MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > トヨタ > カローラ > 【トヨタ カローラ(1600GT)】カローラ最後のFRに登場した本格派スポーツ
カローラ 4代目 1600GT
カローラ

更新

【トヨタ カローラ(1600GT)】カローラ最後のFRに登場した本格派スポーツ

生産累計台数1,000万台突破!4代目カローラの誕生

カローラ 4代目 1600GT
画像の個体は4代目カローラの前期型「1600GT」

1966年の初代誕生以来、3代にわたり爆発的ヒットを飛ばし大衆車としての地位を不動のものとしたカローラは、1979年ついに4代目へとフルモデルチェンジを実施しました。

4代目カローラはそれまでの丸みを帯びたボディフォルムを一新。空気抵抗軽減を意識したシャープな直線基調に変貌を遂げました。

ボディバリエーションは、2ドア・4ドアセダン、ハードトップ、リフトバック、クーペがラインナップ。モデル最終期にはカローラ ツーリングの始祖となるカローラ ワゴンも登場しました。

【トヨタ カローラ歴代まとめ】初代から現行12代目まで

カローラ 4代目 1600GT
バンパーはレビンとGTのみ大型ウレタン製

エンジンは、当初3代目でも搭載された1.3Lの4K-U型、1.6Lの2T-GEU型と、新規で1.5Lの3A-U型がラインナップ。その後、1.8Lの13T-U型が追加されました。

厳しい排ガス規制の末生まれたこれらのエンジンは、さらにオイルショックを経験したことで低燃費エンジン「レーザーエンジン」を生み出し、4代目カローラも随時同エンジンへと置換。

あらたにディーゼルエンジンも登場しました。カローラは1983年3月、初代より16年4ヶ月という速さで4代目のシーズン中、生産累計台数1,000万台を超える偉業を達成したのです。

【トヨタ カローラ 110系】スリム化と安全強化へ。8代目のリポジショニング

4代目 カローラ 1600GTはスポーティモデル最上位

カローラ 4代目 1600GT

カローラ 1600GTは、4ドアセダン・ハードトップ・リフトバックの最上位スポーツグレードとして展開。この記事で使用されている画像の個体は1980年式前期型の4ドアセダン 1600GTです。

4ドアセダンのデザインは、空力特性を生かしたシンプルな直線基調。シャープなスラントノーズを持ったハイデッキのボクシースタイルで、ヘッドランプは丸形4灯が採用されています。丸形4灯式は前期型セダンの大きな特徴。

また、1600GTには、レビン同様大型の衝撃吸収樹脂バンパーが装備され、他グレードとの差別化を図っています。

カローラ 4代目 1600GT

内装も外装同様シャープな仕上がりとしながら豪華で、1600GTなど上級グレードではステアリングにA型スポークを採用。

さらにGTのみ本革巻きとなり、コンソール周りはウッドパネル、アクセルペダルもスポーティタイプが装備されたのです。1600GTは1981年にマイナーチェンジを実施。前期型では丸形4灯としたヘッドランプが見直され、全車で角型2灯へと統一されました。

トヨタ豊田章男社長の愛車は6台?年収やプロフィール、華麗なる一族に迫る

カローラ 1600GTはレビンと同等!ラリーでも活躍

カローラ 4代目 1600GT
A型スポークのステアリングは計器類の視認性を考慮したもの

4代目 カローラ 1600GTのエンジンは1.6L 直列4気筒DOHCの2T-GEU型。この型式エンジンはレビン搭載のエンジンと同じです。駆動方式はFR、サスペンションは前輪がマクファーソンストラット、後輪が4リンク・コイルとし、4輪ディスクブレーキが装備。

最高出力は115psを発揮し、全長4,225mm、車両重量わずか955kgのコンパクト・軽量のボディと強力なエンジンは大衆車の域を超えるものでした。

カローラ 4代目 1600GT

レビンは別格としてファミリーセダンのイメージが強いカローラにあって、ボクシーなスラントノーズにいざ走りだすとその威力を発揮するカローラ セダン 1600GTは、知る人ぞ知る存在で、思い思いのチューンを施しラリーレースなどに参戦するオーナーもいたのです。

【トヨタ カローラ(100系)】大衆車の頂点を目指せ!7代目が傑作と呼ばれる理由

4代目 カローラ 1600GTは他と被らず、前期型が人気

4代目 カローラ 1600GTは、メジャー級レビンに比べると地味ですが、その地味さ加減が他とは被らず隠れた人気モデル。

特に前期型セダンはカローラでは貴重な丸目・ボクシーな硬派スタイルが稀少価値となり、今では流通すればかなりの高値となるようです。現在はたま数は少ないものの、価格は290万円となっています。(2019年12月時点)

4代目 カローラ 1600GTのスペック表

カローラ 4代目 1600GT

下記のスペックは1979年発売の4ドアセダン 1600GTのものとしています。

エンジン1.6L 直列4気筒DOHC(2T-GEU型)
最高出力115ps/6,000rpm
最大トルク15.0kg・m/4,800rpm
ボディサイズ全長 4,225mm 全幅 1,610mm 全高 1,385mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量955kg
トランスミッション5速MT
駆動方式FR
乗車定員5人
新車時車両価格

*本記事の画像は2019年9月にMEGA WEB トヨタ シティショウケースにて開催された新型カローラ・カローラ ツーリング メディア発表会にて撮影

最新「カローラ」中古車情報
本日の在庫数 262台
平均価格 167万円
本体価格 14~329万円

【新車情報カレンダー 2020~2021年】新型車デビュー・フルモデルチェンジ予想&リーク&スクープ|2月18日更新

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事