MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > その日本車に世界が仰天した!?横から見た時のシルエットが美しいトヨタ車たち【推し車】
メーカー・車種別

更新

その日本車に世界が仰天した!?横から見た時のシルエットが美しいトヨタ車たち【推し車】

雑誌にせよWEBメディアにせよ、自動車を紹介する時には大抵の場合において「斜め前」からの写真を使う時が多く、メーカーもそのアングルで絵になる車を作るという事なのか、メーカー公式でもよく使われます。

しかし今回は、「横から見た時のシルエットが美しい流線型、あるいはウェッジシェイプ(クサビ型)など、流線型にとどまらない美しさを持つ」トヨタ車の紹介です。

スポーツ800(通称”ヨタハチ”・1965年)

美しい滑らかなシルエットは、非力でもレースで勝てた原動力のひとつ

トヨタスポーツ800

コンセプトカーの「パブリカスポーツ」時代には、ドアの代わりにルーフ一体式の後方スライドキャノピーを持つなど航空機の概念を大幅に取り入れたトヨタスポーツ800。

パブリカやミニエースでも使われていた790cc空冷水平対向2気筒エンジンは、多少チューンしたとはいえ市販型ではわずか45馬力、その非力なエンジンでホンダ S600などのライバルに挑み、数々の勝利を得た原動力は、空気抵抗を極限した軽量モノコックボディでした。

単にカッコイイだけではない機能美に溢れた、通称”ヨタハチ”のシルエットに、レースでの華々しい戦績という説得力とともに、今なお美しく輝いています。

最新「スポーツ800」中古車情報
本日の在庫数 6台
平均価格 503万円
本体価格 450~568万円

2000GT(1967年)

レプリカでもこのシルエットの実現は難しい

トヨタ2000GT

耐久レースでの活躍やボンドカーへの起用など、華麗な歴史に彩られたトヨタ史上最高傑作のスポーツカーには、当然のごとく数々のレプリカが存在します。

しかし、斜め前からならともかく、横からのシルエットではごまかしが効かずにベース車(ロードスターなど)がバレてしまうもので、ロッキーオートのように当時の関係者が監修して同じ部品を作るという、高額なレプリカまで生みました。

ロングノーズ・ショートデッキの古典的なFRスポーツカースタイルに、サイドまで回り込んでいるのがよくわかるフロントウィンドウ、フェンダー上で存在を主張する砲弾型フェンダーミラーなど、横からのシルエットだけでも見る者を飽きさせる事はありません。

ハリアー(初代・1997年)

世界中のSUVを、一夜にして全て泥臭くしてしまった

トヨタ ハリアー(初代)

美しいシルエットは、何もスポーツカーやセダンだけの特権ではありません。

1997年に発売された初代ハリアー(レクサスRX)は、「カムリがベースの高級SUV」というだけでは説明のつかない革命的ヒットを記録し、今やスーパーカーのメーカーまでがSUVを作る、自動車史における重要な転換点でした。

既に乗用車ライクなSUVはあったものの、初代ハリアーはその華麗なシルエットにより、高級スーツを着た紳士が、高級ホテルなどフォーマルな場に乗り付けても全く違和感がない、世界初のSUVだったのです。

あの頃は誰もがこのシルエットに憧れを抱いていましたが、それが今でも変わらないなど、誰が予想できたでしょうか?

最新「ハリアー」中古車情報
本日の在庫数 2978台
平均価格 277万円
本体価格 30~549万円

※この記事内で使用している画像の著作者情報は、公開日時点のものです。

【推し車シリーズ】まとめて読みたい人はコチラ!

メーカー別●●な車3選はコチラ

スポーツカーを中心にまとめた3選はコチラ

「ちょいワルオヤジに乗ってほしい車」などの特集はコチラ

執筆者プロフィール
兵藤 忠彦
兵藤 忠彦
1974年栃木県出身、走り屋上がりで全日本ジムカーナにもスポット参戦(5位入賞が最高)。自動車人では珍しいダイハツ派で、リーザTR-ZZやストーリアX4を経て現愛車は1989年式リーザ ケンドーンS。2015年よりライタ...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード