MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 【1989年-1998年】多くのワゴンが挑んでは消滅…スバルの名ステーションワゴンたち【推し車】
メーカー・車種別

更新

【1989年-1998年】多くのワゴンが挑んでは消滅…スバルの名ステーションワゴンたち【推し車】

ステーションワゴンならスバル!と決め打ちするユーザーも多いスバルですが、実際1990年代ワゴンブームで多くのメーカーが起爆剤となったスバルへ挑み、その牙城を崩せないまま消え去ったワゴンは数知れません。

現在でも先進技術はレヴォーグから実装するなど重要視しているワゴンの名門、スバルから、厳選された推しのステーションワゴン3台をご紹介します。

初代レガシィツーリングワゴンGT(1989年)

初代レガシィツーリングワゴンGT

現在では信じ難いことに、30年以上前の日本ではステーションワゴンはおろか、5ドアハッチバックすら「ライトバンみたいでカッコワルイ」という考え方が主流だったのを、一夜にして変えた革命的大ヒット車。

ボディを共用したライトバンが存在せず、作り込まれた足回りとフルタイム4WD、特に「GT」では強力なDOHCターボが採用された新世代エンジンを搭載しています。デザインこそまだ野暮ったかったものの、考え抜かれた快適な内装と車内空間は見事です。

4輪車メーカーとして生き残りを図ったスバルが完全新設計した気合は、日本人の意識を大変革し、ミニバンSUVとともに、2ドアクーペも3ドアハッチバックも4ドアセダンも駆逐していきました。

最新「レガシィツーリングワゴン」中古車情報
本日の在庫数 1094台
平均価格 73万円
本体価格 7~370万円

初代インプレッサスポーツワゴンWRX STiバージョン(1994年)

初代インプレッサスポーツワゴンWRX STiバージョン(1994年)

レオーネ上級グレード後継だったレガシィに対し、同下位グレード後継として登場した初代インプレッサでも、「スポーツワゴン」が大ヒットとなりました。

WRC(世界ラリー選手権)で活躍したセダン/クーペの高性能版WRXをさらにチューンした「STiバージョン」はワゴンにも設定。世界レベルの高性能をブームのワゴンボディに載せた高性能スポーツワゴンという思想は、現在のレヴォーグへも受け継がれています。

JTCC(全日本ツーリングカー選手権)にも参戦したほか、ジムカーナなど国内外のモータースポーツからストリートまで、スポーツ派に愛されたワゴンでした。

最新「インプレッサスポーツ」中古車情報
本日の在庫数 1707台
平均価格 133万円
本体価格 20~328万円

初代インプレッサ カサブランカ(1998年)

初代インプレッサ カサブランカ(1998年)

グラベルEX(現在のXV相当なクロスオーバー)やリトナ(2ドアクーペ)と並ぶ、初代インプレッサの珍車ですが、あえて「本当に発売したスバルの勇気」をたたえる意味で選抜しました。

1.5リッター廉価グレードのC’zをベースに、1995年に発売された人気のレトロ軽・ヴィヴィオビストロのごとく、丸いヘッドランプ、テールランプ、ウィンカーレンズを採用、レトロ調フロントグリルとバンパーで仕上げています。

1997年の東京モーターショーへ出展した時も驚きましたが、本当に発売されて街で見かけると、古いコンパクトカーを思わせるビストロとは異なったベクトルのインパクトに、思わずギョっとしたものでした。

最新「インプレッサ」中古車情報
本日の在庫数 1026台
平均価格 158万円
本体価格 12~1,100万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

新型車に関する最新情報はコチラ!

スバルの新型車に関する最新情報はコチラ!

あのスバル車にもワゴンタイプが設定される・・・!?

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード