MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > トヨタ タンドラの実燃費や内外装などすべて解説!人気逆輸入PUを徹底解剖
トヨタ

更新

トヨタ タンドラの実燃費や内外装などすべて解説!人気逆輸入PUを徹底解剖

トヨタ新型タンドラ最新情報がリーク!2022年フルモデルチェンジでV8廃止?

トヨタ・タンドラとは

2007 Toyota Tundra Crew-Max
出典:https://ja.wikipedia.org/ IFCAR パブリック・ドメイン

タンドラは、北米をメインに海外で販売されているフルサイズピックアップトラックであり、トヨタのアメリカ法人であるUSトヨタによって販売されています。トヨタの日本仕様でタンドラは販売されていなく、日本には輸入車として販売されています。

タンドラのボディタイプ

ボディタイプは3つあり、後部座席がなく3人乗車でき、タンドラの中で最も積載量が大きいレギュラーキャブ(Regular Cab)、前席・後部座席ともに3人乗れ、乗車定員6人のダブルキャブ(Double Cab)、車内が最も広く、前席2人乗りで乗車定員5人のクルーマックス(CrewMax)があります。

●レギュラーキャブ(Regular Cab)

2010 トヨタ タンドラ レギュラーキャブ 外装

●ダブルキャブ(Double Cab)

2代目 トヨタ タンドラ C-Cub 外装

●クルーマックス(CrewMax)

2013 トヨタ タンドラ クルーマックス 外装

タンドラの荷台は二種類

タンドラの荷台は、スタンダードベッドとロングベッドの2種類があります。レギュラーキャブはロングベッドのみ、ダブルキャブが2種類ともあり、クルーマックスがスタンダードベッドのみになります。

トヨタ・タンドラの気になる現在の中古車情報はこちら

最新「タンドラ」中古車情報
本日の在庫数 178台
平均価格 475万円
本体価格 108~878万円
タンドラの中古車一覧へ

トヨタ逆輸入車人気6選|シエナやタンドラやセコイア他【特選逆輸入車】

トヨタ・タンドラのスペック(サイズ・エンジン・車重など)

さまざまなモデルやグレードがあるタンドラですが、シャーシやエンジンはすべて同じなのでパワーについては変わりなく、サイズは3つあるボディタイプによって全長、荷台の大きさ、最大積載量が変わってきます。

タンドラの車両寸法・総車両重量・最大積載量

Regular CabDouble CabCrewMax
Standard BedLong Bed
駆動輪FR4WDFR4WDFR4WDFR4WD
全長(mm)58156294
全幅(mm)2030
全高(mm)19251930
ホイールベース(mm)370041803700
地上高(mm)269264
トレッド(前/後)(mm)1724
荷台寸法長さ(mm)2479199824791694
全幅(mm)1686
ホイール間の幅(mm)1270
あおりの高さ(mm)563
乗車定員(名)365
車両総重量(kg)31753265312932203175326531753265
最大積載量(kg)944902784739771725739725

現在販売されているモデルではレギュラーキャブが廃止され、ダブルキャブ・クルーマックスの2ラインがとなりました。

タンドラのエンジンスペック

2014 トヨタ タンドラ エンジン
エンジン排気量(L) 4.6 5.7
エンジン種類 V8気筒DOHC32バルブDual VVT-i
最大出力(hp/rpm) 310/5,600 381/5,600
最大トルク(lb.-ft./rpm) 327/3,400 401/3,600
ガソリンタンク容量(L) 99
トランスミッション 6速オートマ

現在販売されているモデルでは4.6Lモデルが廃止され、全車5.7Lに統一されています。

トヨタ・タンドラの新車価格

タンドラを購入するにあたって気になるのは価格です。ここではアメリカで売られているタンドラの価格を見ていきましょう。日本での販売価格は、これらの価格から変動しますが、大まかな金額を知るうえで参考になるでしょう。

タンドラSR

  グレード 駆動方式 ドル 円(2017年1月31日)
タンドラSR Regular Cab 5.7L V8Long Bed
Regular Cab 5.7L V8 FFV Long Bed
FR 30,400 3,494,253
4WD 33,450 3,844,828
Double Cab 4.6L V8 Standard Bed FR 30,020 3,450,575
4WD 33,070 3,801,149
Double Cab 5.7L V8 Standard Bed
Double Cab 5.7L V8 FFV Standard Bed
FR 31,290 3,596,552
4WD 34,340 3,947,126
Double Cab 5.7L V8Long Bed
Double Cab 5.7L V8 FFV Long Bed
FR 31,620 3,634,483
4WD 34,670 3,985,057

タンドラSR5

  グレード 駆動方式 ドル 円(2017年1月31日)
タンドラSR5 Double Cab 4.6L V8 Standard Bed FR 31,830 3,658,621
4WD 34,880 4,009,195
Double Cab 5.7L V8Standard Bed
Double Cab 5.7L V8 FFV Standard Bed
FR 33,100 3,804,598
4WD 36,150 4,155,172
Double Cab 5.7L V8Long Bed
Double Cab 5.7L V8FFV Long Bed
FR 33,430 3,842,529
4WD 36,480 4,193,103
CrewMax 4.6L V8 FR 34,150 3,925,287
4WD 37,200 4,275,862
CrewMax 5.7L V8
CrewMax 5.7L V8 FFV
FR 35,420 4,071,264
4WD 38,470 4,378,886

タンドラ・リミテッド

  グレード 駆動方式 ドル 円(2017年1月31日)
タンドラ Limited Double Cab 5.7L V8Standard Bed
Double Cab 5.7L V8 FFV Standard Bed
FR 39,280 4,514,943
4WD 42,330 4,865,517
CrewMax 5.7L V8
CrewMax 5.7L V8 FFV
FR 41,145 4,729,310
4WD 44,195 5,079,885

タンドラ・プラチナム、タンドラ・1794エディション

  グレード 駆動方式 ドル 円(2017年1月31日)
タンドラ Platinum
タンドラ 1794 Edition
CrewMax 5.7L V8
CrewMax 5.7L V8 FFV
FR 46,980 5,400,000
4WD 50,030 5,750,575

タンドラ・TRD Pro

グレード 駆動方式 ドル 円(2017年1月31日)
タンドラ TRD Pro Double Cab 5.7L V8
Double Cab 5.7L V8 FFV
4WD 43,395 4,987,931
CrewMax 5.7L V8
CrewMax 5.7L V8 FFV
46,010 5,288,506

トヨタ・タンドラの維持費は?

タンドラの維持費がいくらなのかを調べました。大きく、重いため維持費はかなり高いです。しかし、タンドラを貨物車として1ナンバー登録し、高い維持費の安くする方法があります。そのあたりも含めてタンドラの維持費を見ていきましょう。

1ナンバーとは

普通自動車のサイズは全長が1,200mm以下、全幅2,500m以下、全幅が3.8m以下で定義され、このうち貨物用途のクルマ(トラック)が1ナンバーになり、その条件は全長が4,700mm超、全幅が1,700mm超、全高が2,000mm超、排気量が2,000cc超(軽油は除)のどれか一つでも当てはまる貨物車の場合、ナンバープレートが1ナンバーとなります。

貨物車の定義とは

貨物車の定義は、以下の条件を満たしたものを指します。
・荷台の床面積が1平方メートル以上
・乗車定員が一人当たり55kgとしたとき、荷台の最大積載量が乗車定員の総重量より多くなければならない
・荷台の側面や後面に開口部が縦横それぞれ800mm以上かつ、垂直面が0.64平方メートル以上の貨物の積み下ろし口があること
・貨物自動車は、乗車設備と物品積載設備を保護仕切りや隔壁(幌含む)などで区切る
・物品貨物設備の中に座席を設置する場合は、折りたたみ式か脱着式である、その座席を折りたたんだ、あるいは取り外した際に、貨物の積載に支障がでない構造

タンドラを1ナンバー登録した場合の維持費

タンドラを1ナンバーで登録した場合、自動車税、重量税、自賠責保険は次のような価格にあります。

1ナンバーのタンドラ維持費
1年間の自動車税(円)16,000
1年間の重量税(円)16,400
12カ月の自賠責保険(円)24,040
合計56,440

タンドラを3ナンバー登録した場合の維持費

3ナンバーのタンドラ維持費
1年間の自動車税(円)88,000
1年間の重量税(円)24,800
12カ月の自賠責保険(円)13,920
合計126,720

このように、税金において1ナンバーと3ナンバーではかなりの金額が変わってきます。あえて貨物車である1ナンバーにすることで法律違反とかではありません。道路交通法に法った登録方法です。また、ピックアップトラックを専門に扱うお店では、タンドラを販売する際は1ナンバー登録を推奨しているところが多いです。

1ナンバーのデメリット

高速道路料金所

1ナンバーにすることでのデメリットは、まず高速道路料金が若干高くなってしまうことです。例えば、都内の新宿ICから八王子ICまで高速道路を使うとき、普通車はETC料金が1,030円(通常料金は2,280円)、中型車が1,150円(通常料金は2,530円)になります。

また、東京から大阪までの遠出だと、都内の新宿ICからなんばICまで高速道路を使うとき、普通車はETC料金が12,630円(通常料金は14,450円)、中型車が14,750円(通常料金は16,540円)になります。しかし、大きな差額が生じることではないので、そこまで心配することではないでしょう。

車検が1年に一度行わなければなりません。貨物や特殊車両はすべて一年車検であり、その分車検を依頼した整備工場へ支払う車検手数料が高くなります。これは、自ら行うユーザー車検で車検料節約ができます。

車検を行う陸運局に行ったときに、貨物車だからといって特別な検査を行うことはほとんどなく、検査内容は普通車とあまり変わりはありません。よって、今まで普通車でユーザー車検を行ったことある方であれば、貨物車になっても難しくなることはありません。

1ナンバーについての記事はこちら

1ナンバーの維持費のメリットとは?税金や車検から高速料金を3ナンバーと比較!

ユーザー車検についての記事はこちら

ユーザー車検とは?予約から必要書類やかかる費用までの方法を全手順詳細に解説!

トヨタタンドラの内装は?

2014 トヨタ タンドラ インパネ

インパネまわりはシンプルかつカッコいいので魅力的です。現代的なスタイリングでタンドラらしい力強さがあり、革張りで高級感もあります。

2014 トヨタ タンドラ 前席

レギュラーキャブ(Regular Cab)とダブルキャブ(Double Cab)は、前席が3人乗り、クルーマックス(CrewMax)が2人乗りで運転席と助手席の間にシフトレバーがあり運転しやすそうで機能的でしょう。

ダブルキャブ(Double Cab)とクルーマックス(CrewMax)にある後部座席は3人乗りで広々とした空間です。これがピックアップトラックであることを感じさせないぐらいです。

トヨタ・タンドラの実燃費はどうなのか?

セルフ式ガソリンスタンド

タンドラの実燃費はどのくらいなのか、購入するにあたって気になるところです。しかし、日本で実際に乗っている方は少なく、調べてみてもカタログスペックのみで実燃費の口コミを見つけることは難しいです。

そこで、アメリカの実燃費口コミサイトから、アメリカのユーザーが投稿している実燃費値を見ていきます。

タンドラのカタログスペックの燃費

まず、タンドラのカタログスペックから実燃費を見ていきたいと思います。タンドラの燃費表記は、グレードでの燃費の変動が少なく、排気量、ボディタイプ、駆動方式で若干違って違ってきます。

ボディタイプ 排気量(L) 駆動方式 街乗り(km/L) 高速道路(km/L) 平均(km/L)
Regular Cab 5.7 FR 5.7 7.6 6.3
4WD 5.5 7.2 6.3
Double Cab 4.6 FR 6.3 8.0 6.8
4WD 5.9 7.6 6.8
Double Cab
CrewMax
5.7 FR 5.7 7.6 6.3
4WD 13 17 15

ここからは、年式、エンジンの排気量、走行距離、使用時の街乗・高速道路の割合、平均実燃費をタンドラユーザーの口コミから見ていきます。

2016年モデル・タンドラ実燃費の口コミ

●排気量4.6L

Total Miles Tracked:5,180Miles、City:34%、Highway:66%、Avg MPG:13.8MPG(車両総走行距離:8,336km、街乗:34%、高速道路:66%、平均燃費:5.8km/L)

Total Miles Tracked:449Miles、City:50%、Highway:50%、Avg MPG:12.9MPG(車両総走行距離:722km、街乗:50%、高速道路:50%、平均燃費:5.4km/L)

●排気量5.7L

Total Miles Tracked:1,8161Miles、City:70%、Highway:30%、Avg MPG:11.1MPG(車両総走行距離:29,227km、街乗:70%、高速道路:30%、平均燃費:4.7km/L)

Total Miles Tracked:1,395Miles、City:55%、Highway:45%、Avg MPG:16.3MPG(車両総走行距離:2,245km、街乗:55%、高速道路:45%、平均燃費:6.9km/L)

2015年モデル・タンドラ実燃費の口コミ

●排気量4.6L

Total Miles Tracked:3,675Miles、City:45%、Highway:55%、Avg MPG:11.6MPG(車両総走行距離:5,914km、街乗:45%、高速道路:55%、平均燃費:4.9km/L)

Total Miles Tracked:12,548Miles、City:79%、Highway:21%、Avg MPG:15.3MPG(車両総走行距離:20,194km、街乗:79%、高速道路:21%、平均燃費:6.5km/L)

●排気量5.7L

Total Miles Tracked:12,987Miles、City:47%、Highway:53%、Avg MPG:12.3MPG(車両総走行距離:20,900km、街乗:47%、高速道路:53%、平均燃費:5.2km/L)

Total Miles Tracked:52,293Miles、City:29%、Highway:71%、Avg MPG:15.0MPG(車両総走行距離:84,157km、街乗:29%、高速道路:71%、平均燃費6.3km/L)

2014年モデル・タンドラ実燃費の口コミ

●排気量4.6L

Total Miles Tracked:44,208Miles、City:13%、Highway:87%、Avg MPG:15.8MPG(車両総走行距:71,145km、街乗:13%、高速道路:87%、平均燃費6.7km/L)

Total Miles Tracked:3,480Miles、City:32%、Highway:68%、Avg MPG:13.0MPG(車両総走行距離:5,600km、街乗:32%、高速道路:68%、平均燃費:5.5km/L)

●排気量5.7L

Total Miles Tracked:12,334Miles、City:65%、Highway:35%、Avg MPG:16.2MPG(車両総走行距離:19,849km、街乗:65%、高速道路:35%、平均燃費:6.8km/L)

Total Miles Tracked:19,548Mile、City:65%、Highway:35%、Avg MPG:12.3MPG(車両総走行距離:31,459km、街乗:65%、高速道路:35%、平均燃費:5.2km/L)

タンドラの実平均燃費は約5.5km/L

これら口コミを見ていく限り、実燃費は約5.5km/Lといったところでしょう。アメリカであれば日本より高速道路を多く走るため、日本で乗るには、これよりも少し燃費値は下がるかもしれません。しかし、ガソリン車で3トン級の重量車がリッターあたり5.5km走るのであれば、まずまずの値です。

ガソリン節約の情報についてはこちらの記事を

燃費向上の裏技10選!自動車運転のガソリン代節約テクニックまとめ!

トヨタ・タンドラは駐車場にとめれるのか?

平地自走式駐車場 駐車場

タンドラは日本の駐車場にとめることができるのか調べてみました。タンドラのサイズは全長が5,820m~6,300cm、全幅が2,030mm、全高が1930~1940mmです。

日本の駐車場の大きさは、一台分が奥行5m、幅2.5mであり、立体駐車場の場合、高さ制限が2~2.5mというところが多いです。これらから、問題は駐車場の奥行がタンドラの全長に対して足らないということです。

そこで対策としては、駐車場を借りる際は駐車するところに後ろに空間のあるところを借り、管理人の方に後ろが少しはみ出てもいいか承諾を得ることです。それがダメなら、駐車場代が高くなりますが2台連なって借りることでしょう。

自動車の駐車についての記事はこちら

当て逃げが駐車場で起きた時は!駐車場での事故対応・罰則まとめ

駐車監視ドライブレコーダーおすすめ人気ランキングTOP11!【2019年最新版】

トヨタ・タンドラの評価はいかに?

Toyota Tundra regular-cab
出典:https://ja.wikipedia.org/ IFCAR パブリック・ドメイン

日本のタンドラオーナーは、自らの愛車をどの評価しているのか調べました。アメリカではスタンダードな立ち位置ですが、日本であればマイナーで個性的な車と言えます。そんな車を日本の街中で走ってみるとどのように感じるのか興味があるところです。

タンドラの良いところ

タンドラの良い口コミを見てみると、エクステリアとインテリアが最高に良い、サーフィンのロングボードが6枚積めますなどの声がありました。

タンドラの悪いところ

タンドラの悪い口コミを見てみると、大きすぎて駐車場からはみ出してしまう、燃費が悪いなどの声がありました。

燃費と駐車についての不満が見られますが、タンドラオーナーになるにはこれらのデメリットを把握したうえで購入しているため、大きな問題点を感じていません。タンドラのカッコいいワイルド感があれば、許せるところでしょう。

海や山でのレジャーにおいて大活躍することは間違いありません。大荷物や重量級の牽引もできて、しかも外観がカッコいいとなれば、友人との待ち合わせにタンドラに乗っていけば、その日のヒーローになれます。

トヨタ・タンドラはここが凄い

2014 トヨタ タンドラSR5 外装

タンドラの素晴らしいところは、どんなところでも行けてしまう悪路での走行性能です。ハイラックスサーフやランドクルーザーから譲り受けたオフロード車のノウハウを取り入れ、重たい車両でありながら運動性能はクラスナンバーワンともいわれています。このほかにもタンドラの凄いところを紹介したいと思います。

積載量と牽引力が凄い!

2014 トヨタ タンドラ SR5

タンドラの凄いところに積載量と牽引力があります。最大積載量は700キロ以上あり、軽トラックの約2倍もあります。さらに4トンの牽引も可能で、釣りに行くボートや大型キャンピングトレーラーも余裕で牽引できてしまいます。

アウトドア大国のカナダで売れているのも納得いきますね。海や山でのレジャーが大好きでワイルドでカッコいい車が欲しい方には絶対おすすめです。

160万キロ走破した耐久力が凄い!

乗用車であれば総走行距離数が10万キロ行くと多走行距離車として扱われますが、アメリカではタンドラで160万キロ走行したオーナーがいます。

ノースダコタ州在住のビクター・シェパード氏は、2007年に新車で購入したタンドラを年間20万キロ走行し続け、エンジンやトランスミッションの乗せ換えは全くなく、外装の塗装も色あせていませんでした。

定期的にメンテナンスを行っており、それでも大きな故障なしで160万キロ走破したタンドラの耐久性は凄いです。これを知ったトヨタの技術者は、「このタンドラが将来の商品開発に役立つ」と判断し、ビクター・シェパード氏へ新車のタンドラと交換したらしいです。

レースでの活躍が凄い!

アメリカ独自のレースであるNASCARシリーズにおいて、トラッククラスでドライバーズタイトルとマニュファクチャラーズタイトル獲得しています。現在、NASCARのトラッククラスに使われているマシンはほぼタンドラが使われており、多くのレーシングチームから支持を得ています。

トヨタ タンドラ TDRpro Baja1000 外装

タンドラには「TRD pro」というグレードがありますが、これがタンドラの中で最もレーシーなグレードです。これをベースに世界一過酷な砂漠レースといわれる「バハ1000」に参戦し、クラス優勝を果たしています。NASCARだけでなく、オフロードでも最強のピックアップトラックです。

牽引についての記事はこちら

牽引フックのおすすめ人気ランキングTOP10|選び方のポイントを解説

車の牽引フックの後付けは可能?取り付け方法から車検での注意点まで

キャンピングトレーラーについての記事はこちら

夢の超高級キャンピングトレーラー!銀の幌馬車「エアストリーム」が欧米か!

キャンピングトレーラーおすすめTOP10|普通免許で運転できる小型が人気!

トヨタ史上最強のピックアップトラック

2014 トヨタ タンドラ 外装

トヨタ・タンドラについて紹介していきました。大きいながらも高い次元での走破性、内装の快適性を兼ね備えたタンドラは、長くから市場を支配していたライバル車のフォードF-150、シボレーシルバラードと対抗できるぐらいです。タンドラを購入すれば、きっと後悔はないでしょう。

あなたの愛車の現在の価値を確認したい方はこちら

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

ピックアップトラックのおすすめランキングについてはこちら

ピックアップトラックおすすめランキングTOP10!国産や外車の中古車価格の情報も

ピックアップトラックのおすすめ記事についてはこちら

シボレー・C1500まとめ|人気ピックアップトラックの中古車価格・燃費や維持費は?

ダッジ・ラムまとめ|ピックアップトラックの王者?中古車価格もご紹介!

トヨタ・タンドラ以外の人気逆輸入車についてはこちら

トヨタ逆輸入車人気6選|シエナやタンドラやセコイア他【特選逆輸入車】

すべての画像を見る (15枚)

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部