MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > クラウン > 【トヨタ新型クラウン】複雑なグレード構成の違いをわかりやすくまとめ!
メーカー・車種別

更新

【トヨタ新型クラウン】複雑なグレード構成の違いをわかりやすくまとめ!

クラウンは15代目へフルモデルチェンジ!

新型クラウン G-Executive

トヨタ クラウン 15代目 G-エグゼクティブ プレシャスシルバー 2018

2018年6月26日、トヨタの伝統を受け継ぐクラウンが5年半ぶりにフルモデルチェンジ。流麗と躍動感を併せもつ4ドアクーペにも見えるエクステリアが与えられたトヨタ15代目クラウンは、クラウンとしての存在感を保ったまま、よりスポーティに生まれ変わりました。

インターネットと車をつなぐ、トヨタ初のコネクテッドカーとなった新型クラウンは、コネクテッドカーを従来の車がもつ可能性をさらに広げる革新的な車として、新しいモビリティライフを提案します。

あらゆる面で大幅な進化を遂げたクラウンですが、最大のトピックは従来の「マジェスタ」「ロイヤル」「アスリート」というシリーズ構成が撤廃されたことでしょう。新型クラウンのグレード構成について詳しく説明します。

トヨタ新型クラウンの詳細についてはこちら

トヨタ新型クラウン フルモデルチェンジ 価格は460万円からで発売!アスリート/マジェスタ廃止に

新型クラウンの複雑なグレード構成をわかりやすく解説

トヨタ新型クラウン RS Advance

トヨタ クラウン 15代目 RS Advance 2.5Lハイブリッド

先代クラウンでは、ラクジュアリーな「ロイヤル」とスポーティな「アスリート」、最上級の「クラウンマジェスタ」がラインナップされていました。

これに対し新型クラウンでは、これらのサブネームを統合し、「S」「G」「RS」の3グレードと、ベースグレードの「B」で構成されます。

新型に搭載されるエンジンは、先代から引き継がれる2.0L直列4気筒ターボエンジンと、新開発の2.5L直列4気筒ハイブリッドエンジンと3.5L V型6気筒ハイブリッドエンジンの3種類。4WDは2.5Lエンジンのみにラインナップされています。

複雑化した新型クラウンのグレード構成の違いをわかりやすく解説していきます。

歴代クラウンについて詳しくはこちら

トヨタ クラウン初代から14代目の60年余の歴史を画像でふり返る!当時のCMも

クラウンの15代目と14代目について詳しくはこちら

【トヨタ新型クラウン 15代目と14代目を徹底比較】フルモデルチェンジでどう変わった?

アスリートは「RS」グレードに相当

先代トヨタ クラウン アスリート

トヨタ クラウン アスリート

スポーツ指向の「アスリート」に相当するグレードは「RS」です。

12代目クラウンからスポーツグレードとして設定されるようになった「アスリート」。先代となる14代目では、エアロパーツと締めあげられたサスペンションにより、快適性だけでなく運動性能を重視した高速ツアラーとしてラインナップしていました。

新型クラウン RSは、専用エアロと4本出しエキゾーストテールパイプが与えられるエクステリアがスポーティな印象です。電子制御サスペンションやボディの歪みをコントロールするヤマハ製パフォーマンスダンパーが装備され、スポーツ指向が強調されました。
新型クラウン RSは、従来のクラウンアスリートよりも、スポーツセダンとしてさらなるパフォーマンスアップが果たされています。

14代目クラウンの「アスリート」について詳しくはこちら

クラウン アスリートハイブリッドは損?得?価格・減税や実燃費・スペック・パワーからガソリン車と徹底比較

マジェスタは「G-Executive」グレードに相当

先代トヨタ クラウン マジェスタ

トヨタ クラウン マジェスタ Fバージョン 2013年

ロングホイールベースの大排気量サルーン「マジェスタ」に相当するのは、3.5L V6ハイブリッドエンジンが搭載される最上グレード「G-Executive」です。本革シートや充実した快適装備が標準となっている点も共通しています。

「マジェスタ」はトヨタ セルシオに代わるトヨタの最上級車で、3シリーズの中でもトップモデルとして位置していました。

新型クラウンのトップモデルに相当する「G-Executive」は3.5L V6エンジンで統一されています。組み合わされるマルチステージハイブリッドシステムは、レクサス LCにも搭載されるものと同じシステム。2つの高出力モーターをより広い回転域での使用を可能にし、大排気量エンジンさながらの高速巡航性能を発揮します。

14代目クラウンの「マジェスタ」について詳しくはこちら

クラウンマジェスタおすすめグレードはマジェスタかマジェスタ“Fバージョン”!違いを比較

ロイヤルは「S」「G」グレードに相当

先代トヨタ クラウン ロイヤル(クラウン 2.5 ロイヤルサルーンG)

クラウン 2.5 ロイヤルサルーンG プレシャスシルバー

トヨタの伝統あるクラウン「ロイヤル」は、新型クラウンでの2.0Lターボと2.5Lハイブリッドエンジンが設定される「S」「G」に相当します。

歴代クラウンの「ロイヤル」は、高級感を備えつつ、肩肘張らずにゆったり乗れるクラウンのメイングレードでした。

新型クラウンの主要グレードである「S」と、さらなる快適装備を追加した「G」は、先代クラウンの「ロイヤル」「ロイヤルサルーン」を受け継ぐ、新たなトヨタの顔となるクラウンです。

14代目クラウンの「ロイヤル」について詳しくはこちら

クラウンロイヤルハイブリッドは損?得?価格・減税や実燃費・スペック・パワーからガソリン車と徹底比較

【グレード名別】新型クラウンの違いを比較

新型クラウンの複雑なグレード構成は、ラグジュアリー仕様の「標準仕様」とスポーツ仕様の「RS仕様」に分けることで理解しやすくなります。

標準仕様では「B < S < S“C package” < G < G-Executive」の順番に、スポーツ仕様では「RS-B < RS < RS Advance」の順番にグレードランクが上がります。

新型クラウンのグレード別詳細をご紹介します。

【標準仕様】B

新型クラウンのベースグレードとなるのが2.0Lターボエンジンを搭載する「B」です。

ベースグレードとはいえ、インターネットに接続するための車載通信機DCMはもちろん、第2世代へと進化した「Toyota Safety Sense」をはじめとする予防安全装備しています。さらなる安全機能を追加する「セーフティーパッケージ」「セーフティーパッケージPlus」はオプションで選択可能です。

「セーフティーパッケージ」とは、死角に入った車両を知らせる「ブラインドスポットモニター」と対物後退時自動ブレーキの「リヤクロストラフィックオートブレーキ/アラート」、「ヘッドアップディスプレイ」、「リバース連動機能と足元照明を追加したドアミラー」がセットになったオプション。

「セーフティーパッケージPlus」は、「セーフティーパッケージ」に、後方歩行者に対する後退時自動ブレーキと、駐車をサポートする「パノラミックビューモニター&インテリジェントパーキングアシスト」を追加した上位版となります。

「B」に装備されるホイールは16インチ。その他の余計な装備や加飾が抑えられた、新型クラウンの素の性能がわかる過不足のない仕上がりです。

【標準仕様】S

新型クラウン Sの外装

トヨタ クラウン 15代目

新型クラウン Sの内装

ベースグレードの「B」に、機能装備とオプション選択の幅が広がったグレードが「S」です。17インチホイールが標準装備となり、本革巻のステアリング(ハイブリッド車はヒーター付き)が装備されます。

「セーフティーパッケージ」と「セーフティーパッケージPlus」のオプション設定に加え、本革シートの「レザーシートパッケージ」と多彩なボディカラーを選択できる「ジャパンカラーセレクションパッケージ」のオプションが選べるようになります。

S “C package”

「S」に、「セーフティーパッケージ」と「セーフティーパッケージPlus」の安装備全オプションを標準搭載したグレードが「S “C package”」です。
ヘッドライトのハイビーム時でも対向車を眩惑しない「アダプティブハイビーム」も「S “C package”」以上のグレードに搭載されます。

【標準仕様】G

「G」は「S “C package”」に快適装備を追加した上級グレードです。本革巻のステアリングはヒーターが標準となり、リアシートは電動リクライニング式が装備されます。

オプションでは「レザーシートパッケージ」に加え、後席の快適性を向上させるための後席サンシェードとリヤオートエアコンがセットになった「リヤサポートパッケージ」が選択できるようになります。

G-Executive

新型クラウン G-Executiveの外装

トヨタ クラウン 15代目 G-エグゼクティブ ダークブルーマイカ 2018

新型クラウン G-Executiveのリアシート

トヨタ クラウン 15代目 G-エグゼクティブ 内装 2018

「G」で選択できるオプションパッケージがすべて標準装備となり、18インチホイールと専用内装が装備される最上級グレードが「G-Executive」です。

本革シートの後席にはシートヒーターと間接照明が装備。「G-Executive」専用となる本杢調のインテリア加飾が施された高級感溢れる内装が特徴です。
クラウンマジェスタを引き継ぐ、トヨタ最上級のショーファードリブンとなります。

【スポーツ仕様】RS

新型クラウン RS Fourの外装

トヨタ クラウン 15代目 RS Four 2.5L ハイブリッド

新型クラウン RSFourのセンターコンソール

標準モデルのスタンダードと呼べる「S」をスポーティにリセッティングされた、先代クラウンの「アスリート」に相当するグレードが「RS」です。

エクステリアではスポーティなメッシュグリルと専用前後バンパー、リアスポイラーと18インチホイールが標準装備となります。
サスペンションはRS専用にセッティングされた電子制御サスペンションとパフォーマンスダンパーが装備され、LEDシーケンシャルターンランプと4本出しエキゾーストテールパイプが大きな特徴です。

「S」同様、ボディカラーは「ジャパンカラーセレクションパッケージ」から選択可能。内装パネルもジャパンカラーを選択できます。「セーフティーパッケージ」と「セーフティーパッケージPlus」「レザーシートパッケージ」はオプションとなります。

RS-B

「RS」の走行性能はそのままに、標準仕様の「B」と同様に装備とオプション選択を省いたグレードが「RS-B」です。

本革巻ステアリングがウレタン製のステアリングへと変更されていますが、アダプティブハイビームがオートマチックハイビームにグレードダウン。内外装色の選択肢が狭まるとともに、「レザーシートパッケージ」が選択できなくなります。

RS Advance

新型クラウン RS Advanceの外装

トヨタ クラウン 15代目 RS Advance 2.5Lハイブリッド

新型クラウン RS Advance専用シート

トヨタ クラウン 15代目 RS Advance 2.0L ガソリンターボ

「RS」に、専用内装と安全装備オプションが標準装備となる「RS Advance」です。

「セーフティーパッケージ」と「セーフティーパッケージPlus」が標準装備となり、専用の合成皮革コンビネーションシートとヒーター付き本革巻きステアリングが搭載されるRS仕様の最上グレードです。

3.5L V6ハイブリッドエンジンを搭載した「RS」は「RS Advance」一択となります。

4WD車は「Four」

新型クラウン 2.5Lハイブリッドエンジンとパワートレイン

4WD車の「Four」は、全グレードを通して2.5Lハイブリッドのみに設定されます。4WDとFRの違いによる装備の差はありません。

新型クラウン FourのセンターデフにはトルセンLSDを採用し、通常は40:60の前後駆動トルクを、瞬時に30:70から50:50まで可変させるハイレスポンスながら自然な走りを見せる4WDが搭載されます。

4WDとは?

4WDとは?その仕組みと燃費、メリットデメリットを総まとめ

【グレード・エンジン別】新車車両価格表

前述の通り、新型クラウンの複雑なグレード構成は、ラグジュアリー仕様とスポーツ仕様に分けることができます。

エンジンを見ると「2.0Lターボ」は「G-Executive」を除く全グレードに搭載。「2.5Lハイブリッド」がベースグレードを除くすべてに搭載。「3.5Lハイブリッド」は「S」と「G-Executive」のみに搭載。
4WDである「Four」の価格は、基となるグレードの20万円アップとなります。

以下に、グレードを軸とした価格表と、エンジンを軸とした価格表を掲載します。

グレードを軸にした新車車両価格表

グレードによる機能性を主体に購入を考える場合には、こちらの表が把握しやすいでしょう。

ベースグレードはたしかに安価であるものの、直上グレードとの価格差は15万円程度。どうしても安く新型クラウンに乗りたいというのでなければ「S」以上のグレードを選びたいところです。

標準仕様では、「S」は500万円前後。「G」は550万円前後。「G-Executive」は600万円以上と推移していきます。
RS仕様では、トップグレードの「3.5RS Advance」の691万円〜を除けば、約500万円から600万円内に収まる車体価格設定です。

標準仕様

グレードエンジン新車車両価格(税込)
B2.0Lターボ461万円
S2.0Lターボ475万円
2.5Lハイブリッド498万円
519万円【Four】
3.5L V6 ハイブリッド624万円
S“C package”2.0Lターボ494万円
2.5Lハイブリッド516万円
537万円【Four】
G2.0Lターボ542万円
2.5Lハイブリッド562万円
584万円【Four】
G-Executive2.5Lハイブリッド632万円【Four】
3.5L V6 ハイブリッド719万円

RS仕様

グレードエンジン新車車両価格(税込)
RS-B2.0Lターボ500万円
RS2.0Lターボ518万円
2.5Lハイブリッド541万円
563万円【Four】
RS Advance2.0Lターボ559万円
2.5Lハイブリッド580万円
602万円【Four】
3.5L V6 ハイブリッド691万円

エンジンを軸にした新車車両価格

搭載エンジンでの比較を主体にする場合には、こちらの表をおすすめします。

軽快に吹き上がる2.0Lターボ、燃費性能と4WDが選べる2.5Lハイブリッド、大排気量エンジンに代わる3.5Lハイブリッドのどれを選んでも動力性能自体に不満が出ることはないでしょう。

エンジン単体で見た場合の価格差は、2.0Lターボと2.5Lハイブリッドでは、およそ50万円。2.5Lハイブリッドと3.5Lハイブリッドでは、およそ100万円の価格差があることがわかります。

標準仕様

エンジングレード新車車両価格(税込)
2.0LターボB461万円
S475万円
S“C package”494万円
G542万円
2.5LハイブリッドS498万円
519万円【Four】
S“C package”516万円
537万円【Four】
G562万円
584万円【Four】
3.5L V6 ハイブリッドS624万円
G-Executive719万円

RS仕様

エンジングレード新車車両価格(税込)
2.0LターボRS-B500万円
RS518万円
RS Advance559万円
2.5LハイブリッドRS541万円
563万円【Four】
RS Advance580万円
602万円【Four】
3.5L V6 ハイブリッドRS Advance691万円

グレード構成の違いをまとめ

新型クラウン RS Advance

トヨタ クラウン 15代目 RS Advance 2.0L ガソリンターボ

これまで「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」に分かれていたグレード構成が一つにまとまったことで、新型クラウンのグレードは複雑な構成になっています。

しかし、主要な装備はオプション設定となっているため、その違いは搭載エンジンと駆動方式、内装のわずかな違いのみ。RSに関しても、ボディの基本性能は変わらないため、パフォーマンスの差はエンジン性能の差のみといえるでしょう。

クラウン「ロイヤル」のように快適性と安全性といった実用面を第一に考えるなら、4WDハイブリッドの「2.5 G Four」、もしくは「セーフティーパッケージPlus」が組み込まれバリュー感のある「 2.0 S“C package”」がおすすめです。

「アスリート」の高速ツアラー性能を求めるのであれば、スポーツセダンの素性を楽しめる「2.0 RS」か「2.0RS-B」。最高性能のエンジンが搭載され、絶対的な動力性能を誇る「3.5 RS Advance」をおすすめします。

「マジェスタ」のような高級感溢れる室内空間と高速巡航性能がお望みであれば、迷わず最上級モデルの「3.5 G-Executive」がおすすめです。

基本性能が飛躍的に上がった新世代のコネクテッドカーである新型クラウンは、「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」の三者三様のキャラクターを一つのボディで表現できる、高い完成度を誇る車へと進化したといえます。

トヨタの注目新型車情報はこちらから

トヨタ新型カローラスポーツ(ハッチバック)6月26日発売!オーリス後継車種の価格やスペックは?

トヨタ新型カローラ スポーツはオーリスからどう変わったか?新旧モデル徹底比較

【トヨタ新型センチュリー 新旧比較】3代目は何が変わって何がかわらなかったのか?

トヨタ新型カローラフィールダー フルモデルチェンジ最新情報|発売日は2019年9月か?価格と燃費やサイズは?

この記事の執筆者
MOBY編集部

関連キーワード