MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 【燃費の悪い軽自動車TOP5】1位は話題を呼んだあのクルマ!
燃費の悪い軽自動車
メーカー・車種別

更新

【燃費の悪い軽自動車TOP5】1位は話題を呼んだあのクルマ!

複数ある燃費の基準|JC08モードとWLTCモード

燃費数値を表現する基準には、かつて採用されていた「10・15モード燃費」や、将来の基準となる「WLTCモード燃費」 など複数存在します。この記事では、2009年11月以降の発売モデルに表示が義務付けられた「JC08モード」による燃費の数値を取り扱っていきます。

JC08モードとは、1リットルの燃料でどれだけの距離が走行できるかをいくつかの走行パターンで測定する燃費基準を指します。使用環境の変化や技術の進歩によって、10・15モードより現実に近い測定が可能となった背景があります。

第5位:ダイハツ コペン

ダイハツ コペン(2014年)

第5位はダイハツ「コペン」です。

コペンが燃費の悪い軽自動車に当てはまった理由として“スポーツカー”要素を含んでいるのが挙げられます。「感動の走行性能」とキャッチコピーを掲げているのもあり、燃費性能を大前提で意識し作られているわけではなく走りの楽しさを重視して作られているのが特徴です。

最低燃費数値は18.6km/L(WLTCモード値)。車両重量が1,000kgを切り、64馬力を誇るターボチャージャー付エンジンを搭載していることから、普通乗用車よりは車体が軽量で快適な走りを楽しむのを優先する人が選ぶべき車です。

最低燃費数値のグレード

「Robe」「XPLAY」「Cero」「GR SPORT」(いずれもCVTトランスミッション搭載車):18.6km/L(WLTCモード値)

最新「コペン」中古車情報
本日の在庫数 1271台
平均価格 125万円
支払総額 30~304万円

第4位:日産 ルークス

新型日産 ルークス ハイウェイスター アーバンクロム
日産 ルークス(2023年)

第4位は日産「ルークス」です。

ルークスが燃費の悪い軽自動車に当てはまった理由として考えられるのは“車両重量の重さ”です。

車両重量が950kgから1,060kgと、スライドドアを使用したスーパーハイトワゴンジャンルの車両では重たい部類に入ります。エンジン排気量が660cc以下と決まっており、馬力も抑えられている軽自動車では不利な要素でしょう。

最低燃費数値は17.5km/L(WLTCモード値)。より構造が複雑で使用パーツ数が多くなりがちな4WD仕様での燃費数値です。

最低燃費数値のグレード

「ハイウェイスターGターボ アーバンクロム」(4WD仕様)

「ハイウェイスターGターボ アーバンクロム プロパイロットエディション」(4WD仕様)

:17.5km/L(WLTCモード値)

最新「ルークス」中古車情報
本日の在庫数 3394台
平均価格 128万円
支払総額 13~268万円

第3位:ダイハツ アトレー

ダイハツ アトレー(2021年)

第3位はダイハツ「アトレー」です。

2021年にフルモデルチェンジが実施されて、CVTトランスミッションの採用などが話題となり走行性能の向上が図られています。

アトレーが燃費の悪い軽自動車に当てはまった理由は“車両重量の重さ”と“ターボチャージャー付エンジン仕様のみの設定”の2つです。

車両重量はグレードによって違いがあるものの、960kgから1,020kgと重い設計となっているほか、ターボチャージャーが付帯していることで燃費性能を悪化させているのが考えられます。また、ガソリンタンクの最大容量が38Lとなっているのも、走行時にハンデとなっているようです。

最低燃費数値は14.7km/L(WLTCモード値)。販売されている全グレードに共通しています。

最低燃費数値のグレード

「RS」「X」「アトレーデッキバン」(2WD・4WD 両仕様共通):

14.7km/L(WLTCモード値)

最新「アトレーワゴン」中古車情報
本日の在庫数 701台
平均価格 71万円
支払総額 14~229万円

第2位:スズキ ジムニー

スズキ ジムニー(2018年)

第2位はスズキ「ジムニー」です。

ジムニーは軽自動車で唯一無二の本格派クロスカントリーSUVタイプ軽自動車で知られています。悪路走破性を重視していることからギア比が低めに設定されており、ボディも空力を考慮せず、堅牢で重量のあるラダーフレームを採用しているのが特徴。これらの構造から考察しても、ジムニーは燃費性能を最優先で考慮していないのがわかるでしょう。

最低燃費は14.3km/L(WLTCモード値)。「XG」「XL」「XC」各グレードの4速AT仕様が該当しているため、AT車のジムニーを購入する際は確かめておきたいポイントです。

最低燃費数値のグレード

「XC」「XL」「XG」(4WD・4速AT):14.3km/L(WLTCモード値)

最新「ジムニー」中古車情報
本日の在庫数 5126台
平均価格 139万円
支払総額 15~415万円

第1位:スズキ エブリイワゴン

スズキ エブリイワゴン(2022年)

第1位となったのはスズキ「エブリイワゴン」です。

軽自動車最大級の室内空間を誇るワンボックスタイプの軽自動車。

エブリイワゴンが燃費の悪い軽自動車に当てはまる理由は“車両重量の重さ”と“ターボチャージャー付エンジン搭載車のみのラインナップ構成”です。すべてのグレードでターボチャージャー付エンジンを搭載しており、車両重量は980kgから1,020kgと重くなりがちです。燃費性能の悪化に繋がっているとも考えられます。

エブリイワゴンの最低燃費は13.3km/L(WLTCモード値)。「JPターボ」「PZターボ」「PZターボスペシャル」各グレード、2WDおよび4WD仕様関係なく同じ数値です。

また、エブリイワゴンは他メーカーにもOEM供給されており、最低燃費の数値が同じです。

  • マツダ「スクラムワゴン」
  • 日産「NV100 クリッパーリオ」
  • 三菱「タウンボックス」

最低燃費数値のグレード

「PZターボ」「PZターボスペシャル」「JPターボ」(2WD/4WD):13.3km/L(WLTCモード値)

最新「エブリイワゴン」中古車情報
本日の在庫数 2016台
平均価格 116万円
支払総額 15~410万円

軽自動車の燃費の良さはさすが!

あえて燃費の悪い軽自動車をランキングにしましたが、見て頂ければわかる通り、ワースト1位のジムニーでも13.2km/L。軽自動車以外と比較すれば決して悪い数値ではありません。

燃費が悪い車種といっても、やはり軽自動車の燃費の良さはさすがと言うべきでしょう。

おすすめの軽自動車9選!カテゴリ別に軽自動車を紹介

おすすめの軽ワゴン車!人気の理由や価格比較してみた

おすすめのスライドドア軽自動車!メリット・デメリットなどを紹介

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード