MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > ドライブレコーダー > 駐車監視機能つきドライブレコーダー人気おすすめランキング|2021年最新情報
ドライブレコーダー

更新

駐車監視機能つきドライブレコーダー人気おすすめランキング|2021年最新情報

ドライブレコーダーの駐車監視機能とは?

走行中の映像を録画するため、ドライブレコーダーはエンジンがオンになると停止するまで常時作動します。対して駐車監視機能は、エンジンがオフになっている間に作動するものです。

走行中はあおり運転や飛び出しなどを記録に有効なドライブレコーダーですが、駐車中の車上荒らしや当て逃げなどを記録するには「駐車監視機能つき」の製品を選ぶ必要があります。

売れ筋のドライブレコーダーのほとんどが「駐車監視機能つき」の製品です。しかし駐車中の監視方法(録画方法)には複数あるため、タイプを理解してドライブレコーダーを購入しましょう。

駐車監視機能つきドラレコのメリットとデメリット

メリット①駐車中に何が起こったか確認できる

駐車監視機能の最大のメリットは、エンジン停止後にもドラレコだけを作動できるという点です

例えば家から少し離れた駐車場を借りている、家の中から車の様子が見えない、人通りの少ない場所に駐車場がある場合、駐車監視機能を追加することで安心して車を停めておくことができます。

メリット②いたずらや盗難防止効果が期待できる

ドラレコには衝撃センサーがついているタイプも多く、何かの衝撃を受けた際、映像として記録を残してくれる点も大きなメリットです。

盗難だけでなく当て逃げ防止に効果がある点も魅力のひとつではないでしょうか。

例えば隣に駐車している車にぶつけられたといった場面でも、映像を確認することで誰に責任があるのか明確にすることができます。

デメリット①ドラレコの価格が高くなる

ほとんどのドラレコは駐車監視機能をオプション扱いにしています。専用の配線を別売りにして、駐車監視機能を追加するメーカーが多く、どうしてもその分価格は高くなってしまうのです。

デメリット②フォーマット回数が増える

純粋に録画時間が長いということは、その分フォーマット回数が増えます。フォーマットとは、ドラレコの映像を記録しているSDカードのデータを完全に消去することを指し、定期的に行わなければならない作業です。

特に衝撃検知や動体検知機能があるものは、すぐにSDカードの容量がいっぱいになってしまいます。

フォーマット方法が分からないという方は意外と多く、なかには「フォーマットしてください」と表示が出ているにも関わらず気づいてすらいない人もいるのです。

SDカードがいっぱいになったまま使用していると、事故を起こしてしまった際、映像を記録することができません。そうなってしまうと、ドラレコを取り付けている意味はないといえます。

デメリット③バッテリーが弱る

バッテリーが弱る、バッテリーの寿命が縮むから取り付けるのをやめているという方も多いのではないでしょうか。これには対応策もあるので後で後述します。

駐車監視機能のタイプは3種類

©moonrise/stock.adobe.com

常時録画タイプ

エンジンを切ってから次にエンジンを始動するまで、録画し続けるタイプです。駐車中は常時録画が行われているため、当て逃げや車上荒らしなどの一部始終を記録できて安心です。

デメリットは、録画時間が長くなるため録画容量を圧迫すること。記録が上書きされていくので、証拠映像が消えてしまわないよう、こまめな容量確認が必要です。

容量を圧迫しない「タイムラプス録画」機種も登場

駐車中、連続してカメラが起動しているとデータ容量が大きくなってしまいます。そのため、1秒間に1枚、2枚、5枚など静止画を撮影し、それらをつなぎ合わせて連続した動画のように見える「タイムラプス機能」を備えた機種も登場しています。

衝撃検知タイプ

「Gセンサー」「イベント記録」などの表記がある製品は、衝撃検知タイプです。当て逃げやドアパンチなどで、車に加わった衝撃を検知すると録画が開始されます。カメラの取り付け位置に関わらず監視できます。

このタイプは基本的に、上書きされない録画領域へ映像を自動で保存してくれるため、証拠映像が消える心配がありません。バッテリーやメモリーカード容量を節約したい人におすすめです。

デメリットは、Gセンサーが検知できない軽微な事故の場合は記録されない可能性があることです。

動体検知タイプ

ドライブレコーダーカメラの画角に、動く人や車が映り込んだときに撮影を開始するタイプです。車上荒らしや車両盗難、当て逃げなどに有効です。

このタイプもバッテリーやメモリーカード容量を節約したい人におすすめです。デメリットは、画角範囲外での動きには反応しないこと。また、人通りや車通りが多い駐車場によっては常時センサーが反応してしまうことです。

©Animaflora PicsStock/stock.adobe.com

【解説】動体検知(モーションセンサー)と衝撃検知(Gセンサー)の違い

近年のドラレコには「動体検知機能」や「衝撃検知機能」が採用されています。それぞれの機能の違いは以下の通りです。

  • 動体検知機能・・・車両の周りで動くもの(不審人物)を感知し撮影する
  • 衝撃検知機能・・・車が受けた衝撃を感知し撮影する

衝撃検知機能は走行中にも必要な機能ですが、動体検知機能は駐車監視を行うからこそ採用された機能だといえるでしょう。

動体検知機能は、長時間の駐車時に大いに役立ちます。怪しい人物がカメラの撮影範囲に入るとその動きを感知、撮影し消さないように保護してくれます。

車を盗難する際、盗難犯は必ず下見を行います。なぜならば盗難している最中に警察を呼ばれると捕まってしまうからです。また、高級車や人気車など高値で売れる車が、いつもどこに停車しているかを把握しなければスムーズな犯行はできません。そのため、ある程度の日数をかけ下見を行い、入念な計画を立て実行に移します。

対して、衝撃検知機能は当て逃げに有効です。買い物中に知らない車にぶつけられ、そのまま逃げられたとしてもカメラによって撮影を行っているので車のナンバーを確認することができます。つまり目撃者を探さなくても、そのまま警察に被害届を出し犯人を捜してもらえるのです。

このように現在の駐車監視機能は、動体検知と衝撃感知によって、当て逃げや盗難への効果を総合的に高めているといえます。

【要対策】盗難に遭いやすい車種ランキングTOP10!盗まれやすい理由も

トラブルへのタイプ別おすすめ一覧表

常時録画衝撃検知動体検知
ドアパンチ
当て逃げ
車上荒らし
車両盗難

動体検知タイプは、事故や犯行が起きた位置によっては録画ができない可能性があります。衝撃検知タイプは位置は関係ないものの、Gセンサーが検知できない軽微な事故(バンパー擦り、タイヤへのいたずらなど)は録画できない可能性があります。

このように駐車監視機能にはタイプごとに弱点があるため、複数タイプを搭載している機種を選ぶと安心です。

また、自宅駐車場が屋外か屋内か、道路に面しているかいないかなど、環境に合わせて起こりうるトラブルを予想し、適切な機能を選択するのもよいでしょう。

また、車の防犯対策は複数のカーセキュリティアイテムを組み合わせるのがおすすめです。カーセキュリティについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

自宅駐車場で夜間も監視したいなら、夜間撮影の画質にも注意

自宅の駐車場で、夜間を含めた長時間の監視を目的として、駐車監視モードを使用したいのであれば、夜間撮影技術は重要なポイントです。

古いドラレコは、夜の画質は悪く鮮明な動画を記録できませんでした。しかし現在のドラレコには、「ナイトモード」「ナイトサイト」など、夜間撮影に特化した技術も組み込まれています。

この技術により夜間での映像もくっきりと鮮明に映し出すことができます。もちろん昼間と比べると画質は劣るものの、相手のナンバーが分かったり車の輪郭などがはっきり映るなどの商品も多く販売されています。

画質も含め、その他の性能については、ドライブレコーダーの基本的な選び方と同じです。詳しくはこちらの記事で解説しています。

駐車監視機能つきドラレコはバッテリー上がりに注意

©koonsiri/stock.adobe.com

バッテリー電圧を感知しバッテリー上がりを防いでくれる機能も

デメリットでお話ししたように、駐車監視機能付きのドラレコはエンジンを停止していても常に稼働しているためバッテリーに負荷がかかります。

バッテリー電圧に関して何も対策されていないドラレコを使用している場合、知らないうちにバッテリー上がりを起こしてしまっている可能性も十分に考えられます。

しかし、現在の駐車監視機能にはバッテリー電圧を感知し、設定した電圧よりも下回った場合、駐車監視機能を停止する機能が取り付けられています。そのためバッテリー上がりを防ぎつつ、駐車監視機能を使うことができるのです。

もちろん、この機能の有無は販売されているメーカーやドラレコによって違うため、購入する前にあらかじめ確認しておく必要があります。しかし駐車監視機能の普及により、近年のドラレコにはバッテリー電圧検知機能が多く採用されているのです。

駐車監視機能つきドラレコの電源の取り方

バッテリー電圧を感知する機能がついているとはいえ、バッテリーに負担がかかることは避けられません。しかし、ドラレコの電源は必ずしも車のバッテリーから取るタイプだけではありません。

ドラレコの電源は以下3つに分けられます。

  • 内蔵バッテリー
  • 外部バッテリー
  • 車両バッテリー

※車両バッテリーとは車のバッテリーのことを指すので、ここでは解説を省略します

内蔵バッテリー

内蔵バッテリーとはドラレコ本体に内蔵されているもの。スマホのバッテリーをイメージしてもらえば分かりやすいでしょう。

スマホも本体にバッテリーが内蔵されているため、コンセントを挿さなくても使用できます。同じく、バッテリー内蔵のドラレコは、駐車中でも他から電源を取る必要がありません。

しかし、連続で使用できる時間が短いというデメリットも存在します。

外部バッテリー

外部バッテリータイプは、外部から電源を供給してもらい稼働させるドラレコです。ここは車のバッテリー以外のことを指します。スマホなどをコンセントのないところで充電しようと思った場合、モバイルバッテリーを使用するのと同じです。

しかし、製造しているメーカー以外のモバイルバッテリーを使用する場合、電力量の違いからドラレコが正常に動かなかったり、リチウムイオンバッテリーならば、火災の原因にもなり得ます。また、配線形状なども関係してくるのです。

また、外部バッテリーにも寿命があります。決して安いものではなく、数年に1度交換しなければならないとなれば、ドラレコを維持するためにたくさんの費用がかかります。

現在、外部電源を販売しているメーカーはありますが、まだまだその数は少なく、現在の主流はどうしても車両電源ベースとなってしまうのです。

内蔵バッテリーや外部バッテリーは常時録画は難しい

いずれにせよ、車両バッテリー以外で電源を供給するドラレコで駐車監視機能を使用する場合、そのほとんどが常時録画は難しくなります。

そのため車両電源以外の方法で駐車監視機能を使いたいのであれば、販売しているメーカーや種類、録画の方法などを十分に調べて購入しましょう。

駐車監視機能つきドラレコは給電方法に注意

駐車監視機能つきドライブレコーダーは、常時電源接続が必要な製品もあります。シガーソケットだとエンジンを切ったあと、給電ができないためです。

内蔵バッテリーが搭載されている機器もありますが、バッテリーを使い切ってしまうと録画ができません。録画タイプによっては内蔵バッテリーだけでは不十分のため、常時電源も検討しましょう。

シガーソケット以外の給電方法はヒューズボックスです。ヒューズボックスは運転席や助手席の足下にあることが多いですが、ヒューズの探し方やつなぎかた、配線のしかた(隠しかた)が分からない場合は、プロに取り付けを依頼しましょう。

常時電源はバッテリー上がりに注意

エンジンが停止しているため、常時電源でドライブレコーダーを長時間使用し続けると、バッテリーの寿命を縮めてしまったり、バッテリー上がりを起こしてしまう可能性もあります。駐車監視機能のタイプに合わせて適切な電源を用意しましょう。

車のバッテリー上がりの対処法は?症状&応急処置とつなぎ方

駐車監視機能つきドライブレコーダーの取り付け方

駐車監視機能付きドラレコを取り付けたい場合、電源の取り方が少し特殊になります。なぜならば常時電源といい、常に電力供給を行なっている配線から取り付けなければならないからです。

例えばラジオなどのオーディオは、キーをオンしなければ電源がつきません。しかしハザードや解錠、施錠などはキーを挿さなくても使えますよね。これは車には常に電気が供給されているからです。

駐車監視付きドラレコの場合、この電気が流れている配線「常時電源」を含む、以下3つの配線を設置する必要があります。

電源を取る箇所はカーナビ裏が一般的

電源を取る箇所はカーナビ裏が一般的です。カーナビ裏にある配線を調べ、常時電源とACC電源を探します。そしてその配線を分岐させ電源を取りましょう。 注意点としては色で配線の種類を判断しないということです。

通常ACCは赤、常時は黄色、アースは黒となっていますが、この条件はメーカーの純正品には当てはまりません。そのため純正品から電源を取る場合、テスターなどで調べるか、メーカーに問い合わせ電気配線図をもらうようにしましょう。

詳しくはこちらの記事に記載しているので、参考にしていただければと思います。

駐車監視付きドライブレコーダー人気おすすめランキング

10位:パナソニック CA-XDR72GD

パナソニック(Panasonic) ドライブレコーダー CA-XDR72GD

パナソニック(Panasonic) ドライブレコーダー CA-XDR72GD

13,800円(04/23 13:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

駐車監視機能詳細

  • 駐車監視機能(オプション)
  • 車両バッテリー
  • 動体検知機能

パナソニックCA-XDR72GDはフロントのみに取り付けるドライブレコーダーです。

パナソニックが製造しているだけあって、映像にはかなり力を入れています。画素数は通常の約2倍である400万画素を採用し、画質補正技術である「WDR」や「HDR」も搭載しています。

これらの機能により明暗の分かれたトンネルの出入り口や、夜間でもキレイな映像の撮影に成功しているのです。またドラレコの耐久温度も‐10℃から+70℃までと範囲が広く、真夏や真冬でも安心して使用できる点も魅力のひとつではないでしょうか。

駐車監視機能は別売りの配線が必要ですが、動体検知機能によって不審人物がうろついている場合、映像を残してくれます。映像に特化したドラレコを購入したいという方にはオススメの1台です。

9位:セルスター SD-790FHG

駐車監視機能詳細

  • 駐車監視機能(オプション)
  • 車両バッテリー
  • 衝撃検知及び動体検知機能
  • バッテリー電圧低下検知機能
  • STARVIS搭載
  • お知らせ機能

セルスターCSD-790FHGは前後カメラタイプのドライブレコーダーです。

衝撃検知と動体検知機能を採用しており、最大12時間の録画が可能となっています。もちろん録画時間は任意で設定できますし、バッテリー上がりを防ぐバッテリー電圧低下検知機能も内蔵されています。

またナイトビジョンという少ない光量でもキレイな映像を記録できるモードや、STARVISも搭載しているため、夜間の録画も安心です。もし駐車監視モードで衝撃などの異常を感知した場合、パーキングモード解除時に音声でお知らせしてくれるのも便利な機能ではないでしょうか。

駐車監視機能を使用するためには、別売りの常時電源コードの購入が必要ですが、いくつか種類があるため間違わないようにしましょう。

8位:パイオニア VREC-DZ300

駐車監視機能詳細

  • 駐車監視機能
  • 車両バッテリー(内蔵バッテリー)
  • 衝撃検知機能及び動体検知機能

パイオニアVREC-DZ300はフロントガラスに取り付けるドライブレコーダーです。

本体とカメラの一体型ですが、小型設計なので運転中もあまり邪魔になりません。別売りの「偏光フィルター」を購入することで、フロントガラスの映り込みを抑えることができ、さらにキレイな映像を録画することができます。

駐車監視機能では「衝撃検知」と「動体検知」の両方が搭載されているため、安心して駐車することができるのではないでしょうか。そして内臓バッテリーを使用しているので、バッテリー上がりの心配がない点も魅力のひとつです。

最大50分間録画することができ、検知方法も以下3種類から選ぶことができます。

  • 動体検知+衝撃検知
  • 衝撃検知のみ
  • 動体検知のみ

人通りの多いスーパーなどの駐車場であれば衝撃検知のみ、自宅であれば衝撃検知と動体検知の両方など、駐車する場所や用途によって選ぶことができます。

7位:ユピテル Q-01

駐車監視機能詳細

  • 駐車監視機能(オプション)
  • 車両バッテリー(外部バッテリーも可能)
  • 衝撃検知機能
  • バッテリー電圧低下検知機能

ユピテルQ-01はフロントのみに取り付ける、「水平360°+垂直360°=合計720°」の撮影が可能なドライブレコーダーです。

車両側面の映像も記録できるため、当て逃げなどにとても有効なドラレコとなっています。また車の形状によって、丸いカメラ部分を動かし調節できるので、一番よい角度での取り付けも可能です。

そしてユピテルの強みである外部電源に対応している点も、魅力の一つであるといえるでしょう。

もちろん外部電源は値段が高いから使いたくないという方は、別売りの配線を購入することで車両バッテリーからの電源供給も可能となっています。それぞれメリットやデメリットがあるため、その点をしっかりと把握し選択しましょう

6位:コムテック HDR360G

駐車監視機能詳細

  • 駐車監視機能(オプション)
  • 車両バッテリー
  • 衝撃検知機能
  • バッテリー電圧低下検知機能

コムテックHDR360Gはフロントに取り付ける360度カメラタイプのドライブレコーダーです。

衝撃を検知し前後の映像を記録する機能が採用されており、360度ドラレコなので横からの当て逃げに対しても有効です。上書きせずに10時間記録できる点も魅力的です。

画素数が500万画素であることも、鮮明な画質を記録することができる理由の一つです。そして従来よりも鮮明で、夜間撮影での明るさもアップしています。

3年保証はもちろん、購入後1年以内に事故にあった際は一律2万円の「補償サービス」がついているため、安心して使用できます。

5位:ケンウッド DRV-340

駐車監視機能詳細

  • 駐車監視機能
  • 車両バッテリー(内臓バッテリー)
  • 衝撃検知及び動体検知機能
  • バッテリー電圧低下検知機能

ケンウッドDRV-340はフロントのみに取り付けるドライブレコーダーです。

一番の魅力は本体に内蔵バッテリーが搭載されているため、オプションで配線を購入しなくても、短時間の駐車監視機能が使える点でしょう。

しかし、使用時間はエンジンオフ時から最大約25分間であり、衝撃や動体検知機能はあるものの10秒間しか録画をしてくれません。もし長く録画をしたいのであれば、別売りの配線が必要になります。

別売り配線を購入すると、車両バッテリーから電源を供給するため24時間駐車監視機能を使うことができます。そして電圧低下検知機能も搭載しているので、バッテリー上がりのリスクも回避できます。

4位:ユピテル WDT510c

駐車監視機能詳細

  • 駐車監視機能(オプション)
  • 車両バッテリー(外部バッテリーも可能)
  • 衝撃検知機能
  • バッテリー電圧低下検知機能
  • タイムプラスモードで長時間記録可能

ユピテルWDT510cは、オプションで駐車監視機能が付いた前後カメラタイプのドライブレコーダーです。

駐車監視機能ではGセンサーが反応し、衝撃を感知した場合、衝撃を受けた前後の映像を記録してくれます。イベント録画となるので、上書きの心配もありません。

また「タイムプラスモード」という録画モードを選ぶことができるので、通常の録画時間より長い時間記録することが可能です。

そして、別売りの外部電源に対応しているという点も魅力の一つだといえるでしょう。外部電源は決して安いものではないですが、車両のバッテリーを気にせず駐車監視を行うことができます。

ただし、外部電源を購入したい場合、外部電源の寿命によっては維持費がかなり割高になるので注意しましょう。まだまだ外部電源は普及されていないため、情報や外部電源を販売しているメーカーも少ないという背景があります。

そのため、どこから電源を取るのかしっかりと調べ、選択しましょう。

3位:パイオニア VREC-DS600

駐車監視機能詳細

  • 駐車監視機能
  • 車両バッテリー
  • 衝撃検知機能
  • セパレートタイプ
  • カーナビ連動も可能

パイオニアVREC-DS600は、カメラと本体が分割しているセパレートタイプのカーナビです。基本はフロントカメラのみですが、別売りのリアカメラセットを購入することで前後カメラにすることもできます。

セパレートタイプなのでカメラが小さく、フロントガラスがすっきりし運転の邪魔になりません。

また「ドライブレコーダーリンク」機能に対応しているカーナビであれば、カーナビでドラレコを操作可能です。録画はもちろん映像の消去などもでき、GPSもカーナビのものを使用できるため、どこで録画した映像なのかを一目で確認することができます。

もしカーナビと連動できなければ本体で操作することもできます。楽ナビと連動していれば、駐車中に衝撃を感知したなどカーナビ起動時にメッセージを表示してくれるため安心です。

2位:コムテック ZDR026

駐車監視機能詳細

  • 駐車監視機能(オプション)
  • 車両バッテリー
  • 衝撃検知機能
  • バッテリー電圧低下検知機能
  • STARVIS搭載
  • 定期的なフォーマットが不要

コムテックZDR026は前後カメラタイプのドライブレコーダーです。

オプションで駐車監視機能を追加することができ、STARVISという技術も取りいれているため夜間でも明るく鮮明な映像を残すことができます。

また「HDR」や「WDR」も採用しています。これらの機能は、夜間撮影時にライトによって白く発光してしまった場合でも、読み取れるように画像補正をしてくれるなどといった効果が期待できます。

駐車監視モードでは衝撃検知機能の採用や、作動時間の設定も可能です。バッテリー電圧低下検知機能も搭載しているので、設定した電圧を下回ると自動で停止してくれます。

ZDR026では記録するファイルシステムが独特で、通常よりたくさんのファイルを保存することができます。そのため、従来必要だった定期的なフォーマット回数を大幅に減らすことに成功しているのです。

1位:ケンウッド DRV-CW560

駐車監視機能詳細

  • 駐車監視機能(オプション)
  • 車両バッテリー
  • 衝撃検知及び動体検知機能
  • バッテリー電圧低下検知機能
  • STARVIS搭載
  • 定期的なフォーマットが不要

ケンウッドDRV-CW560はフロントタイプの360度カメラドライブレコーダーです。

丸く小さな本体でフロントガラスに貼り付けても邪魔になりません。また、オプションで追加できる駐車監視機能には、「衝撃検知」と「動体検知」機能が採用されており、不審人物が近寄ってきた際にしっかりと映像を撮影してくれます。

そして強みの一つにSTARVISの採用や、「F1.8レンズ」が挙げられます。これらを使用し明るく鮮明な動画撮影が可能になっています。

バッテリー上がりにも対処しており、最大10時間の録画は可能なものの電圧が下がればバッテリーを優先し自動で録画を停止してくれます。そして録画した映像をスマホに送り確認できるという点も魅力の一つではないでしょうか。 

駐車監視機能付ドラレコの選び方は?

©zilvergolf/stock.adobe.com

駐車監視機能付きドラレコの選び方は人それぞれです。必ずしも全ての機能がついている方がよいというわけではありません。そして駐車監視機能付きドラレコを選ぶ基準は以下の5点ではないかと思います。

  • 録画時間の設定ができるのか
  • 動体検知や衝撃検知機能の有無
  • どこから電源をとっているか
  • バッテリー電圧検知機能の有無
  • 駐車監視機能がオプション設定かどうか

人によって住む地域、何を重視するかによって違いがあります。まずは駐車監視機能に何を求めているかを考え、どのメーカーがいいのか、どの商品がいいのかを選びましょう。

バッテリーを労りたい人は録画時間設定ができるものがおすすめ

バッテリーの負担を減らすためにあまり長時間の録画をしたくない人は、録画時間を設定できるタイプの方がいいでしょう。

リスクにできるだけ備えたい人は、長時間録画・外部電源タイプがおすすめ

できるだけ駐車中の映像を記録したい、車の盗難が多い地域に住んでいるという方であれば、長時間録画できるタイプや、外部電源を使用できるタイプをオススメします。

安すぎる海外製ドライブレコーダーには注意

この記事では、国産でかつ有名メーカーのドライブレコーダーをオススメしています。

聞いたことのないようなメーカーが作っている安すぎる海外製のドラレコの場合、しっかりと録画できていないなどのトラブルや、壊れた時どこに連絡したらいいのか分からないといったトラブルが考えられるためです。

商品に当たり外れが多い点も、安い海外メーカーの特徴です。絶対ダメとはいいませんが、信頼できるメーカーのドライブレコーダーの使用をオススメします。

前後カメラタイプのおすすめ商品と選び方はこちら

360度カメラなら側面映像も映せる!

「ドライブレコーダー録画中」ステッカーも使うとあおり運転にも安心!

すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部カー用品チーム

関連キーワード