MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > スバル > XV > 新型スバル XV、4年ぶりに大幅改良!デザインと走りの変更点まとめ
XV

更新

新型スバル XV、4年ぶりに大幅改良!デザインと走りの変更点まとめ

9月4日、スバルはクロスオーバーSUV「SV」をマイナーチェンジしたことを発表。

新型スバルXV
フロント¥
新型SVはバンパー、ランプなどのデザインが変更されている。
XV現行モデル
現行モデル
新型スバルXV グリル
新型XVのグリルは少し小型化し形状が変化した。

スバルの先進予防安全技術「EyeSight(アイサイト)」はVer.3.5ツーリングアシストへバージョンアップした。

パワートレインは変更されておらず、1.6L水平対向と2.0Lハイブリッド「e-BOXER」をキャリーオーバー。2019年10月の年次改良から2ハイブリッドではない2.0L水平対向は廃止となっている。

また、スバルが「スポーティな走りをサポートする」と伝えるアダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」を新たに採用したことも大きなポイントだ。

車両価格は1.6Lのエントリーグレードで220万円、最上級グレード「Advance(アドバンス)」で298.1万円(いずれも税込)。

発売は10月8日からとのこと。

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 ニュース記事制作チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!