MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 日産 > フェアレディZ > 「なぁ日産、もっと大事にしてあげてくれよ」カッコよくて高性能なのに“不遇”?なZ32フェアレディZ【推し車】
フェアレディZ

更新

「なぁ日産、もっと大事にしてあげてくれよ」カッコよくて高性能なのに“不遇”?なZ32フェアレディZ【推し車】

なぜか不遇なフェアレディZの中でも、とりわけ不遇なZ32

北米ではIMSAレースで活躍したZ32だが、日本ではJGTCに参戦したもののGT-Rほどの成績は残していない

ダットサン・スポーツ以来の長い歴史を誇る日産純血のスポーツカーでありながら、今でも最新のRZ34型が欲しくてもなかなか手に入らないなど、不遇の期間が意外にも多い気がするフェアレディZ。

MOBY編集部がAIに聞いた、「30〜50代のクルマ好きが気になる名車」にも歴代モデルが当然のようにノミネートされていますが、今回紹介するのは4代目Z32です。

インフィニQ45やBNR32スカイラインGT-Rとともに、当時の国産車280馬力自主規制の基準となった「280馬力トリオ」の1台でありながら、GT-Rのように頻繁なバージョンアップを受けることなく塩漬けだった期間が長く、ファンを悲しませた世代のお話。

「MID4」の夢破れた日産に残されたスポーツカーはやはりZ

ターボモデルは国産初の280馬力エンジンであるVG30DETTを積んだ、1989年デビュー当時の2シーター・Tバールーフ車

1980年代後半、日産は「MID4」およびその発展型「MID4-II」というミッドシップ・フルタイム4WDのスーパーカーを開発しており、市販が実現していれば初代ホンダ NSXと並び後世に語り継がれる名車になった…かもしれません。

しかし日産はこのミッドシップスポーツを新技術の試験車両に留めることを決断、開発で活かされた技術は1990年前後に発売される日産車へ活かされる事となりますが、3リッターV6DOHCツインターボのVG30DETTや、スーパーHICASなどを受け継いだのがZ32。

4代目のフェアレディZとなるZ32は、急激な円高による海外での価格上昇でラグジュアリー路線を強めていたZ31後期からの流れにある、当時の国産車としては高級スポーツカーに属したクルマでした。

日産としては、グループAレースのJTC(全日本ツーリングカー選手権)で必勝を期すマシンはBNR32スカイラインGT-Rと決め、レースで勝つというよりスポーツカーらしい雰囲気と快適性や高級感といった要素はZ32フェアレディZで、と役割を決めたようです。

Z31前期までの「プアマンズ・ポルシェ」路線は240SX(海外版シルビア)に任せて車格を上げ、3リッターV6DOHCエンジンの自然吸気版(VG30DE)を標準に、同ターボ(VG30DETT)を高性能版として、300馬力を発揮。

BNR32スカイラインGT-RのRB26DETT、インフィニティQ45のVK45DEともども国産最強の「300馬力馬力トリオ」として売り出すところ、当時の運輸省(現・国土交通省)から横槍が入って日本国内では「280馬力トリオ」となり、そのまま国産車の自主規制値へ。

その3台で最初に発売されたのはZ32だったので、「日本初の280馬力」となって、スポーツカーとしての面目を保った形となりました。

カッコイイし、性能も優れていたのに塩漬けとなった11年間

ほとんど忘れ去られた1989年に初の(そして唯一の)マイナーチェンジを敢行、「まだ売る気があったのか?!」と驚かせたほど、それまで半ば放置されていた

4ドアサルーン、あるいはそれを由来とする2ドアクーペと異なり、最初から2ドア2シーター/2+2シーターのスポーツクーペとして作られたZ32は、当然のごとくGT-Rよりワイド&ローでショートホイールベース

空力でもコーナリング性能でも有利な素性を持ち、ラグジュアリー志向ゆえにBNR32より軽くもなく、VG30DETT搭載車ではエンジンルームもキチキチでチューニングや熱問題を抱えていましたが、グラマラス&エレガントなデザインにファンも多かったものです。

RB26DETTほどではないとはいえ、チューニングすれば600~700馬力程度は可能で、アメリカのポンネビルで最高速に挑んだフルチューンZ32は実に「421km/h」もの速度を記録しており、アメリカのIMSAレースなどでも活躍しました。

しかし、日産が誇るスポーツモデルとしてスカイラインGT-RがBNR32から33、34と進化していったのに対し、Z32は細かい仕様変更やグレード変更があったくらいでマイナーチェンジすらなく、基本的には塩漬け。

経営危機にあって、改良しても需要が限られるスポーツクーペに手間をかけていられない…とばかりに放置され、新世代のVQエンジンへの換装やワイドボディ化も却下、1998年にようやくマイナーチェンジされた時には、「今さら?!」と驚かれたほどです。

どちらかといえば米国日産向け、日本向けとしては本国の日産が力を入れたがらないZの悲哀はZ32でその頂点に達していましたが、それでも2000年までの11年、地道に作った甲斐があり、仏ルノーが介入したリバイバルプランでZ33として復活する道が残されました。

日本では発売直後を除き、表街道で恵まれた生涯を過ごしたとはいえないZ32ですが、時々見かけた時は「スポーツカーって、やっぱカッコイイよね」と夢を持たせるクルマだったのは確かで、早々にモデル廃止とならなかったのは幸いです。

今のRZ34も、ファンに行き渡らないほど細々としか作ってもらえぬ不遇を味わっていますが、日産は「フェアレディZ」というブランドや、それを足がかりに日産ファンとなっているユーザーを、もっと大事にしてほしいと思います。

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】メーカー別に《推し車》を見たい方はコチラ

【推し車シリーズ】スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

【推し車シリーズ】「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード