MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ミニバンおすすめ人気ランキング全18車種徹底比較!
メーカー・車種別

更新

ミニバンおすすめ人気ランキング全18車種徹底比較!

【9位】トヨタ エスクァイア

トヨタ エスクァイア

トヨタ エスクァイア

トヨタ エスクァイアの最新販売台数

2018年1〜5月における、「トヨタ エスクァイア」の販売台数は17,640台。兄弟モデルのヴォクシーやノアには人気が劣るものの、着実に売り上げを伸ばしています。

トヨタ エスクァイアの特徴

トヨタ エスクァイアは、2014年10月に発売された高級指向のミニバンです。現在発売されているエスクァイアは、2017年7月にマイナーチェンジが行われたモデル。旧モデルからエクステリアや内装装備などが変更されたほか、最上級パッケージの追加が行われています。

エスクァイアは、ノアやヴォクシーと基本メカニズムを共有する兄弟モデルです。“高級指向のミニバン”と紹介しましたが、ノアやヴォクシーと比べて、エスクァイアの車両価格は特別高額ではありません。

エスクァイアの特徴は、ラグジュアリー感を強調したエクステリア。バンパー下部まで伸びたフロントグリルは、中性の騎士がかぶる兜(かぶと)を連想させます。

エスクァイアの室内装備や使い勝手は、ノアやヴォクシーとほぼ変わりません。高級感のあるミドルクラスのミニバンをお探しなら、エスクァイアをチェックしてみてください。

トヨタ エスクァイアのスペック・燃費・新車車両価格

発売日2014年10月 デビュー
2017年7月 フルモデルチェンジ
ボディサイズ全長4,695
全幅1,695
全高1,825〜1,865(mm)
車両重量1,560〜1,730kg
乗車定員7〜8人
エンジンガソリンモデル:2L直列4気筒 DOHC
ハイブリッドモデル:1.8L直列4気筒 DOHC+モーター
最高出力エンジン(ガソリンモデル):112kW[152PS]/6,100rpm
エンジン(ハイブリッドモデル):73kW[99PS]/5,200rpm
モーター:60kW[82PS]
最大トルクエンジン(ガソリンモデル):193N・m[19.7kgf・m]/3,800rpm
エンジン(ハイブリッドモデル):142N・m[14.5kgf・m]/4,000rpm
モーター:207N・m[21.1kgf・m]
トランスミッションガソリンモデル:CVT
ハイブリッドモデル:電気式無段変速機
駆動方式FF・4WD
JC08モード燃費ガソリンモデル:14.8〜16.0km/L
ハイブリッドモデル:23.8km/L
燃料レギュラー
新車車両価格267万〜336万円
ライバル車日産 セレナ、ホンダ ステップワゴン
最新「エスクァイア」中古車情報
本日の在庫数 1767台
平均価格 226万円
本体価格 86~450万円
エスクァイアの中古車一覧へ

トヨタ エスクァイアについて詳しくはこちら

【10位】ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ 2017年型

ホンダ オデッセイの最新販売台数

2018年1〜5月における、「ホンダ オデッセイ」の販売台数は7,744台。人気ランキング9位のエスクァイアに大きく差をつけられているものの、地道に売り上げを伸ばしています。

ホンダ オデッセイの特徴

ホンダ オデッセイは、1994年10月にデビューした高級ミニバンです。5代目にあたる現行モデルは、2013年11月に発売されました。

オデッセイの特徴にあげられるのは、ひと目でわかる車高の低さ。現行モデルの全高は1,685〜1,715mmと、一般的なミニバンより100mmほど低く設計されています。このためオデッセイは走行安定性が高く、ステーションワゴンに近い感覚で運転することが可能です。

もう一点、オデッセイの特徴にあげられるのが、ハイブリッドモデルの走行特性。オデッセイ ハイブリッドは、EV走行(モーターのみの走行)を主体とするシステムを採用しています。このため、燃費が26.0km/L(JC08モード)と、クラストップレベル。大柄なミニバンでありつつ、環境に配慮して走行できます。

オデッセイは、通勤や長距離ドライブを主体にミニバンを使用する方におすすめです。ミニバンに運転の楽しさを求める方も、オデッセイをチェックしてみてください。

ホンダ オデッセイのスペック・燃費・新車車両価格

発売日1994年10月 デビュー
2013年11月 フルモデルチェンジ
ボディサイズ全長4,840
全幅1,820
全高1,685〜1,715(mm)
車両重量1,750〜1,890kg
乗車定員7〜8人
エンジンガソリンモデル:2.4L直列4気筒 DOHC
ハイブリッドモデル:2L直列4気筒 DOHC+モーター
最高出力エンジン(G・AERO):129kW[175PS]/6,200rpm
エンジン(ABSOLUTE・2WD):140kW[190PS]/6,400rpm
エンジン(ABSOLUTE・4WD):136kW[185PS]/6,400rpm
エンジン(ハイブリッドモデル):107kW[145PS]/6,200rpm
モーター:135kW[184PS]/5,000〜6,000rpm
最大トルクエンジン(G・AERO):225N・m[23.0kgf・m]/4,000rpm
エンジン(ABSOLUTE・2WD):237N・m[24.2kgf・m]/4,000rpm
エンジン(ABSOLUTE・4WD):235N・m[24.0kgf・m]/4,000rpm
エンジン(ハイブリッドモデル):175N・m[17.8kgf・m]/4,000rpm
モーター:315N・m[32.1kgf・m]/0〜2,000rpm
トランスミッションガソリンモデル:CVT
ハイブリッドモデル:電気式無段変速機
駆動方式FF・4WD
JC08モード燃費ガソリンモデル:13.0〜14.0km/L
ハイブリッドモデル:24.4〜26.0km/L
燃料レギュラー
新車車両価格298万〜415万円
ライバル車トヨタ アルファード、トヨタ ヴェルファイア、日産 エルグランド
最新「オデッセイ」中古車情報
本日の在庫数 2080台
平均価格 124万円
本体価格 1~393万円
オデッセイの中古車一覧へ

ホンダ オデッセイについて詳しくはこちら

ミニバン人気ランキング 11位〜23位をまとめて紹介!

ミニバン人気ランキング11位以下はまとめて紹介します!

順位メーカー名 車名販売台数
11位三菱 デリカ D:55,979
12位トヨタエスティマ4,260
13位トヨタ ハイエースワゴン3,597
14位日産 エルグランド3,420
15位日産NV200 バネットワゴン780
16位日産NV350 キャラバン787
17位スズキ ランディ459
18位三菱 デリカ D:351

2019年以降もさらに人気が高まるミニバン市場

ミニバン 駐車場

現在の自動車市場では、ミニバンは「トヨタ アクア」や「トヨタ プリウス」といったハイブリッド車に次いで人気があります。この傾向は、2019年以降も維持されるか拡大していくでしょう。

というのも、現在のトレンドであるSUVの人気にかげりが見え始めているからです。SUVは趣味性が高く派手さがあるジャンルですが、1つのモデルの人気が長続きしません。このためロングセラーが出にくく、一時的に盛り上がった人気も停滞しつつあります。

この一方で、ミニバンには派手さがないものの、変わらない一定の需要があります。SUVの人気が低迷すれば、相対的にミニバンの需要は高まるはず。すでに開発が噂されている新型ミニバンの名前もいくつが挙がっていています。今後のミニバン市場に要注目です。

開発中の超注目新型ミニバンについてはこちら

ミニバンの関連記事はこちら

すべての画像を見る (14枚)

コメント

利用規約

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ