MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > お役立ち情報 > 車検・メンテナンス > スタッドレスタイヤの履きつぶしは絶対NG!冬タイヤの交換時期と保管方法
車検・メンテナンス

更新

スタッドレスタイヤの履きつぶしは絶対NG!冬タイヤの交換時期と保管方法

スタッドレスタイヤへの交換時期や、寿命の判断基準、点検方法について解説します。一般的には3~5シーズン程と言われているスタッドレスタイヤの寿命ですが、使用頻度に関わらず劣化は進んでいます。タイヤ交換する前に点検しておきましょう。

スタッドレスタイヤ→夏タイヤの交換時期は?

©New Africa/stock.adobe.com

スタッドレスタイヤから夏タイヤへの交換時期は、3月下旬~4月上旬が一般的のようです。

夏タイヤの性能は気温7℃以上から発揮できると言われており、外気温が7℃を下回らなくなったら交換の目安です。北日本や山間部は、道路の残雪状況や天気予報を参考にしてください。

また、スタッドレスタイヤの寿命は製造年月日から3~5年といわれています。タイヤは主成分であるゴムにさまざまな添加物を配合させて、強度や柔らかさを調整して造られています。そのため、経年とともに成分が変質劣化すると、性能が落ちていく特性があります。

特にスタッドレスタイヤは、トレッド面の柔らかさが氷上性能に直結するため、コンディションを維持するには使用しない期間の保管方法が重要になります。夏タイヤに交換する際、タイヤの寿命もチェックしておきましょう。

スタッドレスタイヤの履きつぶしはNG!

毎年のように履き替えを行う夏タイヤと冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)。夏タイヤでの雪道走行の危険性はよく知られていますが、同様にスタッドレスタイヤを履きつぶす(=オールシーズン履き続ける)ことも大変危険です。

スタッドレスタイヤは雪道を滑らずに走行するために、夏タイヤよりもゴムが柔らかいという特徴があります。そのため、乾いた路面では制動距離が長くなり、ブレーキの効きが鈍くなってしまいます。

さらに、スタッドレスタイヤの溝は水が溜まりやすいため、雨天時にスリップする危険性がアップするのです。また、スタッドレスタイヤでの走行は車の燃費の悪化にもつながります。

もちろん、「溝が減ってスタッドレスとしては使えなくなったから夏タイヤとして使用する」というのもNG!安全な走行のために、季節に応じたタイヤを履きましょう。

スタッドレスタイヤ VSノーマルタイヤ ブレーキテスト

スタッドレスタイヤとノーマルタイヤの比較実験の動画です。ブレーキングのみのテストですが、夏のスタッドレスタイヤ装着の危険性もわかりますので、ぜひチェックしてみてください。

スタッドレスタイヤへの交換時期や、寿命の判断基準、点検方法について解説します。一般的には3~5シーズン程と言われているスタッドレスタイヤの寿命ですが、使用頻度に関わらず劣化は進んでいます。タイヤ交換する前に点検しておきましょう。

スタッドレスタイヤ 寿命の判断基準3つ

©Jne Valokuvaus /stock.adobe.com

サマータイヤよりも柔らかいゴムでてきているスタッドレスタイヤは、より摩耗しやすい傾向にあります。

摩耗して残り溝が浅くなったスタッドレスタイヤは、雪や水をトレッドから排出できなくなり、車の運動性能を極端に低下させます。

また、 経年劣化によってスタッドレスタイヤのゴムが硬化すると、アイスバーンでのグリップ性能が格段に低下して非常に危険です。

使用条件によっても異なりますがスタッドレスタイヤの寿命は、一般的には3~5シーズン程だと言われています。しかしあくまで交換時期の目安なので、こまめな点検を欠かさないことが重要です。

スタッドレスタイヤの寿命の判断基準は、以下3つです。

  • タイヤは溝(スリップサイン)とプラットフォームをチェック!
  • スタッドレスタイヤの製造年週をチェック!
  • スタッドレスタイヤの寿命はゴムの劣化に注意!

基本的には通常のタイヤと判断基準は同じです。気をつけたいのはスタッドレスタイヤ特有のプラットフォーム。残り溝を見るときは注意しましょう。

タイヤの交換時期・寿命の判断基準について詳しくは、以下記事をご覧ください。

スタッドレスタイヤを保管する前にやっておくこと

タイヤ状態のチェック

保管する前に、外したスタッドレスタイヤが来シーズンも使えるかを確認しておきましょう。溝は残っているか、変磨耗は起こしていないか、サイプの欠けやサイドウォールにヒビは入っていないか、釘やボルトが刺さっていないかなどを丁寧に確認しましょう。

汚れを落とす

走行後のスタッドレスタイヤについた汚れには、油分やその他の不純物を含み、これらがタイヤの変質につながってしまいます。保管前にタイヤの汚れをしっかりと落とすことで劣化を防ぐことができます。タイヤワックスも劣化の原因となる油ですので、タイヤワックスもしっかりと水で洗い落としましょう。

きちんと乾燥させる

洗ったタイヤに残った水分も劣化につながります。タイヤに付着した水分はゴムの変質と内部ワイヤーの錆の原因となり、タイヤ強度を低下させてしまいます。洗ったタイヤは直射日光の当たらない日陰で乾燥させて保管するのがベストです。

ビニールをかける

保管中にホコリや汚れが付着しないようにビニールで覆っておくことも重要です。タイヤのゴムに配合された油分が経年によって揮発することも劣化の原因に繋がるので、タイヤをビニール袋やストレッチフィルムで覆います。なるべく外気に触れさせないことで油分の揮発を最小限にくい止めることができます。

スタッドレスタイヤの最適な保管方法・保管場所

屋内保管は風通しのよい冷暗所へ

スタッドレスタイヤの保管場所は、 紫外線と熱が避けられる風通しのよい冷暗所が最適です。

とはいえ、屋外で使用されることを前提に造られるタイヤなので、絵画を保管するような厳重な管理は必要ありません。雨風をしのげて、太陽の光にさらされない場所で十分です。車庫や倉庫内の直射日光が当たらない場所、もしくは生活室内が最適といえます。

また、空気中の酸素も樹脂を酸化させてしまうため、わずかではありますがタイヤ劣化の原因になります。 保存状態を最良にしたい場合は、タイヤを真空パックする製品を利用しましょう、

屋外保管するときの注意点

屋内に保管場所が確保できない場合は、 直射日光や紫外線が当たらないよう、カバーやケースなどでタイヤを覆いましょう。 特に紫外線は樹脂に対する攻撃性が強く、プラスチック製品をほんの数ヶ月ほど屋外に放置するだけでボロボロにしてしまいます。

野ざらしだったり一階のベランダでの保管したりする場合、盗難に注意する必要があります。

スタッドレスタイヤ保管時の空気圧

空気圧で膨張するタイヤのストレスを弱めるという意味でも、スタッドレスタイヤの保管の際はタイヤ内の空気をある程度抜いておくのがベターです。タイヤ形状を保っておける最低減の空気圧にしておきましょう。指定空気圧が220kPaの場合は150kPa程度まで空気を抜くのが良いでしょう。

また、タイヤに窒素ガスを充填することで、音振や燃費改善だけでなく、タイヤを長持ちさせる効果もあります。

スタッドレスタイヤ保管時の置き方

©New Africa/stock.adobe.com

スタッドレスタイヤのゴムは柔らかいため変形しやすく、その状態で長期間放置すると、元に戻らなくなってしまう恐れがあります。そのため、保管の際は置き方にも気を配る必要があります。

また、置いたタイヤからは、タイヤの成分が黒く染み出す場合があり、落ちない汚れとなってしまいます。タイヤを置く際は床に直接置かず、厚手の段ボールなどを敷くようにしましょう。

タイヤのみを保管する場合は【縦置き】

タイヤのみを保管する場合は縦置に。ホイールのついていないタイヤを横に積み重ねてしまうと、その重さでタイヤが潰れて変形してしまいます。

ホイールつきのまま保管する場合は【横置き】

ホイールがついたタイヤならば横置きにしましょう。ホイールがついたタイヤを縦置きにするとホイールの重さでトレッド面が潰れてしまいます。

ただしサイドウォールはタイヤの構造上で一番弱い部分であるため、横置きで積み重ね過ぎるとタイヤを痛める原因になります。

最も理想的なのは、ホイールのハブセンターで支持するタイプのタイヤラックを使用し、タイヤに外部からの力を加えないようにする置き方です。

スタッドレスタイヤおすすめ保管グッズ

タイヤのコンディションを保つためのアイデア性に溢れた保管グッズをピックアップしてみました。これらのグッズを活用してスタッドレスタイヤの性能維持を目指しましょう。

タイヤの下に敷くパレット

木製のすのこでは、場所によっては腐食してしまい長期の使用には適しません。プラスチック製のパレットは高い耐候性と耐久性を兼ね備えています。サイズもタイヤにピッタリなサイズです。

タイヤの真空パック

掃除機を使って布団を圧縮するように、タイヤを真空パックできる優れものです。ホコリや湿気からタイヤを守るとともに、酸素もシャットアウトします。適応サイズがあるので、タイヤサイズを確認しましょう。

理想のタイヤラック

ホイールのセンター穴で保持するので、タイヤに負担のかからない理想的なタイヤラックです。構造上不安定なので、移動の際は注意してください。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード