MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > BMW > 【BMW】新型スクープ・新車デビュー・モデルチェンジ予想|2020年3月最新情報
2シリーズ

更新

【BMW】新型スクープ・新車デビュー・モデルチェンジ予想|2020年3月最新情報

今後デビューが予想されるBMWの新型車、モデルチェンジ最新情報を徹底調査!スクープ情報もお届け。国内発売時期、価格、スペックなどを予想!過去1年以内に発表・発売された新車もまとめてお伝えします。

【2020年3月スクープ】新型7シリーズ

BMW 新型7シリーズ
BMW 新型7シリーズ
BMW 新型7シリーズ

次期型7シリーズのパワートレインは、内燃機関・PHEV・EVの3種類。V12エンジンは廃止される予定です。EVモデルには80kWhバッテリーを搭載したi7と、120kWhのi7 Sが用意され、最高出力は670PS、続距離は580kmと見込まれています。次期7シリーズのワールドプレミア予想は2021年。現行型7シリーズは、2022年6月まで生産されると予想されているため、新型はそれと切り替わるかたちで日本に導入される見通しです。価格は1,200万円からと予想されます。

【2020年3月スクープ】改良型M5

BMW 改良型M5
BMW 改良型M5
BMW 改良型M5

開発中の改良型M5は、外観では前後のバンパーおよび灯火類が刷新されて登場する見通しです。エンジンは既存の4.4L V8ツインターボを搭載し、出力はM5が600PS・高性能版のM5コンペティションは617PS・軽量版のM5 CSは625PS。さらなる出力向上や、4.0L V8+モーターを搭載した高性能モデルの登場も噂されています。改良型M5のデビューは2021年。M5 CSとハイブリッドモデルは2022年が濃厚です。M5の日本での価格は1,800万円ほどと見込まれます。

【2020年3月スクープ】新型 iNEXT

BMW 新型 iNEXT
BMW 新型 iNEXT
BMW 新型 iNEXT

電動SUVであるiNEXTは、BMW初となる内燃機関とEV両対応の最新プラットフォームを採用して登場。5G対応のコネクテッドシステムや自動運転も搭載予定です。フル充電での航続距離は約724km。0−100km/h加速は4秒と噂されています。iNEXTは2021年にワールドプレミアがおこなわれ、同年内に発売される可能性が有力です。日本での価格は1,200万円ほどと予想。発売時は、i5もしくはiX5の車名で登場する可能性があります。

【2020年2月スクープ】新型4シリーズ カブリオレ

BMW 新型4シリーズ カブリオレ
新型4シリーズ カブリオレ
新型4シリーズ カブリオレ

次期4シリーズカブリオレは、電動ハードトップから、ソフトトップへと変更されて登場する模様。搭載エンジンは355PS・500N・mを発揮する新開発2.0L直4ターボエンジンと、382PS・500N・mを発揮する3.0L直6ツインターボエンジンを搭載予定。2020年後半にワールドプレミアがおこなわれ、日本では2021年内に販売されるでしょう。価格は据え置きの970万円と予想されます。

【2020年2月スクープ】新型2シリーズ アクティブツアラー

BMW 新型2シリーズ アクティブツアラー
BMW 新型2シリーズ アクティブツアラー
BMW 新型2シリーズ アクティブツアラー

次期2シリーズ アクティブツアラーは、1シリーズと共通のFF用シャシーが採用され、居住空間が拡大されて登場予定。3列シート7人乗りのグランツアラーは廃止される可能性が濃厚です。エンジンは、116PSの1.5L直3ディーゼル・140PSの1.5L直3ガソリンターボ・150PSおよび190PS2.0L直4ディーゼルが用意され、4WDやEV、PHEVの登場も示唆されています。ワールドプレミアは早ければ2021年前半。同年内に日本でも販売され、400万円からの価格で販売されるでしょう。

【2020年1月スクープ】改良型6シリーズ グランツーリスモ

BMW 改良型6シリーズ グランツーリスモ
BMW 改良型6シリーズ グランツーリスモ
BMW 改良型6シリーズ グランツーリスモ

5シリーズの4ドアハッチバックモデルである、6シリーズ グランツーリスモの改良が進行中です。ただし、モデルラインナップの整理により、これが最後の6シリーズになるとの噂も。改良型6シリーズのエンジンは、現行型と同じ340PSの3.0L直6ツインターボエンジンを搭載。新たにPHEVの追加も噂されています。2020年春以降に発表され、2021年初頭の販売が予想されます。日本での価格は、現行モデルからわずかに値上げされた850万円ほどと見込まれます。

【2020年1月スクープ】改良型X2

BMW 改良型X2
BMW 改良型X2
BMW 改良型X2

X2の改良型が登場予定です。ヘッドライトとグリルデザインが一新されるほか、メーターおよびインフォテイメントシステムのアップデートが図られる見込み。エンジンは、現行型と同じ140PSの1.5L直3ターボと、192PSの2.0L直4ターボが搭載される予定です。ワールドプレミアは2021年内とされ、日本導入は2021年末から2022年初頭にかけてが濃厚。価格は現行型よりやや値上げされた480万円からと予想されます。

【2019年12月スクープ】新型M3セダン

BMW 新型M3セダン
BMW 新型M3セダン
BMW 新型M3セダン

新型M3セダンは、専用デザインの灯火類とグリルが与えられて登場予定です。搭載エンジンは3.0L 直列6気筒ツインターボエンジン。出力の異なる3グレードがラインナップし、454PSのエントリーグレード・480PSのミドルグレード・510PSのトップグレードが登場。8速ATと6速MTが用意され、M3初となる4WDも用意されるとの噂です。M3セダンのワールドプレミアは、2020年後半〜2021年前半。2021年内には日本でも発売されるでしょう。価格は1,250万円程度になると思われます。

【2019年12月スクープ】新型4シリーズ クーペ

BMW 新型4シリーズ クーペ
BMW 新型4シリーズ クーペ
BMW 新型4シリーズ クーペ

開発が進行中の次期4シリーズクーペは、2020年6月にもWeb上でワールドプレミアがおこなわれることが有力視されています。エンジンは、1.5L直3ターボ・258PSの2.0L直4ターボ・388PSの3.0L直6ターボが搭載される見込み。ほかにも2.0L直4ディーゼルや、PHEVモデルも設定されるとの噂です。日本での登場予想時期は2021年。価格は650万円からと予想します。やや遅れてM4クーペもデビューするでしょう。M4クーペの日本円価格は、1,350万円ほどになると見込まれます。

【2019年12月スクープ】新型X2 PHEV

BMW 新型X2 PHEV
BMW 新型X2 PHEV
BMW 新型X2 PHEV

X2にPHEVとEVモデルが追加される見通しです。EVモデルはiX2の名称で販売される可能性もあります。PHEVモデルは、1.5L直3ターボエンジンにモーターを追加。EVモデルは70kWhのバッテリーを搭載し、500km以上の航続距離が見込まれています。X2 PHEVの発表は2020年内。EVモデルの発表は翌年の2021年が有力です。ただし、どちらも日本へ導入される可能性は薄いと予想されます。

【2019年12月スクープ】改良型5シリーズ

BMW 改良型5シリーズ セダン
BMW 改良型5シリーズ セダン
BMW 改良型5シリーズ セダン

改良型の5シリーズは、セダン・ツーリングともに、グリルと灯火類の形状が改められて登場。メーターとインフォテイメントシステムも最新版に更新される予定です。PHEVモデルは、システム出力389PSの新型3.0L直6ターボエンジン+モーターが搭載され、EV走行可能距離は25km。2020年後半から2021年前半にかけて発表がおこなわれ、日本での販売は2021年内になると見込まれます。価格は700〜750万円前後、PHEVモデルは1,200万円ほどになると予想します。

【2020年3月ワールドプレミア】新型コンセプトi4

BMW 新型コンセプトi4
BMW 新型コンセプトi4
BMW 新型コンセプトi4
新型コンセプトi4

BMWは3月3日、電動4ドアクーペであるコンセプトi4をインターネット上で発表しました。軽量なCLARプラットフォームのボディに、530PSのモーターと80kWhのバッテリーを搭載し、航続距離は最大600kmをマーク。さらに、100kmぶんの充電を6分ほどで完了させる次世代充電システムを採用します。量産型i4のワールドプレミアは2021年内が濃厚。2021年末から2022年には全世界で発売され、価格は1,000万円前後になると見込まれます。

おすすめ関連記事

この記事の執筆者
伊藤 友春

関連キーワード