MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > GT-R > 日産 GT-R50 イタルデザインは1億2千万円以上の価格で50台限定発売!スペックなど最新情報まとめ
GT-R

更新

日産 GT-R50 イタルデザインは1億2千万円以上の価格で50台限定発売!スペックなど最新情報まとめ

日産GT-R50 イタルデザインとは?

日産自動車とイタルデザインは両社初となる提携を実施し、「GT-R」と「イタルデザイン」がともに50周年であることを記念して、プロトタイプ「GT-R イタルデザイン」を共同開発し、世界に向け披露することを発表しました。

世界デビューの場に選ばれたのは、7月12日開催予定となる英国の歴史あるモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」。また、GT-R イタルデザインは同フェスティバルの恒例イベント「ヒルクライム」への出走も予定しています。ヒルクライムは、世界の名だたるスーパーカーや市販車が2km弱のコースを滑走し、観客を沸かすメインイベント。
GT-R イタルデザインの世界デビューには絶好の舞台と言えるでしょう。

さらに、GT-R イタルデザインは単にプロトタイプにはとどまらず、限定販売を実施する予定となっています。GT-R イタルデザインについてスペックや価格などをご紹介します。

車のフェスティバルについてはこちらから

イタルデザインとは?

ジウジアーロ アルファロメオ
Supermac1961 CC 表示 2.0 / CC BY 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

イタルデザインとは、カーデザイナー「ジョルジェット・ジウジアーロ」が創立したイタリアのデザイン会社で、車の開発・設計・製造を専門に行っています。

ジウジアーロは、高級車から量産車まで類を選ばずデザインすることで知られ、そのデザインには「ジウジアーロのウェッジシェイプライン」と呼ばれるシャープでシンプルな造形を採ることを特徴としています。

ジウジアーロのデザインした車には「フォルクスワーゲン 初代ゴルフ」「アルファロメオ ジュリアスプリントGT」「マセラティ ギブリ」「いすゞ 117クーペ」など、いくつかあげるだけでも世界の名車がずらりと並びます。

フィアット、ベルトーネ、ギアを経て、自らのデザイン会社「イタルデザイン」を創立したジウジアーロ。2019年、イタルデザインは創立50年を迎えます。

ジウジアーロ デザインについてはこちらから

価格は90万ユーロ(約1億2千万円)以上に!

GT-R イタルデザイン

日産 GT-R50 イタルデザイン

GT-R イタルデザイン

日産 GT-R50 イタルデザイン

GT-R イタルデザインの価格は、発表では90万ユーロからになるとのこと。
90万ユーロは、日本円に換算すると実に約1億2千万円となります。

その価格からというのは、購入者の希望によってはもっと高額になる場合もあるということを示唆するもので、きわめてワンオフに近い製造となるようです。

それでは、GT-R イタルデザインがどのような仕様でそれほどの価格がつくのか、現時点での仕様最新情報を紹介してみます。

GT-R イタルデザインのエクステリアデザイン

GT-R イタルデザイン

日産 GT-R50 イタルデザイン3

GT-R イタルデザイン

日産 GT-R50 イタルデザイン

「GT-R イタルデザイン」は、車の開発・設計・製造はイタルデザインが受け持ち、内・外装のデザインに関しては、欧州の日産デザインヨーロッパ及び日産デザインアメリカが受け持っています。

「GT-R NISMO(ニスモ)」の最新モデルをベースに、ボディカラーには全体を「リキッドキネティックグレイ」に、50周年を記念して「エナジェティックシグマゴールド」をアクセントとしています。

フロントのLEDヘッドライトはシャープにホイールアーチ付近まで伸ばしています。グリル上部にはアクセントのゴールドインナーパネルが近未来的な印象で、ボンネット上のパワーバルジもゴールドに加飾されています。

サイドでは、ベースモデルより低くしたルーフラインや、特徴的なフロントフェンダーのエアアウトレットもゴールドの「サムライブレード」が装備されます。

また、リアではベースモデルよりウィンドウラインが深く長く、大ぶりな可変式リアウィングを採用し、リア部の多くの配色をゴールドとするなど、大胆でゴージャスなつくりとしています。

車のフェンダーについてはこちらから

GT-R イタルデザインのインテリアデザイン

GT-R イタルデザイン インテリア

日産 GT-R50 イタルデザイン 内装

GT-R イタルデザイン インテリア

日産 GT-R50 イタルデザイン 内装

GT-R イタルデザインのインテリアデザインも、ゴージャスで個性的に仕上げられています。

ドア、インストパネル、センターコンソールの内張りには2種類のカーボンファイバー、シートには黒の上質なイタリアンレザーとアルカンターラが、ステアリングはGT-R50専用が装備、また、エクステリアのゴールドに合わせ、コックピットにも随所にゴールドのアクセントが取り入れられています。

アルカンターラについてはこちらから

GT-R イタルデザインのパワートレインスペック

GT-R イタルデザイン

日産 GT-R50 イタルデザイン

GT-R イタルデザインでは、パワートレインにも大きなこだわりが見られます。

GT3での経験を生かし、NISMOが手作業でチューニングを施した「3.8L V型6気筒 VR38DETTエンジン」は、大口径ツインターボチェージャーと大型インタークーラーを備えています。ピストンオイルジェット・燃料噴射装置の大規模化、シャフト・イグニション・吸排気システムの改良などにより、最高出力720PS、最大トルク780N・mを達成します。

また、その高パワーに耐えるべく、サスペンションは最新のビルシュタイン製、ブレーキにはハイパフォーマンスとなる赤いブレンボ製ブレーキキャリパーが採用されています。

GT-R50 イタルデザインのスペック表

エンジン種類V型6気筒 VR38DETT型
排気量3.8L
最高出力-[720]/7,100
最大トルク780[-]/3,600-5,600
トランスミッション6速DCT
駆動方式リアトランスアクスル4WD
使用燃料
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

GT-R50 イタルデザインの走行動画をチェック!

50台限定販売でいつから発売に?

GT-R イタルデザイン

日産 GT-R50 イタルデザイン

GT-R イタルデザインの販売台数は、上限50台という極めて少ない数としています。

また、発売は2018年7月12日の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」でのお披露目を皮切りに、数か月掛けて世界各地で披露され、購入を受け付けるようです。

日本でのお披露目がいつになり、果たして台数がどの位となるのか、興味はつきませんね。

GT-R イタルデザインの魅力とは?

GT-R イタルデザイン

日産 GT-R50 イタルデザイン

GT-R イタルデザインの最新情報、スペックなどについて紹介してきました。

発表に際し、日産グローバルデザイン担当のアルフォンソ・アルバイサ氏は、「何の制約もなくGT-Rを作ったらどうなるだろう。とこれまで何度考えたか。それが今実現できた」と語っています。

日産が長年培ったGT-Rの性能のノウハウ、コーチビルダーとして高いスキルを持つイタルデザインが初タッグを組んだ「GT-R イタルデザイン」。量産車という枠を超え、携わる人が思いの丈を込めたものがこの車なのかもしれません。日本でのお披露目に期待しましょう。

次期型日産 GT-R(R36)はいつデビュー?デザインを予想

現行の日産 GT-Rについてのおすすめ記事はこちら

すべての画像を見る (10枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!