MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カーライフ > 役立つ情報 > 車のエンジンオイル漏れの原因と対処法|オイルの減りが早いと危険?
役立つ情報

更新

車のエンジンオイル漏れの原因と対処法|オイルの減りが早いと危険?

エンジンオイルは自然に減っていくものですが、減りが早い場合はオイル漏れの可能性があります。エンジンオイルの減りが早いときの対策や、エンジンオイル漏れの対処法と原因別の修理方法を解説します。

エンジンオイルが早く減る原因はオイル漏れ?

エンジンブレーキで自然に減っていくのが普通

オイル交換

エンジンオイルは密閉されたエンジンの中で循環していますので、基本的には減ることがない設計となっています。急にオイル量が減ってしまった場合はオイル漏れの疑いがありますが、長期間乗っていると徐々に減っていくことがあります。

オイルが少しずつ減ってしまう原因の1つには、エンジンブレーキが挙げられます。エンジンブレーキをかけると、エンジンの燃焼室内部の負圧が高まってオイルが吸い上げられてしまう現象が起こります。燃焼室内に吸い上げられたオイルはガソリンと一緒に燃えてしまうので、エンジンオイルが減るのです。

この減り方は自然なものですので、定期的にエンジンオイルの量を確認し、オイルの補充・交換を行っていれば問題ありません。

しかし、この他に「オイル上がり」と「オイル下がり」という現象には注意が必要です。

オイル上がりとは?その原因

オイル上がりとは、エンジン内部の燃焼室にオイルが入ってしまう(=上がってしまう)現象のことをいいます。 オイルランプ(オイル警告灯)が点灯してマフラーから白い煙が出てしまったら、「オイル上がり」の状態である可能性が高いです。

エンジンオイルの役割は、エンジン内部金属同士を潤滑に動かす手助けをすることで、通常は燃焼室に入らないように設計されています。特に、一番激しく動く部品・ピストンには「ピストンリング」がついており、エンジンオイルの燃焼室への侵入を防いでいます。このピストンリングが摩耗すると、エンジンオイルが燃焼室に入る原因となります。

摩耗したピストンリングは交換が必要です。オイル上がりと診断され、修理が必要になった場合、エンジンを下ろして分解し、ピストンリングを交換しなければならないため、修理代がかさみます。

ピストンリングの摩耗は、 汚れたエンジンオイルをそのままにしておくことが原因。オイル上がりは、こまめにエンジンオイルを交換することで防ぐことが可能です。

オイル下がりとは?その原因

オイル下がりとは、吸排気バルブからエンジン内部の燃焼室にオイルが入ってしまう(=下がってしまう)現象のことをいいます。

吸排気バルブからエンジン燃焼室内部にエンジン内部が侵入しないようにする部品・「ステムシール(バルブシール )」が劣化すると、燃焼室にオイルが侵入してしまいます。この場合、エンジンを掛けたときと、アイドリング時に一瞬、マフラーから白い煙が出ますが、白煙が出続けるわけではないので、異常に気づきにくい傾向があります。

また、気候の変化などによって燃焼室にエンジンオイルが侵入してしまうこともあります。

ステムシールの劣化は、汚れたエンジンオイルによって部品が傷つくことが原因です。オイル下がりも、こまめにエンジンオイルを交換することで防ぐことができます。

エンジンオイルの減りが早いときの対策は?

エンジンブレーキを多用しているなら、こまめにオイル量点検を

エンジンオイルはエンジンブレーキによって自然に減っていきます。エンジンオイルの減りが早いのは、頻繁にエンジンブレーキを使っているからかもしれません。その場合、こまめにオイル量の点検を行い、適正量を下回らないようにしましょう。

おかしいな?と思ったらオイル上がり・下がりかも

エンジンブレーキはほとんど使わない状況で「オイルの減りが早いな」と思った場合、「オイル上がり」または「オイル下がり」が起きている可能性があります。早めにディーラーや整備工場に相談しましょう。

急にエンジンオイルが減っている場合はオイル漏れかも

急激にエンジンオイルの量が減っている。不自然な減り方をしている場合、オイル漏れの可能性があります。応急措置や早めの修理が必要ですので、 ディーラーや整備工場に相談しましょう。

定期的なエンジンオイル交換で防げる場合もある

オイル上がりとオイル下がり、どちらもエンジンオイルの交換を怠ることが原因で引き起こされるトラブルです。つまり、エンジンオイルの早減りは、定期的なオイル交換で防ぐことができるといえます。

車に応じて適正なエンジンオイルの交換時期は異なりますが、走行距離と経過月数の両方で定期的に交換するようにしましょう。また、車の走行距離が少なくても一定の月数が経過したらオイル交換をすることも重要です。

また、エンジンオイルの量はこまめに確認しておくと、異常な減り方にも気づきやすくなります。

エンジンオイルが漏れるとどんな問題がある?

オイル上がりやオイル下がりではなく、エンジンオイルが漏れるようになるのは、ほとんどがエンジン内部の部品の劣化によるものです。エンジンは金属で出来ていますが、その継ぎ目のシールなどはゴム類で出来ており、自然と劣化していきます。劣化により密閉性がなくなり、そこからオイルが漏れるようになります。

オイル漏れを放置しておくとエンジン内部のオイルが減ってしまい、 エンジン内部の部品の同士の摩擦が大きくなるため、車両故障や車両火災の危険があります。

オイルの量が減るとピストンやシリンダーなどの摩擦が大きくなり、エンジンが傷みます。燃費も悪くなっていきます。エンジンからオイルが無くなってしまうと、最後にはエンジンが焼き付き、故障してしまいます。オイルに引火すると最悪の場合、火災の危険性もあります。

また、道路や環境にも悪影響を与えます。当然、車検にも通りません。

エンジンオイル漏れの対処法【応急措置】

エンジンオイルが漏れている場合、とにかく最初にしなければならないのが減った分のオイルを足すことです。

しかし、これで漏れが止まったとしても、悪化して再び漏れるようになる可能性はありますし、ひどい場合には効果はありません。以下の方法により、自分で応急処置的に対処できる場合もあります。

1.エンジンオイル漏れ止め剤を使う

オイルの漏れ止め剤というものがあります。これをエンジンオイルに混ぜて入れておくと、劣化していたゴム類を回復させ、オイルの漏れを止めるという仕組みです。そのため、シールが割れてしまったり破損している場合にはあまり効果がありません。

安いものだと千円台から買うことができます。また、オイルと混ぜて使いますので、同時にオイル交換をした方が良いでしょう。漏れ止め剤とオイル交換合わせても数千円で対応することができます。

ただし、即効性のあるものはほとんどなく、効果が出るまでにはある程度の走行や時間が必要です。

2.エンジンオイル添加剤を使う

これはとりあえず現在のオイルに混ぜて使うこともできます。オイルの粘度を上げたり、金属部分に被膜を作ることでオイルの漏れを防止するものですが、ほとんどは効果は長持ちしません。原因を改善することはできませんので、応急的処置的なものと考えておきましょう。

3.エンジンオイル自体を変える

これもオイル添加剤と同じ考え方で、粘度の高いオイルにすることで漏れが止まる場合もあります。ただし、車種によって合うオイルというのはある程度決まっていますので、あまり適応規格から外れたものを使うことは燃費の悪化やエンジンへの負担が高くなります。

エンジンオイル漏れの修理費用は?

部品によりますが、基本的には数千円~1万円程度で修理できる場合も多くあります。ただし、修理しにくい場所であったり、大掛かりな部品交換となってしまう場合には数万円~十万円ぐらいになってしまうこともあるそうです。

エンジンオイル漏れと密接に関わっている部品「オイルパン」と「ドレンボルト」を2つ紹介します。

オイル漏れの原因1.オイルパンのトラブル

オイルパン
出典:wikipedia.org Author:Randy43 CC 表示-継承 3.0

車の下にぽつぽつとオイルが垂れているようなら、オイルパン周りをまず確認してみましょう。車の底部にありますので、下から覗けば確認できます。

車のオイルパン(オイルサンプ)とは、エンジンオイルが漏れないようにするためのカバーであり、冷却などのために溜めておく場所のことです。

エンジンを構成するシリンダーブロックやクランクケースの下部にオイルパンは設置されていて、クランクケースと一体型で形成されているものもあります。

エンジンオイルはオイルパンで溜められ、オイルポンプで吸い上げられてエンジン各所に運ばれていくのです。また、オイルパンには走行風でエンジンオイルを冷却する役割もあります。

オイルパンの構造|ウェットサンプ方式とドライサンプ方式

エンジンオイルの管理構造には、ウェットサンプ方式やドライサンプ方式があります。主に、ウェットサンプは乗用車などに、ドライサンプはレーシングカーや高級車などに使われています。

乗用車で一般的なウェットサンプ方式は、オイルパンでエンジンオイルを貯め、ポンプで吸い上げられたオイルが再びエンジン各所を循環し、自重で落ちてきて再びオイルパンで溜められるという構造となっています。

ウェットサンプ方式は安価でシンプルな構造にできるというメリットがありますが、運転中の横Gなどでオイルパン内部のオイルが傾くと、ポンプで据えない状態が発生し、オイルの循環が安定しない場合があります。

ドライサンプ方式では、オイルパンからポンプで回収したオイルを貯めておくリザーバタンクがオイルパン外部に存在します。オイルパンに溜まったオイルをポンプで吸収した後、外部タンクに溜めておくため、安定したオイル供給が図れます。

ドライサンプ方式は、部品が複雑化してコストが高くなり、リザーバタンクが外部にあるためオイルラインなどからのオイル漏れなどのトラブルが発生しやすくなるというデメリットがあります。

オイルパンからのオイル漏れの原因

オイルパンからのオイル漏れにはいくつかの原因があります

1.ガスケットの劣化

まずよくあるのがガスケット(パッキン)の経年劣化によるオイル漏れです。ガスケットの交換で済む場合は比較的安く修理でき、自分で交換できるならさらに安く済みます。

2.ドレンボルトやナットの不具合

オイルパンにはオイル交換用のドレンボルトが付いていて、オイルパン自身を接合しているナットなどもついています。

ドレンボルトやナットは規定のトルクで締めないと締めすぎや緩みすぎでオイル漏れの原因になる事があります。

特に、アルミ製のオイルパンの場合はネジの締めすぎなどでネジ山を破損してオイル漏れの原因になる事が多々あるようです。

3.オイルパン自体の損傷

車の底部を何かにこすったなどの原因で、オイルパン自体を損傷してしまう場合があります。こうなるとオイルパン自体を交換しなくてはならなくなるので、費用がかさみます。

オイルパンの交換費用は?

オイルパンの交換費用相場は、オイルパンがおよそ10,000円、オイルパン液体パッキンがおよそ1,000円、エンジンオイルがおよそ4,000円、工賃がおよそ10,000円~40,000円ほどです。

交換にかかる工賃は車によって違い、オイルパンを取り外すために他の部品を取り外さないといけない場合などは高くなります。

また、オイルパン自体の価格も、アルミ製のものであったり古い輸入車のものだったりすると交換費用が高くつく場合があります。

液体ガスケットで修理できる?

液体ガスケット(液体パッキン)とは、シリコンやアクリル、ゴムなどを主成分とした流動性のある物質で、水圧、機密性を高めて漏れを防ぐものです。

接合部に塗って使うもので、乾くと粘着性を発揮し、接合部をぴったり密着させて漏れを防ぐのです。ただし、液体ガスケットを使用する場合はいくつかの注意点を守る必要があります。

  1. ゴミや油をよくふき取る
    油などが残っていると気密性が低下します。ふき取った後は手で触れないようにしましょう。
  2. 無溶剤タイプの液体ガスケットは乾ききるまでに時間がかかる
    およそ24時間ほどかかる場合があるので、その間は待つ必要があります。
  3. 取り外しが大変
    とりはずす場合はマイナスドライバーなどでこじる必要があります。

液体ガスケットはオイル漏れなどの応急処置として使うこともできますが、なるべく早めに根本的な原因を取り除きましょう。

オイル漏れの原因2.ドレンボルトやドレンワッシャのトラブル

ドレンボルトとは、オイルパンや燃料タンクなどにある、エンジンオイル等の排液口を塞ぐネジです。ドレンコック、ドレンプラグなどとも呼ばれます。

オイルパンの形状や位置は車種によって異なります。車体のエンジン下部のオイルパンを見ると、大き目のボルトが付いています。これがドレンボルトです。ミッションオイル(ギアオイル)のドレンボルトが近くにある場合もあるので間違えないように気を付けましょう。

エンジンオイル交換時にはドレンボルトの締め付けすぎに注意!

ドレンボルトはオイル交換やフィルタ交換の際に外します。

基本的にはずっと使えるものですが、ネジ溝の破損などにより交換が必要になる場合があります。また、オイル交換などの際にドレンボルトを締める時、レンチなどで締め付けすぎるとオイルパン(エンジンオイルを貯めておく個所)のネジ溝に傷をつけてしまう場合があります。自分でオイル交換をする際は、ドレンボルトの締め方にも気をつけましょう。

エンジンオイルパンについているドレインボルトの締め付けトルクはおよそ40N・m前後が一般的です。

もしドレンボルトの締め付けなどでオイルパンを損傷してしまった場合、オイルパン交換には工賃含めて2,3万円ほどかかってしまいます。無駄な出費をしなくてもいいよう、ドレンボルトの締め付け時はトルクレンチを用いて、設定されたトルク値に従って行いましょう。

トルクレンチの選び方についてはこちら

一緒にドレンワッシャも交換するのがおすすめ

ドレンボルトとオイルパンの間の緩衝材の役目を果たすのがドレンワッシャ(ドレンパッキン)です。

締め付けた際にボルトとオイルパンの間で潰れて隙間を埋めるため、オイル交換のたびにドレンワッシャも新品と交換したほうがよいと言われています。変形が少なければ再使用もできますが、隙間ができるとオイル漏れの原因になるので、交換した方がよいでしょう。価格も10ピースで200円程度と安いものです。

ドレンボルトはどんな時に交換する?価格は?

ドレンボルトは基本的にずっと使えます。しかしネジ溝が消費してしまったり、ネジ頭を潰してしまった場合は交換が必要になります。

きちんとしたトルクレンチを使用していた場合は痛めることは少ないかと思いますが、いい加減な工具で無理に外そうとしたり、純正品ではないアルミのドレンボルトを使用しているとネジ頭を潰してしまう場合がありますので注意が必要です。

ドレンボルトは一つ200円~1,000円くらいで購入可能です。マグネット付きのものもあり、エンジンオイルに混じる微量の鉄粉を集めてくれます。交換用のドレンボルトを購入する際は、使用中の車のオイルパンに適合するものか調べてから購入しましょう。

オイル交換後はドレンボルトがきっちり締まっているか試験走行しておこう

ドレンボルトを締めた後、十分に締まっているか確認するために、一度試験走行をして、目視でオイルパン周辺にエンジンオイルが漏れだしていないか確認してください。

また、オイル漏れの確認をしやすくするために、交換前にドレンボルトやオイルパン回りをパーツクリーナーできれいに清掃しておきましょう。パーツクリーナーの価格は、一本あたり200円~1,500円ほどです。

オイル交換方法について詳しくはこちら

【まとめ】日頃の点検とこまめなエンジンオイル交換がオイル漏れを防ぐ

オイル上がりとオイル下がり、そしてエンジンオイル漏れは、エンジンオイルの交換を怠ることが原因で引き起こされるトラブルです。

車に応じて適正なエンジンオイルの交換時期は異なりますが、走行距離と経過月数の両方で定期的に交換するようにしましょう。また、車の走行距離が少なくても一定の月数が経過したらオイル交換をすることも重要です。

定期的にオイル交換を行うことで、オイルを適切な状態に保てるだけでなく、オイルパンやドレンワッシャの状態も確認できます。

また、エンジンオイルの量はこまめに確認しておくと、異常な減り方にも気づきやすくなります。

オイルが漏れていた場合、原因や状況によって対処方法は様々ですが、早めにディーラーや整備工場に相談するのがおすすめです。

車の修理やメンテナンスに関する情報はこちら

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!