MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > カー用品 > タイヤ・スタッドレス > スタッドレスタイヤを交換する見分け方は?交換すべきサインと注意点まとめ
タイヤ・スタッドレス

更新

スタッドレスタイヤを交換する見分け方は?交換すべきサインと注意点まとめ

スタッドレスタイヤを交換する見分け方は?交換すべきサインと注意点まとめ
©GARDENS/stock.adobe.com

毎年11月や12月は、ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤへの入れ替え作業が増える時期です。記事を読んでくださっている方のなかには、毎年必ずスタッドレスタイヤへの入れ替えを行っている方もいることでしょう。

そこで今回はスタッドレスタイヤについて書いていきます。

冬は路面が凍ったり雪道を走行する場合もあるため、スタッドレスタイヤの使用がオススメです。スタッドレスタイヤはノーマルタイヤに比べ、凍った路面でもスリップしづらいという性質を持ちます。

また寒い時期でも柔らかく、地面との密着性がよいという点も特徴の一つです。そんなスタッドレスタイヤですが、スリップ防止性能は高いもののノーマルタイヤと同様に時間と共に劣化しますし、保管方法が悪ければ劣化自体も加速します。

あまりにも状態の悪いスタッドレスタイヤをいつまでも使用していると、スリップしてしまい大きな事故につながる恐れもあり危険です。そこで今回はスタッドレスタイヤの交換時期の見分け方や保管方法、使用する際の注意点などをご紹介していきます。

ブラックアイスバーンとは?雪がなくても要注意!通常のアイスバーンより危険な理由

スタッドレスタイヤの役割とは

スタッドレスタイヤの役割とは
©EKH-Pictures/stock.adobe.com

スタッドレスタイヤとは凍った路面でも滑りづらいという特徴を持ち、冬場でも安全に道路を走行する役割があります。ノーマルタイヤとは見た目もゴムの質も若干の違いがあり、その違いによって雪道や凍結した路面でもスリップしづらくしているのです。

詳細は後述しますが、冬の凍っている路面をノーマルタイヤで走行するのはとても危険です。ノーマルタイヤはスタッドレスタイヤより何倍もスリップしやすく、いくら注意して走行してても、ハンドルを取られてしまえばどうすることもできません。そのため冬にはスタッドレスタイヤの使用が大切なのです。

雪がよく降る地域に住んでいる方であれば、スタッドレスタイヤの使用は必須だといえるでしょう。雪が積もってくればタイヤチェーンの使用も考えなければなりません。

スタッドレスにタイヤチェーンは必要?選び方&取り付け方・価格別おすすめ商品

また年末年始と重なる冬場は、1年の中で最も事故が多い季節です。実家に帰省する方や旅行に行く方など、普段車に乗ってない人も車を使用する頻度が多くなります。それに加え、道路が凍ったりと路面状況も悪いので、事故が起こりやすい季節だといえるでしょう。

事故を起こしてしまうとケガをするかもしれませんし、渋滞を引き起こし、他のドライバーの迷惑にもなります。そうならないためにも冬専用のスタッドレスタイヤを装着し、安全な運転をする必要があるのです。

タイヤチェーンおすすめランキング&選び方|2020-2021年最新情報

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの違いは2つ!

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの違いは2つ!
©Krakenimages.com/stock.adobe.com

ではスタッドレスタイヤとノーマルタイヤの違いは何でしょうか。大きな違いは2つあります。

トレッドパターンの違い

一つ目の違いがトレッドパターンです。タイヤのトレッドとは、地面に接する面の名称を指します。タイヤには縦や横に溝が切ってありますよね。その溝がある部分のことです。

タイヤの種類によって溝の切込みが違い、スタッドレスタイヤの特徴としては細かな横の切込みが多い傾向にあります。また縦にある溝もノーマルタイヤより深めに作られており、理由としては氷の上にある少量の水をスムーズにタイヤの外のはじき出す必要があるためです。ノーマルタイヤの場合、そのような性能は必要ないため細かな溝はあまりありません。違いの一つはトレッド部にある溝の切込みパターン、つまりトレッドパターンが違うのです。

トレッドパターンや溝の深さは、道路上にある水をはじき出すためとても重要な役割があります。ではもしタイヤに溝がなければ、一体どのような現象が起こるのでしょうか。

もしタイヤに溝がなければ、タイヤと路面の間にできた水の膜を排出することができなくなり、「ハイドロプレーニング現象」が起こります。深い水たまりの上を走行した時に、少しふわっとした感覚になったことがありますか。これはタイヤが水たまりの上で空回りしているからなのです。

タイヤの溝は路面上にある水を、タイヤの外にはじき出す役割がありますが、水の量が多かったりタイヤの溝が減り、排出能力が低下していると「路面にある水>タイヤの排出能力」という状況となりハイドロプレーニング現象が発生します。この現象では、ハンドルをとられ車両を制御できなくなるため事故につながるのです。

ハイドロプレーニング現象は、タイヤがすり減っているという原因の他に

  • スピードの出しすぎ
  • タイヤの空気圧不足
  • 路面の水が多すぎる

といった場合でも発生します。

車の制御が効かなくなるととても危険です。そのため雨の日などは、タイヤの状態をしっかりと確認する必要がありスピードを出しすぎない運転が大切なのです。車検では1.6㎜以上の溝が必要なのですが、なぜこのような決まりを設けているのかもう分かりますよね。

スタッドレスタイヤもノーマルタイヤもトレッドパターンの違いはあるものの、どちらも溝は大切です。溝がすり減っているタイヤを使用しているのであれば、すぐに交換しておきましょう。

タイヤのスリップサインの見方と確認方法!溝がないと罰金も【冬・春前にチェック】

柔らかさの違い

次にゴムの柔らかさの違いが挙げられます。スタッドレスタイヤはノーマルタイヤよりも、柔らかいゴムを使用しているという特徴を持ちます。ゴムは気温が低くなるとどうしても硬くなってしまいます。

この硬さは劣化によって引き起こされた硬さとは違い、気温が上がれば柔軟さが戻るのですが、冬場は昼間でも気温が低いためノーマルタイヤだとどうしても柔らかさが戻りません。しかし、スタッドレスタイヤであれば気温が低くても柔らかさの維持ができる、ノーマルタイヤとは違った特徴を持つゴムを使用しています。

そのため踏み固められた雪道の上でも、高いグリップ力が維持できるのです。ではゴムが柔らかいとなぜグリップ力が維持できるのでしょうか。理由は路面との密着性がよいからです。

平らに見える道路でも表面は細かくデコボコしており、そのデコボコにゴムが入り込みグリップ力を得ます。しかしタイヤが硬くなれば、デコボコの中にタイヤのゴムが入り込めないのでその分摩擦が弱くなります。接地面積が増えると摩擦抵抗が大きくなる、という理屈は何となくわかると思います。硬いゴムと柔らかいゴムではこの違いがあるので、スリップのしやすさが変わるのです。

これはスタッドレスタイヤだけでなくノーマルタイヤにもいえることで、タイヤ交換時期の目安にもなります。 

タイヤの交換時期の判断目安として、

  • 溝の深さ
  • ひび割れの有無

などがありますが、溝が十分ありひび割れがあまりない場合でも、製造から何年も経過したタイヤは新品時に比べると硬く、その分グリップ力が低下します。タイヤの硬さまで確認することはあまりないでしょうが、細かく交換時期を管理しようとする場合、このような点も注意する必要があるといえるでしょう。

【タイヤひび割れは危険】ひび割れの原因と補修・防止方法まとめ

スタッドレスタイヤの交換サインは?

スタッドレスタイヤの交換サインは?
©fusho1d/stock.adobe.com

スタッドレスタイヤの交換サインは特徴との関係性が強く、特徴を維持できなくなれば交換時期であるといえるでしょう。では具体的な交換サインを紹介していきます。

溝の深さで判断

スタッドレスタイヤの特徴に、トレッドパターンと溝の深さがあったと思います。そのため溝の深さが交換の目安となります。スタッドレスタイヤはノーマルタイヤより溝が深い傾向にあることはご説明しました。そしてノーマルタイヤと同じ感覚で溝の深さを判断していると、遅すぎる可能性があります。

スタッドレスタイヤには「プラットフォーム」と呼ばれる交換サインがあり、このサインは一見スリップサインと見間違ってしまいますが、スリップサインよりも高い場所に位置しています。スリップサインは車検で通すことができない1.6mmを表すサインなのですが、プラットフォームはスタッドレスタイヤにしか存在しておらず、通常、溝の真ん中の高さにあるのです。

このサインは、スタッドレスとしての機能が大幅に低下していますよという印であり、そのまま使用していると、いくらスタッドレスタイヤだとしても雪道や凍った路面でスリップする可能性があり危険です。確認方法はスリップサインと同じで、プラットフォームがある場所の溝がなくなっていれば交換時期となります。

しかしプラットフォームが出ていた場合でも、夏用のタイヤとしては十分使用できるのでもったいないと感じるのであれば、捨てないで使用することもできます。スタッドレスタイヤの溝は10㎜以上あるものも多く、プラットフォームが現れていても溝が5㎜程あるため、夏用としては十分な溝の深さなのです。もし冬が終わりかけでプラットフォームが出現していれば、夏用に交換せずそのまま履き続けてみてはどうでしょうか。

スタッドレスタイヤは冬の路面に特化している特徴を持ちますが、その反面、夏に使用する場合の注意点もあります。詳細は後述しますが、注意点をしっかりと守れば夏場に使用できないわけではないため、捨てるのか使用し続けるのか検討してみてはどうでしょうか。

製造年月日で判断

次に製造年月日での判断方法です。製造年月日を知ることで何を判断するかというと、ゴムの硬さを判断します。スタッドレスタイヤのもう一つの特徴として、ゴムの柔らかさがありましたよね。冬場でも柔らかさを維持することができますが、劣化するとノーマルタイヤ同様に硬くなります。

そしてスタッドレス機能を維持できる柔らかさを保てるのは、4年前後だといわれています。もちろん保管方法や使用方法によって、劣化速度は変わるものの、過酷な使用方法をしない限り、硬くなる速度は同じであるといえるでしょう。

冬にあまり車に乗らず、溝が十分あったとしてもゴムは硬くなります。ゴムが硬くなればスリップする危険性があるため、製造から4年前後が経過しているのであれば交換しておくことが大切です。

ではタイヤの製造年月日はどうやって確認すればいいのでしょうか。タイヤの製造年月日は、タイヤの側面に数字で記載されています。よく見てもらえば分かると思いますが、どこかに4桁の数字があります。その数字によって判断できます。

例えば、「0218」という数字があったとしましょう。まずこの数字を真ん中で分けます。

この場合は「02」と「18」に分け、前の数字がこの年の何週目かを後ろの数字が西暦の下2桁を意味しています。つまりこのタイヤは、2018年の2周目に製造されたタイヤだということです。

この方法を使用すると、簡単に製造年月日を確認することができます。そしてネットなどで売られている格安のタイヤの場合、製造から数年が経過しているものも少なくありません。

せっかく買ったのに、すでに製造から2年が経過していたなどの失敗をしないためにも、製造年月日の確認方法は覚えておきましょう。

中には製造年月日で柔らかさを判断するのは不確実じゃないか、と考える方もいるかもしれません。確かに専用の機械を使用し確認する方が確実ですが、確認すためには専用の機器を購入するかタイヤ専門店に行かなければなりません。

一般整備工場でそのような機器を持っているところは珍しく、気軽に確認できる方法ではないといえるでしょう。そのため柔らかさの判断を正確に行いたい方は、まずは製造年月日で確認し、そろそろ硬くなってきたかなと判断した場合、タイヤ専門店で硬さを測ってもらうという方法をオススメします。

スタッドレスタイヤは、踏み固められた雪道や凍った路面でスリップしないために使用するタイヤです。つまりいくらスタッドレスタイヤを使用していても、その機能が低下していれば意味がありません。そしてスタッドレス機能が低下しているのにもかかわらず、いつまでも使用していると事故を起こす可能性が高くなります。

そうなるとせっかくスタッドレスタイヤを履いている意味がないといえるでしょう。事故を起こさないためには、交換サインが出ているのにもったいないからといつまでも使用するのではなく、適切なタイミングで交換することが大切なのです。

スタッドレスタイヤを使用する際の注意点!

スタッドレスタイヤを使用する際の注意点!
©tkyszk/stock.adobe.com

スタッドレスタイヤはどんな状況でも使用できる万能なタイヤではありません。適切なタイミングで使用すれば最大限の性能を発揮することができますが、夏場の使用などではその機能を最大限発揮できないほか、ノーマルタイヤよりも危険な状況になる場合もあります。

そこで、スタッドレスタイヤを使用するうえで注意しておくべきことをご紹介していきます。

夏場に使用しない

よくスタッドレスタイヤを年中使用している方がいますが、この方法はあまりオススメしません。その理由は、スタッドレスタイヤはノーマルタイヤより柔らかいという特徴があるためです。

低温でも柔らかさを維持できるスタッドレスタイヤですが、その反面、暑さには弱い傾向にあります。使用することは可能ですが、熱いアスファルトの上を走行すると、ノーマルタイヤよりも溝の減りが加速します。またゴムの性能も劣化しやすく、冬場しか使用していないタイヤに比べ硬くなりやすくなってしまうのです。

そのためスタッドレス機能が高い内は夏場の使用を控えましょう。

しかし何度もお伝えしているように、スタッドレス機能が大幅に低下し、冬での使用ができないスタッドレスタイヤを夏場に使用するのは構いません。溝が減りやすく硬くなりやすくはあるものの、冬場だけの使用だった場合、捨てなければならないタイヤのため、少しくらい悪い環境で使用してもいいのではないでしょうか。

また、スタッドレスタイヤはノーマルタイヤより溝が深いですし、柔らかく作られているため少しくらい溝が減りやすくても硬くなりやすかったとしても、ノーマルタイヤとしてみた場合全く問題ないのです。

スタッドレスとして使用する予定であるならば、タイヤの寿命を延ばすためにも夏場の使用は極力避けるべきだといえるでしょう。

雨の日はスリップしやすいという特徴も

スタッドレスタイヤを使用している場合、雨の日の走行には十分注意しなければなりません。スタッドレスタイヤの短所として、雨の日はスリップしやすい性質があります。

なぜかというと、少ない水の排出能力は高いものの、路面上にある水が多くなった場合、ノーマルタイヤに比べ排出能力が劣るためです。スタッドレスタイヤの溝は細かく浅いため、少ない水を排出する能力に長けています。その反面、水が多すぎた場合タイヤに水を含みすぎ、排出できなくなってしまうのです。

寒い冬場は、雨が雪に変わり降り積もるため、雨の日が少ない傾向にあります。また、雨が降った後は路面が凍りいつまでも水として路面に残ることはあまりありません。そのため冬場は、大量の水を排出する必要がないのです。

しかし夏場にスタッドレスタイヤを使用した場合、雨が降ることもあるでしょう。ノーマルタイヤと同じ感覚でブレーキを使用すると、スリップし事故になる恐れがあるため、スタッドレスタイヤを雨の日に使用する場合、必要以上にスピードを上げないことや早めのブレーキングが大切なのです。

ハイドロプレーニング現象発生ケースと防止策、発生した場合の対処策まとめ

現役整備士がスタッドレスタイヤへの入れ替え時期をご紹介!

現役整備士がスタッドレスタイヤへの入れ替え時期をご紹介!
©visoot/stock.adobe.com

ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤへ、またはその逆の入れ替えタイミングは地域によって幅があります。平均的な時期は以下の通りです。

  • ノーマルタイヤ → スタッドレスタイヤ:10月~11月
  • スタッドレスタイヤ → ノーマルタイヤ:3月~4月

これはあくまでも平均の時期であり、比較的暖かい地域であれば12月に入れ替えを行う場合もあります。また、寒い地域ではスタッドレスタイヤへの入れ替えを行う店舗が込み合うという理由から、早めの入れ替えを行う場合もあるようです。

スタッドレスへの入れ替え時期に決まりはありません。道が凍らない地域であれば、スタッドレスタイヤが不要な場合もあり、自分の住んでいる地域に合ったタイミングで入れ替えを行えばよいでしょう。

タイミングを見極めるポイントですが、自分が住んでいる地域より少し寒い地域で道が凍ったという話を聞いてからや、週間天気予報で雪マークが出たらなどスリップする可能性があるかどうかで判断すればいいのです。

しかし遅すぎるとスリップしやすい道をノーマルタイヤで走行しなければならないため、心配ならば早めに入れ替えておくことをオススメします。秋から冬にかけてや冬から春にかけてなどの季節の変わり目は、不注意による事故が起こりやすい時期だといえるでしょう。

凍っていないと思ってそのまま走行していたら、スリップして事故を起こしてしまったなどのような状況にならないためにも、スタッドレスタイヤへの入れ替え時期をしっかりと管理し安全な走行を行いましょう。

オールシーズンタイヤはスタッドレスと何が違う?冬タイヤ規制区間や雪道は走れる?

入れ替え費用の相場は3000円から5000円

タイヤの入れ替え費用の相場は3000円~5000円程度です。この金額はディーラーベースでの相場であり、民間整備工場やガソリンスタンド、カーショップなどではさらに安い金額で入れ替えを行ってくれる店もあるでしょう。

自分で行えば無料ですが、ジャッキアップが必要なため普段車を触らない方であれば、少し難易度が高い作業となります。またホイールごとの入れ替え作業であれば、ホイールにあったナットの使用やナットの向きなどもあり、間違ってしまうと走行中にホイールナットが緩み、最悪の場合タイヤが外れてしまうかもしれません。

ミニバンなどの大きな車の場合、重い車を支えなければならずホイールやタイヤも大きくなりがちです。ホイールを持ち上げるだけでも重労働であり、腰を痛めしまうかもしれません。そのため自信がなければ、ディーラーをはじめ整備工場にお願いするようにしましょう。

タイヤの組み換えを行うとさらに高額になる

タイヤの入れ替えはホイールごとに入れ替える方法を指しますが、タイヤ単体での交換の場合「タイヤの組み換え」作業となります。組み換え作業は入れ替え作業よりも金額は高くなり、整備士やそのような仕事をしていなければ自分自身で行うのは不可能です。

専用の機器が必要になるタイヤの組み換え作業の相場は、1本2000円~4000円程度になります。つまりスタッドレスタイヤに入れ替えるだけで、1万円前後してしまうのです。値段の違いはタイヤの大きさによっての違いであり、もちろんお願いする店舗によっても価格の違いはあります。

ホイールがないためタイヤの移動は楽ですが、その分工賃が高くなってしまうというデメリットも存在するのです。タイヤ組み換え作業はタイヤ交換作業と同じ金額であることがほとんどです。タイヤ交換工賃が安いカーショップでも持ち込みの場合、追加料金が発生することもあるため、当日お願いして思ったよりも高かった、などのトラブルにならないためにも事前に金額を確認しておきましょう。

スタッドレスタイヤを長く使用するためには保管方法も大切なの?

スタッドレスタイヤを長く使用するためには保管方法も大切なの?
©MIA Studio/stock.adobe.com

スタッドレスタイヤに限らず、タイヤの保管方法を間違ってしまうと劣化が加速します。そのため使用しない時期の保管方法には注意が必要です。タイヤの保管場所は下記2つを注意しましょう。

  • 風通しが良い場所
  • 直射日光が当たらない場所

湿度が高すぎるとタイヤは劣化しますし、太陽光から出る紫外線もタイヤに悪影響です。劣化すればひび割れなどが発生し、溝は十分あるのに捨てなければならないことにもなりかねません。また保管方法も注意が必要です。

  • ビニールをかけない
  • ホイールごと保管するのであれば平積みにしておく
  • 空気圧を半分程度に減らしておく
  • タイヤ単体であれば縦に置き、定期的に向きを変える
  • タイヤやホイールについた汚れをしっかりと落としておく

平積みにする理由は、ホイールの重さでタイヤが変形してしまうのを防ぐ目的があります。そう考えるとタイヤ単体で保管した場合、定期的に向きを変える理由も分かりますよね。また、汚れが付着している状態では、タイヤが劣化してしまいますしビニール袋をかけたままだと、水が蒸発せず常に湿度が高くなるため注意しましょう。

空気圧はパンパンに入れておくのではなく半分程度に減らしておき、タイヤへの負荷をできるだけ低い状態に維持します。タイヤが汚れたままだと汚れによって劣化する場合もありますし、保管する場所も汚くなります。見た目にも悪いのでできるだけキレイな状態でタイヤを保管することが大切です。

タイヤ保管してくれるサービスも存在

1人暮らしをしている人であれば、家にタイヤを保管する場所がないという方もいるでしょう。そのような方はタイヤ保管サービスを利用してみてはどうでしょうか。タイヤ保管サービスはタイヤ専門店やカーショップ、ガソリンスタンド、ディーラーなどタイヤを扱う店舗で利用することができます。

サービス内容は、ノーマルタイヤとスタッドレスタイヤの両方を持っている方が、使わないシーズンのタイヤを保管してもらうというサービスです。金額は発生するものの、シーズンが来れば保管場所から持ってきてもらうことができます。また提携している店舗に持ってきてくれるため、そのまま入れ替えを行うことができ便利だといえるのではないでしょうか。

この方法であれば家に保管場所がないという方でも2種類のタイヤを保持することができ、冬にノーマルタイヤで走行しなければならない、という危険な走行をすることもなくなります。

金額は利用する店舗によって違いはあるものの、年間1万円前後で利用することができます。タイヤを保管するため、わざわざ倉庫を借りるよりもお得であるといえるでしょう。また専門の業者が保管してくれるので、保管場所や保管方法に気をつかう必要がないという点もメリットの一つではないでしょうか。

もしタイヤを保管する場所が家にない方や、保管に気を使うのがめんどくさいという方は利用することをオススメします。

スタッドレスタイヤ(冬タイヤ)の交換時期と保管方法まとめ|最適な保管場所や保管サービスを解説

まとめ

©Galina_lya/stock.adobe.com

スタッドレスタイヤは凍った路面でもスリップする可能性を下げる、とても有能なタイヤです。ノーマルタイヤよりも溝が深く、トレッドパターンの違いやゴムが柔らかいという特徴を持ちます。

交換時期の目安はスタッドレスタイヤの特徴が薄れてきたタイミングであり、スタッドレスとして使用できなくなった場合でも夏場に使用することが可能です。しかし夏場や雨の日の使用では注意点もあり、ノーマルタイヤと同じように運転していると危険な目に合うこともあるため注意しましょう。そのため劣化などの理由がない限りは、適切な時期で使用する必要があるのです。

スタッドレスタイヤは冬の道路で使用するとノーマルタイヤよりも安全に走行できますが、雪の降っている時期の走行は十分な注意が必要です。たとえ新品のスタッドレスタイヤを履いていても、過信すると事故は起こります。特にトンネルの出入り口やカーブ、交差点、橋の上、坂道などはスタッドレスタイヤを履いていた場合でも事故が起こりやすいポイントとなります。

事故を起こしてしまうことは誰にでもありますし、必要以上におびえる必要はありません。しかし事故を起こさないという意識を持ち、事故を起こさないための事前準備は十分に行っていきましょう。

すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部カー用品チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!

関連キーワード