MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > セダン人気ランキング|国産車・輸入車セダンを買うならコレ!【2022年最新情報】
メーカー・車種別

更新

セダン人気ランキング|国産車・輸入車セダンを買うならコレ!【2022年最新情報】

今ではファミリー層に人気のミニバンや軽自動車に押され気味のセダンですが、裏を返せば大衆向けの実用車ではなくなり、高級車になっているといえるかもしれません。セダンといってもスポーツセダンや5ドアモデルなどさまざまなタイプがあり、ひと味違うクルマを探しているなら、セダンも選択肢のひとつになるかもしれません。そこで今回は、現行車のセダンをご紹介していきます。

国産車・輸入車セダン人気ランキング

セダンの特徴とは?

セダンの大きな特徴は、エンジンルーム、居住スペース、トランクルームに分けられた「3ボックス」スタイルの車であることが挙げられるでしょう。基本的には4ドアタイプとなっています。輸入車では「サルーン」や「クワトロポルテ」などと呼ばれている車たちです。

高級感がある

世界の自動車メーカーのフラッグシップモデルとして挙げられているのは、現在でもセダンです。国産車のイメージとは異なっていますが、やはり高級感や品位を感じることのできるモデルとして、根強い人気があります。

高い運動性能とボディ剛性

車高の低いセダンは、重心が低く安定性に優れているため、コーナリング性能が高いといえるでしょう。ボディ形状から風の影響を受けることも少なく、安定感があり乗り心地に優れています。

広いエンジンスペースを確保できるため、高性能なエンジンを搭載することを可能にしました。そのため、パワフルな加速力を味わえるスポーツ性能の高い車である、スポーツセダンが多く誕生しているのです。

またフレーム構造が3つに分かれていることから、エンジンとトランクルームが居住スペースを守る役割を果たし、前後からの衝突事故に高い剛性を発揮します。

高い静粛性

居住スペースとトランクルームが別になっていることから、ノイズが入りにくく静粛性が高いモデルといえるでしょう。そのほかには、高速道路での風きり音があまり気にならないことも特徴的です。

駐車場を選ばない実用性

車高の低さは、思わぬメリットを得ているといえるかもしれません。都市部に多い機械式駐車場でも、駐車可能となっています。最近では、ミニバンを始め軽自動車でも車高の高い車が多く駐車場を選ぶ車も多い中、セダンであればほとんどの駐車場に駐車可能です。

使い勝手は少し低め?

車高の低さはヘッドクリアランスの圧迫感があるため、窮屈に感じることがあるかもしれません。美しいボディの形状も、現代においては実用的とは言えないようです。また乗降のしにくさ、車内の移動はできない点も利便性からは大きくはずれている点のひとつです。

セダンの種類とボディサイズ

セダンのボディサイズは大きく分けて3つに分類することができます。

  • LLサイズ…全長が5,000mm以上のビッグセダン。トヨタ ミライやBMWの7シリーズ
  • Lサイズ…全長4,700~5,000mmのサイズ。日産 スカイラインやトヨタ クラウン
  • Mサイズ…全長4,700mm未満の5ナンバーサイズ。トヨタプリウスやマツダ MAZDA3
  • Sサイズ…全長4,500mm以下のコンパクトなサイズ。トヨタ カローラ

では国産、輸入車からおすすめのセダンをランキングでご紹介してきましょう。

第15位 スバル インプレッサ G4

2016年から現行車として5代目を迎えているインプレッサは、初代から3代目にかけて『WRC(世界ラリー選手権)』に参戦していたWRXが有名です。4代目でスバルWRXとして独立後、5代目からは4ドアセダンのG4と、5ドアハッチバックの2つのモデルが設定されました。

中型クラスのセダンですが全幅がワイドで広いサイズとなっており、同じ5ナンバーサイズのセダンと比較すると、広い室内を実現。フロントフェイスには、スバル独自の「水平対向エンジン BOXER」を凝縮し、六角形のヘキサゴンはスバルを表す「六連星(むつらぼし)」が込められています。バランスの良い走行性能はスバルならではといえるでしょう。

最新「インプレッサG4」中古車情報
本日の在庫数 283台
平均価格 104万円
支払総額 35~248万円

第14位 日産 スカイライン

名車といえるスカイラインは、1957年に初代が誕生。国産スポーツセダンを牽引してきた一台です。特にモータースポーツで活躍を続けたGT-Rグレードは、唯一無二の存在となっています。排ガス規制以降の2001年に誕生した11代目以降は、型式を用いた「R」から、VQエンジンに由来する「V」となり国外への輸出が開始されました。

2013年より現行の13代目を迎え、2019年には世界初となる「ダイレクトアダプティブステアリング」を採用。鋭敏で滑らかなステアリングの動きを電気信号に置き換え、操舵安定性に優れた応答性を実現しました。ロングノーズ、ショートデッキを継承する躍動感あふれる走行性能を堪能できる仕上がりとなっています。

最新「スカイライン」中古車情報
本日の在庫数 1513台
平均価格 387万円
支払総額 30~7,331万円

第13位 プジョー508

2011年に初代が誕生した当初は、3ボックススタイルの正統派セダンでしたが、2018年のフルモデルチェンジで、5ドアの伸びやかなデザイン性が光るファストバックスタイルへと変更されました。ルーフラインがリアに向かってなだらかに傾斜していくスポーティなデザインです。

斬新なフロントマスクにはプジョーならではのライオンの牙を想像させるLEDライトが施されました。リアのコンビネーションランプも特徴的となっています。プジョー唯一のセダンとなる508は、フラッグシップセダンとして独自の世界観を前面に押し出したモデルといえるでしょう。

最新「508」中古車情報
本日の在庫数 108台
平均価格 279万円
支払総額 48~558万円

第12位 ホンダ レジェンド

ホンダのフラッグシップセダンとして、初代が1985年に誕生しています。2012年に生産を終了し、2014年からハイブリッド専用車として復活。高級感のあるスタイルと走行性能で人気を集めていました。日本初として「SRSエアバッグ」の搭載や、FF車初のトラクションコントロール搭載など安全性能で高い技術力を発揮。

また世界初として「3モーターハイブリッドの搭載」や、2021年には自動運転機能「レベル3」を達成しています。運転者を主体としたレベル2を更に開発。システムが対応する部分がより多くなるものと期待されるものとなりました。2022年1月に生産終了を迎えましたが、ホンダの技術が結集された見逃せない一台といえるでしょう。

最新「レジェンド」中古車情報
本日の在庫数 123台
平均価格 236万円
支払総額 35~656万円

第11位 トヨタ カムリ

カムリは最新技術を搭載したハイブリッド専用のミドルクラスセダンとして、国内のみならず北米でも長い間人気を誇る車です。スポーティなエクステリアと洗練されたインテリアで、上質なイメージが演出されています。利便性の高いコネクティッドサービスの充実や、オーディオ、ディスプレイの高い機能性にも特徴があるといえるでしょう。

グレードは3つ設定されており、エントリーグレードの「X」、エクステリアに高級感を増した「G」。そしてスポーツ仕様となっている「WS」があります。エクステリアの印象でも大きく異なっているほか、足回りの走行性能も異なっているため、その点からグレードを選択することができるのは、車好きには嬉しい特徴のひとつです。

最新「カムリ」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 385万円
支払総額 285~543万円

第10位 マツダ MAZDA6

MAZDA6はカペラの後継車となったアテンザが、2019年のグローバルネームとの統一で、MAZDA6と改名されました。セダンとステーションワゴンが用意されており、セダンは低重心が強調され、のびやかで美しい品格を強調したデザインです。また室内の高級感にも定評があり、シックで落ち着いた空間を演出しています。

セダンといえばリアシートの性能ですが、スポーツセダンともいえるMAZDA6は、マツダの掲げる「人馬一体」の走行性を体現。走る楽しさを追求した部分も大きいといえるかもしれません。マツダならではの走りにこだわったプレミアムセダンとして、唯一の存在となっています。

最新「MAZDA6セダン」中古車情報
本日の在庫数 51台
平均価格 300万円
支払総額 164~442万円

第9位 フォルクスワーゲン アルテオン

アルテオンは、パサートシリーズに設定されていたCCの後継モデルの位置づけですが、パサートの上位モデルとして2017年に誕生した比較的新しい車といえるでしょう。クーペのような車高低さに、のびやかなファストバックを採用。スポーティさの中に、セダンの快適性や機能性を兼ね備えたスペシャリティーカーです。

2021年7月にマイナ―チェンジを行っており、フロントフェイスやリアが変更されています。現行のパサートよりも45mmほど車体が長くなり、より伸びやかなデザイン性が強調されました。セダンの快適性に走行性能の良さも加わった、正統派のセダンといえるのではないでしょうか。

最新「アルテオン」中古車情報
本日の在庫数 100台
平均価格 369万円
支払総額 205~594万円

第8位 レクサス IS

レクサスが国内で誕生するまでは、トヨタからアルテッツァとして販売されていました。ISの初代は1999年となり、長年に渡りラインナップされているミドルサイズスポーツセダンです。現行は2013年にフルモデルチェンジされた3代目となります。

2021年に改良が行われており、ワイド&ローなプロポーションはグラマラスで生き生きとした躍動感が感じられるのではないでしょうか。ターボやハイブリッドをラインナップし、洗練された乗り味を味わうことのできる数少ないセダンとなっています。

最新「IS」中古車情報
本日の在庫数 977台
平均価格 261万円
支払総額 32~1,000万円

第7位 テスラ モデル3

テスラ モデル3

テスラが販売するEV車にラインナップされているミッドサイズセダンがモデル3です。他のモデルと同様に、ショートデッキにグリルのないすっきりとしたフロントマスクがアイコンとなっています。インテリアには動物性の皮を一切排除したことで有名な「ヴィーガンインテリア」が採用されました。

室内は、シンプルの極みともいうべく、装備されているのはステアリングのほかには15インチのモニタースクリーンだけ。全ての操作はモニターで行うことになります。EV車の中でも航続距離の長さに人気が集まっているようです。ミッドシップスポーツカーに匹敵するEVならではのリニアな気持ちの良い加速感を味わうことができるでしょう。

最新「モデル3」中古車情報
本日の在庫数 91台
平均価格 389万円
支払総額 299~556万円

レクサス ES

レクサスブランドが誕生した当初からラインナップされているESは、ミドルサイズセダンです。2018年から7代目を迎え、実用性を兼ね備えた上級セダンとしての風格を増しています。ESは「Executive Sedan(エグゼクティブセダン)」のことを指し、広い室内と快適な走行性能が魅力といえるでしょう。

ミドルセダンの中でも大きめなボディサイズでありながら、流麗なラインが美しいボディラインです。インテリアではFF(前輪駆動)の採用により、足元の空間にゆとりが生まれました。ハイブリッドシステムのみの設定となっていますが、低速域からの滑るような加速感を体感することができます。

最新「ES」中古車情報
本日の在庫数 295台
平均価格 460万円
支払総額 290~682万円

レクサス LS

@Santi Rodríguez/stock.adobe.com

レクサスのフラッグシップモデルであるLSは、文字通り「Luxury Sedan(ラグジュアリーセダン)」のこと。2006年まではトヨタ セルシオとして販売されていたモデルです。質の高い装備と性能を備え、2017年から5代目を迎えています。2021年11月にマイナーチェンジを行い、エクステリアには4ドアクーペが取り入れられました。

日本の美意識をモダンに取り入れたインテリアの装飾は「月の道」と呼ばれ、プラチナ箔が初使用されています。走行性能では、「アドバンス・ドライブ」で高度運転支援技術により、快適なドライビングを実現。人と車が互いの能力を補いながら安全なドライビングを行うことを可能にしています。

最新「LS」中古車情報
本日の在庫数 1274台
平均価格 364万円
支払総額 49~1,671万円

第4位 トヨタ クラウン

1955年から販売されているクラウンが、このところどのように変貌を遂げるのか、期待されていますが、現行で15代目を迎える長い歴史のあるセダンです。過去にはクーペやワゴンなどもラインナップされていましたが、正統派セダンとして国産高級車を牽引してきた存在でもあります。

セダンならではの伸びやかなデザイン性の中にも迫力を感じますが、ロングノーズでスポーティさも加味されているといえるでしょう。『ニュルブルクリンク』の北コース仕込みの走行性能は、ソフトな中にもしっかりとした応答性のある上質な車であることが体感できます。運転する楽しさをしっかりと持ち合わせたセダンです。

最新「クラウン」中古車情報
本日の在庫数 112台
平均価格 161万円
支払総額 35~876万円

第3位 メルセデス・ベンツ Eクラス

メルセデスの中でも中核となるモデルで、セダンのほかにもステーションワゴンやクーペ、カブリオレなどをラインナップしています。2016年のフルモデルチェンジから現行車となりEクラスとしては5代目を迎えました。

Sクラスほどのボディサイズではないため、国内でも取り回しがしやすく、スポーツ性能を向上させたCクラスよりもラグジュアリーに楽しむことができるモデルといえるでしょう。豊富なグレードとオプションが用意されており、自分好みのEクラスに仕上げることができるのも楽しみのひとつです。

最新「Eクラス」中古車情報
本日の在庫数 801台
平均価格 348万円
支払総額 35~1,830万円

第2位 アウディ A4

@Jan Kliment/stock.adobe.com

1995年に誕生したA4は、2015年にフルモデルチェンジを行い現行で5代目を迎えています。2020年にはフルモデルチェンジに匹敵するエクステリアの大幅な改良が施されました。ワイドになったシングルフレームグリルとヘッドライトのデザインを一新。ラグジュアリーの中にも、セダンのシャープなデザイン性が感じられます。

インテリアでは広々としたゆとりのある空間を実現し、特にリアシートはライバル車を上回る快適な空間となっています。ラゲッジの開口部の広さも十分といえるでしょう。軽量化された車体と、加速性能の向上によって申し分のない走行性能を発揮することができます。

最新「A4」中古車情報
本日の在庫数 284台
平均価格 283万円
支払総額 39~678万円

第1位 BMW 3シリーズ

ドイツはもちろんのこと国内でもスモールセダンとして人気の高い3シリーズは、BMWの中核を担うモデルです。初代は1975年に誕生し、2019年にフルモデルチェンジを行った現行車は7代目を迎えています。スポーツセダンとして引き締まったデザイン性ながら、広い居住スペースをもっていることも魅力のひとつです。

BMWの特徴である「キドニーグリル」は、1930年代から使用されているアイコンで、一目でBMWであることが分かります。歴史のある個性にオーソドックスなセダンのスタイルは変えず、時代に合わせた進化を加えていることが最大の人気といえるかもしれません。シンプルな面構成のボディは空力に優れ、走行性能を際立たせています。

こうして見てくるとラグジュアリーな雰囲気を持つスタイリッシュなセダンは、まだまだたくさんラインナップされていることが分かります。今どきの人気車とは少し違う雰囲気を味わってみるのも楽しいかもしれません。

最新「3シリーズ」中古車情報
本日の在庫数 35台
平均価格 245万円
支払総額 36~2,640万円

スポーツセダンは羊の皮を被った狼!人気おすすめ18選&最速ランキング

セダンのかっこよさは、まだまだ捨てたものではない…

販売台数が多いセダンランキング&コンパクトセダン人気おすすめ7選

執筆者プロフィール
KAKO MIRAI
KAKO MIRAI
AE92やSOARER Z30を乗り継ぎ、たどり着いたのはトルクフルなV8サウンド。ユーロライクなCAMARO Z28からDODGE CHARGER HEMIとアメ車にどっぷりハマってしまいました。Bライセンスの所持経験を持ち、普段の足にVitz...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード