MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

デフォルトのアイキャッチ画像
メーカー・車種別

更新

アメ車とは?その定義と特徴と人気&おすすめ中古車ランキングを総まとめ!

アメ車スポーツカー中古車!人気&おすすめランキングTOP3

アメ車のおすすめ、中古アメ車スポーツカー車種をご紹介します。

中古車で買う際は保証内容や走行距離を示す走行証明書、修理歴などをよく確認してからの購入をオススメします!

第3位 シボレー・カマロ(4代目)

4代目シボレーカマロ
Rich Niewiroski Jr. CC 表示 2.5 / CC BY 2.5
出典 : https://ja.wikipedia.org/

値段は低価格、50万円から見つけることが可能です。
アメ車特有のイカツさは少なく、すっきりとしたデザインが魅力的で、走行中にでる排気音がドライブにかり出してくれます。

最新「シボレーカマロ」中古車情報
本日の在庫数 251台
平均価格 496万円
支払総額 65~1,300万円

第2位 ダッジ・チャレンジャー(3代目)

ダッジ チャレンジャー
Simon Davison CC 表示 2.0
出典 : https://ja.wikipedia.org/

現行最新型(2016現在)もアメ車のもつイメージを受け継いだデザインです。
最新型なので性能面の不安はありません。
予算は400万円からと、比較的高く流通していますが、現地、米国で乗っていると声を掛けられる程の人気車です。

とうとうダッジ・チャレンジャーの長い歴史に幕がおりました

最新「ダッジ・バイパー」中古車情報
本日の在庫数 5台
平均価格 1,106万円
支払総額 585~1,392万円

第1位 フォード・マスタング(6代目)

「野性馬」を意味する「マスタング」の現行車は7代目で、名前に引けを取らない、アメ車らしい荒々しいデザインとなっています。
新車車両価格は465万円ですが中古車で探すと、支払総額200万円からあるようです。
初心者におすすめのアメ車です!

フォード・マスタングのGT500エレノアやコブラなど歴代モデルや新車と中古車価格&燃費も

最新「マスタング」中古車情報
本日の在庫数 202台
平均価格 455万円
支払総額 78~2,900万円

アメ車セダン中古車!人気&おすすめランキングTOP3

アメ車のセダンを紹介します。
レトロなハリウッド映画よく登場し、スポーツカーとは違う大人の雰囲気の楽しみたい方へのランキングです。

第3位 フォード・マーキュリー・グランドマーキー(初代)

マーキュリー・グランドマーキー 初代
IFCAR パブリック・ドメイン
出典 : https://ja.wikipedia.org/

ハリウッド映画でよく見かける、アメ車独特の角張りデザインの人気販売車です。
中古車は本体価格が100万円以下の低価格で見つかりますが、メンテナンスが大変なようです。
メンテナンスの手間も愛おしいと思える方にはおすすめのモデルです!

最新「マーキュリーグランド・マーキー」中古車情報
本日の在庫数 2台
平均価格 169万円
支払総額 120~218万円

第2位 シボレー・マリブ(4代目)

シボレー・マリブ 4代目
Taxiguy57 パブリック・ドメイン
出典 : https://ja.wikipedia.org/

中古価格100万円以上~。
車の小型化が始まったころの車でアメ車の中では比較的小さく、大きさが気になる方におすすめのモデルです。

最新「シボレーマリブ」中古車情報
本日の在庫数 3台
平均価格 423万円
支払総額 388~458万円

第1位 シボレー・インパラ(7代目)

シボレー・インパラ 7代目
IFCAR パブリック・ドメイン
出典 : https://ja.wikipedia.org/

デザインは黒で統一された落ち着いたデザインで、アメリカンセレブが多く利用していた車です。
値段は100万円〜、中古車でも状態が良いものを見つけやすく、年度的にも新しいものがあり、アメ車初心者におすすめです!

最新「シボレーインパラ」中古車情報
本日の在庫数 41台
平均価格 1,099万円
支払総額 110~5,005万円

アメ車 旧車 代表車種を紹介

オールドカーは部品が特別注文になったり、メンテナンスなど大変ですが、アメ車の旧車は半世紀以上前のモデルでも普通に公道を走れる車が多数あり、レトロな雰囲気が魅力的です。
代表車種を紹介します。

ベルエア・インパラ

GM シボレー ベルエア インパラ 1958年
Mcelichowski パブリック・ドメイン
出典 : https://ja.wikipedia.org/

シボレー最上級グレード「ベルエア」に「インパラ・スポーツ・パッケージ」という特別仕様車が設定され、1959年最上級フルサイズ「ベルエア」から名前が「インパラ」に変更されたのが始まりです。
初代の形は1978年型まで引き継がれ愛されてきました。

シボレー・インパラまとめ|中古車価格と燃費等維持費や67年式とレストアからカスタムまで

シボレー・コルベット

「コルベット 初代 C1型」はシボレー初となる2シーター、オープンスポーツカーで、当時搭載されていた4.0L 水冷直列6気筒OHVエンジンは「ブルーフレーム」という愛称で親しまれていました。

初代はボディパネルがへこんでしまったり、品質不良などで避難を受けたこともあったがその後のマイナーチェンジで改良されています。

アメ車の代表的なトラックを紹介!

アメリカのでは「ピックアップトラック」という自動車の分類があり、主に開放式の荷台とキャビンが一体のボディ形状をしています。
代表車種を紹介します。

シボレー アバランチ

初代目 シボレー アバランチ 2003-2006年型
IFCAR パブリック・ドメイン
出典 : https://ja.wikipedia.org/

シボレー・アバランチは、ゼネラルモーターズのシボレーブランドで、2001年から2006年までの初代の型が販売され、2代目モデルは2006年から2012年までの間販売されていました。
幅は2mを超えておりアメリカ車ならではのごつさがあります。

シボレー シルバラード

シボレーシルバラード3500HD
IFCAR パブリック・ドメイン
出典 : https://ja.wikipedia.org/

シルバラードは、1999年に発売されたゼネラルモーターズのシボレーブランドで、シボレー・C/Kシリーズの後継車種です。

現行車種にあたる2代目シルバラードは、2007年度北米カー・オブ・ザ・イヤーのトラック部門を受賞し全米販売台数一位を記録しました。

ダッジ ラム

ダッジ・ラム 初代
IFCAR パブリック・ドメイン
出典 : https://ja.wikipedia.org/

迫力満点な巨大フロントグリルはダッジ ラムのアイコンとして有名で、一度見れば忘れられない外装です。
また同ブランドの「SRT-10」というグレードは、世界一速いピックアップトラックとしてギネス登録されており、アメ車のトラックの中でも特に認知度が高いモデルです。

ピックアップトラックについてはこちら!

【2022年版】日本で買えるピックアップトラックおすすめ3選

アメ車といえばオフロード車!人気車種の四駆を紹介

ジープ グランドチェロキー

シープ グランドチェロキー 2017年

チェロキーといえば、今までのジープにはなかったスタイリッシュさが特徴的な外観をもつオフロード車です。
「セレクテレインシステム」という状況に応じた走行が設定できる機能を備えており、本格的なオフロード走行を楽しめます。

ハマー H3

ハマーH3は軍用車のような外装や走行性能を持ちながら、オンロード走行もできるところが人気の一つです。
全長は4705mmとそこまで高くありませんが、全幅は1995mmはかなりワイドになっています。

【ハマーの重要事項4選】H1からH3の歴代モデルの燃費・価格・内装について

フォード エクスプローラー

フォード エクスプローラー 2016年

過去にリコール問題で訴訟があり一時は大問題となりましたが、和解が成立し落ち着きを戻しました。
フォードの中でも特に知名度、人気があり、車内空間は快適で居住性が高く評価されています。
また、フロアMTモード付車種もライナップされており、AT限定の方もMTモードを楽しめます。

どれも走破性に特化したようなごつい外見で、オフロードを走るのが楽しくなりそうです。

大迫力!アメ車のSUVを紹介

アメリカではライトトラックという自動車の分類があります。
SUVやバンもその分類に含まれます。
日本市場で販売している特に人気が高いアメリカのSUV車を紹介します。

キャデラック・エスカレード

キャデラック エスカレード 4代目 外装

ビッグピックアップトラックを乗用車化したものが初代で、現行型は4代目となり、高級SUVと言われている内装・外装は豪華なデザインとなっております。

リンカーン・ナビゲーター

リンカーン ナビゲーター 2015年型
Jason Lawrence CC BY 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

ナビゲーターはアメリカの自動車メーカー、フォードが高級車部門として作った大型SUVです。
ボディサイズが全長が5290mm、全幅が2100mmと、かなり大きなボディになっており、運転するときは試乗してからの購入をオススメします。

アメ車 バンを紹介

アメリカでは「フルサイズバン」というミニバンより大きく、大きな四角い外観、非常に大きな積載量を特徴とする自動車の分類があります。
有名なバンを紹介します。

シボレー・エクスプレス

シボレー・エクスプレスとは、アメリカのGM(ゼネラル・モーターズ)のブランドの1つシボレーが製造販売するフルサイズのバンで、同ブランドGMC・サバナとは同じベースで作られています。
トランクルームの扉は、両側観音開きドアとなっており、内装は家の部屋のように広く、くつろげるスペースが十分にあります。

シボレー・エクスプレスまとめ|新車・中古車と故障や燃費、全長とスタークラフトまで

GMC・サバナ

GMC サバナ カーゴ 2014年

GMCはSUV・ピックアップトラック・商用車を専門に取扱うGMブランドの一つです。
シボレーが製造する車をベースに作られています。
サバナはフルサイズの商用車バンで、ロールーフとハイルーフの二種類の展開があります。
また同じバンであるシボレー・エクスプレスとは、姉妹車となります。

GMC サバナ|気になる全長は?中古車価格や燃費と人気のリムジンを紹介!

EVの代表者のひとつとなった「テスラ」もアメ車

テスラ モデルS

テスラ モデルS

テスラ モデルSでもっともハイパフォーマンスな仕様のグレードでは、0-100km/h加速が3秒を切るスーパーカー顔負けのスペックを誇ります。
環境性能は完全電動でピカイチ、突出した走行性能は昔のアメ車の概念からかけ離れています。

テスラ モデルX

モデルX

後部座席ドアが跳ね上がり式であることが特徴的はEV・SUVのテスラ モデルX。その先進技術のかたまりは、近年のアメ車の技術の象徴するといって過言はないでしょう。

テスラの新型SUV「モデルX」を徹底解説!価格・特徴・予約金など最新情報まとめ

最近のアメ車政策とは?

2017年のアメリカ大統領選挙でトランプ氏は「米国自動車メーカーを再興させる」と言って、デトロイト工業地帯の労働者たちから支持を集めました。
技術や、性能、販売台数などは日本に劣りますが、その後の対策や開発に世界が注目しています。

アメ車好きの人は日本車を好む人とは違い、道具としてというよりはライフスタイルやファッションの一環としてアメ車が好きなようです。
現在のライフスタイルに物足りなさを感じている方や車のファッション性を重視している方にアメ車をおすすめします。

アメ車の代表車種 歴史まとめ!

【自動車の歴史】シボレーの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

【自動車の歴史】キャデラックの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

【自動車の歴史】GMCのルーツと歴史や車種の特徴を総まとめ|アメ車・GM編

おすすめの関連記事!

アメ車とは?その定義と特徴と人気&おすすめ中古車ランキングを総まとめ!

アメ車SUV人気ランキングトップ10!大型SUVおすすめモデル一覧

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

\ この記事が役に立ったらシェアしよう /

MOBYをフォローして最新記事を受け取ろう

すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード