吏(つかさ)
1989年生まれ。現役整備士(整備士3級)webライター。webライター歴は1年半。愛車はインプレッサ(GH8)。車に乗るなら絶対MT!実家が田舎だったこともあり山道は得意!整備士として働き始め3年目。前職は輸入業...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事