MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ダイハツ > アトレー > ダイハツがキャンプ仕様のデッキバンをお披露目!クールな専用装備で爆売れ必至!【東京オートサロン2022】
アトレー

更新

ダイハツがキャンプ仕様のデッキバンをお披露目!クールな専用装備で爆売れ必至!【東京オートサロン2022】

キャンプ仕様のデッキバンがオートサロンに登場

アトレーデッキバン キャンパー ver.

ダイハツは2022年1月14日、昨年発表されたアトレーデッキバンをベースとしたカスタム車両「アトレーデッキバン キャンパー ver.」を東京オートサロン2022にて初披露しました。

ヘッドライトやフロントバンパー周辺はベース車と若干異なるデザインとなっており、専用装備としてルーフテントやアルファベットのダイハツエンブレムなどを多数採用。レジャー向けの活躍が期待されるデッキバンの可能性を示すカスタムに仕上がっています。

ダイハツの東京オートサロン2022出展概要はこちら

個性的なスタイリングを更にパワーアップ!

軽自動車規格のピックアップという唯一無二のスタイリングが自慢の特装車「デッキバン」。スライドドアである点も、日常における使いやすさを向上させています。

今回のカスタムはそのルックスを最大限に生かしたキャンパー仕様ということで、かねてより個性的なルックスを最大限に活かした魅力的なものに。

後述するルーフテントを展開した姿は圧巻。展開時の全高は撮影者の体感だと3mほどあります。

フロント同様、リアにもアルファベットのダイハツロゴを配置し、ポップでアクティブな雰囲気を演出しています。

専用のルーフテントを装着!

専用のルーフテントにフォーカスするとこのような感じに。開閉式で走行時には折りたたまれます。

デッキ部分にはルーフテントに乗り込むためのステップが用意されており、乗降時以外は折りたたむことで収納スペースを損なわないような工夫がなされています。

ルーフキャリアとルーフの接続部分はこのようになっており、必要に応じて取り外すことも可能なようです。

後付けキットとして発売される可能性にも期待です。

車内にはアウトドア用品がズラリ

車両の室内にはランタンやクーラーボックスを始めとする、キャンプなどのアウトドアレジャーに必須となるツールが揃っています。

4人乗りも可能なデッキバンですが、このカスタムでは後部座席もデッキ部分と同様に収納スペースとして活用しているようです。

後部座席の窓ガラスはボディと同色の外板によって塞がれています。ウィンドウ中央にある黒い樹脂製の部分は工具入れとして活用でき、中央に配置されたハンドルを回すことで開くようになっています。限られたスペースを有効に活用しようとするダイハツの工夫が感じられます。

東京オートサロン2022の情報

東京オートサロン2022の情報はこちらの記事で詳しくお伝えしています。

ダイハツの新型車情報はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード